哀歌 3

Studovat vnitřní smysl

           

1 わたしは彼の怒りのむちによって、悩みにあった人である。

2 彼はわたしをかり立てて、のない暗い中を歩かせ、

3 まことにそのをしばしばかえて、ひねもすわたしを攻められた。

4 彼はわがと皮を衰えさせ、わがを砕き、

5 苦しみと悩みをもって、わたしを囲み、わたしを閉じこめ、

6 遠い昔に死んだ者のように、暗い所に住まわせられた。

7 彼はわたしのまわりに、かきをめぐらして、出ることのできないようにし、重い鎖でわたしをつながれた。

8 わたしは叫んで助けを求めたが、彼はわたしの祈をしりぞけ、

9 切り石をもって、わたしの行く道をふさぎ、わたしの道筋を曲げられた。

10 彼はわたしに対して待ち伏せするくまのように、潜み隠れるししのように、

11 わが道を離れさせ、わたしを引き裂いて、見るかげもないみじめな者とし、

12 そのを張って、わたしをの的のようにされた。

13 彼はその箙の矢をわたしの心臓に打ち込まれた。

14 わたしはすべての民の物笑いとなり、ひねもす彼らの歌となった。

15 彼はわたしを苦い物で飽かせ、にがよもぎをわたしに飲ませられた。

16 彼は小石をもって、わたしのを砕き、の中にわたしをころがされた。

17 わがは平和を失い、わたしは幸福を忘れた。

18 そこでわたしは言った、「わが栄えはうせ去り、わたしがに望むところのものもうせ去った」と。

19 どうか、わが悩みと苦しみ、にがよもぎと胆汁とを心に留めてください。

20 わがは絶えずこれを思って、わがうちにうなだれる。

21 しかし、わたしはこの事をに思い起す。それゆえ、わたしは望みをいだく。

22 主のいつくしみは絶えることがなく、そのあわれみは尽きることがない。

23 これはごとに新しく、あなたの真実は大きい。

24 わが言う、「はわたしの受くべき分である、それゆえ、わたしは彼を待ち望む」と。

25 はおのれを待ち望む者と、おのれを尋ね求める者にむかって恵みふかい。

26 主の救を静かに待ち望むことは、良いことである。

27 人が若い時にくびきを負うことは、良いことである。

28 主がこれを負わせられるとき、ひとりすわって黙しているがよい。

29 をちりにつけよ、あるいはなお望みがあるであろう。

30 おのれを撃つ者にほおを向け、満ち足りるまでに、はずかしめを受けよ。

31 主はとこしえにこのような人を捨てられないからである。

32 彼は悩みを与えられるが、そのいつくしみが豊かなので、またあわれみをたれられる。

33 彼はから人のを苦しめ悩ますことをされないからである。

34 地のすべての捕われ人を下に踏みにじり、

35 いと高き者のに人の公義をまげ、

36 人の訴えをくつがえすことは、主のよみせられないことである。

37 主が命じられたのでなければ、だれが命じて、その事の成ったことがあるか。

38 災もさいわいも、いと高き者のから出るではないか。

39 生ける人はどうしてつぶやかねばならないのか、人は自分の罪のせられるのを、つぶやくことができようか。

40 われわれは、自分の行いを調べ、かつ省みて、に帰ろう。

41 われわれは天にいます神にむかって、手と共に心をもあげよう。

42 「わたしたちは罪を犯し、そむきました、あなたはおゆるしになりませんでした。

43 あなたは怒りをもってご自分をおおい、わたしたちを追い攻め、殺して、あわれまず、

44 またをもってご自分をおおい、祈を通じないようにし、

45 もろもろの民の中に、わたしたちをちりあくたとなさいました。

46 はみなわたしたちをののしり、

47 恐れと落し穴と、荒廃と滅亡とが、わたしたちに臨みました。

48 わが民のの滅びによって、わたしのには涙の川が流れています。

49 わがは絶えず涙を注ぎ出して、やむことなく、

50 が天から見おろして、顧みられる時にまで及ぶでしょう。

51 わがはわがのすべてのの最期のゆえに、わたしを痛ませます。

52 ゆえなくわたしにする者どもによって、わたしは鳥のように追われました。

53 彼らは生きているわたしをの中に投げ入れ、わたしの上にを投げつけました。

54 はわたしのの上にあふれ、わたしは『断ち滅ぼされた』と言いました。

55 よ、わたしは深いからみ名を呼びました。

56 あなたはわが声を聞かれました、『わが嘆きと叫びに耳をふさがないでください』。

57 わたしがあなたに呼ばわったとき、あなたは近寄って、『恐れるな』と言われました。

58 主よ、あなたはわが訴えを取りあげて、わたしの命をあがなわれました。

59 よ、あなたはわたしがこうむった不義をごらんになりました。わたしの訴えをおさばきください。

60 あなたはわたしに対する彼らの報復と、陰謀とを、ことごとくごらんになりました。

61 よ、あなたはわたしに対する彼らのそしりと、陰謀とを、ことごとく聞かれました。

62 立ってわたしに逆らう者どものくちびると、その思いは、ひねもすわたしを攻めています。

63 どうか、彼らのすわるをも、立つをも、みそなわしてください。わたしは彼らの歌となっています。

64 よ、彼らののわざにしたがって、彼らに報い、

65 彼らのをかたくなにし、あなたののろいを彼らに注いでください。

66 よ、怒りをもって彼らを追い、天がから彼らを滅ぼしてください」。

  
   Studovat vnitřní smysl
Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

The Inner Meaning of the Prophets and Psalms 121


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 3869, 8941, 9024, 9163

Apocalypse Revealed 306, 410, 485, 573, 721


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 365, 419, 519, 727, 781

Coronis (An Appendix to True Christian Religion) 58

Scriptural Confirmations 4, 59

Jiný komentář

  Příběhy:


Skočit na podobné biblické verše

創世記 26:24

出エジプト記 14:14

申命記 4:30, 25:1, 28:37

サムエル記上 25:39

サムエル記下 14:14, 16:10, 24:14

列王記上 11:39, 22:34

列王記下 6:33, 19:6

歴代誌下 30:6

エズラ記 8:22, 9:6

ネヘミヤ記 31

ヨブ記 2:10, 6:4, 9:18, 10:16, 11:13, 15:13, 16:12, 17:15, 19:7, 8, 21, 21:6, 22:11, 25, 23:2, 30:9, 10, 26, 30, 35:14

詩編 5:2, 3, 6:9, 7:13, 9:5, 10:14, 16:5, 22:14, 28:4, 33:9, 35:5, 19, 23, 36:6, 37:7, 39:10, 55:2, 18, 62:2, 66:19, 69:13, 17, 71:14, 73:26, 80:5, 15, 88:4, 9, 94:5, 19, 102:11, 105:3, 106:45, 109:17, 119:59, 166, 123:3, 130:1, ...

箴言 19:3, 20:17, 24:12

コヘレトの言葉 7:14

イザヤ書 4, 24:18, 27:8, 30:18, 38:13, 45:7, 50:6, 51:19, 21, 22, 53:8, 54:7, 55:7, 57:15, 59:9, 10

エレミヤ書 4:18, 8:21, 9:14, 10:19, 11:20, 13:17, 14:17, 15:15, 16:5, 18:23, 20:7, 18, 30:15, 31:11, 20, 38:6, 13, 50:34, 51:56

哀歌 1:13, 16, 2:1, 16, 21, 3:8, 14, 36, 43, 44, 59, 63

エゼキエル書 33:11, 37:11

ダニエル書 6:17, 18, 9:5, 8, 9, 15, 17

ホセア書 5:14, 15, 6:1

ヨナ書 2:3, 4, 5

ミカ書 7:7, 19

ハバクク書 2:3

ハガイ書 1:5, 7

Zechariah 6

マラキ書 3:6

マタイによる福音書 6:9, 14:31

ルカによる福音書 19:41

コリントの信徒への手紙一 4:13

ヤコブの手紙 5:11

Významy biblických slov


1879年11月4日トーマス・エジソンが長寿命電球の特許を出願。 1879年11月5日電球はアイデアのシンボルとして普遍的に受け入れられました。 人は何かを理解したときに「光を見る」、私たちは難しい問題に新しい考えを持ち込むことで「光を当てる」、人は新しい情報を得たり、何かをより完全に理解したときに「悟りを開く」のである。 ですから、最高の意味での聖書の「光」とは、神の真理、すなわち、主から私たちに与えられた知識、アイデア、理解を表していると考えるのが理にかなっています。灯りの光、月の光などのように、より低いレベルでは、より地上的な源から引き出された、より低いレベルの真理、考え、理解を表しています。 その根拠は、太陽が主を表し、その熱は主の愛を、その光は主の知恵を表しているという事実にあります。その知恵は私たちのところに来て、真理の形で私たちの人生に入ってきます。


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...


Flesh has several meanings just in its most obvious form. It can mean all living creatures as when the Lord talks about the flood "destroying...


骨は丈夫で支持力があり、私たちの体の骨格を提供し、動きや行動を可能にしています。彼らはまた、ミネラルマトリックスで構成されたその構造の多くは、私たちの体の少なくとも "生きている "部分です。このように、骨は強く、支えとなり、機能的ではありますが、私たちの精神的な構造の中ではほとんど死んでしまっている部分でもあります。 前庭は、生命を自分自身のものとして感じ、自分の愛や思考を自分自身の中にあるものとして認識している部分です。これは人間であることの重要かつ強力な側面であり、それゆえに、私たちは自分の思考を改革し、行動を指示する責任を負い、主に近づく力を感じます。それが「強く、支えとなる機能的な」部分です。しかし、この自己意識もまた間違っていて、だまされているのです。それが「生来的にほぼ死んでいる」部分です。 主を見ずに単にプロプリウムに従うだけでは、自分が万能だと信じて主の存在を完全に否定するような地獄のような状態に陥ります。骨はそれだけで乾いてもろくなり、完全に死んでしまいます。しかし、もし私たちが主を認めて主に従うならば、それは骨に肉をつけて生きているようなものです。その場合,骨は強く,支えとなり,保護し,可能な限り生きているという意味で,知性との関係では前庭を表しています。骨の上にある肉は、私たちの欲望を自分のものとして感じながらも、骨が提供してくれる構造を主に仕えるために利用する部分である、前庭膜の愛に満ちた側面を表しています。

くま
クマは、聖書の深い意味とは別に、文字通りの外面的な物語や思想の力を表しています。クマは野生の肉食動物なので、通常は否定的な意味で使われ、人々がいかにして聖書を読み、誤解し、そこにある考えを捻じ曲げて、自分の邪悪な欲望を正当化することができるかを示しています。しかし、肯定的な意味で使われることもあり、人々が聖書の本当の深みを理解していなくても、心を開いて聖書を読み、そこから力を引き出すことができることを示しています。


A bow signifies falsity of doctrine destroying truth, and spear, the falsity of evil de­stroying good. (Jer. 6:23.)


'Shafts' or 'arrows' signify truths and spiritual truth.

よもぎ
'Wormwood' signifies infernal falsity because of its intense bitterness, which makes meat and drink awful. 'Waters of wormwood' signifies falsities of evil.


'Teeth' signify the outer edges of the life of the natural self, or the sensory level. This has two kinds, the will, and the understanding....


Ashes as in ('Ezekiel 27:30') signify what is condemned; because fire from which they are derived signify infernal love. Ashes of the furnace ('Exodus 9:8')...


The nature of the soul is a deep and complicated topic, but it can be summarized as "spiritual life," who we are in terms of...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


The heart means love. A good heart means love to the Lord and to the neighbor while a hard or stony heart means the love...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


Morning comes with the rising of the sun, and the sun – which gives life to the earth with its warmth and light – represents...

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

良い
It seems rather circular to say that “good” in the Bible represents good, but in a general sense it’s true! The case is this: The...


In most cases, "mouth" in the Bible represents thought and logic, especially the kind of active, concrete thought that is connected with speech. The reason...


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....


Our feet are the lowest and most utilitarian parts of our bodies, and in the Bible they represent the lowest and most utilitarian part of...


In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...

下に
In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。

命じられた
To command is to give an order that something must be done, and is directed to an individual, or a group. It is an imperative,...


Punishment' is the consummation of evil, because after punishment, reformation succeeds. This is why it says in Deuteronomy 25:3, 'that no more than forty stripes...

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。


In Isaiah 19:1, "Jehovah rides upon a light cloud, and comes into Egypt", signifies the visitation of the natural man from spiritual-natural Divine Truth, for...


An enemy in the Bible refers to people who are in the love of evil and the false thinking that springs from evil. On a...


Marriages among people – both in the Bible and in life – represent spiritual marriage. Women represent the desire to be good and to do...


It’s common to say “I see” when we understand something. And indeed, “seeing” in the Bible represents grasping and understanding spiritual things. So it makes...


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...


"鳥 "とは、外面の人間には合理的な概念を、内面の人間には知的な概念を意味する。

鳥の
"鳥 "とは、外面の人間には合理的な概念を、内面の人間には知的な概念を意味する。


'A pit,' as in Genesis 41:14, signifies a state of temptation.


Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


Water was obviously of tremendous importance in Biblical times (and every other time). It is the basis of life, the essential ingredient in all drinks,...


The head is the part of us that is highest, which means in a representative sense that it is what is closest to the Lord....

恐れ
未知への恐怖」と「変化への恐怖」は、どちらも共通の考えであり、私たちが自然な生活の中で持ちがちな恐怖の広い範囲をカバーしています。ある意味では、聖書の中で人々が「恐れている」と表現されているときの霊的な意味の背後にも、これらの恐れがあります。 書物によると、人々は、より高尚で、より内的な霊的状態が、より低く、より外的な状態と通信してきて、その状態を改革し、昇格させる必要があることを示したときに恐れているように記述されています。それはクリスマスの物語の中の羊飼いの真実であり、天使が全く新しい霊的な時代のことを彼らに伝えるために来たときに最初に恐怖を持って反応します。それは燃える茂みでのモーセ、はしごのビジョンの後のヤコブ、ガリラヤ海の上を歩いているイエスを見た弟子たちにも当てはまります - 高次の状態が彼らに手を差し伸べ、霊的な人生の新しい段階を受け入れるように求めていたすべてのケースで。 これはまた、悪と誤った思考の状態が霊的なものに接触し、自分の惨めさの啓示に脅かされていると感じるとき、より否定的な意味でも保持されています。 聖書はまた、神を恐れる人々についても頻繁に語っています。

恐れる
未知への恐怖」と「変化への恐怖」は、どちらも共通の考えであり、私たちが自然な生活の中で持ちがちな恐怖の広い範囲をカバーしています。ある意味では、聖書の中で人々が「恐れている」と表現されているときの霊的な意味の背後にも、これらの恐れがあります。 書物によると、人々は、より高尚で、より内的な霊的状態が、より低く、より外的な状態と通信してきて、その状態を改革し、昇格させる必要があることを示したときに恐れているように記述されています。それはクリスマスの物語の中の羊飼いの真実であり、天使が全く新しい霊的な時代のことを彼らに伝えるために来たときに最初に恐怖を持って反応します。それは燃える茂みでのモーセ、はしごのビジョンの後のヤコブ、ガリラヤ海の上を歩いているイエスを見た弟子たちにも当てはまります - 高次の状態が彼らに手を差し伸べ、霊的な人生の新しい段階を受け入れるように求めていたすべてのケースで。 これはまた、悪と誤った思考の状態が霊的なものに接触し、自分の惨めさの啓示に脅かされていると感じるとき、より否定的な意味でも保持されています。 聖書はまた、神を恐れる人々についても頻繁に語っています。

Videa od Swedenborg Foundation

Zde uvedená videa jsou poskytnuta se svolením našich přátel ze Swedenborg Foundation. Více se o nich dozvíte zde: swedenborg.com.


It is Damaging to Take the Bible Literally

When you read the Bible literally, God seems angry, the text condones violence, and it doesn't match up with science. But when you understand the language as divine allegory, things start to make sense.


Přeložit: