聖書は再び生まれることについて言っていること

      による Rev. John Odhner (機械翻訳された 日本語)

Photo by Jenny Stein

聖書に書かれていることあなたが生まれ変わるとき
最近、父親になることを楽しみにしている人と話していました。その人が私に尋ねてきました。"良い父親になる方法を学ぶのは大変ですか?その変化にどう対処したのか?"

"父親になって良かったことの一つは、一歩ずつ進んでいったことだ "と私は言いました。最初に婚約し、しばらくして結婚しました。その間、子育ての話をすることで、精神的な準備ができました。数ヶ月後に妻が妊娠し、実際に子供が生まれるまでにはまだ9ヶ月ありました。

"新しい赤ちゃんを授かったことはもちろん大きな変化でしたが、それでも後からやってくる子育ての課題はたくさんありました。例えば、最初の一年はしつけは問題にならなかったし、新しい妹と仲良くできるようになるまでには二年かかりました。一度に良い父親になることは不可能でしょうが、主はゆっくりと学ぶ機会を与えてくださいます。

私たちの生活の中での変化のほとんどは、徐々に変化していきます。1インチの成長には半年かかることもあります。新しい言語を話したり、楽器を演奏したりすることを学ぶのに数年かかることもあります。二人は一日で結婚できますが、実際の心の結婚には何十年もかかります。

私たちの霊的生活の変化もまた、緩やかなものです。彼らは一度に一歩ずつ行われ、私たちはそれが一瞬で行われないことを知っている場合、霊的な成長は容易になります。それは継続的なプロセスなのです。イエスは「新しく生まれ変わらなければ、神の国を見ることはできない」と言われました。(ヨハネによる福音書3:3)聖書の多くの箇所は、霊的に生まれ変わることは、物理的な受胎、妊娠、誕生、成長、発達と同じように、段階的なプロセスであることを示しています。例えば、ペテロはそれを七つの異なる段階に分けて説明しています。"信仰と徳と徳と知識と知識と自制心と自制心と忍耐と忍耐と信心と信心と兄弟的な優しさと兄弟的な優しさと愛とを加えなさい」。このプロセスを完了することによってのみ、私たちは確実に神の国に入ることができるのです。(ペトロへの手紙二1:5)

新しく生まれ変わることが徐々にでなければならない理由の一つは、それが性格の完全な変化を伴うからです。"古いものは過ぎ去り、見よ、すべてのものは新しいものとなった。(コリントの信徒への手紙二5:5)再生は、新しい知識、新しい習慣、新しい活動、新しい愛、主への新しい気づきを伴います。

新しい知識
生まれ変わるのは、盲目的な信仰の飛躍によってではなく、段階的な教育、研究、悟りによって行われます。イエスは、「もしあなたがたがわたしの言葉を続けるならば、......真理はあなたがたを自由にするだろう」と言われました。(ヨハネによる福音書15:3) 真実は変化の道具であり、新しい人生への手段です。イエスは言われました "今、あなたがたは私があなたがたに話した言葉によって 清められたのです"(ヨハネによる福音書15:3)

ドグマを疑わずに受け入れるのではなく、生まれ変わるためには真理を理解しなければなりません。"子供らしい "ということは、私たちの信念が子供っぽいということではありません。"悪意の中では子供であるが、理解の中では大人である。"(コリントの信徒への手紙一14:20) イエス様のお話の中で、イエス様は良い人を「御言葉を聞き、理解し、実を結ぶ人」と表現されています。(マタイによる福音書12:23)

何よりも重要なのは、神を理解することです。神の性質が私たちにとって謎であるならば、私たちは、私たちが新しく生まれ変わったとは言えないし、私たちが神の息子であるとは言えません。(比較 ヨハネによる福音書15:15) 神を知ることは、神から生まれることと手を携えています。(ヨハネの手紙一4:7) "心の清い者は神を見る"(マタイによる福音書5:8) 私たちが新しく生まれ変わるとき、神は「イエス・キリストの顔にある神の栄光の知識の光を与えるために、私たちの心を照らしてくださいます」。(コリントの信徒への手紙二4:6)

新しい習慣
悪いことをしたり、悪いことを考えたりする癖がある人は、"古い "生活を送っているので、それを乗り越えた人の真の善良さを知ることができません。"豹は斑点を変えることができるか。そうすれば、悪事をすることに慣れている人にも善いことをすることができます。(エレミヤ書13:23"罪を犯す者は罪の下僕である"

新しい命を受け取るためには、古い習慣との戦いが必要です。"あなたがたが犯したすべての罪を捨て、新しい心と新しい霊を得なさい。なぜあなたがたは死ななければならないのか。(エゼキエル書18:21, 31-32"自分の身を洗い清めて、自分の行いの悪さを私の目から消し去りなさい。悪をやめて、善を行うことを学びなさい。"(イザヤ書1:16このような悔い改めは、単に赦しを祈るだけでは起こりません。それには闘争が必要で、古い生き方を克服するための継続的な戦いが必要なのです。パウロはこれを「肉」と「霊」の戦いと呼びました。(ガラテヤの信徒への手紙4:29, ローマの信徒への手紙8:7それは私たちの最大の努力を必要とする戦いです。"あなたの心と魂と力のすべてを"(申命記6:4)

やがて、絶え間ない努力によって、悪いことをしようとは思わなくなるほどの力を神様は私たちに与えてくださいます。この時が来れば、私たちは "生まれ変わった "と呼ばれるようになります。"神のもとに生まれた者は罪を犯さない彼は罪を犯すことができない。(ヨハネの手紙一3:9) "神から生まれた者は、この世に打ち勝つ...。神から生まれた者は誰でも罪を犯さないが、神から生まれた者は自分自身を保ち、邪悪な者は彼に触れないことを知っている。"(ヨハネの手紙一5:4, 18)

新しい活動
新しい習慣には新しい活動が伴います。役に立つことを怠っている人は、新しく生まれ変わることができず、天国に行くことができません。イエス様は、クリスチャンの中には、善い行いを欠いているから救われない人がいることを示されました。"私に言う者は皆、そうではない。 主よ、主よ、'天の国に入る者は、天におられる我が父の御心を行う者であっても、天におられる我が父の御心を行う者は、天の国に入らない。"(マタイによる福音書7:21) イエス様は、譬え話の中で、永遠の罰を受ける人たちの話をされましたが、それは信仰を欠いていたからではなく、困っている人を助けられなかったからです。(マタイによる福音書25:41-46)死後、主は "その行いに応じて、すべての人に与えられる "のです。(マタイによる福音書16:27)

生まれ変わった人は、他の人のことを気にかけ、他の人のために自分ができる働きを中心に人生の方向付けをしています。"信仰だけでは、もしそれが働きを持たないならば、それ自体が死んでしまいます...。人は働きによって義とされるのであって、信仰だけで義とされるのではありません。(ヤコブの手紙2:17, 24) 生まれ変わるためには、"悔い改めるにふさわしい実を結ばなければなりません。"(ルカによる福音書3:8奉仕と有用性は新しい人生の印です。

新しい愛
信仰よりも、働きよりも、人を新しく生まれ変わらせる力は、愛です。ペテロは、私たちは愛することによって、人を愛する目的のために生まれ変わると教えています。"あなたがたは、兄弟たちを心から愛し、霊によって真理に従うことで魂を清めたので、神の言葉によって新しく生まれ変わって、純粋な心で互いに熱心に愛し合いなさい。"(ペトロへの手紙一1:22, 23)ヨハネはまた、人を愛する者だけが新しい命を受けることができることを明確にしています。兄弟を愛さない者は死の中にとどまる。(ヨハネの手紙一3:14) "愛する者は皆、神から生まれ、神を知っている。愛しない者は神を知らない。"神は愛であるからである。"(ヨハネの手紙一4:7-8)

主への新たな気づき
私たちは信仰を持ち、自分の中の邪悪な衝動と戦い、人に仕え、人を愛することを自分自身に課さなければなりません。しかし、これらすべてのことにおいて、私たちの内に働いておられるのは主であることを理解する必要があります。"あなたはまた、私たちのすべての働きを私たちのうちに行ってくださった。"(イザヤ書26:12) "仕事にはいろいろな形があるが、すべての人の中にあるものは、すべて同じ神の仕事である。"(コリントの信徒への手紙一12:6)

生まれ変わる過程で、私たちは、働くこと、信じること、もがき苦しむこと、愛することを可能にしているのは、私たちの中で働いている主であることに気づくようになります。これらの能力は主からの憐れみ深い贈り物です。主は、「わたしはあなたがたに新しい心を与え、あなたがたの内に新しい霊を置き、わたしの律法の中を歩むようにする」と言われています。(エゼキエル書36:26-27)

忍耐
生まれ変わるためには、私たちの知識、習慣、行動、愛、主との関係を一新しなければなりません。このすべてのことには時間がかかります。出産と成長には忍耐と忍耐が必要なのと同じように,生まれ変わるにも忍耐が必要です。"あなたがたの忍耐によって,あなたがたは魂を所有するであろう。"(ルカによる福音書21:19) "最後まで耐える者は救われる"(マタイによる福音書10:22) 神はそれを求める者に永遠の命を与えてくださいます。(ローマの信徒への手紙2:7)

私たちは一瞬にして生まれ変わることを期待することはできません。聖書は何度も何度も、天国の約束を得るためには、不動と忍耐が必要であると助言しています。"主の救いを願い、静かに待つことは良いことです。(哀歌3:26, 27)時間はかかりますが、私たちが自分の役割を果たすならば、主は必ず実現させてくださいます。"あなたの道を主に委ね、主を信頼すれば、主はそれを実現してくださる。(詩編37:5, 7)


翻訳: