士師記 17

Studovat vnitřní smysl

Japanese Bible         

← 士師記 16   士師記 18 →

1 ここにエフライムの地の人で、名をミカと呼ぶものがあった。

2 彼はに言った、「あなたはかつて枚を取られたので、それをのろい、わたしにも話されましたが、そのはわたしが持っています。わたしがそれを取ったのです」。は言った、「どうぞがわが祝福されますように」。

3 そして彼が枚をに返したので、は言った、「わたしはわたしののために一つの刻んだ像と、一つの鋳た像を造るためにそのをわたしのからに献納します。それで今それをあなたに返しましょう」。

4 ミカがそのに返したので、はその枚をとって、それを細工人に与え、一つの刻んだ像と、一つの鋳た像を造らせた。その像はミカのにあった。

5 このミカという人は神の宮をもち、エポデとテラピムを造り、そののひとりを立てて、自分の祭司とした。

6 そのころイスラエルには王がなかったので、人々はおのおの自分たちのに正しいと思うことを行った。

7 さてここにユダの氏族のもので、ユダベツレヘムからきたひとりの若者があった。彼はレビびとであって、そこに寄留していたのである。

8 この人は自分の住むべきところを尋ねて、ユダベツレヘムを去り、旅してエフライムの地のミカのにきた。

9 ミカは彼に言った、「あなたはどこからおいでになりましたか」。彼は言った、「わたしはユダベツレヘムのレビびとですが、住むべきところを尋ねて旅をしているのです」。

10 ミカは言った、「わたしと一緒にいて、わたしのために父とも祭司ともなってください。そうすれば年に枚と衣服ひとそろいと食物とをさしあげましょう」。

11 レビびとはついにその人と一緒に住むことを承諾した。そしてその若者は彼ののひとりのようになった。

12 ミカはレビびとであるこの若者を立てて自分の祭司としたので、彼はミカのにいた。それでミカは言った、「今わたしはレビびとを祭司に持つようになったので、主がわたしをお恵みくださることがわかりました」。

13 それでミカは言った、「今わたしはレビびとを祭司に持つようになったので、がわたしをお恵みくださることがわかりました」。

← 士師記 16   士師記 18 →
   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of Judges 17      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

The Story of Micah’s Idols

In this chapter, the story moves from the various judges of Israel to an anecdote that illustrates the overall worsening spiritual situation in the land. The people turn from the Lord and do more and more wrong among themselves. The last verse of the book of Judges is very telling, “In those days there was no king in Israel; everyone did what was right in their own eyes.” The same words come in the present chapter, in Judges 17:6.

In this story, a man named Micah (not to be confused with the prophet Micah) took a lot of silver money from his mother. He confesses that he did this, and returns the money to her. She says, “May you be blessed by the Lord, my son!” She finds a silversmith to melt down the silver money to make an idol which gets set up in their house. One of Micah’s sons is then appointed as the priest to serve this idol.

The spiritual meaning of this is that an idol of any kind is a falsifying of our own worship and sense of the Lord. An idol is a ‘thing’ in a ‘place’, vested with power, whereas our worship and sense of the Lord is that he is fully everywhere and in everything. (Arcana Caelestia 3479, 3732) The essence of idolatry is that it emphasises external forms with no attention to the place and purpose of internal forms and realities. Our ‘idols’ can be whatever we love or desire or feel is important to us, over and above the Lord.

The story then shifts to a wandering Levite, a priest of Israel, who came from Bethlehem in Judah, and is looking for any place to stay. Israel had appointed six cities for Levites to live in, but this Levite is a wanderer. He eventually meets Micah, who takes him into his house and makes him a paid priest. Micah feels important because of this development.

This part of the story depicts the decline of Israel from its worship of the Lord to a state of allowing anything to be done if it seems right in someone’s eyes. The Levite is a trained priest, trained in the law of Moses, someone who should know the commandments of the Lord and also their prohibitions. This Levite is ‘looking for a place to go to’ which describes his apparent falling away from true priesthood. (See the description in Apocalypse Explained 444, about the Levites, and in Doctrine of Life 39 about priests.)

As well as indicating the extent of the spiritual fall of Israel into idolatry and wrong practices, this chapter representatively describes our own scope for moving away from a genuine worship of the Lord into a worship of ourselves and of the world, and the change that comes within us in doing this. It often changes very gradually and inexorably so that it is imperceptible even to ourselves. This is a danger, and the reason for our self-examination and vigilant care.

The name Micah means, “Who is like Jehovah God?” which is an ironical name for someone who turns away from God to substitute an idol made from silver money, in a completely false worship. In genuine repentance, we may ask, “Who is like Jehovah God?” implying that no one is like God, including ourselves, because we are all involved in wrong feelings, thinking and actions, and we know our need of and dependence on the Lord. (Apocalypse Revealed 531)

It is important to note the mother’s first words, “May you be blessed by the Lord, my son!” saying this for his confession and return of the money. She begins her part in the story with the truest of statements, i.e. that the Lord wants to bless us, even while she may just be glad to have all her money back.

“Silver” in the Word can mean truths, truths of faith and truth of good, but in an opposite sense, when used dishonestly, it means falsities. (Arcana Caelestia 1551)

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 2598


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 3704, 4111

天界と地獄 324


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Spiritual Experiences 2411

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 31:19, 45:8

出エジプト記 20:4, 29:9

申命記 12:8, 27:15

ヨシュア記 17:15, 21:21, 24:30

士師記 3:27, 8:27, 12:5, 8, 18:1, 2, 4, 17, 19, 24, 19:1, 21:25

ルツ記 1:1

サムエル記上 2:36, 15:13, 19:13

列王記上 12:32

列王記下 2:12

歴代誌下 33:7

詩編 10:3

箴言 16:2

イザヤ書 46:6

エゼキエル書 21:26

ホセア書 3:4

ミカ書 5:1

ハバクク書 2:18

Významy biblických slov

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


As children, most of us at some point frustrated our mothers into using the phrase “if I've told you once, I've told you a thousand...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


In general, mothers in the Bible represent the Lord's church on earth, or the church among those who know and follow the Lord. In some...


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...

いう
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


It’s common to say “I see” when we understand something. And indeed, “seeing” in the Bible represents grasping and understanding spiritual things. So it makes...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jer. 33:13) signify doctrines of charity and faith.

エフライム
Ephraim was the second son born to Joseph in Egypt and was, along with his older brother Manasseh, elevated by Jacob to the same status...

エフライムの
Ephraim was the second son born to Joseph in Egypt and was, along with his older brother Manasseh, elevated by Jacob to the same status...


The Writings tell us that the Lord's love is the sun of heaven, and it is natural for us to look above ourselves to the...

ユダ
City of Judah,' as in Isaiah 40:9, signifies the doctrine of love towards the Lord and love towards our neighbor in its whole extent.

ベツレヘム
聖書の中でエフラテとベツレヘムの間には強い関係があります。いずれにしても、聖書の中で重要な役割を果たしています。ベツレヘムはイエスの生誕地として有名ですが、ダビデやベニヤミンの生誕地でもあり、ベニヤミンの母レイチェルもそこに葬られています。 その理由は、エフラートとベツレヘム(ちなみにベニヤミンも)が、私たちの霊的な配線の重要な要素、霊的な生活を可能にする要素を表しているからです。 最も深いレベルでは、私たちのアイデンティティ、私たちの人間性は、愛の問題です - 私たちが愛するものは、私たちが誰であるか、私たちが何であるかを作る。しかし、その愛は私たちの中に閉じ込められていて、他の人と直接共有できるものではありません。それを共有するためには、それを形にしなければなりません。形にするということは、それを実際にアイデアや真実に変えていくということです。そして運が良ければ、それを受け取る人々は、その真実に含まれる愛を感じ、内在化させながら、そのプロセスを逆に実行することができるようになります。 しかし、このプロセスには2種類の "量子的飛躍 "があります。愛は内的なものであり、真理は外的なものです(スウェーデンボルグが言うように、愛は本質的には天体的なものであり、真理は本質的には霊的なものです)。愛を真理として表現するには特別なプロセスが必要であり、真理から愛を受け取るには同様に特別なプロセスが必要です。そこにベツレヘムの出番です。 ベツレヘム(とエフラテとベニヤミン)は、スウェーデンボルグが "天界の霊的なもの "と呼ぶものを表しています。これは、天体の要素 - 愛 - フォームを取ることに向かってプッシュすることができ、可能な限り "真実のような "になることができる場所です。それは、精神的な要素 - 真実 - が可能な限り "愛のような" になることができます "精神の天体" と呼ばれるもので一致しています。これらの仲介を通して、愛は、シナプスを横切る神経の衝動のような、または一緒に2つの磁石を描く磁場のような、一種のギャップをジャンプすることができます。それは、私たちが愛を有用な形にすることができる唯一の方法であり、私たちはそれを共有することができる唯一の方法です。...


'Silver,' in the internal sense of the Word, signifies truth, but also falsity. 'Silver' means the truth of faith, or the truth acquired from selfhood,...


Most places in Swedenborg identify “ten” as representing “all,” or in some cases “many” or “much.” The Ten Commandments represent all the guidance we get...

衣服
Soft raiment,' as in Matthew 11:9, represents the internal sense of the Word.


It is said, in Deuteronomy 22:11, "Thou shalt not wear a garment of diverse sorts; as of woolen and linen together…”. This means that the...

住む
'Inhabit' refers to good.


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

若者
"Youths" or "Young men" generally represent intelligence or the understanding of truth. This is fitting, since adolescent boys tend to be more advanced intellectually than...


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Dividing the Land of Canaan Review Questions
Choose words from a word bank to complete sentences about the division of the land of Canaan.
Activity | All Ages

 Micah’s Idols
Coloring Page | Ages 7 - 14


Přeložit: