出エジプト記 3

Study

           

1 モーセは妻の父、ミデヤンの祭司エテロの群れを飼っていたが、その群れ荒野の奥に導いて、神のホレブにきた。

2 ときに主の使は、しばのの炎のうちに彼に現れた。彼が見ると、しばはに燃えているのに、そのしばはなくならなかった。

3 モーセは言った、「行ってこの大きな見ものを見、なぜしばが燃えてしまわないかを知ろう」。

4 は彼がきて見定ようとするのを見、はしばのから彼を呼んで、「モーセよ、モーセよ」と言われた。彼は「ここにいます」と言った。

5 神は言われた、「ここに近づいてはいけない。からくつを脱ぎなさい。あなたが立っているその場所聖なる地だからである」。

6 また言われた、「わたしは、あなたの先祖アブラハムの、イサクの、ヤコブのである」。モーセを見ることを恐れたので隠した

7 はまた言われた、「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを、つぶさに見、また追い使う者のゆえに彼らの叫ぶのを聞いた。わたしは彼らの苦しみを知っている

8 わたしは下って、彼らをエジプトびとのから救い出し、これをかの地から導き上って、良い広い地、乳と蜜の流れる地、すなわちカナンびと、ヘテびと、アモリびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとのおる所に至らせようとしている。

9 いまイスラエルの人々の叫びがわたしに届いた。わたしはまたエジプトびとが彼らをしえたげる、そのしえたげを見た

10 さあ、わたしは、あなたをパロにつかわして、わたしの民、イスラエルの人々をエジプトから導き出させよう」。

11 モーセに言った、「わたしは、いったい何者でしょう。わたしがパロのところへ行って、イスラエルの人々をエジプトから導き出すのでしょうか」。

12 は言われた、「わたしは必ずあなたと共にいる。これが、わたしのあなたをつかわしたしるしである。あなたが民をエジプトから導き出したとき、あなたがたはこの仕えるであろう」。

13 モーセに言った、「わたしがイスラエルの人々のところへ行って、彼らに『あなたがたの先祖が、わたしをあなたがたのところへつかわされました』と言うとき、彼らが『その名はなんというのですか』とわたしに聞くならば、なんと答えましょうか」。

14 モーセに言われた、「わたしは、有って有る者」。また言われた、「イスラエルの人々にこう言いなさい、『「わたしは有る」というかたが、わたしをあなたがたのところへつかわされました』と」。

15 はまたモーセに言われた、「イスラエルの人々にこう言いなさい『あなたがたの先祖アブラハムの、イサクの、ヤコブのであるが、わたしをあなたがたのところへつかわされました』と。これは永遠にわたしの名、これは世々のわたしの呼び名である。

16 あなたは行って、イスラエルの長老たちを集めて言いなさい、『あなたがたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブのであるは、わたしに現れて言われました、「わたしはあなたがたを顧み、あなたがたがエジプトでされている事を確かに見た

17 それでわたしはあなたがたを、エジプトの悩みから導き出して、カナンびと、ヘテびと、アモリびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとの地、乳と蜜の流れる地へ携え上ろうと決心した」と』。

18 彼らはあなたの声に聞き従うであろう。あなたはイスラエルの長老たちと一緒にエジプトの王のところへ行って言いなさい、『ヘブルびとのがわたしたちに現れられました。それで、わたしたちを、の道のりほど荒野に行かせて、わたしたちのに犠牲をささげることを許してください』と。

19 しかし、エジプトの王は強いをもって迫らなければ、あなたがたを行かせないのをわたしは知っている

20 それで、わたしはを伸べて、エジプトのうちに行おうとする、さまざまの不思議をもってエジプトを打とう。そのに彼はあなたがたを去らせるであろう。

21 わたしはこの民にエジプトびとの好意を得させる。あなたがたは去るときに、むなし手で去ってはならない。

22 女はみな、その隣の女と、に宿っている女に、の飾り、金の飾り、また衣服を求めなさい。そしてこれらを、あなたがたのむすこ、に着けさせなさい。このようにエジプトびとのものを奪い取りなさい」。

  

Exploring the Meaning of 出エジプト記 3      

By Emanuel Swedenborg

Arcana Coelestia 6825. In the first chapter, in the internal sense, the subject treated of was the infestation by falsities and evils of those who are of the church; in the second chapter it was the beginnings and successive states of truth Divine with them; in this chapter in the internal sense the subject treated of is their liberation; and then for the first time they are instructed who the God is who has liberated them, that it is the Lord; and that He introduces them into heaven after they have been endowed with manifold truth and good.

    Studera inre mening

Översätt: