そんなことを考えながら...。

作者: Lori S. Odhner (機械翻訳された 日本語)
     
This painting by Richard Cook  of the newborn baby Jesus, with Mary and Joseph, evokes the spiritual power of this long-awaited advent.

"しかし、マリアはこれらのことをすべて守り、心の中で考えていた。"(ルカによる福音書2:19)

熟考するとはどういうことか?マリアは世の光を産んだ。彼女はそれが何を意味するのか考えていたのだろうか?

彼女はそうしたかったのです。マリアは無邪気に、跡形もない道を歩いていました。

女性は言葉を好むものです。語りたい、聞きたいと思うのです。しかし、言葉でさえも、知らなければならないことを入れるにはふさわしくない場合があります。

このパラドックスは、私がここにいて、思索の経験をあなたに伝えるために言葉を期待しているということです。それはできません。しかし、もし同じ経験があなたの中で言葉を介さずに輝いているとしたら、配線がつながり、私たち全員が光を放つことになるのです。

思い込みを捨てたときに起こるのが「ポンデリング」です。私たちは無防備になります。

かつて私は、与えられたものと期待していたものとの間の洞穴にどうやって橋を架けるかを考えていました。言葉は私の踏み台ではなかったので、私はあまり話さなかった。時には手のひらにあごを乗せて、ぼんやりと見つめていました。家族はそのことを噂していたと思います。しかし、考え込むことはエネルギーを奪い、昼食を消化することで泳ぐ力が削がれるように、口を閉ざしてしまい、脇腹を痛めて叱られます。

熟考にはクリフノートはありません。パンが膨らむように、しばらく置いておかなければならない。

熟考の反対側には休息の場があります。お祝いの言葉もなければ、リボンを通すこともありません。祖母のソファに座って足が宙に浮いていた頃とは違い、床板が再び足の下にあるので、そこにいることがわかる。

メアリーは、新しい土地が素晴らしいものであることを知りましたが、それは痛みから守ってくれるものでもありませんでした。

「ヨセフとその母は、彼について語られたそれらのことに驚いた。それからシメオンは彼らを祝福し、母マリヤに言った『見よ、この子はイスラエルの多くの者の没落と興隆のために、また、多くの心の思いが明らかにされるために、語り継がれるしるしのために運命づけられているのです』」。(ルカによる福音書2:35)

思索の余韻に浸りながら、心が明らかになっていく。その開口部は、暗闇の中にあったものを明るく見るための招待状です。人生は私たちをも打ち砕き、それは痛みを伴います。しかし、割れたときの苦しみは、閉じたままでいるときの麻痺とは違い、すぐに終わります。

ロリー・オドナー

結婚生活への配慮

http://caringformarriage.org/