士師記 18

Study

           

1 そのころイスラエルには王がなかった。そのころダンびとの部族イスラエルの部族のうちにあって、そのまでまだ嗣業の地を得なかったので自分たちの住むべき嗣業の地を求めていた。

2 それでダンの人々は自分の部族の総勢のうちから、勇者人をゾラとエシタオルからつかわして土地をうかがい探らせた。すなわち彼らに言った、「行って土地を探ってきなさい」。彼らはエフライムの地に行き、ミカのに着いて、そこに宿ろうとした。

3 彼らがミカのに近づいたとき、レビびとである若者の声を聞きわけたので、身をめぐらしてそこにはいって彼に言った、「だれがあなたをここに連れてきたのですか。あなたはここで何をしているのですか。ここになんの用があるのですか」。

4 若者は彼らに言った、「ミカが、かようかようにしてわたしを雇ったので、わたしはその祭司となったのです」。

5 彼らは言った、「どうぞ、に伺って、われわれが行く道にしあわせがあるかどうかを知らせてください」。

6 その祭司は彼らに言った、「安心して行きなさい。あなたがたが行く道はが見守っておられます」。

7 そこで人の者は去ってライシに行き、そこにいる民を見ると、彼らは安らかに住まい、その穏やかで安らかなことシドンびとのようであって、このには一つとして欠けたものがなく、富を持ち、またシドンびとと遠く離れており、ほかの民と交わることがなかった。

8 かくて彼らがゾラとエシタオルにおる兄弟たちのもとに帰ってくると、兄弟たちは彼らに言った、「いかがでしたか」。

9 彼らは言った、「立って彼らのところに攻め上りましょう。われわれはかの地を見たが、非常に豊かです。あなたがたはなぜじっとしているのですか。ためらわずに進んで行って、かの地を取りなさい。

10 あなたがたが行けば、安らかおる民の所行くでしょう。その地は広く、はそれをあなたがたの賜わるのです。そこは地あるもの一つとして欠けているものはありません」。

11 そこでダンの氏族のもの人が武器をびて、ゾラとエシタオルを出発し、

12 上って行ってユダのキリアテ・ヤリムに陣を張った。このゆえに、その所は今日までマハネダンと呼ばれる。それはキリアテ・ヤリムの西にある。

13 彼らはそこからエフライムの地に進み、ミカのに着いた。

14 かのライシのをうかがいに行った人の者はその兄弟たちに言った、「あなたがたはこれらのにエポデとテラピムと刻んだ像と鋳た像のあるのを知っていますか。それであなたがたは今、なすべきことを決めなさい」。

15 そこで彼らはその方へ身をめぐらして、かのレビびとの若者のすなわちミカのに行って、彼に安否を問うた。

16 しかし武器をびた人のダンの人々はの入口に立っていた。

17 かの土地をうかがいに行った人の者は上って行って、そこにはいり、刻んだ像とエポデとテラピムと鋳た像とを取ったが、祭司は武器をびた人の者と共にの入口に立っていた。

18 彼らがミカのにはいって刻んだ像とエポデとテラピムと鋳た像とを取った時、祭司は彼らに言った、「あなたがたは何をなさいますか」。

19 彼らは言った、「黙りなさい。あなたのにあてて、われわれと一緒にきて、われわれのために父とも祭司ともなりなさい。ひとりのの祭司であるのと、イスラエルの部族、一氏族の祭司であるのと、どちらがよいですか」。

20 祭司は喜んで、エポデとテラピムと刻んだ像とを取り、民のなかに加わった。

21 かくて彼らは身をめぐらして去り、その子供たちと家畜と貨財をさきにたてて進んだが、

22 ミカのをはるかに離れたとき、ミカはに近いの人々を集め、ダンの人々に追いつき、

23 ダンの人々を呼んだので、彼らはふり向いてミカに言った、「あなたがそのように仲間を連れてきたのは、どうしたのですか」。

24 彼は言った、「あなたがたが、わたしの造った神々および祭司を奪い去ったので、わたしに何が残っていますか。しかるにあなたがたがわたしに向かって『どうしたのですか』と言われるとは何事ですか」。

25 ダンの人々は彼に言った、「あなたは大きな声を出さないがよい。気の荒い連中があなたに撃ちかかって、あなたは自分の命と族の命を失うようになるでしょう」。

26 こうしてダンの人々は去って行ったが、ミカは彼らの強いのを見て、くびすをかえして自分のに帰った。

27 さて彼らはミカが造った物と、ミカと共にいた祭司とを奪ってライシにおもむき、穏やかで、安らかな民のところへ行って、つるぎをもって彼らを撃ち、をつけてそのを焼いたが、

28 シドンを遠く離れており、ほかの民との交わりがなかったので、それを救うものがなかった。そのはベテレホブに属するにあった。彼らはを建てなおしてそこに住み、

29 イスラエルに生れた先祖ダンの名にしたがって、そのの名をダンと名づけた。そのの名はもとはライシであった。

30 そしてダンの人々は刻んだ像を自分たちのために安置し、モーセの孫すなわちゲルショムヨナタンとその孫がダンびとの部族の祭司となって、が捕囚となるにまで及んだ。

31 神のシロにあったあいだ、常に彼らはミカが造ったその刻んだ像を飾って置いた。

  

Exploring the Meaning of 士師記 18      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

The Tribe of Dan Adopts Micah’s Idolatry

This chapter shows the way in which one person’s distortion of truth, turning it into a falsity, can have severe consequences on a larger scale.

The tribe of Dan – one of the twelve tribes of Israel – was given land to the west, by the coast, but they found it hard to hold on to. The name of the tribe of Dan means ‘to judge’, but if judgment isn't based on the Word there will be chaos. (Arcana Caelestia 842)

Faced with competition for their homeland, the tribal leaders of Dan went looking for a place for themselves elsewhere. They sent five men of valour to spy out the land. These men came to Micah’s house, and they recognised the voice of the young Levite there. They questioned him about his situation, and he told them that Micah had hired him to be a priest to his household. The men of Dan asked the Levite to ask the Lord if their search would be prosperous, and he told them that it would be.

The spiritual meaning of this part of the chapter is to do with an intensifying wrongness. At the textual level, there is reference to the Lord, and an apparent normality in what takes place. But underlying it, there's a wrongness, which will become apparent later in the chapter. The pointers to it here are the five men from Dan, them coming straight to Micah’s house, and the hiring of a priest.

The number ‘five’ has a good meaning in many parts of the Word, but it can also have a bad meaning, as it does here. In this context, it stands for only a little, for disunion and the destruction of the Word (Apocalypse Revealed 738).

Coming directly to Micah’s house and recognising the Levite brings together two evil intentions: Micah’s idol and the men of Dan’s search to take a home for themselves. An example for us could be where two people plot to seek the harm of a third person. (Arcana Caelestia 4724)

The hiring of a priest is something disallowed, for priests are there to serve the Lord and they are provided for by the people, not to be hired. Hiring, spiritually, stands for seeking reward for what you do, whereas the true reward is heaven for those who serve without expecting a reward. (Arcana Caelestia 8002)

The five men leave Micah's house, and go on to Laish in the far north, where there are people who dwell securely in peace and without rulers, far from others and with no ties. Laish means ‘fearless and kneaded together’. It is a picture of perfection, of heaven. (Divine Love and Wisdom 200)

The five men then return to their tribe of Dan and report about Laish. They say that it is ideal for the taking because it has plenty of land and its people are secure. They say that “God has given it into your hands”.

Six hundred men of the tribe of Dan set out and they too, come to the house of Micah. The five spies tell them about the idols and they meet and greet the young Levite. Then the five spies go in and take all the idols in the house. The Levite joins up with the men from Dan and they go on together.

One spiritual meaning in the story is that evil (Dan, gone bad) loves to destroy peace and innocence (Laish).

The complete loss to Micah of all his idols and his hired priest, shows, too, that in fully turning to evil, there is the final loss of everything that might bring a person back. (Arcana Caelestia 9039)

People living near Micah go and accost the men of Dan about what they have taken -- but Micah is told to stop complaining or his household will be killed.

The Danites leave, and go and capture Laish, killing and burning, and re-naming the city Dan. There they set up the images and appoint priests. These images remain in Dan all the time that the house of God is in Shiloh.

The spiritual meaning of one evil or falsity becoming greater or more numerous is in the way that we might hold a negative emotion or a distorted view in our mind where it then spreads to other emotions and views we have and brings them into greater evil and falsity. This is the intention of evil and also of hell’s influence, to extend it to be as widespread as possible.

This is the outcome of everything that has developed through this and the previous chapter. It describes the spread of evil to become a terrible force for destruction and spiritually, for an individual person, for self-destruction. In the context of the decline of Israel to where ‘everyone did what was right in their own eyes’ this progression presents the pathway and process of that spiritual loss. (Divine Providence 19)

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: