The Bible

 

Genesis 3:1-19 : Ormen frestar Eve

Study

        

1 Now the serpent was more subtil than any beast of the field which the LORD God had made. And he said unto the woman, Yea, hath God said, Ye shall not eat of every tree of the garden?

2 And the woman said unto the serpent, We may eat of the fruit of the trees of the garden:

3 But of the fruit of the tree which is in the midst of the garden, God hath said, Ye shall not eat of it, neither shall ye touch it, lest ye die.

4 And the serpent said unto the woman, Ye shall not surely die:

5 For God doth know that in the day ye eat thereof, then your eyes shall be opened, and ye shall be as gods, knowing good and evil.

6 And when the woman saw that the tree was good for food, and that it was pleasant to the eyes, and a tree to be desired to make one wise, she took of the fruit thereof, and did eat, and gave also unto her husband with her; and he did eat.

7 And the eyes of them both were opened, and they knew that they were naked; and they sewed fig leaves together, and made themselves aprons.

8 And they heard the voice of the LORD God walking in the garden in the cool of the day: and Adam and his wife hid themselves from the presence of the LORD God amongst the trees of the garden.

9 And the LORD God called unto Adam, and said unto him, Where art thou?

10 And he said, I heard thy voice in the garden, and I was afraid, because I was naked; and I hid myself.

11 And he said, Who told thee that thou wast naked? Hast thou eaten of the tree, whereof I commanded thee that thou shouldest not eat?

12 And the man said, The woman whom thou gavest to be with me, she gave me of the tree, and I did eat.

13 And the LORD God said unto the woman, What is this that thou hast done? And the woman said, The serpent beguiled me, and I did eat.

14 And the LORD God said unto the serpent, Because thou hast done this, thou art cursed above all cattle, and above every beast of the field; upon thy belly shalt thou go, and dust shalt thou eat all the days of thy life:

15 And I will put enmity between thee and the woman, and between thy seed and her seed; it shall bruise thy head, and thou shalt bruise his heel.

16 Unto the woman he said, I will greatly multiply thy sorrow and thy conception; in sorrow thou shalt bring forth children; and thy desire shall be to thy husband, and he shall rule over thee.

17 And unto Adam he said, Because thou hast hearkened unto the voice of thy wife, and hast eaten of the tree, of which I commanded thee, saying, Thou shalt not eat of it: cursed is the ground for thy sake; in sorrow shalt thou eat of it all the days of thy life;

18 Thorns also and thistles shall it bring forth to thee; and thou shalt eat the herb of the field;

19 In the sweat of thy face shalt thou eat bread, till thou return unto the ground; for out of it wast thou taken: for dust thou art, and unto dust shalt thou return.

Commentary

 

アダムとイブと蛇

     

By New Christian Bible Study Staff (machine translated into 日本語)

This hand beaten brass bowl, dating from 1500-1550, shows Adam, Even and the Serpent in the Garden of Eden. It is made with repousse and chased brass, in 
Germany - possibly Nuremburg. Both the central design and the decoration upon the rim of this dish were made using a series of stamps impressed into the metal. Nuremberg trade regulations stated that all punches and stamps had to be applied by hand. The scene depicts the Fall of Man, when Adam and Eve were tempted by the serpent to pick an apple from the Tree of Knowledge. Scenes like this one were popular on brass dishes of the 16th century as they added a decorative element to objects for household use. This dish was probably used to wash hands, yet contemporary paintings show that dishes were also displayed upon dressers when not in use.
Collection ID: 454-1907
This photo was taken as part of Britain Loves Wikipedia in February 2010 by Valerie McGlinchey.

エデンの園のアダムとイブという聖書の物語が、科学と信仰の論争の的になっているのは皮肉なことですが、エマニュエル・スウェデンボルグの著作によれば、この物語自体がまさにその論争をテーマにしているのです。

エデンの園に置かれた「人」は、主への愛と天との交わりの中で生きていた有史以前の人々を表している、と聖典には書かれています。彼らは純粋で無垢であり、エデンの木から実がなると知恵がもたらされた。著作ではこれを「最も古い教会」と呼んでいますが、それは地上の天国に限りなく近いものでした。

当時の人々は、自分の命は主から流れてくるものであり、自分のものではないということを、常に意識していました。自分の考えも主から来ていること、自分の愛情も主から来ていることを自覚し、自分からは存在しないことを知るだけでなく、感じていたのです。何世代にもわたって、彼らはこのことを至福のうちに受け入れていましたが、やがて彼らは自分自身の感覚に引きずられるようになりました。彼らは命を受けるだけの存在ではなく、自分自身が生きていることを望んでいたのです。それは、「人が一人でいるのはよくない」という考えにも表れている。そして、動物の名前をつけることに代表されるような、彼らの高尚な状態の思考や愛情は、その衝動を満たすものではありませんでした。

そこで主は、肋骨に代表される、最も低く、命を受け取らない部分を、女性に代表される、人間の新たな側面に作り変えられました。この変化により、人々は天との直接の交わりを断たれたが(「父と母を離れなければならない」)、命を自分のものとして感じることができるようになった(「自分の妻と結びつく」ようになった)。

最初はこれでよかったのです。女は、悪を示す骨からできていたが、肉と血からできていたので、悪が主からの善の愛で覆われていたことを意味する。彼らはまだ無邪気で、主への愛の状態にあり、主からの知恵を受けることができましたが、そのすべてが「裸であっても恥ずかしくない」という考えに含まれています。

しかし、そこに蛇が登場しました。これは、私たちの肉体的な感覚と、感覚の証拠から推論する力を表しています。これは、私たちの心の最も低く、最も外的な側面ですが、強力で説得力のあるものです(現代社会では、科学を行う場所でもあります)。そして、蛇は種を植えた神に疑問を投げかけた。もし神が彼らに嘘をついていたとしたら?禁断の果実の効果が、すべての知識を獲得し、神が知っていたことを知り、善悪を自分で定義し、実際に自分自身が神であるとしたら?

アダムとエバに禁じられていた「知識の木」は、人間の論理と感覚の証拠を使って神の存在とその性質を探ることを表しています。主は、人々がこのようなことをして、自分たちが生きてきた愛の状態に必要な謙虚さと敬虔さを保つことができないことを知っていました。しかし、この質問は、彼らの自分自身の生活感を利用して、彼らを誘惑しました。そして、ついに彼らは屈して、自己の感覚から行動し、夫に代表される理性的な能力もそこに引きずり込んでしまったのです。

彼らがそうしたとき、つまり主に対して合理的で証拠に基づいた調査を開始したとき、主は彼らの目を「開いて」くださり、彼ら自身が悪であり、主によってのみ命を得、善を愛することができることを理解させてくださいました。自分たちの悪を知った彼らは、自分たちができることをつかみ、イチジクの葉は、どうすれば良いかという外面的な考えを表し、できる限り覆い隠しました。

では、「原罪」とは何を意味するのでしょうか。ある意味では、私たちの祖先が主から離れたことで、私たちはまだ霊的に足を引っ張られています。しかし、私たちの誰もが犯していない罪のために、個々に永遠に罪を負うわけではありません。

文字通りの正確さについてはどうなのでしょうか?聖典は、この物語が実際の文字通りの歴史ではなく、そのような人間は二人としていなかったと明確に教えています。実際、『聖句』によると、創世記の最初の11章は、最も古い教会の子孫から生まれた、聖書の時代よりも前の一連の聖典の名残である。これらの作品は、自然のものと霊的なものとの対応関係を、当時の深い象徴的な言語を用いて完全に表現しています。つまり、自然史ではなく、初期人類の精神史であり、精神史の方が重要なのではないでしょうか。

男と女とはどういうことでしょうか?アダム」は男ではなく、「イブ」は女ではなく、どちらも人間の一面を表していて、本質的には性別を問わないものです。だから、この物語が女性を抑圧したり、貶めたりするために使われてきたのは、悪質な誤読なのです。

最後に、科学と信仰についてはどうでしょうか。それは、物理的な現実と精神的な現実が別のものだということです。人々は、他のすべての果物を食べて心を広げることは自由でしたが、神の考えだけは残しておくようにとのことでした。その警告は今も続いています。もし、科学を使って主の存在を証明しようとしたり、反証しようとしたりしたら、私たちは庭から追い出されてしまいます。


Översätt: