哀歌 4

Study

             

1 ああ、黄金は光を失い、純金は色を変じ、聖所のはすべてのちまたのかどに投げ捨てられた。

2 ああ、精金にも比すべきシオンのいとしらは、陶器師ののわざである土の器のようにみなされる。

3 山犬さえもぶさをたれて、その子にを飲ませる。ところが、わが民のは、荒野のだちょうのように無慈悲になった。

4 乳のみ子のはかわいて、上あごに、ひたとつき、幼な子らはパンを求めても、これに与える者がない。

5 うまい物を食べていた者は、落ちぶれて、ちまたにおり、紫の着物で育てられた者も、今は灰だまりの上に伏している。

6 わが民ののうけた懲しめは、ソドムよりも大きかった。ソドムは昔、人のによらないで、またたくまに滅ぼされたのだ。

7 わが民の君たちはよりも清らかに、乳よりも白く、そのからだは、さんごよりも赤く、その姿の美しさはサファイヤのようであった。

8 今はその顔はすすよりも黒く、町の中にいても人に知られず、その皮膚は縮んでにつき、かわいて枯れのようになった。

9 つるぎで殺される者は、飢えて死ぬ者よりもさいわいである。彼らは田の産物の欠乏によって、刺された者のように衰え行くからである。

10 わが民のの滅びる時には情深い女たちさえも、ずから自分の子どもを煮て、それを食物とした。

11 はその憤りをことごとく漏らし、激しい怒りをそそぎ、シオンにを燃やして、その礎までも焼き払われた。

12 地の王たちも、世の民らもみな、エルサレムに、あだやが、討ち入ろうとは信じなかった。

13 これはその預言者たちののため、その祭司たちの不義のためであった。彼らは義人のをその町の中に流した者である。

14 彼らは盲人のように、ちまたにさまよい、で汚れている。だれもその衣にさわることができない。

15 人々は彼らにむかって、「去れよ、けがらわしい」、「去れよ、去れよ、さわるな」と叫んだので、彼らは逃げ去って放浪者となったが、異邦人の中でも人々は「もうわれわれのうちに宿ってはならない」と言った。

16 はみずから彼らを散らして、再び彼らを顧みず、祭司を尊ばず、長老をいたわられなかった。

17 われわれのは、むなしく助けを待ち望んで疲れ衰えた。われわれは待ち望んだが、救を与え得ないびとを待ち望んだ。

18 人々がわれわれの歩みをうかがうので、われわれは自分の町の中をも、歩くことができなかった。われわれの終りは近づいた、は尽きた。われわれの終りが来たからである。

19 われわれを追う者は空のはげたかよりも速く、彼らはでわれわれを追い立て、野でわれわれを待ち伏せる。

20 われわれがの息とたのんだ者、に油そそがれた者は、彼らの落し穴で捕えられた。彼はわれわれが「異邦人の中でもその陰に生きるであろう」と思った者である。

21 ウズの地に住むエドムよ、喜び楽しめ、あなたにもまた杯がめぐって行く、あなたも酔って裸になる。

22 シオンのよ、あなたの不義のは終った。主は重ねてあなたを捕え移されない。エドムよ、主はあなたの不義をし、あなたのをあらわされる。