士師記 20

Study

           

1 そこでイスラエルの人々は、ダンからベエルシバまで、またギレアデの地からもみな出てきて、その会衆はひとりのようにミヅパで主のもとに集まった。

2 民の首領たち、すなわちイスラエルのすべての部族の首領たちは、みずから神の民の集合に出た。つるぎを帯びている歩兵が十万人あった。

3 ベニヤミンの人々は、イスラエルの人々がミヅパに上ったことを聞いたイスラエルの人々は言った、「どうして、この悪事が起ったのか、われわれに話してください」。

4 殺された女のであるレビびとは答えて言った、「わたしは、めかけと一緒にベニヤミンに属するギベアへ行って宿りましたが、

5 ギベアの人々は立ってわたしを攻め、の間に、わたしのおるを取り囲んで、わたしを殺そうと企て、ついにわたしのめかけをはずかしめて、死なせました。

6 それでわたしはめかけを捕えて断ち切り、それをイスラエルの嗣業のすべての地方にあまねく送りました。彼らがイスラエルにおいて憎むべきみだらなことを行ったからです。

7 イスラエルの人々よ、あなたがたは皆自分の意見と考えをここに述べてください」。

8 民は皆ひとりのように立って言った、「われわれはだれも自分の天幕に行きません。まただれも自分のに帰りません。

9 われわれが今ギベアに対してしようとする事はこれです。われわれはくじを引いて、ギベアに攻めのぼりましょう。

10 すなわちイスラエルのすべての部族から人について人、人について人、万人について人を選んで、民の糧食をとらせ、民はベニヤミンのギベアに行って、ベニヤミンびとがイスラエルにおいておこなったすべてのみだらな事に対して、報復しましょう」。

11 こうしてイスラエルの人々は皆集まり、一致結束してを攻めようとした。

12 イスラエルのもろもろの部族は人々をあまねくベニヤミンの部族のうちにつかわして言わせた、「あなたがたのうちに起ったこの事は、なんたる悪事でしょうか。

13 それで今ギベアにいるあの悪い人々をわたしなさい。われわれは彼らを殺して、イスラエルから悪を除き去りましょう」。しかしベニヤミンの人々はその兄弟であるイスラエルの人々の言葉を聞きいれなかった。

14 かえってベニヤミンの人々は々からギベアに集まり、出てイスラエルの人々と戦おうとした。

15 その々から集まったベニヤミンの人々はつるぎを帯びている者二万六人あり、ほかにギベア住民で集まった精兵が七人あった。

16 このすべての民のうちに左ききの精兵が七人あって、いずれも一本の毛すじをねらってを投げても、はずれることがなかった。

17 イスラエルの人々の集まった者はベニヤミンを除いて、つるぎを帯びている者十万人あり、いずれも軍人であった。

18 イスラエルの人々は立ちあがってベテルにのぼり、に尋ねた、「われわれのうち、いずれがさきにのぼって、ベニヤミンの人々と戦いましょうか」。は言われた、「ユダがさきに」。

19 そこでイスラエルの人々は、起きて、ギベアに対し陣を取った。

20 すなわちイスラエルの人々はベニヤミンと戦うために出て行って、ギベアで彼らに対して戦いの備えをしたが、

21 ベニヤミンの人々はギベアから出てきて、そのイスラエルの人々のうち人を地に撃ち倒した。

22 しかしイスラエルの民の人々は奮いたって初めのに備えをした所にふたたび戦いの備えをした。

23 そしてイスラエルの人々は上って行って主のに夕暮まで泣き、に尋ねた、「われわれは再びわれわれの兄弟であるベニヤミンの人々と戦いを交えるべきでしょうか」。は言われた、「攻めのぼれ」。

24 そこでイスラエルの人々は、次のまたベニヤミンの人々の所に攻めよせたが、

25 ベニヤミンは次のまたギベアから出て、これを迎え、ふたたびイスラエルの人々のうち一万八人を地に撃ち倒した。これらは皆つるぎを帯びている者であった。

26 これがためにイスラエルのすべての人々すなわち全軍はベテルに上って行って泣き、その所で主のに座して、その夕暮まで断食し、燔祭と酬恩祭を主のにささげた。

27 そしてイスラエルの人々はに尋ね、――そのころ神の契約の箱はそこにあって、

28 アロンのエレアザルのであるピネハスが、それに仕えていた――そして言った、「われわれはなおふたたび出て、われわれの兄弟であるベニヤミンの人々と戦うべきでしょうか。あるいはやめるべきでしょうか」。は言われた、「のぼれ。わたしはあす彼らをあなたがたのにわたすであろう」。

29 そこでイスラエルギベアの周囲に伏兵を置き、

30 そしてイスラエルの人々は目にまたベニヤミンの人々のところに攻めのぼり、前のようにギベアに対して備えをした。

31 ベニヤミンの人々は出て、民を迎えたが、ついにからおびき出されたので、彼らは前のように大路で民を撃ちはじめ、また野でイスラエルの人を三十人ばかり殺した。その大路は、一つはベテルに至り、一つはギベアに至るものであった。

32 ベニヤミンの人々は言った、「彼らは初めのように、われわれのに撃ち破られる」。しかしイスラエルの人々は言った、「われわれは逃げて、彼らをから大路におびき出そう」。

33 そしてイスラエルの人々は皆その所から立ってバアル・タマルに備えをした。その間に待ち伏せていたイスラエルの人々がその所から、すなわちゲバの西から現れ出た。

34 すなわちイスラエルの全軍のうちから精兵一万人がきて、ギベアを襲い、その戦いは激しかった。しかしベニヤミンの人々は災の自分たちに迫っているのを知らなかった。

35 イスラエルのにベニヤミンを撃ち敗られたので、イスラエルの人々は、そのベニヤミンびと二万人を殺した。これらは皆つるぎを帯びている者であった。

36 こうしてベニヤミンの人々は自分たちの撃ち敗られたのを見た。そこでイスラエルの人々はギベアに対して設けた伏兵をたのんで、ベニヤミンびとを避けて退いた。

37 伏兵は急いでギベアに突き入り、進んでつるぎをもってをことごとく撃った。

38 イスラエルの人々と伏兵の間に定めた合図は、から大いなるのろしがあがるとき、

39 イスラエルの人々が戦いに転じることであった。さてベニヤミンは初めイスラエルの人々を撃って三十人ばかりを殺したので言った、「まことに彼らは最初戦いのようにわれわれのに撃ち敗られる」。

40 しかし、のろしがとなってからのぼりはじめたので、ベニヤミンの人々がうしろを見ると、はみなとなって天にのぼっていた。

41 その時イスラエルの人々が向きを変えたので、ベニヤミンの人々は災が自分たちに迫ったのを見て、うろたえ、

42 イスラエルの人々のから身をめぐらして荒野の方に向かったが、戦いが彼らに追い迫り、から出てきた者どもは、彼らをにはさんで殺した。

43 すなわちイスラエルの人々はベニヤミンの人々を切り倒し、追い撃ち、踏みにじって、ノハから東の方ギベアの向かいにまで及んだ。

44 ベニヤミンの倒れた者は一万八人で、みな勇士であった。

45 彼らは身をめぐらして荒野の方、リンモンのまで逃げたが、イスラエルの人々は大路でそのうち人を切り倒し、なおも追撃してギドムに至り、そのうちの二人を殺した。

46 こうしてそのベニヤミンの倒れた者はつるぎを帯びている者合わせて二万人で、みな勇士であった。

47 しかし人の者は身をめぐらして荒野の方、リンモンのまで逃げて、月の間リンモンのに住んだ。そこでイスラエルの人々はまた身をかえしてベニヤミンの人々を攻め、つるぎをもって人も獣もすべて見つけたものを撃ち殺し、また見つけたすべての町に火をかけた。

48 そこでイスラエルの人々はまた身をかえしてベニヤミンの人々を攻め、つるぎをもって人ももすべて見つけたものを撃ち殺し、また見つけたすべてのをかけた。

  

Exploring the Meaning of 士師記 20      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Israel’s war with the tribe of Benjamin

The events of the previous chapter carry over into the last two chapters of the book of Judges, this one and the final one. The overall content of this chapter is about the division between Israel and the tribe of Benjamin (where the town of Gibeah was situated) and the eventual long war in which thousands on both sides died.

All Israel gathered together at Mizpah, four hundred thousand foot soldiers with swords, from every tribe, except the tribe of Benjamin who heard about the gathering. The reason for coming together, prompted by the dismembered parts of the concubine, was to decide what to do. The Levite told the story of the events. The men of Israel heard and decided that they would all immediately go up against the tribe of Benjamin, for them to hand over the perverted men of Gibeah for justice to be done and for Israel to be redeemed. They agreed to take one man out of every ten to go and, if necessary, to fight.

The spiritual meaning in this opening and gathering of Israel at Mizpah is mostly about its incompleteness. The tribe of Benjamin was not present even though Mizpah was in Benjamin’s territory. Spiritual incompleteness in us is to leave something out of our love and faithfulness to the Lord which makes each one of us a whole being. The twelve tribes of Israel stand for all the qualities which come together to form our spiritual life and purpose. (True Christian Religion 38)

The men of Israel go up and ask the Lord who should go to fight first. The reply is that Judah go first. The men of Benjamin refuse to hand the men of Gibeah over and they form an army to fight Israel. In the fighting, the men of Benjamin cut down twenty-two thousand men of Israel. Israel goes and weeps to the Lord and asks if they should go up again against their brother Benjamin. The Lord says they are to go up again.

The spiritual meaning of the tribe of Benjamin is that it stands for the ‘medium’ or the vital connection between what is internal or celestial and what is external or natural. If this connection is absent there is no passage or mutual link between these two and they are separated. This removes the completeness of our spiritual life as a whole. (See Arcana Caelestia 5822.)

Israel goes up against Benjamin on the second day and eighteen thousand men of Israel are cut down by the army of Benjamin. Israel goes to the house of the Lord and weeps, and asks if they should yet go out to fight their brother Benjamin. The Lord says that they are to fight a third time, and the He will deliver them into their hand.

Israel weeps. Weeping or crying stands for mourning the loss of something which is no longer present. In a good sense ‘weeping’ can be for the sense of loss of what is loved and what is part of us, here represented by ‘to battle the children of my brother Benjamin’.
The Lord wept over Jerusalem (Luke 19:41-44). (Arcana Caelestia 4293.3)

Israel fights on three consecutive day, and on the third day they defeat the tribe of Benjamin. ‘On the third day’ (see verse 30) stands for the need for conflict and personal states in our spiritual temptations and battles to be worked through until they are brought to an end and we can be brought out of temptation, into a new state. (Arcana Caelestia 5159)

The men of Israel laid an ambush and then went as before to fight the men of Benjamin. They moved away from them and Benjamin followed them and killed some men of Israel. The men in ambush arose and went to Gibeah and by arrangement made a great column of smoke after killing the men of the city. (Arcana Caelestia 9144) The men of Benjamin saw this and panicked, and twenty three thousand of them were slain. Six hundred men escaped and hid, and Israel went all around and destroyed men of Benjamin wherever they were found.

The spiritual meaning of this final battle is in the extent of the numbers killed and the aftermath of the victory with further killing. To ‘kill’ (or destroy) when it is used in the Word is to work completely towards the full expulsion of states, thoughts and intentions in us which are in opposition to the way of the Word and its wholeness and healing. (Arcana Caelestia 9320) This is the meaning of the term ‘vastation’ in which things which are opposed to the Lord need to be worked through and brought to an end so that a new state can come.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: