創世記 5

Studovat vnitřní smysl

           

1 アダムの系図は次のとおりである。が人を創造された時、をかたどって造り、

2 彼らを男と女とに創造された。彼らが創造された時、神は彼らを祝福して、その名をアダムと名づけられた。

3 アダム三十歳になって、自分にかたどり、自分のかたちのような男の子を生み、その名をセツと名づけた。

4 アダムがセツを生んで、生きた年は八年であって、ほかに男子と女を生んだ。

5 アダムの生きた年は合わせて三十歳であった。そして彼は死んだ。

6 セツは歳になって、エノスを生んだ。

7 セツはエノスを生んだ、八七年生きて、男子と女を生んだ。

8 セツの年は合わせて歳であった。そして彼は死んだ。

9 エノスは九十歳になって、カイナンを生んだ。

10 エノスはカイナンを生んだ、八十五年生きて、男子と女を生んだ。

11 エノスの年は合わせて歳であった。そして彼は死んだ。

12 カイナンは七十歳になって、マハラレルを生んだ。

13 カイナンマハラレルを生んだ、八四十年生きて、男子と女を生んだ。

14 カイナンの年は合わせて歳であった。そして彼は死んだ。

15 マハラレルは六十五歳になって、ヤレドを生んだ。

16 マハラレルはヤレドを生んだ、八三十年生きて、男子と女を生んだ。

17 マハラレルの年は合わせて八十五歳であった。そして彼は死んだ。

18 ヤレドは六十歳になって、エノクを生んだ。

19 ヤレドはエノクを生んだ、八年生きて、男子と女を生んだ。

20 ヤレドの年は合わせて六十歳であった。そして彼は死んだ。

21 エノクは六十五歳になって、メトセラを生んだ。

22 エノクメトセラを生んだ年、とともに歩み、男子と女を生んだ。

23 エノクの年は合わせて十五歳であった。

24 エノクとともに歩み、が彼を取られたので、いなくなった。

25 メトセラ八十七歳になって、レメクを生んだ。

26 メトセラはレメクを生んだ、七八十年生きて、男子と女を生んだ。

27 メトセラの年は合わせて六十歳であった。そして彼は死んだ。

28 レメクは八十歳になって、男のを生み、

29 「この子こそ、が地をのろわれたため、骨折り働くわれわれを慰めるもの」と言って、その名をノアと名づけた。

30 レメクはノアを生んだ十五年生きて、男子と女を生んだ。

31 レメクの年は合わせて七七十七歳であった。そして彼は死んだ。ノアは五歳になって、セム、ハム、ヤペテを生んだ。

32 ノア歳になって、セム、ハム、ヤペテを生んだ。

  

Exploring the Meaning of 創世記 5      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 460. This chapter treats specifically of the propagation of the Most Ancient Church through successive generations, almost to the flood.

AC 461. The Most Ancient Church itself, which was celestial, is what is called "Man (homo)," and a "likeness of God" (verse 1).

AC 462. A second church which was not so celestial as the Most Ancient Church, is called "Seth" (verses 2, 3).

AC 463. A third church was called "Enosh" (verse 6); a fourth "Kenan" (verse 9); a fifth "Mahalalel" (verse 12); a sixth " Jared" (verse 15); a seventh "Enoch" (verse 18); and an eighth church "Methuselah" (verse 21).

AC 464. The church called " is described as framing doctrine from what was revealed to and perceived by the Most Ancient Church, which doctrine, although of no use at that time, was preserved for the use of posterity. This is signified by its being said that "Enoch" was no more, because God took him" (verses 22, 23, 24).

AC 465. A ninth church was called "Lamech" (verse 25).

AC 466. A tenth, the parent of three churches after the flood, was named "Noah." This church is to be called the Ancient Church (verses 28, 29).

AC 467. "Lamech" is described as retaining nothing of the perception which the Most Ancient Church enjoyed; and "Noah" is described as a new church (verse 29).

   Studovat vnitřní smysl

Exploring the Meaning of Genesis 5      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 460. This chapter treats specifically of the propagation of the Most Ancient Church through successive generations, almost to the flood.

AC 461. The Most Ancient Church itself, which was celestial, is what is called "Man (homo)," and a "likeness of God" (verse 1).

AC 462. A second church which was not so celestial as the Most Ancient Church, is called "Seth" (verses 2, 3).

AC 463. A third church was called "Enosh" (verse 6); a fourth "Kenan" (verse 9); a fifth "Mahalalel" (verse 12); a sixth " Jared" (verse 15); a seventh "Enoch" (verse 18); and an eighth church "Methuselah" (verse 21).

AC 464. The church called " is described as framing doctrine from what was revealed to and perceived by the Most Ancient Church, which doctrine, although of no use at that time, was preserved for the use of posterity. This is signified by its being said that "Enoch" was no more, because God took him" (verses 22, 23, 24).

AC 465. A ninth church was called "Lamech" (verse 25).

AC 466. A tenth, the parent of three churches after the flood, was named "Noah." This church is to be called the Ancient Church (verses 28, 29).

AC 467. "Lamech" is described as retaining nothing of the perception which the Most Ancient Church enjoyed; and "Noah" is described as a new church (verse 29).

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 460, 461, 462, 463, 464, 465, 466, ...

聖書の教義 103

The Inner Meaning of the Prophets and Psalms 405, 406

True Christian Religion 279


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 435, 468, 481, 482, 483, 484, 485, ...

Conjugial Love 132, 156

聖書の教義 21

True Christian Religion 48, 202


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 555, 670, 725, 728

De Verbo (The Word) 7, 18

Spiritual Experiences 5999

Marriage 48

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 1:27, 3:17, 19, 4:25, 6:9, 10, 7:13, 9:18, 10:1, 6, 21

列王記下 2:12

歴代誌上 1:1

マラキ書 2:6

マタイによる福音書 1:1, 19:4

マルコによる福音書 10:6

ルカによる福音書 3:23, 36

コリントの信徒への手紙一 11:7, 15:49

ハバクク書 11:5

ユダの手紙 1:14

Významy biblických slov

アダム
アダムは聖書の中で最も重要な人物であり、最も論争の的となっている人物の一つであり、信仰者でさえも二分されています。 ある程度、この論争は言語学的なものです。アダム」という言葉はヘブライ語で「人」または「人間」を意味し、創世記の第一章では一貫してそのように訳されています。実際、この章では「アダム」は複数形であり、男性と女性を含んでいます。"だから神は自分の姿に似せて人(アダム)を創造された。創世記1:27聖書の欽定訳から引用しています)。)しかし、後の章では、イエスの系譜を含めても ルカによる福音書3:38 - "Adam "は名前として使われており、特定の人物を指しているようです。 一般的な解釈としては 創世記1:26-28 は人間の創造についての一般的な記述であり、その創造の具体的な内容は、神が最初に男アダムと女イヴを創造した次の章で明らかにされています。しかし、言語学的には、第二章の「アダム」は第一章の「アダム」と同じです。実際、欽定訳聖書では、第二章の途中で「男」から「アダム」に切り替わっていますが(創世記2:19)では、できるだけ原語に近いように作られたヤングのリテラル翻訳では、「アダム」を人名として使用していません。 創世記4:25エデンの園のずっと後のことです。一方、イヴは、すべての翻訳で単に「女」とされています。 創世記3:20それは、彼女とアダムが禁断の果実を食べて園から追放された後のことです。 では、これは何を意味するのでしょうか?聖書によると、創世記で創られた「人」は、最も古い教会を表しており、それは初期の人類の中で最初の教会であり、地球上で最も純粋な教会でした。教会の人々は主の愛に純粋に動かされ、平和、調和、相互愛、言葉では言い表せない知恵の中で生活していました。これは、主が唯一の真の人間であり、実際には人間性そのものであるという考えから来ています。ほとんどの古代人は主の近くにいたので、彼らは "人間 "または "人間 "の意味で "アダム "で表現されています。 神と人間の関係に最初の波紋が生じたのは、人々が神から流れてくるものではなく、自分の愛と知恵を自分のものとして感じたいと思うようになった時でした。主は彼らに、自分の思い通りに感じる力を与えてくださいました。その自己意識のために、人々は主を信頼する代わりに、自分の感覚と自分の心の力-蛇-に引き寄せられたのです。聖書によると、「人間」から「アダム」への切り替えは、主がそのような自己意識を持つことを許した時に人々が変化したことを表しています。 一般的な意味では、アダムは最古の教会を代表しています。具体的には、アダムは個人として名前を挙げられたとき、その教会が最初に主から背を向け始めたときの教会を表しています。しかし、どちらの意味でも、彼の物語は自然史ではなく霊的な歴史であり、アダムは比喩的な人物であり、実際の個々の人間ではなかったことは、聖文が明らかにしています。

アダムの
アダムは聖書の中で最も重要な人物であり、最も論争の的となっている人物の一つであり、信仰者でさえも二分されています。 ある程度、この論争は言語学的なものです。アダム」という言葉はヘブライ語で「人」または「人間」を意味し、創世記の第一章では一貫してそのように訳されています。実際、この章では「アダム」は複数形であり、男性と女性を含んでいます。"だから神は自分の姿に似せて人(アダム)を創造された。創世記1:27聖書の欽定訳から引用しています)。)しかし、後の章では、イエスの系譜を含めても ルカによる福音書3:38 - "Adam "は名前として使われており、特定の人物を指しているようです。 一般的な解釈としては 創世記1:26-28 は人間の創造についての一般的な記述であり、その創造の具体的な内容は、神が最初に男アダムと女イヴを創造した次の章で明らかにされています。しかし、言語学的には、第二章の「アダム」は第一章の「アダム」と同じです。実際、欽定訳聖書では、第二章の途中で「男」から「アダム」に切り替わっていますが(創世記2:19)では、できるだけ原語に近いように作られたヤングのリテラル翻訳では、「アダム」を人名として使用していません。 創世記4:25エデンの園のずっと後のことです。一方、イヴは、すべての翻訳で単に「女」とされています。 創世記3:20それは、彼女とアダムが禁断の果実を食べて園から追放された後のことです。 では、これは何を意味するのでしょうか?聖書によると、創世記で創られた「人」は、最も古い教会を表しており、それは初期の人類の中で最初の教会であり、地球上で最も純粋な教会でした。教会の人々は主の愛に純粋に動かされ、平和、調和、相互愛、言葉では言い表せない知恵の中で生活していました。これは、主が唯一の真の人間であり、実際には人間性そのものであるという考えから来ています。ほとんどの古代人は主の近くにいたので、彼らは "人間 "または "人間 "の意味で "アダム "で表現されています。 神と人間の関係に最初の波紋が生じたのは、人々が神から流れてくるものではなく、自分の愛と知恵を自分のものとして感じたいと思うようになった時でした。主は彼らに、自分の思い通りに感じる力を与えてくださいました。その自己意識のために、人々は主を信頼する代わりに、自分の感覚と自分の心の力-蛇-に引き寄せられたのです。聖書によると、「人間」から「アダム」への切り替えは、主がそのような自己意識を持つことを許した時に人々が変化したことを表しています。 一般的な意味では、アダムは最古の教会を代表しています。具体的には、アダムは個人として名前を挙げられたとき、その教会が最初に主から背を向け始めたときの教会を表しています。しかし、どちらの意味でも、彼の物語は自然史ではなく霊的な歴史であり、アダムは比喩的な人物であり、実際の個々の人間ではなかったことは、聖文が明らかにしています。


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

創造
創世記の最初の章にある天と地の創造は、「人」と呼ばれる天の教会の新しい創造を意味します。

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...

三十
'Thirty' has a twofold significance because it is is the product of five and six, and also three and ten. From five multiplied by six,...

自分の
In many cases, the spiritual meaning of "own," both as a verb and as an adjective, is relatively literal. When people are described as the...


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。

男子
'A son,' as in Genesis 5:28, signifies the rise of a new church. 'Son,' as in Genesis 24:3, signifies the Lord’s rationality regarding good. 'A...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


'Nine' signifies conjunction.


Five also signifies all things of one part.


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...

カイナン
Cainan (Gen. 5:12) signifies a fourth church from Adam.

十五
Fifteen, as in Genesis 7:20, signifies so few as to be scarce anything.

マハラレル
'Mahalaleel,' as in Genesis 5:12, signifies a fifth church from Adam. The life of people who constituted this church was such, that they preferred the...

四十
'Forty' means completeness because 'four' means what is complete, as does 'ten.' Forty is the product of four and ten. Compound numbers have a meaning...


Most places in Swedenborg identify “ten” as representing “all,” or in some cases “many” or “much.” The Ten Commandments represent all the guidance we get...

エノク
Enoch (Gen. 5:18) signifies the seventh church from Adam, and which consisted of those who had framed doctrines out of the things which had been...

メトセラ
'Methuselah,' as in Genesis 5:21, signifies the eighth church, or spiritual era, after Adam.


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

エノクの
Enoch (Gen. 5:18) signifies the seventh church from Adam, and which consisted of those who had framed doctrines out of the things which had been...

八十
Swedenborg tells us that 80, like 40, can represent a state of temptation, when we face and battle our desires for evil – and that...

メトセラの
'Methuselah,' as in Genesis 5:21, signifies the eighth church, or spiritual era, after Adam.


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

働く
'Works,' as in Genesis 46:33, denote goods, because they are from the will, and anything from the will is either good or evil, but anything...

慰める
When the Bible talks about someone being comforted or consoled, it generally means that they are being offered ideas that will help bring them to...

慰め
When the Bible talks about someone being comforted or consoled, it generally means that they are being offered ideas that will help bring them to...

ノア
'Noah,' as in Genesis 5:29, signifies the ancient church, or the parent of the three churches after the flood.

セム
'Shem,' as in Genesis 10:21, signifies the ancient church in general.

Videa od Swedenborg Foundation

Zde uvedená videa jsou poskytnuta se svolením našich přátel ze Swedenborg Foundation. Více se o nich dozvíte zde: swedenborg.com.


What the Bible Is - Swedenborg and Life

Is the Bible just an outdated book of confusing and contradictory moral lessons? Here’s one spiritual explorer’s philosophy on the hidden meaning of the Word.


Přeložit: