今年の門

      による Rev. Emily Jane Lemole (機械翻訳された 日本語)

"私は年の門に立っていた男に言った" "私に光を与えてください" "私が未知の世界を安全に歩けるように

そして彼は答えた、『暗闇の中に出て、神の手に手を合わせなさい。それは光よりも優れたものであり、既知の道よりも安全である。

私は出て行って神の御手を見つけ 夜の中を喜んで歩いたそして神は私を丘の方へと導き 孤独な東の日が暮れるのを待っていた"

ミニー・ルイーズ・ハスキンズ 著
---

エミリー・ジェーン・レモール牧師の説教より

朗読です。

イザヤ書26:1-4, 42:5-8
マタイによる福音書7:7-14
ヨハネの黙示録22:14
天界の秘義2851

私たちは年の門に立っています。様々な意味で未知の世界への入り口です。"私に光を与えてください 私が未知の世界を安全に踏むことができるように"

私たちは御言葉と御文の中から、門についての多くの箇所を読みます。門は、内側にあるものと外側にあるものの間のつながりを提供します。門は、それを開くか閉めるか、中に入るか外に出るかの選択を示唆しています。

閉じた門は、私たちを躊躇させ、立ち止まらせる。このスーフィーの格言では、門は私たちが言うことについて思慮深く、反省を与えてくれます。

話す前に、自分の言葉を3つの門を通過させましょう。
最初の門では、"それは本当か?"と自分に問いかけてください。
2回目の質問では、"それは必要ですか?"と聞いています。
三つ目の門で "親切か?"と聞いてみましょう

この新年をどのように始めるのがベストでしょうか?体重を減らすために、より健康であること、より多くの組織化され、愛する人とより多くの時間を過ごす - 通常の解像度があります。しかし、新しいスタート、新しい始まりのために泣いているより深い解像度や意図があります。

その1:神を生活の中心に置く-主イエス・キリストを一日の始まり、真ん中、そして終わりとして見ること。良い習慣は、一日に何度か祈ることです。見上げて一時停止するという物理的な行為でさえ、イライラして憤慨していた気分を修正の瞬間に変えることができます-私たちが大騒ぎしていることのほとんどを好転させることができます。

"Sub specie aeternitatis "は偉大な思い起こさせてくれます。永遠の縁起物の下で-何が重要なのか?私たちを心配させたり、動揺させたりするものの大部分ではありません。長い目で見れば、神を中心にして、本当に重要なものは明らかになり、重要でないものは減少していきます。

では、私たちはどのようにして神の手に手を合わせるのでしょうか?どのようにして、私たちの心と心の門を、善良で真実、賢く、親切で平和的なすべてのものに開いていくのでしょうか?利己主義、不親切、憤り、恩義、暴力の扉を閉ざすにはどうすればいいのでしょうか?私たちは毎日何をするかによって。

"私たちが何をするにしても、その方法がすべてのことをする方法です "と、フランシスコ会の司祭であるリチャード・ローア神父は言います。

私たちは何に注意を払い、何に時間を割くのか?私たちは何を愛しているのか?

新年は、インベントリ、昨年の反省を取るのに良い時間のようだが、そうではなく、我々は我々が誰になっているとして達成したもの。何が私たちにとって最も重要なのか?私たちの優先順位は何ですか?またはスウェーデンボルグが尋ねるように、我々は何を愛していますか?我々は我々が愛するものであるために

私たちは、それぞれの中に2つのゲートがあることを学びます。

1.天使に囲まれた天国への門は、何が善で何が真実なのかを導く。
2.そして、悪霊に囲まれた地獄への門は、悪と偽りのものに通じています。

これらの門は私たちの中にあります。私たちは選択することができます。何が私たちの選択を決定するのでしょうか?私たちが愛するもの!

毎年、毎週、毎日、一瞬一瞬、私たちは自分が何者であるか、何が私たちに喜びをもたらしてくれるのか、大切な時間をどのように過ごすのかを選択する自由を持っています - 私たちは何を愛しているのか、どのように愛しているのか。

そして、在庫を見て素直に気に入らなければ、悔い改めることができるということを忘れないようにしましょう!向きを変えよう!方向を変えよう!私たちの心を変える!私たちの愛を変える!

私たちの精神的な仲間 - - スウェーデンボルグは、私たちが見ることができないものを説明しています会社は、私たちが維持し、ほとんどの部分では気づいていない。ゲストのように、彼らは招待状で来る。

私たちは霊的なゲストに囲まれていて、私たちの心の状態や心の状態によって招かれています。天国の門からは天使と善霊が、地獄の門からは悪霊や悪霊がやってくるのです。私の高校のラテン語の先生は、これらを「地下室の少年」と呼んでいました。

今日では、悪、罪悪感、悔い改め、地獄などという言葉は流行らなくなっています。これらの用語は時代遅れになっていて、居心地が悪く、私たちが本当に思い出したくないものになっています。しかし、スウェーデンボルグが教えるすべてのものから、これらは精神的な現実である。

悪は非常に生きていると私たちの世界ではよく生きている(1つは、論文を読んだり、テレビを見ている場合)と私たちの一人一人に、いくつかの内省で認識されています!私たちは自分自身の意図や感情を正直に認識するようになったとき、これを知っています!私たちはそれを知っていますか?我々は正直に私たち自身の意図や感情に気づくようになったとき、我々はこれを知っている

悪は、その双子である偽りと一緒に、利己的で、不誠実で、貪欲で、意地悪で、残酷な、神に反するすべてのものです。しかし、悪はまた、欺瞞的な顔をして現れることがあります - 私たちは自分の恨みや恩義、容赦ない姿勢を正当化することができます。罪とは印を見失うことを意味し、印とは神のことです。私たちを神から遠ざけるものはすべて、その印を見落とすことになるのです。

罪悪感-私たちを悔い改めたくさせる非常に必要な感情-ではなく、私たちを悔い改めに導くために-私たちを説得して方向転換させるために!

そして悪霊 - これらは、私たちが私たちの注意を引くために、そして最終的には、私たちの精神的な生活のために戦っていると言われている非常に現実的な霊的な仲間です。私たちは天秤にかけられています。私たちは二つの門の間にいます。

古代の仏教のことわざには次のようなものがあります。誰もが天の門への鍵を与えられ、同じ鍵で地獄の門が開かれる。"大切なのは「何を愛するか」です。

私たちが下すすべての決定は、私たちの前庭(再生されていない意志)を養うか、私たちの「遺物」を養うかのどちらかになります。遺骨は私たちの生まれながらの権利であり、私たちはそこから引き出し、真の思考と善行によって永遠にそれに加えていきます。

ほとんどの新年の決議の第一の焦点は、体重を減らすことですので(と私は必要に応じて、それに対してではありません)、精神的な減量のためにその概念を使用してみましょう - 負の感情の負担を失うことは、批判、苦情、ゴシップ、苛立ち、イライラ、イライラ、簡単に怒られて、怒りの悪い習慣 - 私たちが知っているリストは、上に行くと上に行きます。この減量のためのダイエットは、良い思考、正直な行動、正直な意図です。悪いニュースをオフにして、良いニュースをオンにします。他の人を励ます希望に満ちた楽観主義を支持すること;リターンを見ない親切な行為。

これらのことを考えながら、パウロはピリピの信徒への手紙の中でこう書いています。

"真実なものは何であれ、高貴なものは何であれ、公正なものは何であれ、純粋なものは何であれ、美しいものは何であれ、良い報告は何であれ、徳があり、賞賛に値するものがあるならば、これらのことを瞑想しなさい。" フィリピの信徒への手紙4:8.

そして、魂の健康のこの変換に必要な運動は、スピリチュアルな練習です - 抽象的なものを現実にもたらす運動、私たちが信じていると言うことを行うことです。もしかしたら、今年は霊的な練習を受け入れることができるかもしれません。

- 瞑想
- 祈り
- レクティオ・デヴィナ - 聖典や他の聖典をゆっくりと、目的を持って読む。

私の親愛なる友人は、どのような霊が自分に影響を与えているかを考えて、有害な霊がいたら、その霊を追い払うように主にお願いする習慣をつけています。また、彼女は、良いことが起こったときには、すべての良いことに対して主に感謝する習慣を身につけました。

私たちは天国の門を開くことができます。天使は、私たちが善いこと、真実なこと、主を愛し、互いに愛し合うことで、門を開くことができるようになると、いつでも駆けつけることができます。これらの選択がそれらの門を開きます。

私たちは皆、正しい選択をするためのリマインダーを必要としています。私たちはすぐに忘れてしまい、私たちの時代の大音量のノイズに気を取られています。私たちは、テレビ、ラジオ、私たちのコンピュータ、携帯電話、i-パッドに接続されている - 精神的ではなく、自然なものに浸漬されている世俗的な文化。しかし、私たちが目を背けて神と天の門に向かって振り向くのは不自然です。それは不自然なことです。霊的なものです。ここに私が有用であることを発見したいくつかのリマインダーは、次のとおりです。

主との約束の時間を設定する:毎朝と就寝前は、主のために予約するために一般的に使用される2つの時間です。怒りを感じているときは,思考と視野を上に向けて上げ,門にいる天使に助けを求めましょう。娘の友人の一人から学んだフレーズを試してみてください。祝福して解放してください。祝福と解放を!すべての人とすべてのものの中に神を見るように努めましょう。

醜い状態を通過させてみましょう - 私たちの意見に反対したり、私たちを嫌いな人は、おそらく私たちの最高の精神的な教師であることを覚えて、あなたの敵を祝福します。私たちは、通常、私たちを刺激する行動をミラーリングした応答を、それらに私たちの応答を見ることができます。私たちの敵を愛し、私たちは、私たちの隣人だけでなく、言われています。

思考に気を配る必要があります。

古代ヴェーダから

"思考に気をつけろ、それが言葉になる。
言葉に気をつけろ、それが行動になる。
行動に気をつけろ、それが習慣になる。
習慣に気をつけろ それが性格になる
性格に注意すれば、それが運命となる。"

最も重要なのは、私たちが好きなものを検出することです、それは我々が周りにハングアップし、後で、入力するゲートを決定するために。

新年を迎えるにあたり,聖餐式を行うことは何と縁起の良いことでしょうか。天の御国を第一に求め,最も重要なことを最前面に置くことから始めるには,これ以上に良い方法があるでしょうか。

これはシスター・ジョイス・ルップによる美しい祈りです。

神聖な神秘。
敷居の高いところで待っている
今年の新年度の
門を開ける
そして私に手招きしてください。

(あなたが言う) 「来て!来なさい!」と言う。
あなたを待っているものを恐れてはならない。
未知の地形に入ると
腕に覚えがある
その喜びや悲しみから成長していくために。

私はあなたと一緒にいるからです。
私はあなたのガイドになります。
私はあなたの保護者になります。
"あなたは決して一人ではない"

この新しい年の守護者。
恐怖や心配事、心配事は脇に置いておきます。
私は神秘と美しさに人生を開いています。
おもてなしから質問まで
限りない機会に
私の人間関係の中であなたを発見することを
そして、すべての静かな不思議のさざなみに
私をあなたの心に引き寄せる

私はあなたの確固たるプレゼンスを歓迎します
そして、希望を持って新年を迎えましょう。

---

"闇の中に出て神の手に手を合わせろ"

我々は、我々が取ることになる新年のゲートに立っているように、それは本当に重要です - そのインスピレーションは、我々が従うことになり、その影響力は、我々が誰になっているかを決定する可能性があります。

より 詩編118:19-20:
"義の門を開いてください。
わたしはそこを通って行く。
そして、主をほめたたえよう。
これが主の門である。
"義人が入ることによって"

アーメン!


翻訳: