士師記 21

Study

           

1 かつてイスラエルの人々はミヅパで、「われわれのうちひとりもそのをベニヤミンびとのとして与える者があってはならない」と言って誓ったので、

2 民はベテルに行って、そこで夕暮まで神のに座し、声をあげて激しく泣いて、

3 言った、「イスラエルのよ、どうしてイスラエルにこのような事が起って、今日イスラエルに一つの部族が欠けるようになったのですか」。

4 翌日、民は早く起きて、そこに祭壇を築き、燔祭と酬恩祭をささげた。

5 そしてイスラエルの人々は言った、「イスラエルのすべての部族のうちで集会に上って、主のもとに行かなかった者はだれか」。これは彼らがミヅパにのぼって、主のもとに行かない者のことについて大いなる誓いを立てて、「その人は必ず殺されなければならない」と言ったからである。

6 しかしイスラエルの人々は兄弟ベニヤミンをあわれんで言った、「今日イスラエルに一つの部族が絶えた。

7 われわれはをさして、われわれのを彼らにとして与えないと誓ったので、かの残った者どもにをめとらせるにはどうしたらよいであろうか」。

8 彼らはまた言った、「イスラエルの部族のうちで、ミヅパにのぼって主のもとに行かなかったのはどの部族か」。ところがヤベシ・ギレアデからはひとりも陣営にきて集会に臨んだ者がなかった。

9 すなわち民を集めて見ると、ヤベシ・ギレアデの住民はひとりもそこにいなかった。

10 そこで会衆は勇士一万人をかしこにつかわし、これに命じて言った、「ヤベシ・ギレアデに行って、その住民を、女、供もろともつるぎをもって撃て。

11 そしてこのようにしなければならない。すなわち男および男と寝た女はことごとく滅ぼさなければならない」。

12 こうして彼らはヤベシ・ギレアデの住民のうちで人の若い処女を獲た。これはまだ男と寝たことがなく、男を知らない者である。彼らはこれをカナンの地にあるシロの陣営に連れてきた。

13 そこで全会衆は人をつかわして、リンモンのにおるベニヤミンの人々に平和を告げた。

14 ベニヤミンの人々がその時、帰ってきたので、彼らはヤベシ・ギレアデの女のうちから生かしておいた女をこれに与えたが、なお足りなかった。

15 こうして民は、イスラエルの部族のうちに欠陥をつくられたことのために、ベニヤミンをあわれんだ。

16 会衆の長老たちは言った、「ベニヤミンの女が絶えたので、かの残りの者どもにをめとらせるにはどうしたらよいでしょうか」。

17 彼らはまた言った、「イスラエルから一つの部族が消えうせないためにベニヤミンのうちの残りの者どもに、あとつぎがなければならない。

18 しかし、われわれのを彼らの与えることはできない。イスラエルの人々が『ベニヤミンに与える者はのろわれる』と言って誓ったからである」。

19 それで彼らは言った、「年々シロ主の祭がある」。シロベテルにあって、ベテルからシケムにのぼる大路の東、レバナのにある。

20 そして彼らはベニヤミンの人々に命じて言った、「あなたがたは行って、ぶどう畑に待ち伏せして、

21 うかがいなさい。もしシロ娘たち踊り踊りに出てきたならば、ぶどう畑から出て、シロ娘たちのうちから、めいめい自分のをとって、ベニヤミンの地に連れて行きなさい。

22 もしその父あるいは兄弟がきて、われわれに訴えるならば、われわれは彼らに、『われわれのために彼らをゆるしてください。戦争のときにわれわれは、彼らおのおのにをとってやらなかったし、またあなたがたも彼らに与えなかったからです。もし与えたならば、あなたがたは罪を犯したことになるからでした』と言いましょう」。

23 ベニヤミンの人々はそのように行い、踊っている者どものうちから自分たちの数にしたがってを取り、それを連れて領地に帰り、々を建てなおして、そこに住んだ。

24 こうしてイスラエルの人々は、その時そこを去って、おのおのその部族および氏族に帰った。すなわちそこを立って、おのおのその嗣業の地に帰った。

25 そのころ、イスラエルには王がなかったので、おのおの自分のに正しいと見るところをおこなった。

  

Exploring the Meaning of 士師記 21      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Wives Provided for the Men of Benjamin

This final chapter of the book of Judges deals with the wish of Israel to provide the remaining men of Benjamin with wives so that the tribe would not die out, since it was one of the twelve tribes of Israel. Yet the men of Israel had made a vow at Mizpah not to give their daughters to any men of Benjamin.

Providing wives means to add either truth or good to a situation. “In the Word, when ‘husband’ is mentioned, then ‘wife’ stands for truth. But when the husband is called ‘the man’, then ‘wife’ stands for good. This is the way it gets continually used in the Word.” (Arcana Caelestia 1468) In this chapter the men are called ‘the men of Benjamin’ or the Benjamites, so wives stand for good being joined to truth.

The men of Israel wondered who had not come to the gathering at Mizpah and recalled that no one from Jabesh Gilead had come. This meant that they were not under the obligation of the vow. The men of Israel told men to go and kill every man in that city and also any woman who was not a virgin. They found four hundred young virgins and brought them up to the camp at Shiloh.

The name Jabesh-Gilead means ‘arid’ and its spiritual meaning is in this city’s non-participation in dealing with the problem of the tribe of Benjamin. It stands for our refusal and disinclination to act to progress the spiritual life of the Word and our obedience to it.
But in it are four hundred young virgins who are not part of this non-participation and they can be taken to be wives for the men of Benjamin, to provide a future and an offspring.

“Virgins stand for the Lord’s kingdom, for everyone who is a kingdom of the Lord or a ‘church’, those who love the Lord, those who are in the affection for good, in charity to their neighbour, and those who love what is true. All of this is from the conjugial love which is there in chaste virgins.” (Arcana Caelestia 3081)

But even so, this is not enough to provide sufficient wives for the men of Benjamin. They recall that there is a yearly feast at Shiloh at which the young daughters of Shiloh dance. They tell the men of Benjamin to go there at the time of the feast and when the daughters of Shiloh come out to dance, to each seize a girl and take her away to Benjamin. And if anyone complains about breaking the vow made at Mizpah, it will be told them that this does not apply to the men of Benjamin and to be kind to this taking of wives.

The spiritual meaning of this is that it is essential that the tribe of Benjamin who stand for the link or connection between internal and external states, should have a full complement of wives so that truth and good can be together in producing and preserving this connection for our spiritual wholeness and its life. (Arcana Caelestia 5411)

The final verse of the book of Judges, “In those days there was no king in Israel; everyone did what was right in their own eyes”, very much describes the sequence of the stories in Judges to the point where good and truth, love for the Lord and obedience to the Word, are marginalised, and replaced by one wrong action after another, through to the very end.

The spiritual meaning in these wrong doings can be seen to show their purpose in terms of our spiritual life and regeneration. This is the purpose of them being included in the Word, and while the text is at times harrowing, it contains the basis for giving us the truths which lead to eternal life and the Lord.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: