解説

 

私たちは主を描くべきでしょうか?もしそうなら、どのように?

作者: Rev. Dan Goodenough (機械翻訳された 日本語)

{{en|Walking on Water}}

目に見える一つの神

なぜ私たちは主の心象風景を持つべきなのでしょうか?なぜキリスト教以前の人々はエホバの絵を描かないことが重要だったのでしょうか。その後,主の誕生によって,それは変わったようです。では,なぜ私たちは共感できる心象風景を必要とするのでしょうか。

キリスト教以前の人々は、人間としての神についてさまざまな、そしてしばしば単純な考えを持っていましたが、当時の多くの人々は偶像崇拝の傾向も強かったのです。彼らは彫像、金の子牛、ダゴン、その他多くの神々を崇拝していました。ラケルはラバンの家を出るとき、「家の神々」を一緒に連れて行った(創世記31:30-35)

十戒では、「彫られた像、あるいは何かに似たもの」を禁じている。「あなたはそれらにひれ伏し、仕えてはならない...」。(出エジプト記20:4-5)

モーセが神の栄光を見たいと言ったとき、「あなたは私の顔を見ることができない。人は私を見て生きることはできない」と言われた。(出エジプト記33:20). しかし、YHWHはモーセを岩の裂け目に置き、その掌で彼を守り、その栄光をもってモーセのそばを通り過ぎた。モーセはその背を見たが、顔は見なかった。(出エジプト記33:21-23)

モーセは様々な場面で人間と同じように神と議論し、旧約聖書ではYHWHが天使を通して人間の言葉で語ることが多かった。しかし、人々は神自身の姿と呼べるような形で神を見たわけではありません。少数の人々は、神の代弁者であるYHWHの天使を見たのです。彼らは神を人間として見ていたのであって、非人格的な力として見ていたのではありません。そして 1 列王記上22:13-23 預言者ミカヤは、YHWHが「御座に座り、天のすべての軍勢がその右手と左手に立っておられる」のを見たと述べています。YHWHはこの集まりで、アハブに「ラモス・ギレアドで倒れるように」説得する方法を尋ねました。議論の末、ある霊がアハブに嘘のメッセージを伝えることが許されたようです。ミカヤと他の人々は、明らかにYHWHをある種の人間的な神と見なしていました。

しかし、キリスト教以前のイスラエル人は、全体として、唯一の神の目に見える形については、ほとんど考えていませんでした。YHWHは遠く、目に見えず、変わりやすく、どこか恣意的であるように思えたのです。YHWHは創造主であり、律法学者であり、従順を要求し、従順な者には良い報いを、高慢で不従順な者には罰を与える存在でした。もし、神の視覚的イメージが許されていたとしたら、それはどのような絵やイメージだったでしょうか、あるいは、そうすることができたでしょうか。純粋な羊毛のような髪を持ち、白い衣をまとい、燃える炎の玉座に座っている「日の神」の短い描写のようなものかもしれません。(ダニエル書7:9) キリスト教以前の人々にとって、神が実際に人間の姿で地上に現れる前の、受け入れがたい神像を想像するのは難しい。

しかし、神の子としてこの世に生まれ、その人間の心(と体)を徐々に神格化していったとき、これは完全に変わりました。そして、その人間のすべての性質に(魂からの)神聖な愛がもたらされ、敵を愛するようにさえなったのです。彼は、私たちが住むこの自然時空の平面で生活しながら、人間の神聖な生まれ変わりを経験し、それを「栄光化」しました。彼は地上で肉体を持ったYHWHとなり、すべての人に見えるようになりました。彼の生涯は4つの福音書に記録され、数多くの教え、癒し、奇跡、そして本物の愛で他者を扱いながら、悪をありのままに扱った数多くの例が記されています。地上のイエス・キリストの中に神ご自身を見ることは、私たちが信頼し、礼拝できる神の真の姿とイメージを与えるものでもあります。写真や肖像画は、偶像崇拝に逆戻りする可能性があります。しかし、芸術家たちによる多くの、多くの写真や映像は、福音書から私たちが知っていること、つまり、自然の姿の中にある神の生きた姿、人間の姿をした神の愛としてのイエスを示しているのです。

私たちはイエスを神の顔として描くように招かれているのです。イエスはピリポに言われました。「ピリポ、わたしはこんなに長くあなたと一緒にいたのに、まだわたしを知らないのだろうか。私を見た者は父を見たのであって、どうして『父を見せてください』と言うことができるのか。わたしが父の中におり、父がわたしの中におられることを信じないのですか」(ヨハネによる福音書14:9-10; およびヨハネの他の節を参照。 天界の秘義10579.)

ヘブル書の著者は、イエスを「(神の)栄光の輝き、その実体の表象であり、その力のことばによって万物を支えている」と呼んでいます。(ヘブライ人への手紙1:3)

パウロは、主を "見えない神の像... "と呼んでいます。(コロサイの信徒への手紙1:15) "なぜなら、彼の中には、神性のすべてのものが肉体的に宿っているからである。"(コロサイの信徒への手紙2:9)

"それは、暗闇から光を放つように命じた神が、イエス・キリストの御顔にある神の栄光を知る光を与えるために、私たちの心を照らしてくださったからです。"とあります。(2 コリントの信徒への手紙4:6)

"神性の神秘は偉大である。神は肉において現われた......」。(1 テモテ3:16)

このように、イエス・キリストが私たちに神を示すこと、私たちがイエス・キリストの中に神を見ることを明らかにしている。

YHWHの神が地上の生きた人間の中に見えるということは、かつてなかったことで、私たちは本物の愛を持った人間の姿で神を描き、見て、理解することができるようになったのです。偶像崇拝の危険性は、例えば、一部のキリスト教徒に見られる像や宗教的慣習、行列など、いくつか残っています。しかし、主の教えそのもの(旧約聖書と新約聖書、そして天の教典に非常に多い)は、イメージを中心とした過度の外的崇拝を戒めています。芸術家たちは非常に多くの主の視覚的イメージを生み出しており、私たちは一つのイメージに集中することなく、すべての人に神の愛に満ちた人間性を感じることができるのである。

しかし、キリスト教以前の人々はどうだったのだろうか。彼らは精神的な孤児になったのだろうか。彼らの教会は代表的な教会であり、天国への道、再生への道は、イエス・キリストが開いた道とはいささか異なっていた。彼らは、主が地上に来られた後に可能となった霊的な光を享受することはなく、福音書にある、すべての隣人に対する善意という生きた絵を知りませんでした。しかし、多くの人々は確かに天国へ行き、霊的な天の王国を形成しました。最も古い教会の人々は特に無邪気で善良で、今ほどではないにしろ、神に近い存在でした。そして、主の到来以来、これらの先住者たちは、イザヤ書に予言されているように、神とより完全で明確なつながりを持つようになったのである。「月の光は太陽の光のようになり、太陽の光は七日の光のように七倍になる。(イザヤ書30:26)

真のキリスト教109 は、キリスト教がいかに深遠で根本的な精神的変化をもたらしたかを語っている。しかし、キリスト教以前の人々には、宗教を通して、天国に導かれる機会が十分にありました。彼らの天界の光、生命、用途はもっと限られていましたが、主の初臨と再臨以来、今では大きく発展しています。主が人間の誕生によって来られる前の数世紀に人間の生活が悪化するにつれて、悪が増殖し、地上の摂理的な霊的バランスと自由な選択をほとんど破壊しました(古代史、例えばシーザーの生涯と戦争に証明されているように)。このような霊的な崩壊が広がったのは、古代の代表的な御言葉と教会が十分な真理と神に対する理解を提供しなかったからです。そこで主は、地獄に対する主の力と支配を回復し、主の愛と光を地上に降ろし、最初は主(イエス)自身の自然な心で-それ以降は地上の人間にも、また全天のために光を輝かせるために、地上に来られたのである。

最後に、新キリスト教会の非常に強い、感動的な目標を紹介します。

目に見える唯一の神を崇拝し、その中に魂が肉体の中にあるように、目に見えない神がある......」。目に見えない神と結合することは、その果てが見えない宇宙を目がとらえるようなものであり、あるいは、大洋の真ん中で見るようなものである。しかし、見える神との結合は、空や海の上で人が両手を広げ、すべての人をその腕に誘うのを見るようなものである。"(真のキリスト教787)

スウェーデンボルグの著作から

 

真(ほんとう)のキリスト教#109

この節の研究

  
/ 853に移動  
  

109. まとめ

主の到来 adventus Domini 以前の教会は、全て表象の教会 ecclesiae repraesentativae で、神の真理も、陰のもとでしか、見ていない状態でした。ところが、主がこの世に来られ、主によって教会が創立されましたが、ここでは神の真理を見るだけでなく、光のもとで見ることができるようになりました。その違いは、夕方と朝のようです。主の到来以前の教会の状態は、〈みことば〉では「夕方」と言われ、主の到来後の教会の状態は、「朝」と言われます。

主は、この世に来られる前、教会に属する人にとっては現存されていましたが、ご自分を代表する天使たちを通しての間接的現存でした。この世に来られてからは、教会に属する人にたいし、直接に現存されています。というのは、主はこの世にあって、神的自然性 Divinum Naturale も、身に帯びておられるからです。その神的自然性のうちにあって、人々にたいし現存しておられます。

主の栄化とは、主がこの世でおとりになったご自分の人間性の栄化であって、この栄化された主の人間性が神的自然性です。つまり主は、この世で身につけられた肉体の全部を伴って、墓から復活されました。墓には何も残されませんでした。自然の人間性 Humanum Naturale は、最初から最後まで、ご自分に伴って行かれました。だから、ご復活ののち、幽霊を見ていると思っていた弟子たちに、言われています。

「わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしなのだ。さわって見なさい。霊には肉や骨はないが、あなたがたが見る通り、わたしにはある」(ルカ24:3739)

以上で、主の自然的肉体は、栄化によって神のものとなったことが分かります。だからパウロも言っています、

「キリストにこそ、満ちみちているいっさいの神性が、肉体をとって宿っている」(コロサイ2:9)と。また、ヨハネも、

「神のみ子イエス・キリストは、ほんとうの神である」(Ⅰヨハネ5:20)と言っています。全霊界では、主おひとりが、完全な意味での人間 plenus Homo であることを、天使たちは、わきまえているのです。

(2) 教会内では周知のことですが、イスラエル人とユダヤ人のもっていた信心は、単に外面的なもので、主がやがてお開きになる内面の信心を覆い隠していました。このような信心は、主の到来の前にあって、それなりに正しい姿で本当の信心を表わす以前の型(かた)・前兆のようなものです。主ご自身、古代人にお現れになりました。というのは、ユダヤ人にたいして、

「あなたがたの父アブラハムは、わたしのこの日を見ようとして楽しんでいた。そしてそれを見て喜んだ。・・・あなたがたに言っておく。アブラハムの生まれる前から、わたしはいるのである」(ヨハネ8:5658)と言っておられます。

これは、天使たちを通して行われたことです。ただしそのときは、単に表象として表わされました。そのため、かれらの教会は、どれもこれも表象の教会になりました。

主がこの世にこられたあと、そのような表象は姿を消しました。その内的根拠はこうです。すなわち、この世にあって主は、神的自然性 Divinum Naturale を身につけられましたが、それは内部の霊的人間だけでなく、外部の自然的人間も、身につけられたということです。この二つが同時に示されたということは、それなくしては、人間は陰のうちにあるのと同じで、両方が同時に示されたことによって、ま昼の光に照らされたわけです。

内部の人間だけで、外部が同時に示されなかったとしたらどうでしょう。また、外部の人間だけで、内部が同時に示されなかったとしたら、どうでしょう。眠って夢を見ているようで、めざめても、夢をかき集めているような感じです。そこからいろいろな想像の産物がうまれます。それはまた、夢の中で歩いている人のようで、何かを見ても、それをま昼の光のなかで見ていると、思い違いをします。

(3) 主がこの世に来られる前の教会と、そのあとの教会とでは、月や星の光で、夜書物を読む人と、太陽の光で書物を読む人くらいに、その状態が違います。前者の場合、ただ青白い光だけで、視線がさまようのにたいし、後者の場合は、燃えるような光ですから、誤ることがなく、はっきりしています。主については、次のように記されています、

「イスラエルの神は語られた、イスラエルの岩はわたしに言われた、『・・・朝の光のように、雲のない朝に、輝きでる太陽のようだ』と」(サムエル下23:34)

「イスラエルの神」とか「イスラエルの岩」とかは、主のことです。その他の箇所にもあります。

「エホバが、その民の打たれた傷をいやされる日には、月の光は、日の光のようになり、日の光は七倍となり、七つの日の光のようになる」(イザヤ30:26)。

このように言われているのは、主の到来後の教会の状態のことです。一口に言うと、主の到来前の教会は、顔に厚化粧をし、見せかけのあでやかさで、美しく見える老婦人のようですが、主の到来後の教会は、その状態が生来の美しさを表わしている乙女(おとめ)のようです。また、主の到来前の教会の状態が、ミカン、リンゴ、ナシ、ブドウなどの果物の皮か、その味に例えられるのにたいし、到来後の教会の状態は、果物の中身と、その味に例えられます。その他これに類することが言えます。

主が神的自然性を身にまとわれてからは、内部にある霊的人間性と、外部にある自然的人間性の両方を、同時に表わされたことが、以上ではっきりしました。人間の内部 internus homo が、共に外部を表わしていないと、陰でしかないものになります。それは、外部が内部を表わしていない場合も同様です。

  
/ 853に移動  
  

Many thanks to Arcana Press for their permission to use this translation online.