聖書が言っていることは...誰が救われているのか?      

による Rev. John Odhner (機械翻訳された 日本語)

人は他人を否定的に判断する傾向があります。高校では、この傾向は徒党の中に現れます。何人かの人気者の子供たちがグループに入り、徐々に自分たちの方が好かれているので、自分たちは他の人よりも優れていると考え始めます。で "ない子供は、同情、または軽蔑、あるいは残酷なジョークのオブジェクトになるかもしれません。ある意味では、徒党は人間の下層階級であるとして他の人に微妙な判断を下します。

他人を見下すという同じ傾向は、様々な宗教にも見られます。一部の宗教団体は、異なる信仰を持つ者は誰も天国に行けないと信じているほど自己中心的になっています。極端に言えば、この種の態度は、俗物的な十代の徒党よりもはるかに残酷である。

聖書の教えはこれとは全く対照的です。まず第一に、神の御言葉は、人を「救われた人」「罪人」というレッテルを貼ってはいけないと教えています。イエス様は言われました。

"裁いてはいけない お前に罪を着せてはいけないなぜ、あなたは兄弟の目の中の斑点を見ても、自分の目の中の板を考えないのか。"(マタイによる福音書7:1, 3)

弟子のヤコブはこのように言っています。"一人の律法師がいます。あなたがたは誰が他の人を裁くのですか。(ヤコブの手紙4:1)

主が地上におられた時、教会の指導者たちの間では、裁きの姿勢が蔓延していました。多くの人は、メシヤが来た時、メシヤはユダヤ人を救い、他の人は救わないと考えていました。イエス様が来られた時、彼らはイエス様がユダヤ人とユダヤ人以外の人たちと一緒にいることを非難しました。

イエス様は、このような態度を戒められました。かつてイエスは、自分は救われていると「自分を信じている」人とそうでない人とを話しておられました。イエス様は彼らに二つの祈りを考えるように言われました。"神様、私が他の人とは違うことを感謝します」と「神様、罪人である私に憐れみを与えてください」です。イエス様は、自分を罪人だと思っていた人を褒め称えてくださいました。(ルカによる福音書18:9-14)

自分は救われていると思うよりも、自分は罪人だと思った方がいい。

道端で怪我をしている人を助けるために立ち止まった善良なサマリヤ人のたとえ話を覚えている人もいるかもしれません。このサマリヤ人はユダヤ人から見て「間違った」信仰を持っていたにもかかわらず、イエス様はこのサマリヤ人が善良な人であったので、隣人として愛されるべきだと言われました。実際、永遠の命を望む人は、このサマリヤ人のようになるべきだと言われました(ルカによる福音書10:29-37サマリヤ人はクリスチャンでもユダヤ人でもありませんでした。イエスは、どの教会に所属しているかだけでなく、その人の心の中にあるものを見ておられます。

聖書は、その人が天国に行くか行かないかを決めるのは、その人が何を信じているかだけではなく、その人の生き方であるとはっきりと述べています。イエス様は、「私に向かって『主よ、主よ』と言う者は、誰でも天の国に入るのではなく、天にいる私の父の御心を行う者が入るのです」と言われました。(マタイによる福音書7:21)

再び、「彼はその行いに応じて、すべての人に報いを与えられる」。(マタイによる福音書16:27)

"善いことをした者はいのちの復活に、悪いことをした者は非難の復活に行く "と言われています。(ヨハネによる福音書5:29)

その人の信仰だけでなく、その人の人生がその人の永遠の道を決定するので、イエスは、多くのクリスチャンが邪悪な人生を送っていたので、救われないだろうと予言したのです。

"主よ、主よ、私たちはあなたの名によって預言し、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの不思議なことをしたことがありませんか。私はあなたがたを知らなかった。(マタイによる福音書27:22-23, ルカによる福音書13:25-27)

クリスチャンではない人が救われる理由の一つは、隣人を愛することができるからです。本当に隣人を愛する人は誰でもキリストを愛しています。イエスは言われました。「あなたがたが、わたしの兄弟たちの中で最も貧しい者の一人に奉仕したのなら、あなたがたはわたしにそれをしたのである。(マタイによる福音書25:40)

隣人への愛がなければ、イエス様への信仰は無意味です。

"私はすべての信仰を持っていますが、私は山を取り除くことができますが、愛を持っていないので、私は何もありません。"(コリントの信徒への手紙一13:2)

一方,真の愛は,外見上の宗教にかかわらず,人が心の中で主を知っていることを示すものです。

"愛は万物を信じる"(コリントの信徒への手紙一13:7)

"善を行う者は神のものであるが 悪を行う者は神を見ていない"(ヨハネの手紙三1:11)

"互いに愛し合いましょう。愛は神のものであり、愛する者はみな神から生まれ、神を知っているからです。神は愛であり、愛に宿る者は神に宿り、神は彼の中に宿る。"(ヨハネの手紙一4:7-11)

まとめ。

キリスト教の教会の中には、このように教えているところもあります。クリスチャンだけが救われている。

聖書が実際に言っていること(新キリスト教会が教えていること)。すべての宗教の善良な人々が救われている。

新キリスト教会のための教えからいくつかの参照。 天界と地獄318-328, 神の摂理326

ジョン-オドナー、この非常に有用なサイトの著者の許可を得て使用されています: http://whatthebiblesays.info/Introduction.html


翻訳: