イエスが神であることについての聖書の記述

        | による Rev. John Odhner (機械翻訳された 日本語)

This painting by Richard Cook  of the newborn baby Jesus, with Mary and Joseph, evokes the spiritual power of this long-awaited advent.

クリスチャンに "聖書の中で唯一最も重要な教えは何か?"と尋ねてみてください。彼らは、"神は唯一である "と答えることができるはずです。

これは実際、イエス・キリスト自身が出した答えでもあります。ある人がイエス・キリストに「最も重要な戒めは何ですか」と尋ねました。

イエスはこのように答え始めました。

"第一は、『イスラエルよ、聞け。われわれの神、主は唯一である...」"(マルコによる福音書12:20-32)

この質問をした人は、その答えに驚きませんでした。唯一の主を愛するというこの戒めは、自分たちの心に書かれ、子供たちに教えられ、家でも旅先でも、朝夕に話し合われるべきものだと知っていたからだ。(申命記6:4-7また、十戒の第一の戒めが「他の神を持ってはならない」であることも知っていました(出エジプト記20:3)

聖書は何度も繰り返し、神の一体性を強調しています。

"あなたは神であり、あなただけです。"(列王記下19:15)

"私のそばには神はいない"(申命記32:39)

"私はエホバ(ヤハウェ)であり、他にはいない"(イザヤ書45:5)

"私の栄光は他の者に渡さない"(イザヤ書42:8, 48:11)

神について考えるときには、神の統一性が中心とならなければならないことがよくわかります。

イエス・キリストの誕生、人生、そして復活は、これに対する挑戦であると思われるかもしれません。唯一の神ご自身がこの地上に来られたのでしょうか?それとも、イエスは他の誰かだったのでしょうか?

キリスト教徒の中には、唯一神は3つの等しい永遠の人格からなるという考えを受け入れている人もいます。また、イエスは神ではなく、神の子、あるいは他の人と同じ「神の子」に過ぎないと言う人もいます。

私たちは、イエスについて語られていることと、唯一神エホバについて語られていることとを比較することによって、イエスがどのような方であり、またどのような方であるかをよりよく理解することができます。下の表は、「エホバ」と「イエス」が一人の神の2つの名前であることを示すいくつかの箇所をまとめたものです。




私たちの救い主
エホバ:「私のほかには救い主はいない」-。 イザヤ書43:3,10; 45:21,22; 60:16; 49:26

ジーザス「世界の救い主」-。 ヨハネの手紙一4; ルカによる福音書2:11; テモテへの手紙二1; テトスへの手紙2:13; ペトロへの手紙二1:1



私たちの救い主
エホバ:「私たちの贖い主については、その名は宿主のエホバである」-。 エレミヤ50:34, イザヤ書47:4.

イエスよ。"キリストが私たちを贖ってくれた"-。 ガラテヤの信徒への手紙3:13; ヨハネの黙示録5:9; テトスへの手紙2:14; ルカによる福音書24:21.



私たちの創造主

エホバ:「私は、万物を作るエホバである...ひとりで、自分自身で」-。 イザヤ書44:24

イエス様です。"万物は彼によって作られた"-。 ヨハネによる福音書1:3すべては彼によって創られた」-。 コロサイの信徒への手紙1:16










私たちの生命の源について

エホバ:「彼はすべての人に命を与える」-。 使徒言行録17:25"He is your life "という言葉があります。 申命記3:20, 32:39



イエスは"彼は世界に命を与える"-。 ヨハネによる福音書6:33私は人生だ」-。 ヨハネによる福音書14:6; 11:25; 6:27-47










私たちの父

エホバ:「私たちの父エホバ」-。 イザヤ書63:16; 64:8;

イエス"永遠の父" - イザヤ書9:6



The I AM

エホバ:「私は私を遣わした」-。 出エジプト記3:14.(エホバ(またはヤハウェ)は "彼はある "という意味です。

イエスは"アブラハムが存在する前に、私は存在する"-。 ヨハネによる福音書8:58今も昔も、そしてこれからも。 ヨハネの黙示録1:8



ロード・オブ・ロード

エホバです。 申命記10:17

ジーザス ヨハネの黙示録17:14



Our Shepherd(私たちの羊飼い

エホバ:「エホバは私の羊飼い」-。 詩編23:1; イザヤ書40:11



イエスよ。"私は良い羊飼い"-。 ヨハネによる福音書10:11



全能の人
エホバ:「全能の神」-。 創世記17:1; 28:3など、「Thine is the power」-。 歴代誌上29:11; マタイによる福音書6:18

ジーザス"全能の人" -。 ヨハネの黙示録1:8マイティー・ゴッド」。 イザヤ書9:6天と地のすべての力を持っておられる」-。 マタイによる福音書28:18.



聖なるもの

エホバ:「あなただけが聖なる者」-。 イザヤ書6:3; "The Holy One" - イザヤ書30:15; 54:5



イエス"聖なる者" - マルコによる福音書1:24; ルカによる福音書4:34; 使徒言行録3:14



私たちの光

エホバ:「エホバは私の光」-。 詩編27:1; イザヤ書60:20

イエス。世の光」-。 ヨハネによる福音書8:12; 1:9



私のロック

エホバ:「彼のみが私の岩」-。 詩編62:6; 18:2

イエス様です。キリストは岩-1コリント10:4、1ペテロ2:8



私たちの王
エホバ:「エホバは永遠に王である」-。 詩編10:16



ジーザス"King of Kings" - ヨハネの黙示録17:14; マタイによる福音書21:5



最初で最後の

エホバです。 イザヤ書43:10; 41:4, 48:12;

ジーザス ヨハネの黙示録22:13; 1:8



私たちの希望

エホバ:「エホバ・マイ・ホープ」-。 エレミヤ17:13, 17; 50:7;

イエス"私たちの希望であるイエス・キリスト"-。 テモテへの手紙一1:1



メシアの到来は古くから予告されていました。ほとんどのクリスチャンは、「見よ、処女が身ごもり、子を産む」というような予言をよく知っています。興味深いことに、これらの預言の多くは、神ご自身、つまり唯一の主エホバが地上に来て、ご自分の民と共にあることを語っています。例えば、先ほど引用した箇所には、「その名は、『共にある神』と呼ばれるであろう」と書かれています。(イザヤ書7:14)

別の箇所では、生まれてくる子は「力ある神、永遠の父」であると宣言しています。(イザヤ書9:6)

また、バプテスマのヨハネがイエスの到来を告げていたとき、彼は次のような予言を引用しました。

"エホバの道を整えよ。""砂漠にわが神のための道をまっすぐにせよ。"この箇所はさらに、「エホバの栄光が現われ...」と続いています。ユダの町々に、『あなたの神を見よ!』と言いなさい。見よ,主エホバは来る。"(イザヤ書40:3,5,10; ルカによる福音書3:4)

人々は唯一神の到来を祈った。"エホバよ、あなたの天を曲げて、降りてきてください。"(詩編144:5)

彼が来ることは、私たちの喜びの源です。

「その日、『これは我々の神だ。われわれは彼がわれわれを解放してくれるのを待っていた。私たちはその救いを喜び、楽しみにしている』」。(イザヤ書25:9)

だからもちろん、唯一の神がご自分の民と一緒にいたいと思うのは当然のことであり、そうでなければならないのです。"「見よ、わたしは来て、あなたがたの中に住む」と、エホバは言う。"(ゼカリヤ書2:10)

これらの預言は、イエス・キリストが誕生したときに成就した。イエス・キリストにおいて、唯一の神が人類にご自身を現し、共に住まうために来られたのです。そのため、新約聖書には、イエスを唯一の神として示す多くの箇所があります。イエスは真の神と呼ばれています。ヨハネの手紙一5:20)、救世主、(ルカによる福音書2:11; マタイによる福音書1:21)、「God With Us.(マタイによる福音書1:23)

賢者たちは預言を知っていたので、イエスを自分たちの王であり、神であると認め、やって来てイエスを礼拝しました。(マタイによる福音書2:2, 11)

天使たちは皆、彼の誕生を崇拝した。(ヘブライ人への手紙1:6)

イエス様は、ご自身のことを、この世に命を与えるために天から降りてこられた方だと語り、ご自身が唯一の神であることを確認されました(ヨハネによる福音書6:33, 38と言われ、「私を見た者は父を見た」と言われました。ヨハネによる福音書14:9)、"私と私の父は一つである"。(ヨハネによる福音書10:30)

これらの多くの箇所は、イエスとエホバが一つの神の人格であることを示していますが、父と子が区別されていることを示す箇所もあります。私たちは、一つの箇所だけを見て、聖書や神を完全に理解することはできません。そうではなく、すべての教えを調和させ、統合する方法が必要なのです。

そのためには、イエスが生まれてから復活するまでの間に変化したという事実を心に留めておくとよいでしょう。ここでは、その過程について言及している聖句をいくつか紹介します。

知恵と背丈とが増した」。(ルカによる福音書2:52)

ルカによる福音書4:1-13そこには、イエスが受けたいくつかの誘惑についての記述があります。

彼はまだ栄光を得ていなかったので、以下のように ヨハネによる福音書12:28.

しかし、主の栄光に入らなければならなかった(ルカによる福音書24:26)を度数で表しています。 (ヨハネによる福音書7:39)

復活する前は、エホバとイエスの結合がまだ完全ではなかったので、イエスは「わたしは父のもとに行きます。(ヨハネによる福音書14:28; 16:16)

この仕事が終わってからですね(ヨハネによる福音書19:30)で、「天と地のすべての力が私に与えられた」と言うことができました。(マタイによる福音書28:18)

ベツレヘムでマリアのもとに赤ん坊として生まれたとき、神は人間の形をとった。人間の体だけでなく、より外的なレベルでの人間の心も持った。神がこのようなことをされたのにはいくつかの理由がありますが、最も重要な理由は、人々が贖われることができる新しい方法を創造するためです。

イエスは地上での生活の中で、自分が身につけた人間的な要素を輝かせるプロセスを経て、人間が神になったのです。イエスは意図的に混合物となり、それを徐々に浄化していったのです。このことは、イエスがしばしば "神の子 "と呼ばれた理由を説明するのに役立ちます。

イエスの心と体の人間的な部分が完全に神の物質に変えられたのは、イエスの人生の最後になってからでした。ですから、ある意味では、イエスは神の子であり、徐々にエホバと一体となり、完全に神となったのです。

一般的に、御言葉の中で父と子を区別している箇所は、二人の人間の間に存在するような関係を記述しているのではなく、魂と肉体の間に存在するような関係を記述しています。例えば、イエスはこう言った。

「私があなたがたに語る言葉は、私自身のために語るのではなく、私のうちに宿っておられる父がその働きをなさるのです。(ヨハネによる福音書14:10)

人が人の中に宿るという言い方はしませんが、魂が肉体の中に宿る、この場合は、無限の神の魂がイエス・キリストの中に宿ると考えると、納得がいきます。ですから、キリストは「目に見えない神の像」と呼ばれています(コロサイの信徒への手紙1:15; コリントの信徒への手紙二4:4)と「神の形」(フィリピの信徒への手紙2:6)

パウロが言ったように、私たちは「イエス・キリストの顔にある神の栄光」を見ます(コリントの信徒への手紙二4:6)であり、「この方の中に神格の完全な体がすべて宿っている」。(コロサイの信徒への手紙2:9)

他の箇所でも同じような関係が書かれています。

ヨハネは言いました。

"いつでも神を見た者はいない。父の懐におられる独り子が、神を現したのである。"(ヨハネによる福音書1:18)

ディヴァイン・ソウルは(人間の魂のように)目に見えません。

"あなた方は、いつでも彼の声を聞くことも、彼の姿を見ることもできない。"(ヨハネによる福音書5:37; 6:46)

しかし、イエスの中では、その魂が自分の体のように現れている。人の魂とのコミュニケーションは、その人の体によってのみ行われるので、イエスは、"わたしによらなければ、だれも父のもとに来ることはできない "と言った。(ヨハネによる福音書14:6)

イエスが生まれた当時、人間の発達段階においては、主の教えによって新たにもたらされた神の真理、すなわち御言葉が必要でした。また、私たちは、主の神聖な人間としての姿を必要としていました。それは、主が親しみやすく、理解しやすく、私たちが関係を持てる人になるからです。私たちがその関係の扉を開くとき、私たちは宇宙の唯一の神に近づくことができます。神は、ご自身の愛と正義と慈悲に満ちた人間の姿で私たちに知らせるために地上に来られました。