読書計画


読書計画は、聖書を読んで勉強するにあたり、動機づけになり、順調に進めるのに便利な方法です。

以下は、クリスマス前、クリスマス中、クリスマス後に実行できる読み取り値のセットです。

始める

イエスはたとえ話で語られたとき、この世界に関連する自然なもののイメージを使用して、永遠の霊的な真実を表現しました。この比fig的な言葉で、彼はそれらの真実を、彼の聴衆の心に、他の方法でできなかったよりも美しく、影響力を持って印象づけました。

始める

預言者ジョエルは、聖書の中で最も短い本の1つを書きました-わずか3章です。しかし、彼らは良い章です!

始める

365日間で聖書を最後まで読むのに役立つ計画を以下に示します。主流のプロテスタント聖書のすべての本を網羅しています。

始める

偉大な預言者ダニエルがバビロンでの生活中に書いたこの本には、意味が詰まった物語が詰まっています。これらをアンディ・ディブ牧師の解説と組み合わせると、ここで学ぶべきことや使うべきことがたくさんあります。

始める

聖書は救いについて何と言っていますか?ここに重要な部分に触れる読書計画があります。

始める

新キリスト教神学では、内的意味を持つ聖書の本に焦点が当てられています。 7つの主要なキリスト教聖書のカノンのうち、最も短いものです。この読書計画は、わずか9か月であなたにそれを案内します。

始める

創世記の本を10ステップで読む-1日あたり5章のペース。本を読んでいる場合、各章は1〜2ページの長さしかないため、それほど多くのテキストではありません。

始める


翻訳: