주석

 

真の信仰と無関係なきれいごと

작가: Jared Buss (기계 번역 日本語)

Jesus raises Jairus's daughter.

個人的な生活や身の回りの世界でうまくいかないことがあると、宗教が無関係に思えてくることがある。あるいは、無用な希望のように感じ始めると言った方が正確かもしれない。もはや持ち歩く理由のない荷物のように感じられるのだ。宗教の教えが無意味な理想のように思えたり、宗教的実践が無益に感じられたりする。人生の混乱を見て、"私の理想はこの事態を防げなかった "と言うかもしれない。あるいは、ニュースの悲劇や混乱を見て、"教会に行ったところで、これがどう変わるんだ?"と言うかもしれない。

しかし、こうした考え方はすべて逆だ。宗教は贅沢品ではない。人生がうまくいっていることを証明するために、人生を飾るものでもない。私たちが美しい人間だからする美しいものでもない。宗教が本来あるべき姿であるならば、物事が崩れれば崩れるほど、宗教の意義は増すばかりだ。

その最も明確な証拠が、主のよく知られた言葉である:「わたしは正しい人を呼ぶために来たのではなく、罪人を呼んで悔い改めさせるために来たのである」(マタイによる福音書9:13; マルコによる福音書2:17). 宗教は義人のためのものだという考えに、人は簡単に流されてしまうが、主は "そうではない "と言われる。それもいいことだ。なぜなら、正しい人たちとはいったいどこにいるのだろうか?主は罪人のためにここに来られた。主が地上に来られたのは、人生を台無しにしてしまった人々のためであり、彼らを祝福するためではない。彼らを救うために。

だからこそ、御言葉には厳しい教えがたくさんあるのだ。主は、霊的な戦いの戦い方を教えておられる。宗教が美しい人のための美しい装飾品であることを期待するなら、これらの教えは衝撃的だ。応急処置のコースのようなものだ。誰が怪我について考えることに時間を費やしたいと思うだろうか?もし人生が土曜日の午後に肘掛け椅子で過ごすようなものだったら、そんなことを考える必要はないだろう。何か問題が起きたときこそ、応急手当のトレーニングの価値が身にしみるのだ。同じように、もし私たちが、何事にも、誰にでも、大した問題はないと信じているなら、なぜ主が悔い改めについてあれほど多くを語られるのか理解しがたい。しかし、悪が現実に存在するのであれば、すべてが理解できる。その悪いものこそ、主が私たちを救おうとしているものなのだ。だから主は、私たちには主が必要なのだ、主の力が必要なのだ、と何度も語っておられるのだ。「若者は衰え、疲れ、若者は全く倒れるが、主を待ち望む者は力を新たにする」(イザヤ書40:30, 31).

いずれも、人生に対して否定的な見通しを持てということではない。御言葉は、単に困難な時代が現実に存在し、私たちが救われる必要があることを教えるためにあるのではない。御言葉のメッセージは、私たちが主に委ねるなら、主はつらいことがあっても、悪があっても、私たちに喜びを与えてくださるということだ。だから、あなたがたは今、悲しみを持っている。しかし、わたしがあなたがたに再び会うときには、あなたがたの心は喜び、あなたがたの喜びはだれもあなたがたから奪うことはできない」(ヨハネによる福音書16:22). それは単なる高飛車な理想ではない。人生は美しくあるべきだという考え方よりも、ずっと力強いものだ。もし主が、孤独や喪失感といった辛く苦しいことについて語られるとき、それが「現実」であるならば、主が私たちを慰めることができると約束されるときも、主は「現実」なのかもしれない。

世界の多くは、宗教はますます無意味になっていると考えているようだ。宗教は私たちを何一つ癒していない、だから人類は宗教を捨てることができる。しかし、これは逆だ。世界が癒しを必要としているからこそ、御言葉の教えは適切なのだ。この癒しは、私たちが自分自身のためだけに求めるものではなく、勇気があれば分かち合うことができるものなのだ。勇気があれば、分かち合うことができる。単に "面白い "ものとして宗教を指さすべきではない。私たちは、人生における最も現実的なこと、すなわち葛藤や悲しみ、そしてそれらを超越する喜びについて話しているのだ。

성경

 

ヨハネによる福音書 16:22

공부

       

22 このように、あなたがたにも今は不安がある。しかし、わたしは再びあなたがたと会うであろう。そして、あなたがたの心は喜びに満たされるであろう。その喜びをあなたがたから取り去る者はいない。