ダニエル書 1

Studovat vnitřní smysl

           

1 ユダの王エホヤキムの治世の第年にバビロンの王ネブカデネザルはエルサレムにきて、これを攻め囲んだ。

2 主はユダの王エホヤキムと、神の宮の器具の一部とを、彼のにわたされたので、彼はこれをシナルの地の自分の神の宮に携えゆき、その器具を自分の神の蔵に納めた。

3 時に王は宦官の長アシペナズに、イスラエルの人々の中から、王の血統の者と、貴族たる者数人とを、連れて来るように命じた。

4 すなわち身に傷がなく、容姿が美しく、すべての知恵にさとく、知識があって、思慮深く、王の宮に仕えるに足る若者を連れてこさせ、これにカルデヤびとの文学と言語とを学ばせようとした。

5 そして王は王の食べる食物と、王の飲む酒の中から、日々の分を彼らに与えて、年のあいだ彼らを養い育て、その後、彼らをして王のに、はべらせようとした。

6 彼らのうちに、ユダの部族のダニエル、ハナニヤ、ミシャエル、アザリヤがあった。

7 宦官の長は彼らに名を与えて、ダニエルをベルテシャザルと名づけ、ハナニヤをシャデラクと名づけ、ミシャエルをメシャクと名づけ、アザリヤをアベデネゴと名づけた。

8 ダニエルは王の食物と、王の飲む酒とをもって、自分を汚すまいと、に思い定めたので、自分を汚させることのないように、宦官の長に求めた。

9 はダニエルをして、宦官の長のに、恵みとあわれみとを得させられたので、

10 宦官の長はダニエルに言った、「わがなる王は、あなたがたの食べ物と、飲み物とを定められたので、わたしはあなたがたの健康の状態が、同年輩の若者たちよりも悪いと、王が見られることを恐れるのです。そうすればあなたがたのために、わたしのこうべが、王のに危くなるでしょう」。

11 そこでダニエルは宦官の長がダニエル、ハナニヤ、ミシャエルおよびアザリヤの上に立てた家令に言った、

12 「どうぞ、しもべらをの間ためしてください。わたしたちにただ野菜を与えて食べさせ、を飲ませ、

13 そしてわたしたちの色と、王の食物を食べる若者色とをくらべて見て、あなたの見るところにしたがって、しもべらを扱ってください」。

14 家令はこの事について彼らの言うところを聞きいれ、の間、彼らをためした。

15 の終りになってみると、彼らの顔色は王の食物を食べたすべての若者よりも美しく、またも肥え太っていた。

16 それで家令は彼らの食物と、彼らの飲むべき酒とを除いて、彼らに野菜を与えた。

17 この人の者には、は知識を与え、すべての文学と知恵にさとい者とされた。ダニエルはまたすべての幻ととを理解した。

18 さて、王が命じたところの若者を召し入れるまでの数が過ぎたので、宦官の町は彼らをネブカデネザルのに連れていった。

19 王が彼らと語ってみると、彼らすべての中にはダニエル、ハナニヤ、ミシャエル、アザリヤにならぶ者がなかったので、彼らは王のにはべることとなった。

20 王が彼らにさまざまの事を尋ねてみると、彼らは知恵と理解において、全国の博士、法術士にまさること倍であった。

21 ダニエルはクロス王の元年まで仕えていた。

  

   Studovat vnitřní smysl

ダニエルは王の食べ物を断る      

Napsal(a) Rev. Dr. Andrew M. T. Dibb (machine translated into 日本語)

ダニエル書には、文字通りのテキストに多くの記憶に残る物語があり、内部的な意味で記憶に残る霊的な物語もあります。

最初の章は、ダニエルの人生の物語-一種の逸話-に焦点を当てています。彼と彼の友人は、現在バビロンの捕虜であり、王のテーブルから彼らに提供されている食べ物を拒否します。

しかし、その逸話が始まる前に、いくつかの背景があります。ユダ王国はバビロニア帝国によって征服されました。多くのユダヤ人が捕らわれ、バビロンに連れて行かれました。

この章は「3年目」というフレーズで始まります。 Wordの大まかな研究でさえ、多くのシーケンスはアクションが行われる時間を設定することから始まることを示しています。 Wordの時間は常に精神的な状態を示します(AC 4901)。 Wordが時間、日、週、月、年のブロックに言及するとき、人々が通過する州を示します。各用語は異なる状態を示します。それらをさらに区別するために、状態を定義するために数字が付けられることがよくあります。 「3年目」というフレーズの「3」という数字には、満腹感、終わり、新しい始まりのアイデアが含まれ、その中に過去の判断の追加の次元が含まれています。

したがって、物語はある州の終わりから始まり、次の州の始まりから始まります。ユダの王エホヤキムに代表される最後の州は、バビロンのネブカドネザル王という第二の州に変わります。ダニエルを治めたエホヤキムの物語は、霊的状態の悪化の最後の苦悩を描写しています。

エホヤキムは治世の3年目にバビロンに敬意を払うことをやめました。ネブカドネザルはすぐにユダに侵攻しませんでした。シリア、モアブ、アンモンといった他の征服された国家にエホヤキムを虐待する任務を与え、彼を服従に委ねることを望みました。これがうまくいかなかったとき、彼は攻撃し、都市を強制的に服従させました。エホヤキムの反乱の間、ネブカドネザルはダニエルを含むバビロンに人質を取りました。

「バビロンの王ネブカドネツァルは、バビロンの言葉の偽造と、その中のすべての真実の破壊を表しています(AR 47:4  )。

最初の詩の終わりに、ネブカドネザルはエルサレムに来て、それを包囲します。これには2つの要素が含まれます。最初の要素はエルサレムです。二つ目は彼の街の扱いです。エルサレムはユダの礼拝の中心でしたが、エホヤキムの時代には神殿は冒secされました。第二に、古代では、都市の包囲は必ずしもその破壊を意味するものではなく、ダニエルが捕虜になったとき、都市は破壊されなかった。しかし、包囲戦は長く悲惨な出来事であり、街の繊維を弱体化させました。包囲は、エルサレムに代表される人との教会の霊的な事柄の状況を完全に示しています。エルサレムは、最初はエホヤキム、次にネブカドネザルによって描かれた誤った考えと利己心によって弱められます。偽りの愛に引き寄せられ、みことばへの関心の欠如によって自由な手を与えられた利己心は、意識の絆がリラックスして利己心が勝つまで心を包囲します。

これは、物語が行われる自然で精神的な環境を設定します。歴史的なダニエルはバビロンに住んでいた。彼は王のために働き、彼らの王国を管理しました。精神的な意味はこの外見を超えていますが、文字通りの物語の細部に完全に対応しています。

ネブカドネザルによる神の家から彼自身の神の家への船の移動は、最初の詩の「3年目」の意味を強調します。 「3年目」は、1つのステージの終了と次のステージの開始を示します。神殿の冒secはこれを劇的に実証します。なぜなら、神殿はユダの礼拝の中心であったはずでしたが、何としても守られていたからです。現実には、神殿はすでにエホヤキムの罪によって冒とくされていました。それは非常に悪く、ユダに対する神の正義のうろこをひっくり返しました。ネブカドネザルが都市を包囲し、これらの船を放棄することで、ユダの完全性の状態は終わりを迎えました-彼女の最も聖なる船は捕らわれ、ユダの歴史のまったく新しい章が始まりました。

この第2節は、ネブカドネザルの行動から主への強調に焦点を合わせます。第1節はネブカドネザルがエルサレムを包囲したと述べていますが、第2節は主の手を示しています。ネブカドネザルがユダを自分の力で征服したのではなく、「主はユダの王ヨヤキムを手に渡された」という明確な証拠があります。

ヘブライ語では、「主」を表す言葉は「アドナイ」、ラテン語は「ドミナス」です。執筆には「アドナイ」という単語のエントリはありませんが、「ドミナス」という用語は頻繁に使用されます。 「主」という名前は、神の善、つまり人々の生活の中で働く主の愛(AC 2921)。本「神の愛と知恵」は詩的にこの愛の質を「これに一致し、それ自体が他人のものであるべきであり、他人の喜びを自分自身の喜びとして、愛していると感じる」と記述している(DLW 47)。言葉は多くの場所で主の愛を示しています。愛から、彼は人間の形を取り、人類を救いました。愛から、彼は天国と地獄の両方を整えました。そして愛から、彼はみことばによって自分自身を明らかにしました。愛はまさに主の存在です。それは、時代を通しての彼の行動のそれぞれの根源であり源です。 「主はユダの王エホヤキムを彼の手に渡された」という言葉は、これが主の愛によるものであることを示しています。

主はエホヤキムを罰としてネブカドネザルの手に渡さなかったが、悪の状況からどのように善をもたらすのかを示した。もし彼がこれを毎日行わなかったら、人間の再生の基盤全体が損なわれます。偽りへの欲望を代表するエホヤキムがネブカドネザルである自己への愛に浸されると、主が地獄への滑りを止めて霊的に私たちを回復させる方法がなければ、人々の霊的な生活は終わります。

バビロニアの神の神殿で捕らえられた器は、年をとるにつれて、若者が学んだことから遠ざかり、利己的な意志に訴えるものを抱きしめる人々の描写です。彼らは子供として学んだ精神的なことを忘れます。わがままは真実の味を破壊します、そして、その破壊で、人々は徐々にわがままの誘惑に抵抗する力を失います。これは、ネブカドネザルがエルサレムを包囲したときに起こったことです。すべての人に内在する利己心は、ヨイアキムに代表される真実に従って考え行動する意志の欠如によってすでに弱められた真実の概念をついに覆します。わがままは神殿の器を運びます。それは、人々を別の原因である主への崇拝に導くべきものを破壊する:自己への奉仕。

本の最初の2節で場面を設定した後、物語の中心人物であるダニエル自身に行きます。ストーリーへの彼の紹介は、最初の章の主要な部分を埋めます。 3節から5節は、戦士の王ネブカドネザルから、残りの本のヒーローであるダニエルに移行しつつあります。この時点で、焦点は依然として管理者としてのネブカドネザルにあります。ダニエルに対する彼の力はこれらの聖句に現れており、ダニエルに代表される、人間の良心と真実へのコミットメントに対する利己心(バビロンの王)から生じる虚偽(ネブチャドネツァル)の力を示しています。物語のこの時点で、ダニエルは王に翻弄される無力な若者です。

霊的なテキストでは、ダニエルは、真理が利己主義とねじれた思考によって支配され支配されている、再生前の状態でさえ、人々の中の主の存在です。主は、文字通りも霊的にも、テーマ全体の中心にあります。神の愛は、人間の生活の中で絶え間なく、人を利己主義から善に向けようと絶えず努力しています。主は決して人々の状態を壊すのではなく、人間の自由と応答の範囲内でそれらを曲げることが天の教義の素晴らしい教えです。歴史的に、彼はダニエルをバビロンに置き、行動を判断し、誤りを指摘し、最終的に人々を彼の王国に導くために人間の良心をどのように保つかを示しました。

Ashpenazを入力します。 「e官の職人」という立場は、アシュペナズを最高位の裁判所の役人にします。彼は、バビロニア帝国での将来の使用のためにユダヤ人捕虜を訓練する重要な任務を任されています。この能力では、彼は一般的な人間の状況を表しています。一部の人々は、いくつかの隠れた、そしてしばしば利己的なアジェンダを満たすことに専念しながら、善良で、親切で、誠実であるように見える能力を持っています。しかし、主はこれらの目に見える善を用いて、人々を真の善に導いています。多くの場合、再生は行動の変化というよりも人々の動機の変化のようなものです。

ネブカドネザルが念頭に置いた種類のトレーニングに適したのは、特定の少年だけでした。若者は傷を負わず、見栄えが良く、すべての知恵で才能があり、知識を持ち、すぐに理解する必要があります。これらの各基準は、利己主義と闘うために主が人々に培った真理の側面を説明しています。

これらの少年たちは王室の食卓から給餌されました。みことばの「食べる」と「飲む」という概念は、人々の生活に善と真実が吸収されることを表しています。人々が食べ物を食べてワインを飲むと、これらは体の一部になり、体内に吸収されます。同様のことが、霊的なレベルでの善良さと真実で起こります。何か良いことや本当のことを学び、体験するプロセスは、人々が食べ物や飲み物を食べる方法と非常に似ています。食事は胃に入り、消化されて精神生活の一部になります。

極度のわがままの象徴であるバビロンは、主ご自身とは正反対です。バビロンの王ネブカドネザルは、そのわがままからみことばを偽造したことを表しており、みことばに与えられた主の真理の反対です。彼が少年たちに提供した食物は、精神的なレベルで、彼らが立っていたすべてを損なうでしょう。主の真理に従って生きることによって主に従うことをいとわないと定義されている無実のみが、人々を利己心から導き出すことができます。しかし、その無邪気さを覆し、真実を歪曲するのは、まさに利己主義の性質です。これは、ネブカドネザルが明らかに自分のテーブルから男の子に食べ物を与えるという親切な行為によって説明されるものです。これは彼の動機で明らかになります:「彼らのために3年間訓練し、その時間の終わりに彼らが王に仕えるように」。この3年間は、召使を生産することでした。真実の転覆は決して迅速なプロセスではありません。人々は完全に降伏する前に地獄から何年もの苦痛を経験します。しかし、彼らに無邪気がなければ、思考の食物が常に利己主義と偽りに集中しているなら、その人の抵抗が完全に壊れる時が来て、その人は私たちの霊的なバビロンの王ネブカドネザルに仕えます。

そこでダニエルはアシュペナズに、王の珍味を食べないようにする許可を求めました。文字通りの意味で、これには勇気が必要でした。アシュペナズには大きな権威があり、ダニエルは単なる捕虜でした。この勇気は精神的な変化に必要です。外的行動が利己心からの誤った思考と合理化のグリップにあるとき、利他主義は簡単に鎮められます。特にこの動機の変更が外部の行動の変更をほとんど必要としない場合、モチベーションを変更し、偽りではなく真実から行動するには勇気が必要です。それでも、それは行われなければならないので、ダニエルは要求を出しました。

秩序になるためのあらゆる努力は、主によって祝福されます。ダニエルは勇気を出して尋ね、神は彼に好意と善意をもたらしました。ここで使用されている主の名前「神」は、神の真理の存在を示しています。ダニエルは人々の自然な生活に影響を与える真実を表しているため、これは理にかなっています。これはみことばに示されている神の真理からです。神の真実がなければ、人々は真実を理解せず、永遠に虚偽と利己心にとどまります。

ダニエルが彼の要求をしたとき、アシュペナズはダニエルが他の少年たちのように繁栄しないことを恐れました、そして、彼、アシュペナズは非難されるでしょう。これは単に外的な善の本質です。行動を導く精神的な舵がなくても行動が良い場合、人々は真実と同様に虚偽によって容易に導かれます。非精神的な自然の善によって導かれた人々は、悪に容易に説得されることを可能にします。一度入ると、その人をあらゆる種類の悪に誘いますAC 5032:3)。

アシュペナズは状況に直面しました。彼の有望な少年の一人は王の食べ物を拒否し、すぐに他の少年よりも悪く見えるかもしれません。これは、利己主義に挑戦する真実がその魅力を失い始めることを意味します。それでも、課題はその結論に裏付けられなければなりません。利己的な欲望に人々があまりにも早く屈服すると、彼らの霊的な生活はすぐに終わります。解決策は、別の選択肢、真実が私たちの心の先取りを得ることができる別の場所を探すことです。

ダニエルは「スチュワード」に訴えます。外見の振る舞いは、一見良いかもしれませんが、利己的な意志とあまりにも密接に関連しているために、真実からの呼びかけに反応することがあります。時には、心を通る真実のルートは、私たちの生活の外側の、そしてしばしば下位の要素、つまりスチュワードから始まる必要があります。

ある程度、すべての人々はこのプロセスを経ます。再生する前に、私たちは利己心に動機付けられますが、真実を学び、最終的に真実から考え、それに対する愛情を育みます。これは、主が非再生人の利己的な性質の中で足掛かりを発達させる方法です。最終的に、肯定的な原則を採用し、真実が私たちの行動に影響を与えることを許すと、私たちは自分たちがより良く変化していることに気づきます:私たちの人生のあらゆる面での利己的な窒息は滑り始め、解放の遅いプロセスが始まります。しかし、この真実はまだ初期段階にあります。再生の最初の状態では、私たちの心のより深いレベルはまだ利己心とそれからの虚偽の制御下にあります。ネブカドネザルはまだ彼の王座にいます。世界で最も強力な帝国の王です。

ダニエルの実験は成功しており、この最初の章の最後の節は4人の若者の知恵を称賛しています。私たちの生活の中で開発され、培われた真実は、私たちの内なる利己心に訴えかけます。利己的な人は知性と知恵に誇りを持つことができます。善良かつ賢明であると考えるのは素晴らしいことです。これらは、人が利己的な目的のために使用できる美徳です。

しかし、将来の章が示すように、良心の始まりは利己的な人生の終わりを意味します。ダニエルが長年バビロンに住んで働いていたように、長い時間がかかるかもしれませんが、最終的に良心は勝利し、利己心は消え去ります。

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

The Inner Meaning of the Prophets and Psalms 172


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 1183, 1709, 2606, 5223, 10325

Apocalypse Revealed 101


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 675

Justification 0

Jiný komentář

  Příběhy:


  Biblická studia:  (see all)


  Související Knihy  (see all)


Skočit na podobné biblické verše

創世記 10:10, 11:2, 39:21, 41:12, 45, 46

申命記 28:41

列王記上 3:12

列王記下 20:18, 23:36, 24:1, 17

歴代誌下 26:5, 36:5, 7

エズラ記 1:1, 2

エステル記 2:9

箴言 22:29

イザヤ書 11:11, 39:6, 7

エレミヤ書 25:1

エゼキエル書 4:13

ダニエル書 1:4, 19, 2:17, 19, 4:5, 6, 5:2, 12, 13, 6:14, 10:1

ホセア書 9:3

Zechariah 5:11

Významy biblických slov

ユダ
City of Judah,' as in Isaiah 40:9, signifies the doctrine of love towards the Lord and love towards our neighbor in its whole extent.

エホヤキム
Jehoiakim,' as in Jeremiah 36:30, after he had burnt the scroll written by Jeremiah, it is said, 'that his dead body shall be cast out...


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

エルサレム
Jerusalem, on Mount Zion, signifies the doctrine of love to the Lord, and how it governs your life. Jerusalem first comes to our attention in...


主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。

神の
主は愛そのものであり、知恵そのものの形で表現されます。それから、愛は彼の本質であり、彼の最深部です。知恵-愛を行動に移す方法についての愛情のある理解-はわずかに外的であり、愛に自分自身を表現する方法を与えます。 聖書が「エホバ」について語るとき、それは主の本質である最も深い愛を表しています。その愛はそれ自体で一つの完全で完全なものであり、エホバもまた一つであり、主にのみ適用される名前です。しかし、知恵は、著作がまとめて神の真実と呼ぶ、非常に多様な思考とアイデアで表現されます。また、多くの想像上の神がいます、そして時々天使と人々は神と呼ばれることができます(主はモーセがアーロンにとって神であると言った)。ですから、聖書が主を「神」と呼ぶとき、ほとんどの場合、それは神の真理を指します。 他の場合、「神」は神の人間と呼ばれるものに言及しています。これがある場合: 人間として、私たちは神の愛として主に直接関わることはできません。強力すぎて純粋すぎます。代わりに、神の真理を通して神を理解することによって、神にアプローチしなければなりません。神の真理は、人間の形の主であり、私たちがアプローチし理解できる形です。したがって、「神」は、この人間的側面に関しても使用されます。なぜなら、それは真実の表現だからです。


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...

宦官
A eunuch (Isaiah 56:3, 5) denotes the natural man as to good, and the son of the stranger denotes the natural man as to truth;...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

来る
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...

知識
Like so many common verbs, the meaning of "know" in the Bible is varied and dependent on context. And in some cases – when it...

若者
A boy (Gen. 18:7) signifies the natural man, and consequently, him who ministers and administers. Boy (Gen. 22:3) signifies the Lord's former rational principle merely...

言語
'The tongue,' as an organ, signifies doctrine, but as speech, or language, it signifies religion. 'Tongue' signifies perception of truth with respect to speech, and...


The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...

日々
The expression 'even to this day' or 'today' sometimes appears in the Word, as in Genesis 19:37-38, 22:14, 26:33, 32:32, 35:20, and 47:26. In a...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


The heart means love. A good heart means love to the Lord and to the neighbor while a hard or stony heart means the love...


In most cases, a "master" in the Bible refers to truth: knowledge, an understanding of the situation at hand, an understanding of the Lord's wishes,...


Most places in Swedenborg identify “ten” as representing “all,” or in some cases “many” or “much.” The Ten Commandments represent all the guidance we get...


'Waters' signify truths in the natural self, and in the opposite sense, falsities. 'Waters' signify particularly the spiritual parts of a person, or the intellectual...


“The eyes are the windows of the soul.” That’s a sentiment with roots somewhere in murky antiquity, but one that has become hopelessly cliché because...

食べる
When we eat, our bodies break down the food and get from it both energy and materials for building and repairing the body. The process...

見て
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

見る
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

食べた
When we eat, our bodies break down the food and get from it both energy and materials for building and repairing the body. The process...


Flesh has several meanings just in its most obvious form. It can mean all living creatures as when the Lord talks about the flood "destroying...


The number "four" in the Bible represents things being linked together or joined. This is partly because four is two times two, and two represents...


A dream, as in Genesis 20:3,signifies being somewhat obscure.

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Daniel's Captivity - Level A
Complete lesson with activity choices introducing the concept that Daniel represents our conscience. Includes welcome activity, shortened reading, discussion questions, activity choices, a closing recitation, and a parent note to send home.
Sunday School Lesson | Ages 3 - 6

 Daniel's Captivity - Level B
Complete lesson with activity choices introducing the concept that Daniel represents our conscience. Includes welcome activity, shortened reading, discussion questions, activity choices, a closing recitation, and a parent note to send home.
Sunday School Lesson | Ages 7 - 10

 Daniel's Captivity - Level C
Complete lesson with activity choices introducing the concept that Daniel represents our conscience. Includes welcome activity, shortened reading, discussion questions, activity choices, a closing recitation, and a take-home card about applying the lesson to the student's life.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 14

 Nebuchadnezzar's Dream
Worship Talk | Ages 7 - 14

 Overview of Daniel: A Man of Conscience for ages 3-14
Overview of a series of scripted lessons for the first six chapters of the book of Daniel. Suitable for Sunday schools, families and classrooms. Levels A, B and C provide materials for ages 3-14.
Sunday School Lesson | Ages 3 - 14


Přeložit: