ルカによる福音書 1

Studera inre mening

Japanese Bible         

← マルコによる福音書 16   ルカによる福音書 2 →

1 わたしたちの間で実現したさまざまな事柄について,

2 初めからの目撃証人またみ言葉の奉仕者であった者たちがわたしたちに伝えたとおりに,その物を順序正しくまとめようと,すでに多くの人が手を着けてきましたが,

3 わたしもすべての成り立ちを初めからつぶさにたどりましたので,テオフィロス閣下,あなたに順序正しく書いて差し上げるのが良いと思いました。

4 それは,学ばれた事柄が確実なものであることを知っていただくためです。

5 ユダヤの王ヘロデの時代に,アビヤの祭司組の者で,ザカリアという名の祭司がいた。彼にはアロンの娘である妻がいて,名をエリザベツといった。

6 二人とも神の前に正しい者で,主のすべてのおきてと法令の内を非の打ちどころなく歩んでいた。

7 しかし彼らには子供がなかった。エリザベツが不妊であり,二人ともかなり年を取っていたからである。

8 さて,彼が自分の組の順番に従って神の前で祭司職を務めていたときのこと,

9 祭司職の習慣に従って彼が主の聖所に入って香をたくことになった。

10 民の群衆はみな,香の刻に外で祈っていた。

11 主のみ使いが彼に現われて,香の祭壇の右に立っていた。

12 ザカリアはそれを見て動転し,恐れとらわれた。

13 しかしみ使いは彼に言った,「恐れてはいけない,ザカリアよ,あなたの願いは聞き入れられたからだ。すなわち,あなたの妻エリザベツは,あなたに男の子を産むだろう。そして,あなたはその名をヨハネと呼ぶことになる。

14 あなた歓喜喜びとがあり,多くの人がその誕生を喜ぶだろう。

15 彼は主のみ前で大いなる者となり,ぶどう酒や酔わせる飲み物を飲まないからだ。彼は母の胎にいる時から聖霊に満たされるだろう。

16 彼は多くのイスラエルの子らを,その神なる主に立ち返らせるだろう。

17 彼はエリヤの霊と力のうちにそのみ前を行くだろう。『父たちの心を子供たちに立ち返らせ』,不従順な者たちを義人の知恵に立ち返らせ,準備のできた民を主のために備えるためだ」。

18 ザカリアはみ使いに言った,「どうしてそのことを信用できるでしょうか。わたしは老人ですし,わたしの妻もかなり年を取っているからです」。

19 み使いは彼に答えた,「わたしはガブリエル,神のみ前に立つ者だ。わたしはあなたに語るため,この良いたよりをあなたにもたらすために遣わされたのだ。

20 見よ,これらの事が起きるその日まで,あなたは声が出ず,ものが言えなくなるだろう。しかるべき時に実現するわたしのこれらの言葉を信じなかったからだ」。

21 民はザカリアを待っていたが,彼が聖所で手間取っているのを不思議に思っていた。

22 外に出て来た時,彼は彼らに話すことができなかった。そこで彼らは,彼が聖所で幻を見たのだと分かった。彼は彼らに手まねを続けるだけで,口がきけないままであった。

23 その奉仕の日々が満ちた時,彼は自分の家に帰って行った。

24 こうした日々ののち,彼の妻エリザベツは子を宿し,五か月の間引きこもって,こう言った,

25 「主はこのごろ,人々の中での辱を取り去るためにわたしに目を向けてくださり,わたしに対してこのようにしてくださいました」。

26 さて,か月目に,み使いガブリエルが,神からガリラヤのナザレという名のに遣わされた。

27 ダビデの家のヨセフという名の男と結婚を誓っていた,一人の処女のもとに遣わされたのである。その処女の名前はマリアといった。

28 み使いは入って来ると彼女に言った,「喜べ,大いに恵まれた者よ。主があなたと共におられる。女たちの中であなたは幸いな人だ!」

29 しかし,彼を見た時,彼女はその言葉にひどく動転し,いったいこれは何のあいさつなのだろうと考えていた。

30 み使いは彼女に言った,「恐れてはいけない,マリアよ,あなたは神からの恵みを見いだしたからだ。

31 見よ,あなたは胎内に子を宿し,男の子を産むだろう。そして,その名を『イエス』と呼ぶことになる。

32 彼は偉大になり,いと高き方の子と呼ばれるだろう。主なる神は彼にその父ダビデの王座をお与えになるだろう。

33 そして彼はヤコブの家を永久支配することなる。彼の王国は終わりがないだろう」。

34 マリアはみ使いに言った,「どうしてそのようなことが起こり得るのでしょうか。わたしは処女ですのに」。

35 み使いは彼女答えた,「聖霊があなたの上臨み,いと高き方の力があなたを影で覆うだろう。それゆえも,あなたから生まれる聖なる者は神の子と呼ばれることなる。

36 見よ,あなたの親族エリザベツも老齢で男の子を宿している。不妊と呼ばれていた彼女がか月目になっている。

37 神によって語られたことはすべてが可能なのだ」。

38 マリアは言った,「ご覧ください,主の女召使いです。あなたのお言葉どおりのことがわたしに起きますように」。 み使いは彼女から去って行った。

39 そのころ,マリアは立ち上がり,急いで山岳地帯に向かい,ユダのあるに行き,

40 ザカリアの家に入ってエリザベツにあいさつした。

41 エリザベツがマリアのあいさつを聞いた時,その胎内で赤子が飛び跳ねて,エリザベツは聖霊に満たされた。

42 彼女は大声で叫んでこう言った,「女たちの中であなたは幸いな人,あなたの胎の実も幸いなもの!?

43 わたしはなぜこれほど恵まれているのでしょう,わたしの主の母がわたしのもとに来てくださるとは。

44 ご覧なさい,あなたのあいさつの声がわたしの耳に入った時,わたしの胎内の赤子は喜んで飛び跳ねたのです!?

45 信じた女は幸いです。主から語られた事柄は実現するからです!」

46 マリアは言った, 「わたしの魂は主をたたえます。

47 わたしの霊は,わたしの救い主なる神を喜びます。

48 卑しい身分の女召使い目をとめてくださったからです。 ご覧ください,今からのち,あらゆる世代の人々がわたしを幸いな者と呼ぶでしょう。

49 強力な方がわたしのために大いなる事柄をなさったからです。 そのみ名は神聖です。

50 そのあわれみは世々にわたり,その方を恐れる人々の上に臨みます。

51 主はそのみ腕で力を示されました。 心の想いの高慢な者たちを散らされました。

52 君主たちをその座から引き降ろされました。 そして身分の低い者たちを高くされました。

53 飢えた者たちを数々の良い物で満たされました。 んだ者たちを何も持たせないで帰らされました。

54 あわれみを忘れないために,ご自分の召使いイスラエルに助けを与えられました。

55 わたしたちの父祖たちに, アブラハムとその子孫に対して永久に語られたとおりに」。

56 マリアは彼女のもとにか月ほど滞在し,それから自分の家に帰って行った。

57 さて,エリザベツの出産する時が満ちて,彼女は男の子を産んだ。

58 彼女の隣人や親族は,主が彼女のためにそのあわれみを増してくださったと聞いて,彼女と共に喜んだ。

59 八日目のこと,人々が幼子に割礼を施すためにやって来て,彼を父の名にならってザカリアと呼ぼうとした。

60 その母は答えた,「それはいけません,ヨハネと呼ばれるのです」。

61 人々は彼女に言った,「あなたの親族の中ではその名によって呼ばれている者は一人もいない」。

62 人々はその父に向かって,その子を何と呼びたいのかと手まねをした。

63 彼は書き板を求め,「その名はヨハネ」と書いた。 人々はみな驚いた

64 すぐに彼の口は開き,舌は解かれ,語り出して神を賛美した。

65 近く住む人々すべての上恐れが臨み,これらのすべての話がユダヤの山岳地帯のあらゆる所でうわさされた。

66 それを聞いた者たちはみな,それを自分の心に留めて,「この子はいったい何になるのだろう」と言った。主の手が彼と共にあった。

67 その父ザカリアは,聖霊に満たされ,預言してこう言った。

68 「イスラエルの神なる主が賛美されるように。 その民に目を向けて請け戻しをされたからだ。

69 そして,その召使いダビデの家に,わたしたちのための救いの角を起こされた。

70 (古くからその聖なる預言者たちの口によって語られたとおりに。)

71 わたしたちの敵からの救い,またわたしたちを憎むすべての者の手からの救いを。

72 わたしたちの父祖たちにあわれみを示し, その聖なる契約を忘れないために。

73 わたしたちの父祖アブラハムに立てられた誓い,

74 それがわたしたちにもたらすことは,わたしたちが敵の手から解き放たれ,恐れることなくその方に仕えること,

75 わたしたちの命の日々の限り,神聖さと義のうちに,そのみ前で仕えることなのだ。

76 そして子供よ,お前はいと高き方の預言者と呼ばれるだろう。 お前は主の面前を行き,その道を整え,

77 その民に罪の許しによる救いの知識を与えることになるからだ。

78 それは,わたしたちの神の優しいあわれみによる。 そのあわれみによって,夜明けが高い所からわたしたちに訪れ,

79 闇と死の陰に座る者たちの上に輝き, わたしたちの足を平和の道に導くだろう」。

80 幼子は成長し,霊おいて強くなってゆき,イスラエル対する公の出現の日まで寂しい所いた。

← マルコによる福音書 16   ルカによる福音書 2 →
   Studera inre mening

Explanation of Luke 1      

By Rev. John Clowes M.A.

Verses 1-5. That revelation of the eternal Word made flesh is imparted to all who are in the love of truth for its own sake.

Verses 5-26. His representative as to the Word must teach the doctrine of repentance and faith in Him, the origin of which doctrine is described.

Verses 5-7. As being born from celestial good and truth.

Verses 8-18. And announced by the most high, as being instrumental in promoting purification from evils and falsities, and thus preparing mankind for the reception of good and of truth.

Verses 18-24. Nevertheless this doctrine is not admitted without doubt respecting it, the effect of which doubt is manifested in the inability to make confession of the Lord, and to preach faith in Him.

Verses 23-25. Notwithstanding however this doubt, the doctrine of repentance and faith gains confirmation, though as yet it is seen only obscurely.

Verses 26-34. It is at the same time announced from heaven, that Jehovah will come into the world, and that the Humanity, which He will assume, is the Son of god, by virtue of the Divinity from whom it came forth.

Verses 29-34. Which annunciation causes trouble and surprise, until information is given, that to that Humanity will be transferred the All of Divinity, so that in it Divinity and Humanity will be one, and in that one-ness will have rule over all things of heaven and the church.

Verses 34-36. Since the Humanity is born from the Divine Good and Divine Truth, which is Jehovah.

Verses 36-38. And preparation is made for its reception, through the doctrine of repentance and faith, which was to be taught in the church.

Verses 39-46. That on this occasion, the internal affection of good and of truth in the church is conjoined with the external, so that the productions of the latter become vivified, and the latter affection itself is made holy by virtue of it's exaltation of the former.

Verses 47-51. The former affection, at the same time, exalts the Divine Good and Divine Truth above all things, under a devout sense of the Divine mercy, which attends to the lowest concerns of man, and is ever operative in good to those who desire good.

Verses 51-54. And which assumed a Humanity, that through it the hells might be subdued, and a new church might be established, to which divine good might be imparted, and in which, truth separate from good might be rejected.

Verse 55. As had been predicted.

Verses 56-59. That for this purpose the doctrine of repentance and faith in the incarnate god is taught in the church, to the great joy of those who receive it.

Verses 59-64. The quality of which doctrine is described, as being grounded in the Divine love and mercy.

Verses 64-66. So that they, who acknowledge this quality, are enabled to make confession of the Lord, and to preach faith in Him, exciting devout adoration in all who hear them.

Verses 68-73. Because they teach from Divine truth, that Jehovah assumed a Humanity, for the purpose of effecting redemption and salvation, by conjoining Himself with His church.

Verses 73-76. And that His church, being thus purified from evils and falsities, might be reciprocally conjoined with Him, through the reception of His love and wisdom.

Verses 76-80. Therefore the doctrine of repentance and faith in the incarnate god is of Divine origin, being intended to prepare man for the reception of the Divine mercy, through the removal of all opposing principles, and through the communication of the light of Divine truth, by virtue of which the church would be delivered from the falsities of evil.

Verse 80. Which doctrine is more and more confirmed, though for a time it is received by few.

From Swedenborg's Works

Kärn passager:

On the Athanasian Creed 46


Andra referenser av Swedenborg till detta kapitel:

Arcana Coelestia 1422, 1457, 1460, 1927, 2242, 2534, 2708, ...

Apocalypse Revealed 56, 173, 206, 281, 289, 294, 306, ...

A Brief Exposition of New Church Doctrine 44, 120

結婚愛 82

Doctrine of the Lord 19, 29, 30, 34, 39, 40, 42, ...

The Doctrine of the New Jerusalem Regarding the Sacred Scripture 87

True Christian Religion 81, 82, 88, 92, 93, 98, 111, ...


References from Swedenborg's unpublished works:

Apocalypse Explained 80, 97, 118, 183, 204, 236, 253, ...

On the Athanasian Creed 30, 38, 45, 157, 216

Canons of the New Church 17, 37, 39, 40, 43

De Domino 38

Justification 10, 13

Spiritual Experiences 4332

Spiritual Experiences (Interim Diary) 4662

Marriage 81, 82, 88, 92, 93, 98, 111, ...

Scriptural Confirmations 2, 3, 10, 12, 13, 23, 27, ...

Annan kommentar

  Berättelser:



Hop to Similar Bible Verses

創世記 7:1, 11:30, 15:8, 16:11, 17:1, 7, 12, 17, 19, 24, 22:16, 17, 25:21, 29:31, 30:13, 23

出エジプト記 15:6, 18:10, 30:1, 7

レビ記 9:23, 12:3, 26:42, 45

民数記 6:3

申命記 10:12, 28:4

士師記 5:24, 6:12, 16, 22, 13:2, 3, 4, 24

ルツ記 3:11, 4:14

サムエル記上 1:5, 2:1, 10, 14:10

サムエル記下 7:12, 13, 16, 22:28, 23:5

列王記上 1:48, 15:3, 5, 18:37

列王記下 2:15

歴代誌上 17:12, 24:1, 3, 5, 10

歴代誌下 2:5

ネヘミヤ記 12:17

ヨブ記 1:1, 8, 5:11, 12:19

詩編 2:7, 16:9, 18:3, 49, 25:6, 35:9, 44:8, 45:7, 51:17, 72:18, 89:11, 98:3, 103:13, 17, 20, 105:8, 42, 107:9, 10, 41, 111:9, 118:27, 119:1, 126:3, 130:8, 132:11, 17

イザヤ書 7:14, 9:6, 35:4, 38:22, 41:8, 10, 42:7, 45:17, 49:1, 5, 25, 52:9, 57:15, 59:8, 16, 60:1, 2, 63:7

エレミヤ書 23:5, 30:10, 31:11, 34

エゼキエル書 16:60, 17:24, 21:31, 34:27

ダニエル書 2:44, 4:34, 7:14, 8:16, 9:21, 10:12

ホセア書 6:2

オバデヤ書 1:21

ミカ書 4:7, 7:20

ハバクク書 3:18

ゼファニヤ書 15, 16

マラキ書 1

Betydelsen av Bibelorden


'Sayings' denotes persuasion. 'Sayings,' when related to Jehovah, signify informing or instructing.


The Writings tell us that time and space are aspects of the physical world, but do not exist as we know them in the spiritual...


'Side' signifies good or spiritual love.

歓喜
Feelings of joy and rejoicing flow from our affections, not from our thoughts. Some people might argue that that's not true, that you can rejoice...

喜び
Feelings of joy and rejoicing flow from our affections, not from our thoughts. Some people might argue that that's not true, that you can rejoice...

喜ぶ
Feelings of joy and rejoicing flow from our affections, not from our thoughts. Some people might argue that that's not true, that you can rejoice...

準備
In general, when something is "prepared" in the Bible it means that it is in the proper spiritual order, which happens when our hearts and...

話す
Like "say," the word "speak" refers to thoughts and feelings moving from our more internal spiritual levels to our more external ones – and ultimately...


To revile something – or "reproach," as it is often translated – represents making a direct and deliberate attack on what is spiritually true, in...

ガブリエル
Gabriel signifies an angelic society in heaven that is made up of people who teach from the Word, particularly about the Lord’s advent.

ガリラヤ
Galilee was the northernmost province of Biblical Judea, a hilly area relatively remote from the center of Jewish culture in Jerusalem and bordered by foreigners...

見た
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

恵み
The Lord’s essence and substance is love: pure, perfect and infinite. That love is formed through His pure, perfect, infinite wisdom and flows to us...

王国
In the most general sense, a kingdom in the Bible represents a church. In a more specific sense, a kingdom represents a church in regards...


Like most numbers in the Bible, "six" can have various meanings depending on context, but has a couple that are primary. When used in relation...


Cities of the mountain and cities of the plain (Jer. 33:13) signify doctrines of charity and faith.

信じた
聖書の中の「信じる」という意味は非常にわかりやすいものですが,表面上に見えるものよりももっと深いところにあります。旧約聖書で人々がエホバを信じるように求められたとき,それは,エホバが自然なことだけでなく,霊的なことにも導いてくださると信じること,エホバに従うことが霊的な生活につながると信じることを意味していました。新約聖書の中で人々がイエスを信じるとき,それはイエスを神ご自身であり,全能の神として完全に信じることを意味していました。このレベルの信仰には,イエスが教えておられることを信じることと,イエスの戒めに従うことの重要性も暗示されていました。ペテロが水の上を歩いているときに沈んだのはそのためです。また、イエス様の故郷で奇跡を起こすことができなかったのも、イエス様を少年時代や青年時代に知っていた人々が、イエス様を神として信じることができなかったからです。

飢えた
'Hunger,' or 'famine,' signifies evils of life. 'Hunger,' or 'famine,' signifies desiring good from affection, because 'bread,' in the internal sense, is the good of...

飢え
'Hunger,' or 'famine,' signifies evils of life. 'Hunger,' or 'famine,' signifies desiring good from affection, because 'bread,' in the internal sense, is the good of...


'Wealth' signifies scientific knowledge, as seen in several passages in the Word.


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

隣人
'The neighbor' is not only an individual person, but also people collectively, as a less or greater society, our country, the church, the Lord’s kingdom,...

来て
Coming (Gen. 41:14) denotes communication by influx.

答えた
答えを出す」ということは、一般的に霊的な受容性の状態を示しています。これは究極的には、私たちの心と心に真の考えと善のための願望を常に注ぎ込もうとしてくださる主を受け入れることを意味します。それはまた、自分自身の外面的な部分で、自分自身の内面的な部分の導きを受け入れることでもあります。 聖書の中の "答える "は、しばしば "言う "と対になっています。これらの場合、一般的に、それは受容性と相まって知覚のレベルを示しています。これは、あなたが主から来るものを受け入れるだけでなく、それを見て、その中にある真理を認識し、それがあなたをより良い人生に導くということを意味しています。

書き
If knowing what’s right were the same as doing what’s right, we would all be thin, healthy, hard-working, law-abiding, faithful to our spouses and free...

驚いた
Used as nouns, "marvels" and "wonders" are generally synonymous with miracles, which are expressions of the Lord's power in the world. In particular, the Lord...

聞いた
Thanks to modern science, we now understand that hearing actually happens in the brain, not the ears. The ears collect vibrations in the air and...

聖なる
'Saints' mean people governed by truths from the Lord through the Word.

契約
A covenant is a promise by the Lord about something He will do, or not do. He promised Noah that He would never again destroy...

アブラハム
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...

仕える
Generally speaking, those who are at lower levels of an organization serve those at higher levels. Bosses boss and their employees serve; coaches devise strategy...

高い
'Height' signifies what is inward, and also heaven.


‘To grow’ signifies to be perfected.

Videos from the Swedenborg Foundation

The videos shown here are provided courtesy of our friends at the Swedenborg Foundation. You can find out more about them here: swedenborg.com.


The Difference Between Grace and Mercy

Grace and mercy are mentioned a lot in the Bible and both come from God, but what's the difference? We dig into the spiritual difference between these two divine auras and how we can open ourselves up to them.


How to Understand the Trinity - Swedenborg and Life

“The Trinity is well known to the Christian world, yet in other ways it is unknown.” Swedenborg asserts the Father, Son, and Holy Spirit are one the way our soul, body, and actions are one.

Resources for parents and teachers

The items listed here are provided courtesy of our friends at the General Church of the New Jerusalem. You can search/browse their whole library by following this link.


 Angel Appears to Joseph
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Angel Appears to Mary
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Angel Appears to Zacharias
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Angelic Appearances at the Time of the Advent
A sermon about the angel Gabriel's appearances to different people and how this pictures aspects of the preparation we must do for the Lord's birth in our own lives. 
Worship Talk | Ages over 18

 Angel with Mary
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Angel with Zacharias
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Annunciation
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Birth of the Lord
Sunday School Lesson | Ages 9 - 12

 Blessings: Good Tidings of Great Joy
Blessings to say at mealtime.
Activity | Ages over 7

 Call His Name Jesus
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Christmas Joy and Happiness
Worship Talk | Ages 7 - 14

 Elizabeth Greets Mary
Coloring Page | Ages 7 - 14

 His Name Is John
Coloring Page | Ages 7 - 14

 His Name Will Be Called: The Development of the Lord in Our Lives
Worship Talk | Ages over 18

 Jesus' Childhood
People are born without a set purpose and develop a purpose as they learn and choose a pathway. Jesus was born with an identity and a purpose; He had to discover His identity and become true to it.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 17

 John the Baptist
Compare the birth of John the Baptist with the birth of Jesus Christ. What do the births of these men mean in our lives?
Sunday School Lesson | Ages 11 - 17

 Mary and Elizabeth
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Mary's Song of Praise
Mary's song of praise, often called the Magnificat, in a color border.
Picture | Ages over 15

 Mary Visits Elizabeth
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Naming John the Baptist
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Our Savior
Article | Ages 15 - 17

 Picture of the Angel Gabriel
Project | Ages up to 10

 Prophecies of the Advent
Prophecies of Jesus' advent on earth often use the image of new light dawning in darkness to describe the spiritual impact His birth would have on the world.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 17

 Quotes: Good Tidings of Great Joy
Teaching Support | Ages over 15

 Quotes: Prophecies of the Advent
Teaching Support | Ages over 15

 Scroll of Angelic Appearances in Christmas Story
Project | Ages 7 - 14

 The Angel Appearing to Mary
Use oil pastels and watercolors to show the angel Gabriel appearing to Mary.
Project | Ages 7 - 14

 The Angel Appears to Mary
This lesson discusses a story from the Word and suggests projects and activities for young children.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 The Angel Appears to Mary
A lesson for younger children with discussion ideas and a project.
Sunday School Lesson | Ages 4 - 6

 The Angel Appears to Mary Mobile
Make a simple mobile to show the angel Gabriel coming to tell Mary that she would give birth to a Son and should name Him Jesus.
Project | Ages 3 - 8

 The Angel's Promise to Mary
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Annunciation
Worship Talk | Ages 7 - 14

 The Birth of John
Zacharias and Elizabeth were very good people who wanted a child very much. The Lord answered their prayers. John was born to help prepare people to learn from the Lord. Sample from the Jacob's Ladder Program, Introductory Level, for ages 5-6.
Religion Lesson | Ages 5 - 6

 The Birth of John the Baptist
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 The Birth of John the Baptist
Lesson outline provides teaching ideas with questions for discussion, projects, and activities.
Sunday School Lesson | Ages 7 - 10

 The Magnificat
Worship Talk | Ages over 18

 The Maidservant of the Lord
Spiritual tasks offer a reflection on a Biblical story and suggest a task for spiritual growth.
Activity | Ages over 18

 The Mother of the Lord
Imagine what it must have been like to suddenly see an angel and be told such great news.
Worship Talk | Ages 4 - 6

 The Name Mary
Article | Ages 15 - 17

 The Savior
Worship Talk | Ages 7 - 14

 The Spread of the Lord's Word
We can be like the shepherds and others who have spread the good news as we learn about the Lord and find ways to tell people. Maybe this Christmas you can share your enjoyment of the story of the Lord’s birth with a friend or neighbor. Sample from the Jacob’s Ladder Program, Level 5, for ages 10-11.
Religion Lesson | Ages 10 - 11

 Understanding the Virgin Birth
Article | Ages 15 - 17

 Zacharias and the Angel
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Zacharias’s Dumbness
Article | Ages 15 - 17

 Zacharias Sees Angel
Coloring Page | Ages 7 - 14


Översätt: