士師記 19

Study

           

1 そのころ、イスラエルに王がなかった時、エフライムの地の奥にひとりのレビびとが寄留していた。彼はユダベツレヘムからひとりの女を迎えて、めかけとしていたが、

2 そのめかけは怒って、彼のところを去り、ユダベツレヘムの父のに帰って、そこにばかり過ごした。

3 そこでは彼女をなだめて連れ帰ろうと、しもべと二頭のろばを従え、立って彼女のあとを追って行った。彼が女の父のに着いた時、娘の父は彼を見て、喜んで迎えた。

4 娘の父であるしゅうとが引き留めたので、彼は共におり、みな飲み食いしてそこに宿った。

5 目に彼らははやく起き、彼が立ち去ろうとしたので、娘の父は婿に言った、「少し食事をして元気をつけ、それから出かけなさい」。

6 そこでふたりは座して共に飲み食いしたが、娘の父はその人に言った、「どうぞもう一晩泊まって楽しく過ごしなさい」。

7 その人は立って去ろうとしたが、しゅうとがしいたので、ついにまたそこに宿った。

8 目になって、はやく起きて去ろうとしたが、娘の父は言った、「どうぞ、元気をつけて、が傾くまでとどまりなさい」。そこで彼らふたりは食事をした。

9 その人がついめかけおよびしもべと共去ろうとして立ちあがったとき、娘の父であるしゅうとは彼言った、「も暮れようとしている。どうぞもう一晩泊まりなさい。は傾いた。ここ宿って楽しく過ごしなさい。そしてあしたの朝はやく起きて出立し、家帰りなさい」。

10 しかし、その人は泊まることを好まないので、立って去り、エブスすなわちエルサレムの向かいに着いた。くらをおいた二頭のろばと彼のめかけも一緒であった。

11 彼らがエブスに近づいたとき、はすでに没したので、しもべは主人に言った、「さあ、われわれは道を転じてエブスびとのこのにはいって、そこに宿りましょう」。

12 主人は彼に言った、「われわれは道を転じて、イスラエルの人々のでない外国人に、はいってはならない。ギベアまで行こう」。

13 彼はまたしもべに言った、「さあ、われわれはギベアかラマか、そのうちの一つに着いてそこに宿ろう」。

14 彼らは進んで行ったが、ベニヤミンに属するギベアの近くで日が暮れたので、

15 ギベアへ行って宿ろうと、そこに道を転じ、にはいって、その広場に座した。だれも彼らをに迎えて泊めてくれる者がなかったからである。

16 時にひとりの老人が夕暮にの仕事から帰ってきた。この人はエフライムの地の者で、ギベアに寄留していたのである。ただしこの所の人々はベニヤミンびとであった。

17 彼はをあげて、の広場に旅人のおるのを見た。老人は言った、「あなたはどこへ行かれるのですか。どこからおいでになりましたか」。

18 その人は言った、「われわれはユダベツレヘムから、エフライムの地の奥へ行くものです。わたしはあそこの者で、ユダベツレヘムへ行き、今わたしのに帰るところですが、だれもわたしをに泊めてくれる者がありません。

19 われわれには、ろばのわらも飼葉もあり、またわたしと、はしためと、しもべと共にいる若者との食物も酒もあって、何も欠けているものはありません」。

20 老人は言った、「安心しなさい。あなたの必要なものはなんでも備えましょう。ただ広場で夜を過ごしてはなりません」。

21 そして彼をに連れていって、ろばに飼葉を与えた。彼らはを洗って飲み食いした。

22 彼らが楽しく過ごしていた時、の人々の悪い者どもがそのを取り囲み、戸を打ちたたいて、のあるじである老人に言った、「あなたのにきた人を出しなさい。われわれはその者を知るであろう」。

23 しかしのあるじは彼らのところに出ていって言った、「いいえ、兄弟たちよ、どうぞ、そんな悪いことをしないでください。この人はすでにわたしのにはいったのだから、そんなつまらない事をしないでください。

24 ここに処女であるわたしのと、この人のめかけがいます。今それを出しますから、それをはずかしめ、あなたがたの好きなようにしなさい。しかしこの人にはそのようなつまらない事をしないでください」。

25 しかし人々が聞きいれなかったので、その人は自分のめかけをとって彼らのところに出した。彼らはその女を犯してまで終はずかしめ、日ののぼるころになって放し帰らせた。

26 になって女は自分の主人を宿してくれた人のの戸口にきて倒れ伏し、夜のあけるまでに及んだ。

27 彼女の主人起きての戸を開き、出て旅立とうとすると、そのめかけである女がの戸口に、を敷居にかけて倒れていた。

28 彼は女に向かって、「起きよ、行こう」と言ったけれども、なんの答もなかった。そこでその人は女をろばに乗せ、立って自分の家におもむいたが、

29 そのに着いたとき、刀を執り、めかけを捕えて、そのからだを十切れに断ち切り、それをイスラエルの全領域にあまねく送った

30 それを見たものはみな言った、「イスラエルの人々がエジプトの地から上ってきたから今日まで、このような事は起ったこともなく、また見たこともない。この事をよく考え、協議して言うことを決めよ」。

  

Exploring the Meaning of 士師記 19      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

The Levite’s Concubine and the Crime of Gibeah

In many ways the events in this chapter show the further deterioration of the spiritual condition of the people of Israel. It's a terrible story, much like the story of Sodom, much earlier in the Book of Genesis. It ends with some men of Gibeah – a town of Israel – seeking to have sex with a man who is a guest of one of the men of the city. This does not happen; they are instead diverted into an all-night rape of the man’s concubine, so that she is lifeless when he retrieves her body in the morning. He then cuts her up into twelve pieces and sends these throughout the whole territory of Israel.

As we have been saying, these last few chapters of the Book of Judges show clearly that once evil takes hold of a person – even a community or a country – and goes unchecked, and there is no indication of any desire to stop it or to turn from it, it will expand and poison the whole ‘body’. Then there is no distinction between what is good and evil, or between what is true and what is false, and there is no longer any active conscience left to check thoughts, desires and actions. (Arcana Caelestia 977)

The story begins… A Levite, a priest of Israel, takes a concubine from Bethlehem in Judah, but she takes part in prostitution and leaves the priest and goes to her father’s house in Bethlehem. The Levite goes to talk kindly with her, and she takes him into her father’s house where he is made welcome by her father.

The spiritual meaning of this is about a fairly mild situation of disorder and wrong which will form the beginning of all that is to happen. The Levite has a concubine. The concubine takes part in prostitution. The father’s fault seems to be that he keeps delaying the Levite’s departure. Every person lives with their own natures which produce mild disorders which can in fact become useful to us during regeneration. But allowed or left to stay unchecked, these disorders can begin to take hold. (Arcana Caelestia 8407)

The Levite keeps intending to leave, but several times the father of the concubine begs him to stay another night and detains him. Three days there becomes four, another night is spent, and on the fifth day the father urges the Levite to stay and eat and spend another night and go away early the next day. This time the Levite refuses and they leave and get to the town of Jebus, a Canaanite town which will eventually become Jerusalem.

The spiritual meaning of these delays before leaving lies in the danger of not turning away from something which is beginning to hold us and become our new normality. The father is very persuasive, but he is the father of a concubine who prostitutes herself. The Levite senses something is not right, and he insists he will leave. (Divine Providence 329)

The Levite’s servant asks for them to stay in Jebus, but the Levite refuses to stay in a foreign city and says they will go on to Gibeah or Ramah. They come to Gibeah and stay in the square as no one will take them in. An old man passes by and offers to take them into his house, and they go with him.

The spiritual point of this refusal to stay in the foreign city of Jebus but to go on to Gibeah, a city in Israel, is to bring out for us a sense of the abhorrence of what is about to happen there, and the extent of the wrong in Israel. (Apocalypse Revealed 158)

Some men of Gibeah beat on the door demanding that the man staying there come out so that they can sexually abuse him. The old man refuses but offers them his virgin daughter and the visitor’s concubine, but the men refuse. The Levite takes the concubine out of the house to the men and they rape her all night until morning.

The spiritual meaning for us of this story of the men of Gibeah and the concubine stems from the fact that no one in the entire story is blameless, apart from the virgin daughter of the old man. Everyone else is culpable. Spiritually, this reminds us that we are potentially capable of thinking about and even wanting to commit every evil and that regeneration – shunning all evils as sins against God and living in careful obedience to the Word – is the guard against this. (Divine Providence 296)

Abused and left, the concubine falls at the door of the house. In the morning the Levite sees her, bids her get ready to leave, then realises she is dead. He puts her on his donkey and goes to his house. He takes a knife and cuts the concubine into twelve pieces and sends these throughout the whole of Israel. And all who see say that no such thing has been seen since Israel came out of Egypt and end saying, ‘Consider it. Confer. Speak up!’

The spiritual meaning for us in dividing the concubine’s body in twelve parts and distributing them throughout all Israel is to do with our need to examine ourselves and see where our evils lie within us, often hidden and unknown. This is to be done in view of our actions, words, thoughts, intentions and what we might do if there were no penalty. (Divine Providence 149, 152, 278)

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: