科学と宗教:対立するかどうか?

      による New Christian Bible Study Staff (機械翻訳された 日本語)
視聴中にブラウジングを続けるには、新しいウィンドウでビデオを再生して下さい。

This video is a product of the Swedenborg Foundation. Follow these links for further information and other videos: www.youtube.com/user/offTheLeftEye and www.Swedenborg.com

This image from the Hubble Space Telescope shows spiral galaxy NGC 3274, a relatively faint galaxy located over 20 million light-years away in the constellation of Leo. We're using to illustrate the cosmic scope of the questions that human beings need to grapple with.

科学が宗教に取って代わって、宗教は時代遅れになって捨てられると考えるのが最近流行っているスタンスですね。

天体物理学や量子力学や遺伝学やバクテリアを理解した今、雷や稲妻をゼウスやトールに当てはめたり、病気を神の意志に当てはめたりする必要はない。いいだろう

しかし、現代の世界文化の中では、「宇宙はどこから来たのか」とか、「人生にポイントや目的はあるのか」とか、本当に大きな疑問について考えることを避けて、かなり満足しているように見えます。

私たちは、存在するすべてのものを感知したり、測定したりすることができないことを科学から知っています。私たちは常に新しいものを発見し続けています。現在の機器では感知できないものは存在しないか、重要ではないと結論づけるのは、本当に近視眼的です。

私たちは、真の宗教と真の科学の間に対立が生じることは全くないと考えています。科学が物理的な宇宙を理解するために必要な方法のセットであり、宗教が対応する精神的な宇宙を理解するために必要な方法のセットであるとすれば、それらは補完的な存在のプレーン、または意識のための補完的なツールボックスなのかもしれません。


翻訳: