経路 > 物事を理解する > 時間を通しての人と神

時間を通しての人と神

人類は進化し変化しています。神はそうではありませんが、神の導きを受け取る私たちの能力は、そのように見えます。聖書の物語は、宗教意識のさまざまな状態、つまりアダムとイブからノア、アブラハム、そしてキリスト教会までの「教会」について説明しています。


教会は建物ではありません

人類の歴史は、一連の「教会」、つまり霊的な考え方の変遷と見ることができます。幕屋や神殿や聖堂ではなく、神を理解し、神の意志を実行しようとする方法です。

5つの教会

人類の宗教の歴史は、大きく分けて5つの段階を経てきたと考えられる。

古代の教会

古代の教会...それは何を指しているのですか?

イエスについての預言

クリスチャンにとって、クリスマスの時期は一年のうちで最も神聖で、最も楽しい祝祭の一つです。でも、「なぜクリスマスなのか」についてはよくわからないという人もいるでしょう。

主の降臨の予言

メシア。救い主。何百年、何千年もの間、人々は主の誕生を待ち望んでいました。なぜか?

再臨

"主の到来は、書簡にあるように、主が再び世に現れることではなく、すべての人の内に主が存在することにある。"(アルカナ・コエレスティア3900、エマニュエル・スウェデンボリ)

言論の自由。思想の自由。自由な宗教。

多くの人々がこれらのことについて考えています。聖書はそれらについてどのように語っているのでしょうか?

自由または自由意志

自由とは何か?私たちが知る限り、少なくともこの宇宙では、私たちの自由度はかなり新しいものです。

神(主)について

神とはどのような存在なのか?どんな存在が宇宙を創造し、維持することができるのか?原子からパーセクまで。何十億年ものあいだ。そして......なぜ?

人間の学部または能力

「創造主から授かったもの」-新キリスト教思想では、精神的自由と合理性という2つの能力を備えている。

なぜキリスト教?

ナザレのイエスの誕生、生涯、宣教、死、そして復活はどうなったのだろうか。旧約聖書で何度もその到来が預言されていたメシア、キリストだったのでしょうか?

内部と外部

私たち一人ひとりが、内なる「自分」と外なる「自分」を持っているというのは、特に画期的なことではありません。私たちは皆、自分の考えや感情は自分の「内側」にあり、自分の身体や行動は自分の「外側」にあるという感覚を自然に持っているのです。

摂理

神はどのように宇宙を動かしているのか?

先見性

主は、人の心が悪に向かうか、善に向かうかを見抜かれます。悪に傾いているとき、主はその人がそれを認識し、霊的な自由を保ったまま、自らその道から離れることができるような状況を与えてくださいます。

意志と理解

私たち人間は、自分が望んでいることと、自分が知っていることとの間で、常に葛藤に陥っているのです。パイを1つ余分に食べたい、でも食べ過ぎは体に悪いとわかっている......。

許可

なぜ主は悪いことが起こるのを許されるのでしょうか。それが今回のテーマです。

息子

キリスト教会の始まり以来、クリスチャンはイエス・キリストの本質をめぐって困惑してきた。 イエス・キリストとしての肉体を持つ主は、聖書の中で頻繁に神の子、人の子として言及され、時にはマリアの子として言及されることもあります。 このテーマについて、新キリスト教の考え方はどうなっているのでしょうか?

主についての最も重要な教え

当たり前のことかもしれませんが...人生、宇宙、そしてすべてを本当に理解するために重要なことの一つは(ダグラス・アダムスに脱帽)、神の本質について一生懸命考え、できる限り学ぶことです。ここに、あなたの思考に拍車をかけるリストがあります。

自由と責任

アメリカの建国者たちは、人民による政治は、人民が徳の高い人々でなければうまくいかないことを知っていた。