イースターで実際に何が起こったのですか?      

による New Christian Bible Study Staff (機械翻訳された 日本語)

視聴中にブラウジングを続けるには、新しいウィンドウでビデオを再生して下さい。

This video is a product of the Swedenborg Foundation. Follow these links for further information and other videos: www.facebook.com/offthelefteye and www.Swedenborg.com

視聴中にブラウジングを続けるには、新しいウィンドウでビデオを再生して下さい。

This video is a product of the Swedenborg Foundation. Follow these links for further information and other videos: www.facebook.com/offthelefteye and www.Swedenborg.com

視聴中にブラウジングを続けるには、新しいウィンドウでビデオを再生して下さい。

This video is a product of the Swedenborg Foundation. Follow these links for further information and other videos: www.facebook.com/offthelefteye and www.Swedenborg.com

新教会は復活祭について何を教えているのでしょうか?短い質問ですが、それは大きなネットワークでつながったアイデアを含んでいます。一口では正しく答えられませんので、ご了承ください。

第一に、私たちは、私たちの物理的な宇宙を含むすべてのものを創造し、維持する神-ただ一人の神-を信じています。

神は愛そのものであり、知恵そのものであると信じています。自分以外の人を愛したい、相手を幸せにしたい、相手と結ばれたいと思うのが愛の本質です。愛を実現するための手段、ノウハウを提供するのが知恵の本質です。

神は、神の愛の核から行動し、神の叡智を用いて、宇宙を創造し(ビッグバン?彼の創造的な摂理によって、生命は地球上で始まりました。何百万年もの歳月をかけて、それは次第に複雑な生命体へと進化し、やがて神は霊的真理を理解できる理性的な心を持った人間の育成をもたらすことができるようになりました。その真理を通して、人々は隣人として互いに愛し合い、神を愛し、神の道を歩み、神の愛と知恵を受け、神と結びつくことができるようになるのです。

それは神の摂理の一部であり、私たちが自分の状態に合わせた真理を受け取ることができるように、私たちとコミュニケーションをとる方法を常に開いておくことです。神は初期の人間とはより直接的な意識を通してコミュニケーションをとっていましたが、人間がより外面的になってくると、神は何人かの人を預言者、つまり啓示者として使い、神の真理を書き留め、それを他の人に伝えるようにしました。これらの啓示の中には、人間の基準では非常に古いものもあります。モーセの書物の中には、それ自体が35000年前のものかもしれませんが、モーセは「エホバの戦い」、「アナンシー」、「ジャッシャーの書」など、古代の言葉の一部を形成していた、さらに古い書物について言及しています。

イエス・キリストが生まれる前の時代には、古代の御言葉の真理は堕落していたり、大部分が忘れ去られていて、多神教や偶像崇拝が蔓延していました。イスラエルの子らの12部族のうち、10部族は分散し、周囲の文化に飲み込まれてしまいました。エルサレムとその周辺では、ユダヤ教会はまだ旧約聖書を保存し、忠実な人々はその教義を守っていましたが、ユダヤ教の中でも、外面的な礼拝の一部は空洞化していました。それでも素朴な善良な人々の中には、主の新しい真理を喜んで受け取る者がいた--マリア、ヨセフ、エリザベト、ザカリヤ、アンナ、シメオン、そして後の使徒たち--そして、イエスが真理を説くのを聞き、イエスに癒されるために集まってくる大群衆がいたのです。

新教会は、イエス・キリストが神ご自身であり、私たちの間に住むことができるように人間の体をとって、私たちがそれに従うことができるように必要な本質的な真理を教え、それによって私たちの心を開いて、イエスの愛を受け取り、伝えることができるようにしてくださったことを教えています。

また、彼が私たちを贖う方法の一部は、その誘惑性を持った人間の遺伝を引き受けることで、悪と直接戦うことができたと考えています。悪はどこから来ていたのか?人には不滅の魂があると信じています。私たちの肉体が死ぬと、私たちは霊的な世界で生き続けます。その世界では、自分が善人でないと善人のふりをすることはできません。そして、私たちは同じ志を持った人たちに惹かれていきますが、それは現世の私たちと同じように、視界がはっきりしていることを除いては同じです。もし私たちが根本的に自分自身よりも隣人や神を愛するならば、私たちは友好的で隣人的な社会を作ることができるでしょう。もし私たちが根本的に「ナンバーワン」に気を配るならば、私たちの社会は厄介な方に向かってしまい、地獄のような場所を形成してしまいます。神は地獄を創造したわけではありませんが、私たちに善良であることを強制したわけではありません。だから、神は私たちが自分たちのために地獄を創造することを許可しているのです。悪人が力を持っているときに、私たちは地上でもそれをすることができます。ナチス・ドイツは、あまりにも多くの他の例の中で、このことの極めて明確な例の一つでした。

さて、新教会では、多くの人がそうであるように、霊的な世界と自然界との間には関係があり、私たちは霊的な影響を受けていると信じています。よく知られている守護天使のイメージは、実は霊的な事実にある程度の根拠があり、片方の肩に天使、もう片方の肩に悪魔というイメージも、考えていて心地良い以上に現実的なものなのです。

私たちは生きているうちに、悪いことをするように誘惑されます。これらの誘惑は、霊的な世界の悪人たちから私たちの中に流れ込んできます。物事の正常な順序では、この悪の力は、天からのバランスの取れた流入によって抑えられています。主の誕生の時には、そのバランスは不安定で、地獄が強すぎて、悪が影響力を持ちすぎていました。新約聖書の物語の中で、イエスと弟子たちが悪魔に憑かれた人々を癒している場面が多く見られます。

主の使命の一部は、地獄の影響力を抑えることでした。主は、自分自身がマリアから受け継いだ人間を通して誘惑されることを許し、それぞれの誘惑に順番に勝利して、それぞれの地獄社会の力を抑えることによって、これを行いました。新約聖書の物語では、荒野で悪魔に誘惑された時、ゲッセマネの園で誘惑された時、十字架の上で誘惑された時など、いくつかの誘惑を見ることができます。しかし、彼はそれぞれの誘惑に打ち勝ち、最後の誘惑では、自分の使命が成功したのかどうかを疑うような誘惑にも打ち勝ちました。

では、イースターには何があったのでしょうか?

受肉した神はイエス・キリストとして地上に来られ、旧約聖書の予言をすべて成就されました。彼は、生涯にわたる一連の誘惑を通して、地獄の力と戦い、それを抑え、人々が自由に人生の道を選択できるようにバランスを回復されました。彼は、私たちが必要とする新しい真理を教えてくれました。それによって、私たちが望むならば、善人になる方法を学ぶことができます。彼は新しいコミュニケーションのチャンネルを開きました。私たちは今、人間の形をした神の姿を想像することができます。

十字架刑は、悪に打ち勝つ人生のクライマックスの誘惑であり、勝利でした。主がマリアから受けた人間の体は、神の実体に変換されて栄光を受けたのです。だからこそ、石が転がされた復活祭の日曜日には墓の中にはなかったのです。

復活祭の後、主はまだ信者たちに現れることができましたが、彼らは霊的な目を開いて主を見ていました。彼らは主の後を追ってガリラヤに行き、主が天に昇るのを目撃しました。そして、彼らは世界中に広がり、彼が教えた真理を教え、模範を示して指導したため、キリスト教は世界最大の宗教となりました。

キリスト教が広まるにつれ、誤った考えが入り込んできました。ここでは、これらの偽りと闘うための、私たちの信仰の重要なポイントをいくつか紹介します。

- 私たちは、イエス様が神とは別人であったとは信じていません。彼は神でした。

- 人類の罪を神に償うために 十字架の上で犠牲になったとは信じていない彼は神であったのです。その代わりに、十字架につけられることを許したのは、そうすることによって、肉体の死でさえも最終的なものではないこと、つまり、善と真理を支配する力を本当に持っているものではないことを示すことができたからです。彼の復活が重要な出来事でした。

私たちは、マリアは善人であったと信じていますが、完全であったわけではなく、また、罪のない人として生まれたわけでもありません。彼女が主の母に選ばれたのは、ヨセフのように、主の御心に従う素朴で善良な人々の一部であり、その信仰によって主の使命を成就させることができるからです。しかし、マリアを通した遺伝は、イエスを誘惑に駆り立てる悪への通常の傾向を含んでおり、それは計画の必要な部分でした。

また、私たちが偽物だと思っていても、私たちの文化の中で通用する非キリスト教的な考えもあります。ここでは、私たちの信念の中で重要なポイントをいくつかご紹介します。

- 私たちは、イエス・キリストがマグダラのマリアとのロマンスを持っていたか、結婚したことを信じていません。

- 私たちは、イエス・キリストが単に良い教師や模範的な性格の人であっただけで、後に弟子たちによって神格化されたとは考えていません。

- 私たちは、イエス・キリストが歴史上の人物として存在し、神の化身であり、福音書には私たちが生きるべき本質的な真理が含まれていると信じています。


翻訳: