創世記 35

Studovat vnitřní smysl

           

1 ときにはヤコブに言われた、「あなたは立ってベテルに上り、そこに住んで、あなたがさきにエサウを避けてのがれる時、あなたに現れた祭壇を造りなさい」。

2 ヤコブは、その族および共にいるすべての者に言った、「あなたがたのうちにある異なる神々を捨て、身を清めて着物を着替えなさい。

3 われわれは立ってベテルに上り、その所でわたしの苦難のにわたしにこたえ、かつわたしの行く道で共におられた神に祭壇を造ろう」。

4 そこで彼らは持っている異なる神々と、耳につけている耳輪をことごとくヤコブに与えたので、ヤコブはこれをシケムのほとりにあるテレビンの木の下に埋めた。

5 そして彼らは、いで立ったが、大いなる恐れが周囲の々に起ったので、ヤコブのらのあとを追う者はなかった。

6 こうしてヤコブは共にいたすべての人々と一緒にカナンの地にあるルズ、すなわちベテルにきた。

7 彼はそこに祭壇を築き、その所をエル・ベテルと名づけた。彼がを避けてのがれる時、がそこで彼に現れたからである。

8 時にリベカのうばデボラが死んで、ベテルのしもの、かしの木の下に葬られた。これによってその木の名をアロン・バクテと呼ばれた

9 さてヤコブがパダンアラムから帰ってきた時、は再び彼に現れて彼を祝福された。

10 は彼に言われた、「あなたの名はヤコブである。しかしあなたの名をもはやヤコブと呼んではならない。あなたの名をイスラエルとしなさい」。こうして彼をイスラエルと名づけられた。

11 はまた彼に言われた、「わたしは全能である。あなたは生めよ、またふえよ。一つの民、また多くの民があなたから出て、王たちがあなたの身から出るであろう。

12 わたしはアブラハムとイサクとに与えた地を、あなたに与えよう。またあなたのの子孫にその地を与えよう」。

13 は彼と語っておられたその場所から彼を離れてのぼられた。

14 そこでヤコブは神が自分と語られたその場所に、一本の石の柱を立て、その上に灌祭をささげ、またを注いだ。

15 そしてヤコブはが自分と語られたその場所ベテルと名づけた。

16 こうして彼らはベテルを立ったが、エフラタに行き着くまでに、なお隔たりのある所でラケルは産気づき、その産は重かった。

17 その難産に当って、産婆は彼女に言った、「心配することはありません。今度も男のです」。

18 彼女は死にのぞみ、の去ろうとする時、子の名をベノニと呼んだ。しかし、父はこれをベニヤミンと名づけた。

19 ラケルは死んでエフラタ、すなわちベツレヘムの道に葬られた。

20 ヤコブはその墓に柱を立てた。これはラケルの墓の柱であって、今日に至っている。

21 イスラエルはまた、いで立ってミグダル・エダルの向こうに天幕を張った。

22 イスラエルがその地に住んでいた時、ルベンは父のそばめビルハのところへ行って、これと寝た。イスラエルはこれを聞いた。さてヤコブのらは十二人であった。

23 すなわちレアのらはヤコブの長ルベンとシメオン、レビ、ユダイッサカル、ゼブルン。

24 ラケルのらはヨセフとベニヤミン。

25 ラケルのつかえめビルハのらはダンナフタリ

26 レアのつかえめジルパのらはガドとアセル。これらはヤコブのらであって、パダンアラムで彼に生れた者である。

27 ヤコブはキリアテ・アルバ、すなわちヘブロンのマムレにいる父イサクのもとへ行った。ここはアブラハムとイサクとが寄留した所である。

28 イサクの年は八十歳であった。イサクは年老い、満ちて息絶え、死んで、その民に加えられた。その子エサウとヤコブとは、これを葬った。

29 イサクは年老い、満ちて息絶え、死んで、その民に加えられた。そのエサウとヤコブとは、これを葬った。

  
   Studovat vnitřní smysl
Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 4536, 4537, 4538, 4539, 4540, 4541, 4542, ...


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 921, 1298, 1416, 1453, 1616, 1992, 2435, ...

Apocalypse Revealed 134, 349, 361


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 237, 376, 430, 431, 434, 443, 449, ...

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 3:16, 12:7, 8, 13:18, 17:1, 6, 8, 22, 18:19, 23:19, 24:59, 25:7, 8, 9, 28:10, 13, 15, 17, 18, 19, 22, 29:1, 24, 29, 32, 30:6, 11, 18, 24, 31:13, 19, 32:29, 30, 35:1, 7, 15, 18, 24, ...

出エジプト記 1:4, 2:1, 24, 19:10, 14, 23:27

レビ記 18:8

民数記 1:5, 20, 2:3, 7:12, 10:14, 13:4, 26:5, 34:19

申命記 27:11, 12, 20, 33:6

ヨシュア記 13:13, 15, 24, 14:15, 15:1, 16:1, 18:11, 19:1, 10, 17, 24, 32, 40, 24:14, 23, 25, 26

士師記 5:14, 15, 17, 18

ルツ記 1:2, 4:11

サムエル記上 2:22, 4:20, 7:3, 10:2, 14:15, 16:4

サムエル記下 13:21, 16:22, 23:14, 15

歴代誌上 2:1, 2, 5:1, 12:25, 27:16

歴代誌下 11:6, 14:13

イザヤ書 2:20

エゼキエル書 48:30, 31

ホセア書 12:5

ミカ書 5:1

マタイによる福音書 1:2

使徒言行録 7:8

コリントの信徒への手紙一 5:1, 10:7

コリントの信徒への手紙二 7:1

ハバクク書 11:9

ヨハネの黙示録 7:4, 8

Významy biblických slov


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

ベテル
ヤコブが有名な夢を見た時 天国へと続く階段の夢を見た 彼はその場所を "ベテル "と名付けた ヘブライ語で "神の家 "を意味する "ベテル "だ その文字通りの意味が霊的な意味に反映されています。聖書によれば,「ベテル」は主の神聖な愛,主がわたしたちすべてのために持っておられる完全な愛,主の本質である完全な愛について,わたしたちが持つことのできる知識と理解を表しています。私たちが主の愛を知り、それをある程度理解すると、それが私たちの中に「家」を与え、それが私たちの中で成長し、私たち自身の愛に影響を与えるようになります。 "ベテル "は旧約聖書の後半では逆の意味を持っていて、ジェロボアムがそこに黄金の子牛を設置して偶像礼拝の中心地とした後です。その後、それは邪悪な愛に由来する崇拝を表していました。


聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...

エサウ
Esau (Gen. 28:5, etc.) signifies the truth of good in the natural principle. Esau (Gen. 32:3) signifies celestial good in the natural principle.


"目は魂の窓である"濁った古代のどこかにルーツを持つ感情だが詩的でありながら明らかに真実であるために絶望的に陳腐なものになってしまった誰かの目を見ることができれば、その人の内面を本当に知ることができると私たちは感じています。 そして、それは目だけではなく、実際には顔全体がそれを伝えています。スエーデンボーグが言うように、顔は「人間の精神的な世界を自然界で表現したもの」である(『天国と地獄』第91号)。心理学者やポーカープレイヤー、犯罪捜査官などが顔を研究するのに多くの時間を費やしている理由は、顔が私たちの内面の思考や感情を無数の方法で明らかにしているからである。 ですから、聖書に登場する人々の顔が、その人の内面、つまり、その人が最も深く抱いている思い、愛、願望を表していることは、理にかなっています。礼拝でお辞儀をするときには謙遜さを示すために顔を地面に向け、インスピレーションを求めるときには山に向け、誘惑と戦う準備ができているときには敵に向けます。物事が困難な時には,「事実を直視する」か,あるいは内的に受け入れる必要があります。 主の顔が話題になると、完全な愛と完全なあわれみである主の内面を表します。人々が主から背を向けて主の愛を拒むとき、それは主が "顔を隠す "と表現されています。

祭壇
御言葉に記されている最初の祭壇は、ノアが箱舟から出てきた後、ノアが建てたものです。その祭壇で、きれいな動物を主のために犠牲にしました。山は高いところにあるので、主を象徴し、私たちが主と「話す」ときには、この世のものよりも思考を高めなければなりません。祭壇は小さな人工的な山ですが、礼拝に使われると、この思考の高揚を思い起こさせ、火と煙を上げて、象徴的に主に送ることができます。祭壇の多くは、切り立っていない石で作られています。石は真理を表し、人の手によって形作られていない石は、御言葉の真理、汚されていない真理を表します。きれいな獣は善いこと、正しいからこそ行う慈善的な行為を表し、きれいな鳥は教義と行動、何が正しいかについての考えを表しています。ですから、これらのことを提示するということは、私たちが主からそれらをもらったことを認め、主に感謝することなのです。 イスラエルの幕屋では,焼燔の供え物の祭壇は善の承認を表し,香の祭壇は真理の承認を表していました。そのため、扉の外にあったこの大きな祭壇は、自然の善を意味する真鍮で作られ、線香の祭壇は真理から来る主への愛を意味する金で作られていました。


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

神々
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


"Day" describes a state in which we are turned toward the Lord, and are receiving light (which is truth) and heat (which is a desire...

シケム
'Sichem' or 'Shechem' means the celestial aspects of love.

下に
In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...


In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jeremiah 33:13) signify doctrines of charity and faith.


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

追う
'To pursue,' as in Genesis 14:16, signifies a state of purification, because 'to pursue enemies' is the expulsion of evils and falsities which were with...

カナン
Canaan signifies a worship in things external without internals, which arose out of the internal church corrupted, called Ham. Thus it is that Ham is...

ルズ
'Luz,' as in Genesis 28, signifies a state wherein truth and good are together in the ultimate principle of order.

リベカの
'Rebecca,' as in Genesis 24, signifies divine truth which would be joined to divine good of the Lord’s rational mind, which is 'Isaac.'

リベカ
'Rebecca,' as in Genesis 24, signifies divine truth which would be joined to divine good of the Lord’s rational mind, which is 'Isaac.'

呼ばれた
聖書の中で誰かを呼んだり、誰かを召喚したりすることは、人生の高次の状態と低次の状態を結びつけたいという願望を表しています。例えば、比較的外面的な知的な状態にある人、つまり世界や物事の仕組みを外面的に理解している人が、より深く、よりスピリチュアルな考えに興味を持ち、スピリチュアルなことを理解している教師や指導者を探し求めていると想像してみてください。このように求めることを聖書では "呼びかけ "と表現しているのかもしれません。 呼びかけは、高い状態の人が低い状態の人に向けてした私であることもあります-主が人を呼ぶときは確かにそうです。

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

全能
'Shaddai,' as in Genesis 43:14, signifies temptation, and consolation after temptation. This is because the ancients called the one and only God by various names...


'A nation,' as in Genesis 21:18, signifies the spiritual church which should receive the good of faith. Nation from afar,' as in Jeremiah 5:17, signifies...

アブラハム
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。

場所
'A dry place,' as in Luke 11:24, signifies states of evil and falsity which are in the life of someone who does the work of...


Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...

石の
Stones in the Bible in general represent truths, or things we know concerning the Lord and what He wants from us and for us in...


Oil – typically olive oil – was an extremely important product in Biblical times, for food preparation, medicinal ointment and for burning in lamps. As...

エフラタ
Ephrata (Gen. 35:16, 19 and Psalms 132:6) signifies the spiritual of the celestial principle, in a former state, the new state succeeding that, is called...


The nature of the soul is a deep and complicated topic, but it can be summarized as "spiritual life," who we are in terms of...

ベツレヘム
聖書の中でエフラテとベツレヘムの間には強い関係があります。いずれにしても、聖書の中で重要な役割を果たしています。ベツレヘムはイエスの生誕地として有名ですが、ダビデやベニヤミンの生誕地でもあり、ベニヤミンの母レイチェルもそこに葬られています。 その理由は、エフラートとベツレヘム(ちなみにベニヤミンも)が、私たちの霊的な配線の重要な要素、霊的な生活を可能にする要素を表しているからです。 最も深いレベルでは、私たちのアイデンティティ、私たちの人間性は、愛の問題です - 私たちが愛するものは、私たちが誰であるか、私たちが何であるかを作る。しかし、その愛は私たちの中に閉じ込められていて、他の人と直接共有できるものではありません。それを共有するためには、それを形にしなければなりません。形にするということは、それを実際にアイデアや真実に変えていくということです。そして運が良ければ、それを受け取る人々は、その真実に含まれる愛を感じ、内在化させながら、そのプロセスを逆に実行することができるようになります。 しかし、このプロセスには2種類の "量子的飛躍 "があります。愛は内的なものであり、真理は外的なものです(スウェーデンボルグが言うように、愛は本質的には天体的なものであり、真理は本質的には霊的なものです)。愛を真理として表現するには特別なプロセスが必要であり、真理から愛を受け取るには同様に特別なプロセスが必要です。そこにベツレヘムの出番です。 ベツレヘム(とエフラテとベニヤミン)は、スウェーデンボルグが "天界の霊的なもの "と呼ぶものを表しています。これは、天体の要素 - 愛 - フォームを取ることに向かってプッシュすることができ、可能な限り "真実のような "になることができる場所です。それは、精神的な要素 - 真実 - が可能な限り "愛のような" になることができます "精神の天体" と呼ばれるもので一致しています。これらの仲介を通して、愛は、シナプスを横切る神経の衝動のような、または一緒に2つの磁石を描く磁場のような、一種のギャップをジャンプすることができます。それは、私たちが愛を有用な形にすることができる唯一の方法であり、私たちはそれを共有することができる唯一の方法です。...

今日
The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...

聞いた
'To hearken to father and mother,' as mentioned in Genesis 28:7, signifies obedience from affection. 'To hearken,' as mentioned in Genesis 30:22, signifies providence. See...

二人
The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...


The number "two" has two different meanings in the Bible. In most cases "two" indicates a joining together or unification. This is easy to see...

シメオン
In Revelation 7, 'Simeon', in the highest sense, signifies providence, in a spiritual sense, love towards our neighbor, or charity, and in a natural sense,...

ユダ
City of Judah,' as in Isaiah 40:9, signifies the doctrine of love towards the Lord and love towards our neighbor in its whole extent.

イッサカル
Issachar,' in the highest sense, signifies the divine good of truth, and truth of good. In a spiritual sense, he signifies celestial conjugial love, which...

ダン
The tribe of Dan (Jer. 8:16) signifies truth in its own ultimate degree of order, here truth in the church, which is contained in the...

ナフタリ
'Naphtali' in a supreme sense, signifies the proper power of the Lord’s divine human. In a spiritual sense, he signifies temptation and victory and a...

ガド
Gad, in a supreme sense, signifies omnipotence; in a spiritual sense, the good of life, or use; and in a natural sense, works. Gad, in...

ヘブロン
'Hebron' represents the Lord's spiritual church in the land of Canaan. 'Hebron' represents the church as to good.


It's a landmark for a young child to count to 100; it sort of covers all the "ordinary" numbers. One hundred is obviously significant for...

八十
Swedenborg tells us that 80, like 40, can represent a state of temptation, when we face and battle our desires for evil – and that...

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Jacob Meets Rachel - Level D
Complete lesson with activity choices: look closer at what it means to work for Rachel in our lives, explore the connections between religion and marriage, and a scripted story discussion.
Sunday School Lesson | Ages 15 - 17

 Jacob's Return
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 Jacob’s Return
Lesson outline provides teaching ideas with questions for discussion, projects, and activities.
Sunday School Lesson | Ages 7 - 10

 Jacob's Wives and Sons
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 The Number Twelve in the Word Crossword Puzzle
Discover times when the number twelve appears throughout the Word.
Activity | Ages 9 - 13

 Twelve Sons of Jacob
This lesson discusses a story from the Word and suggests projects and activities for young children.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6


Přeložit: