聖書の物語の説明

我々は、この偉大な、そしてよく誤解されている物語に新しい光を当てました。


聖書には沢山の物語があります。それらは今日も2000年後にも、まだ関わりがあるでしょうか?そうです。それらは時代を超越しており、文字通りの言葉が内的な意味を持つ一種のコードで書かれています。ここに聖書の物語のリストがあります。その多くが、新キリスト教会の学者、作家、芸術家によって解説されています。

あなたが聖書物語の説明を投稿したい場合は、ここに投稿することができます

注目の物語:

Camino de Emaús, by Lelio Orsi, shows Jesus walking with two of his disciples, who haven't yet recognized him.

エマオへの道

復活後、エマオの村に向かって歩いている二人の弟子にイエス様が現れました。彼らは最初はイエス様を認識していませんでした。

読む
An illustration from the Miraculous Draft of Fishes, by J. James Tissot, between 1886 and 1896.

ガリラヤ海の朝食

イエス様の復活から数日後、7人の弟子たちがガリラヤに戻ってきました。この物語では、彼らは釣りに行きますが、何も釣れませんでしたが、岸に立っているイエスが彼らの前に現れ、船の右側で釣りをするように言われます。

読む
Feed my lambs and Feed my sheep

朝食後の会話

この物語では、ヨハネによる福音書の最後の方で、イエスはペテロに、よく知られていますが、不思議なことに、「私の羊を養ってください」という会話の中で質問を投げかけています。そして、7人の弟子たちに短いたとえ話をして、最後に弟子たちの間の競争心の閃きを鎮めてくださいます。

読む

すべての物語を検索:



翻訳: