士師記 1

Study

           

1 ヨシュアが死んだイスラエルの人々はに問うて言った、「わたしたちのうち、だれが先に攻め上って、カナンびとと戦いましょうか」。

2 は言われた、「ユダが上るべきである。わたしはこのを彼のにわたした」。

3 ユダはその兄弟シメオンに言った、「わたしと一緒に、わたしに割り当てられた領地へ上って行って、カナンびとと戦ってください。そうすればわたしもあなたと一緒に、あなたに割り当てられた領地へ行きましょう」。そこでシメオンは彼と一緒に行った。

4 ユダが上って行くと、は彼らのにカナンびととペリジびととをわたされたので、彼らはベゼクで一万人を撃ち破り、

5 またベゼクでアドニベゼクに会い、彼と戦ってカナンびととペリジびととを撃ち破った。

6 アドニベゼクは逃げたが、彼らはそのあとを追って彼を捕え、そのの親指を切り放った。

7 アドニベゼクは言った、「かつて七十人の王たちがの親指を切られて、わたしの食卓ので、くずを拾ったことがあったが、はわたしがしたように、わたしに報いられたのだ」。人々は彼をエルサレムへ連れて行ったが、彼はそこで死んだ。

8 ユダの人々はエルサレムを攻めて、これを取り、つるぎをもってこれを撃ち、を放った。

9 そのユダの人々は地とネゲブと平地に住んでいるカナンびとと戦うために下ったが、

10 ユダはまずヘブロンに住んでいるカナンびとを攻めて、セシャイとアヒマンとタルマイを撃ち破った。ヘブロンのもとの名はキリアテ・アルバであった。

11 またそこから進んでデビルの住民を攻めた。(デビルのもとの名はキリアテ・セペルであった。)

12 時にカレブは言った、「キリアテ・セペルを撃って、これを取る者には、わたしのアクサをとして与えるであろう」。

13 カレブの弟ケナズのオテニエルがそれを取ったので、カレブアクサをとして彼に与えた。

14 アクサは行くとき彼女の父にを求めることを夫にすすめられたので、アクサがろばから降りると、カレブは彼女に言った、「あなたは何を望むのか」。

15 アクサは彼に言った、「わたしに贈り物をください。あなたはわたしをネゲブの地へやられるのですから、泉をもください」。それでカレブは上の泉と下の泉とを彼女に与えた。

16 モーセのしゅうとであるケニびとの孫はユダの人々と共に、しゅろのからアラドに近いネゲブにあるユダの野に上ってきて、アマレクびとと共に住んだ。

17 そしてユダはその兄弟シメオンと共に行って、ゼパテに住んでいたカナンびとを撃ち、それをことごとく滅ぼした。これによってそのの名はホルマと呼ばれた

18 ユダはまたガザとその地域、アシケロンとその地域、エクロンとその地域を取った。

19 ユダと共におられたので、ユダはついに地を手に入れたが、平地に住んでいた民はの戦車をもっていたので、これを追い出すことができなかった。

20 人々はモーセがかつて言ったように、ヘブロンカレブに与えたので、カレブはその所からアナクの人のを追い出した。

21 ベニヤミンの人々はエルサレム住んでいたエブスびとを追い出さなかったので、エブスびとは今日までベニヤミンの人々と共にエルサレムに住んでいる。

22 ヨセフの一族はまたベテルに攻め上ったが、は彼らと共におられた。

23 すなわちヨセフの一族は人をやってベテルを探らせた。こののもとの名はルズであった。

24 その斥候たちはから出てきた人を見て、言った、「どうぞこのにはいる道を教えてください。そうすればわたしたちはあなたに恵みを施しましょう」。

25 彼がにはいる道を教えたので、彼らはつるぎをもってを撃った。しかし、かの人とその家族は自由に去らせた。

26 その人はヘテびとの地に行ってを建て、それをルズと名づけた。これは今日までその名である。

27 マナセはベテシャンとその村里の住民、タアナクとその村里の住民、ドルとその村里の住民、イブレアムとその村里の住民メギドとその村里の住民を追い出さなかったので、カナンびとは引き続いてその地に住んでいたが、

28 イスラエルは強くなったとき、カナンびとを強制労働服させ、彼らをことごとくは追い出さなかった。

29 またエフライムはゲゼルに住んでいたカナンびとを追い出さなかったので、カナンびとはゲゼルにおいて彼らのうちに住んでいた

30 ゼブルンはキテロンの住民およびナハラルの住民を追い出さなかったので、カナンびとは彼らのうちに住んで強制労働に服した。

31 アセルはアッコの住民およびシドン、アヘラブ、アクジブ、ヘルバ、アピク、レホブの住民を追い出さなかったので、

32 アセルびとは、その地の住民であるカナンびとのうちに住んでいた。彼らが追い出さなかったからである。

33 ナフタリはベテシメシの住民およびベテアナテの住民を追い出さずに、その地の住民であるカナンびとのうちに住んでいた。しかしベテシメシとベテアナテの住民は、ついに彼らの強制労働に服した。

34 アモリびとはダンの人々を地に追い込んで平地に下ることを許さなかった。

35 アモリびとは引き続いてハルヘレス、アヤロン、シャラビムに住んでいたが、ヨセフの一族のが強くなったので、彼らは強制労働に服した。

36 アモリびとの境はアクラビムの坂からセラを経て上の方に及んだ。

  

Exploring the Meaning of 士師記 1      

Napsal(a) Rev. Julian Duckworth

Judges 1: The continuing conquest of Canaan.

The book of Judges follows on almost seamlessly from Joshua. It is called ‘Judges’ because a number of regional leaders arose and made judgments for the people, often actively defending Israel from outside oppression. A pattern emerges in Judges: Israel disobeys the Lord – an enemy oppresses Israel – the Lord raises a leader – the leader is victorious against the enemy – there is peace for a time – Israel disobeys the Lord again.

There were twelve judges in all, about whom we either hear very much or next to nothing. The number twelve (as with the twelve tribes of Israel, the twelve disciples, and other examples in the Word), stands for all the various aspects of spirituality that we need to understand, develop, and put to use. A clue is often found in the meaning of their names, because biblical names are nearly always linked to spiritual qualities, such as ‘courage’, or ‘one who walks with God’ (see Swedenborg’s work, Arcana Caelestia 10216).

The theme of this first chapter is the further conquest of the land. The Israelites asked the Lord, “Who shall go up and fight for us?” And the Lord said that the tribe of Judah would go, because the Lord had delivered the land into their hand. Judah then called on the tribe of Simeon to join them, and they won many battles against the Canaanites still in the land.

One Canaanite king, Adoni-bezek, fled and was captured by the Israelites, who then cut off his thumbs and big toes. Adoni-bezek said that God had dealt justice by punishing him, as he had previously cut off seventy kings’ thumbs and big toes, and they had to gather scraps of food under his table.

Then Caleb, a leader of Israel during the journey through the wilderness, said that the man who took Kirjath-sepher (Caleb’s inheritance city) from the Canaanites would marry his daughter, Achsah. Caleb’s nephew, Othniel, took the city and Achsah was given to him. Achsah asked her father for the blessing of springs of water, and Caleb gave her the upper and lower springs.

Next, spies were sent to Bethel. They met a man there, and said that if he directed them the entrance to the city, they would show him mercy. He helped them, and they took the city but showed mercy on the man and all his family. After all of this, the man built a new city called Luz in the land of the Hittites.

The chapter ends by listing the twelve tribes, as well as the Canaanite peoples who remained unsubdued in each of their territories.

*****

The overarching spiritual theme of Judges is the process of our regeneration. As the opening of Judges reminds us, there were still parts of the land and various tribes that Israel needed to conquer. In fact, the Israelites never finished driving enemies out of their land. In the same way, we need to control our inherited human nature, but it is never completely wiped out (see Swedenborg’s work, Divine Love and Wisdom 238).

During regeneration, we will discover deeper and subtler self-centered states in ourselves, which need to be mitigated. Each judge raised by the Lord stands for our determination to deal with these states, using the Word as a guide. This brings us a period of peace, followed by the start of another personal discovery.

When the Israelites chose which tribes would fight for them, it was no coincidence that they selected Judah and Simeon. Judah (who was a prominent tribe of Israel) and Simeon (who usually acts with another tribe) stand for the highest things in our spiritual life: our love for the Lord, and our obedience to the Lord’s Word. Choosing Judah and Simeon as our strength will always bring victory in our regeneration (see Arcana Caelestia 3654 and Apocalypse Explained 443).

The spiritual meaning in the story of Adoni-bezek is about taking away the power of our self-love, as cutting off thumbs and big toes makes hands and feet virtually useless. When we work on our lower nature, we are to minimize its control over us. It is the same with any influences from hell; their power must end. Adoni-bezek’s comment about doing the same to seventy kings vividly describes how self-love can only lead to our downfall (Arcana Caelestia 10062[4]).

The delightful story of Caleb, Achsah and Othniel illustrates that after battle, there is rest and reward. In the same way, we strengthen the ‘marriage’ of good and truth in us after overcoming spiritual struggles (see Swedenborg’s work, Divine Love and Wisdom 409). The springs of water given to Achsah stand for the truths which flow into our mind, both about the ‘upper’ things of the Lord and heaven, and those ‘lower’ ones about spiritual life and responsibility.

The episode about the man from Bethel means that when we open up our life to the Lord to allow Him to guide us, we become blessed (Arcana Caelestia 3928). Then our life can be re-built in very practical and good ways, represented by the Hittites.

The final mention of the Canaanites still in the land points to the continuing presence of our unregenerate qualities. Although we may progress through the work of regeneration, we are still human, and we will always have flaws left to improve on.

    Studovat vnitřní smysl

Přeložit: