列王記下 1

Studie

              |

1 アハブが死んだモアブイスラエルにそむいた。

2 さてアハジヤはサマリヤにある高殿のらんかんから落ちて病気になったので、使者をつかわし、「行ってエクロンのバアル・ゼブブに、この病気がなおるかどうかを尋ねよ」と命じた。

3 時に、主の使はテシベびとエリヤに言った、「立って、上って行き、サマリヤの王の使者に会って言いなさい、『あなたがたがエクロンのバアル・ゼブブに尋ねようとして行くのは、イスラエルがないためか』。

4 それゆえはこう仰せられる、『あなたは、登った寝台から降りることなく、必ず死ぬであろう』」。そこでエリヤは上って行った。

5 使者たちがアハジヤのもとに帰ってきたので、アハジヤは彼らに言った、「なぜ帰ってきたのか」。

6 彼らは言った、「ひとりの人が上ってきて、われわれに会って言いました、『おまえたちをつかわした王の所へ帰って言いなさい。はこう仰せられる、あなたがエクロンのバアル・ゼブブに尋ねようとして人をつかわすのは、イスラエルがないためなのか。それゆえあなたは、登った寝台から降りることなく、必ず死ぬであろう』」。

7 アハジヤは彼らに言った、「上ってきて、あなたがたに会って、これらの事を告げた人はどんな人であったか」。

8 彼らは答えた、「その人はごろもを着て、に皮のを締めていました」。彼は言った、「その人はテシべびとエリヤだ」。

9 そこで王は五十人の長を、部下の五十人と共にエリヤの所へつかわした。彼がエリヤの所へ上っていくと、エリヤはの頂にすわっていたので、エリヤに言った、「神の人よ、王があなたに、下って来るようにと言われます」。

10 しかしエリヤ五十人の長に答えた、「わたしがもし神の人であるならば、が天から下って、あなたと部下の五十人とを焼き尽すでしょう」。そのようにが天から下って、彼と部下の五十人とを焼き尽した。

11 王はまた他の五十人の長を、部下の五十人と共にエリヤにつかわした。彼は上っていってエリヤに言った、「神の人よ、王がこう命じられます、『すみやかに下ってきなさい』」。

12 しかしエリヤは彼らに答えた、「わたしがもし神の人であるならば、が天から下って、あなたと部下の五十人とを焼き尽すでしょう」。そのように神のが天から下って、彼と部下の五十人とを焼き尽した。

13 王はまた第五十人の長を部下の五十人と共につかわした。第五十人の長は上っていって、エリヤの前にひざまずき、彼に願って言った、「神の人よ、どうぞ、わたしの命と、あなたのしもべであるこの五十人の命をあなたのに尊いものとみなしてください。

14 ごらんなさい、が天からくだって、さきの五十人の長ふたりと、その部下の五十人ずつとを焼き尽しました。しかし今わたしの命をあなたのに尊いものとみなしてください」。

15 その時、主の使はエリヤに言った、「彼と共に下りなさい。彼を恐れてはならない」。そこでエリヤは立って、彼と共に下り、王のもとへ行って、

16 王に言った、「はこう仰せられます、『あなたはエクロンのバアル・ゼブブに尋ねようと使者をつかわしたが、それはイスラエルに、その言葉を求むべきがないためであるか。それゆえあなたは、登った寝台から降りることなく、必ず死ぬであろう』」。

17 彼はエリヤが言った主の言葉のとおりに死んだが、彼にがなかったので、その兄弟ヨラムが彼に代って王となった。これはユダの王ヨシャパテのヨラムの第二年である。

18 アハジヤのその他の事績は、イスラエルの王の歴代志の書にしるされているではないか。