創世記 4

Study

           

1 人はそのエバを知った。彼女はみごもり、カインを産んで言った、「わたしはによって、ひとりの人を得た」。

2 彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルを飼う者となり、カインは土を耕す者となった。

3 がたって、カインは地の産物を持ってきて、に供え物とした。

4 アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。アベルとその供え物とを顧みられた。

5 しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、を伏せた。

6 そこでカインに言われた、「なぜあなたは憤るのですか、なぜを伏せるのですか。

7 正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しい事をしていないのでしたら、が門口に待ち伏せています。それはあなたを慕い求めますが、あなたはそれを治めなければなりません」。

8 カインは弟アベルに言った、「さあ、野原へ行こう」。彼らが野にいたとき、カインは弟アベルに立ちかかって、これを殺した

9 カインに言われた、「弟アベルは、どこにいますか」。カインは答えた、「知りません。わたしが弟の番人でしょうか」。

10 は言われた、「あなたは何をしたのです。あなたの弟のの声が土の中からわたしに叫んでいます。

11 今あなたはのろわれてこの土地を離れなければなりません。この土地がをあけて、あなたのから弟のを受けたからです。

12 あなたが土地を耕しても、土地は、もはやあなたのために実を結びません。あなたは地上の放浪者となるでしょう」。

13 カインに言った、「わたしのは重くて負いきれません。

14 あなたは、きょう、わたしを地のおもてから追放されました。わたしはあなたを離れて、地上の放浪者とならねばなりません。わたしを見付ける人はだれでもわたしを殺すでしょう」。

15 カインに言われた、「いや、そうではない。だれでもカイン殺す者は七倍の復讐を受けるでしょう」。そしてカインを見付ける者が、だれも彼を打ち殺すことのないように、彼に一つのしるしをつけられた。

16 カイン主のを去って、エデンの東、ノドの地に住んだ。

17 カインはそのを知った。彼女はみごもってエノクを産んだ。カインを建て、そのの名をそのの名にしたがって、エノクと名づけた。

18 エノクにはイラデが生れた。イラデの子はメホヤエル、メホヤエルの子はメトサエルメトサエルの子はレメクである。

19 レメクはふたりのをめとった。ひとりの名はアダといい、ひとりの名はチラといった。

20 アダはヤバルを産んだ。彼は天幕に住んで、家畜を飼う者の先祖となった。

21 その弟の名はユバルといった。彼は琴や笛を執るすべての者の先祖となった。

22 チラもまたトバルカインを産んだ。彼は青銅やのすべての刃物を鍛える者となった。トバルカインの妹をナアマといった。

23 レメクはそのたちに言った、「アダとチラよ、わたしの声を聞け、レメクのたちよ、わたしの言葉に耳を傾けよ。わたしは受けるのために、人を殺し、受ける打ちのために、わたしは若者殺す

24 カインのための復讐が七倍ならば、レメクのための復讐七十七倍」。

25 アダムはまたそのを知った。彼女は男のを産み、その名をセツと名づけて言った、「カインアベル殺したので、アベルの代りに、ひとりのをわたしに授けられました」。

26 セツにもまた男のが生れた。彼はその名をエノスと名づけた。この時、人々は主の名を呼び始めた

  

Exploring the Meaning of 創世記 4      

Napsal(a) Emanuel Swedenborg

Here are some excerpts from Swedenborg's "Arcana Coelestia" that help explain the inner meaning of this chapter:

AC 324. Doctrines separated from the church, or heresies, are here treated of; and a new church that was afterwards raised up, called "Enosh."

AC 325. The Most Ancient Church had faith in the Lord through love; but there arose some who separated faith from love. The doctrine of faith separated from love was called "Cain;" and charity, which is love toward the neighbor, was called "Abel" (verses 1, 2).

AC 326. The worship of each is described, that of faith separated from love, by the "offering of Cain;" and that of charity, by the "offering of Abel" (verses 3, 4). That worship from charity was acceptable, but not worship from separated faith (verses 4, 5).

AC 327. That the state of those who were of separated faith became evil, is described by Cain‘s "anger being kindled, and his countenance falling" (verses 5, 6).

AC 328. And that the quality of the faith is known from the charity; and that charity wishes to be with faith, if faith is not made the principal, and is not exalted above charity (verse 7).

AC 329. That charity was extinguished in those who separated faith, and set it before charity, is described by Cain slaying his brother Abel" (verses 8, 9).

AC 330. Charity extinguished is called the "voice of bloods" (verse 10); perverted doctrine, the "curse from the ground" (verse 11); the falsity and evil originating thence, the "fugitive and wanderer in the earth" (verse 12). And as they had averted themselves from the Lord, they were in danger of eternal death (verses 13, 14). But as it was through faith that charity would afterwards be implanted, faith was made inviolable, and this is signified by the "mark set upon Cain" (verse 15). And its removal from its former position is denoted by "Cain dwelling toward the east of Eden" (verse 16).

AC 331. The amplification of this heresy is called "Enoch" (verse 17).

AC 332. The heresies that sprang from this one are also called by their names, in the last of which, called "Lamech," there was nothing of faith remaining (verse 18).

AC 333. A new church then arose, which is meant by "Adah and Zillah," and is described by their sons "Jabal," Jubal," and "Tubal-Cain;" the celestial things of the church by "Jabal," the spiritual by "Jubal," and the natural by "Tubal-Cain" (verses 19-22).

AC 334. That this church arose when everything of faith and charity was extinguished, and had violence done to it, which was in the highest degree sacrilegious, is described (verses 23, 24).

AC 335. A summary of the subject is given: that after faith, signified by "Cain," had extinguished charity, a new faith was given by the Lord, whereby charity was implanted. This faith is called "Seth" (verse 25).

AC 336. The charity implanted by faith is called "Enosh," or another "man" (homo), which is the name of that church (verse 26).