その他のシープフォールド

      による New Christian Bible Study Staff (機械翻訳された 日本語)

A Chilean gaucho herding sheep.

他のシープフォールド...

地球上には70億人以上の人がいます。キリスト教は最大の宗教であり、20億人以上の人がいる。残りの50億人は、キリスト教徒が非キリスト教徒に何が起こると考えているのか疑問に思うかもしれない。

ヨハネの福音書では、イエスが自分を何かに喩えている箇所が7つあり、7つの「私はある」発言と呼ばれています。その中には、かなり排他的に聞こえるものもあります。それでは、テキストを見てみましょう。

ここにある3つの声明は、実際のクリスチャンである人々にとっての明確な約束であり、つまり、それを信じ、それに基づいて生活しています。誰かを排除しているわけではありませんが、これこそが「道」であることを暗示しているのは確かです。

"私に従う者は、やみの中を歩むことなく、命の光を持つことができる」。(ヨハネによる福音書8:12)

"私は羊の戸である...。誰でも私によって入るなら、その人は救われ、出入りして、牧草地を見つけることができる。"(ヨハネによる福音書10:7, 9)

"私は復活であり、命である。私を信じる者は、死んでも生きるのである。"(ヨハネによる福音書11:25)

次に、似たような約束をしているものとして、イエスを受け入れなければ救われないとしているものが2つあります。

"私は道であり、真理であり、命である。イエスは彼に言われた。"わたしは道であり、真理であり、命である。"わたしを通してでなければ、だれも父のもとに来ることはできない。(ヨハネによる福音書14:6)

"私は真のぶどうの木である。私は真のぶどうの木であり、私の父は農夫である...。私にとどまりなさい、そして私もあなたにとどまります。枝は、ぶどうの木にとどまっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことができない。私はぶどうの木、あなた方は枝である。私にとどまり、私が彼にとどまっている者は、多くの実を結ぶことができる。もし、人がわたしにとどまっていないなら、その人は枝のように捨てられ、枯れてしまいます。(ヨハネによる福音書15:1, 4, 5, 9)

ヨハネの福音書の序盤に、6つ目の「私はある」という言葉があります。これらの記述には2つの特徴があります。

ここに、その一つの文章があります。

"イエスは彼らに言われた、「わたしは命のパンです。私のもとに来る者は飢えることがなく、私を信じる者は決して渇くことがない」。そしてさらに、"私を遣わした父が引き寄せない限り、誰も私のもとに来ることはできない。""私は最後の日にその人を引き上げよう "と言われた。(ヨハネによる福音書6:35, 44).

ここには新しい考えがあります。父」が人々をイエスに引き寄せるのです。これは、私たちの心に神からの流入があり、それが私たちを沼地から引きずり出してくれることを指しています。この「引き寄せ」によって、私たちは御言葉を開き、「イエスのもとに来る」ようになり、霊的な導きを求めるようになるのです。

この同じ話、ヨハネ6章で、イエスはこうも言っています。

"わたしは天から降ってきた生きたパンである。だれでもこのパンを食べるなら、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンはわたしの肉であり、世の人々の命のために与えるものである....」。そこで、イエスは彼らに言われた、『確かに、確かに、あなた方に言いますが、人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなた方には命がありません』」。(ヨハネによる福音書6:35, 41, 48, 51)

これは大変な教えでした。多くの人々は、イエスが文字通りの肉と血のことを言っているのではないことを理解していなかったようです。60節と66節にはこう書かれています。

"それゆえ、イエスの弟子たちの多くは、これを聞いて、「これは難しいことを言っているが、だれが聞くことができるだろうか。...その時から、弟子たちの多くは帰って行き、それ以上彼と一緒に歩まなかった。(ヨハネによる福音書6:60, 66)

この意味について、キリスト教会では長い間議論がありました。イエスは自分の実際の血について話していたのでしょうか?実際の肉のことなのか?クリスチャンはカニバリズムを行うべきだったのでしょうか?そうではありません。

新キリスト教思想では、文字通りの意味での言葉の意味を研究しています。パンや肉は善を意味します。血やワインは真実を意味します。私たちは、善良であろうとする努力と、真理を学ぼうとする努力が必要です。イエスは私たちに見せ、教えてくださったのです。

スウェーデンボルグの著作の中にこんな一節があります。

霊的なもの、天上のものはすべて善と真理にのみ関係しているので、肉は善意に関係する善行を意味し、血は信仰に関係する真理を意味することになる。最高のレベルでは、これらの言葉は、主の愛の神的な善と、主の知恵の神的な真理を意味する。(真のキリスト教706)

参照したセクションや次のセクションでは、さらに詳細な説明があります。彼らはこの解釈を多くの聖書の箇所に基づいて説得力のあるものにしています。読む価値は十分にあります。

話を「私はある」という言葉に戻すと、7つ目の言葉があります。これはエキュメニズムを示しています。

"私は良い羊飼いである....私は良い羊飼いであり、私の羊を知っており、私の羊についても知られている....わたしには、この群れに属さない他の羊がいます。わたしは彼らをも連れてこなければなりません。彼らはわたしの声を聞くでしょう。そうすれば、一つの群れ、一つの羊飼いとなるでしょう。(ヨハネによる福音書10:11, 14)

この他の羊は、霊的な教会の人々で、「霊的な真理と善に導かれ、支配されている人々」です。 天界の秘義7035.

今日、人々が真の知恵を求め、隣人に対する真の愛を実践するところはどこでも、それらは「他の羊の群れ」です。地球の隅々にまで霊的な真実と善があるのです。霊的認識の黎明期から、主の愛と知恵は人々の心に流れ込んできましたが、おぼろげに受け取ったり、はっきりと受け取ったり、時にはほとんど拒絶されたりしました。比較的最近になって、口伝が徐々に文字に変わっていくと、スウェーデンボルグの言う「古代の言葉」は、人の住む世界の多くに広がっていきました。旧約聖書をはじめとする古代の聖典には、その断片が残されています。

そして ヨハネによる福音書10:14羊の群れが一つに収束することが期待されていますが、今、他の群れにいることは不適格ではありません。これは、私たちが調べなければならないことです。人はクリスチャンでなければ救われないのでしょうか?もし、その人が、隣人を愛することを支配的な愛とする善良な仏教徒だったらどうでしょうか?また、アッラーの御心を知り、それを実行しようとする善良なイスラム教徒の場合はどうでしょうか?

ルカの印象的な一節を紹介しましょう。

"東からも西からも、北からも南からも来て、神の国に座る。見よ、最後の者がいても最初の者になり、最初の者がいても最後の者になる」。(ルカによる福音書13:23, 28-30)

ここにも、補強のために役立つ以下の引用があります。 天界の秘義1032:

"主は全人類を憐れんでおられます。全世界のすべての人を救い、すべての人を自分のもとに引き寄せたいと願っておられます。主の慈悲は無限であり、教会内の少数の人に限定されることを許さず、地球上のすべての人に手を差し伸べているのです。"

排他的な響きを持つ格言と、包括的な響きを持つ格言をどのように調和させればよいのでしょうか。新キリスト教の教えでは、善の愛、あるいは善があれば真理の愛の中にいる人は誰でも救われます。そして、真理と善は自分自身からではなく、主から来るものであることを認めます。どのような信仰体系であっても、悪しき愛や誤った考えから逃れるために神の助けを求めない人は、行き詰まったままです。純粋に、粘り強く善と真理を求めている人は、「霊的な教会」、つまり羊の群れの一つにいるのです。

羊の群れの中には、他の羊の群れよりも良い牧草地があるのでしょうか?そうです。宗教は、伝えている真理の量や、推奨している実践の質に違いがあるのでしょうか?もちろんあります。新キリスト教聖書研究会では、キリスト教が最高の道だと考えていますか?そうです。それは唯一の道でしょうか?いいえ、唯一の目的地でしょうか?そうかもしれません。

イエスは自分が道であり、真理であり、命であると言った。彼は人間の形をした言葉であり、霊的な真理です。道を歩み、真理を求め、善良な人生を送ることなしには、救いへの道はありません。どこからでも始められます。山の頂上に近づけば、光が最も澄んでいる場所に近づくことができます。


翻訳: