イン・マイ・ネーム

        | による New Christian Bible Study Staff (機械翻訳された 日本語)

Christ Healing the Blind Man, by Eustache Le Sueur

イン・マイ・ネーム

ヨハネの福音書の中で、イエスは3回、「わたしの名によって」何かを求めるように人々に言っています。これは、執り成しのことを考えているように聞こえます。つまり、イエスと「父」は別々の人であるということです。しかし、私たちは彼らが一人の人間であることを知っています。しかし、このような言い回しは誤解されやすく、キリスト教会ではかなり早い時期から混乱を招いていました。では、なぜこのような誤解が生じたのか、聖書の文章をよく見て、真実を理解してみましょう。

御言葉の中で、人の名前はその人の本当の性質を表しています。この記事を読むときには、このことを覚えておいてください。

まず、ヨハネの3つの聖句を紹介します。

"あなたがたは、わたしが父の中におり、父がわたしの中におられることを信じないのか。私があなたがたに語る言葉は、私自身からではなく、私のうちに住んでおられる父がその働きをしておられるのです。私が父の中にいて、父が私の中にいることを信じなさい。さもなければ、まさにその働きのために私を信じなさい。私を信じる者は、私がしていることをその人もするのです。そして、これらのことよりももっと大きなことをするでしょう。<父が子において栄光を受けるために、あなたがたがわたしの名によって求めることは何でも、わたしはそれをします。あなたがたがわたしの名によって何かを求めるなら、わたしはそれを行います。(ヨハネによる福音書14:10-14)

あなたがたがわたしを選んだのではなく、わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、その実が残るようにするためです。(ヨハネによる福音書15:16)

"だから、あなたは今、悲しみを抱えている。しかし、私が再びあなたに会うと、あなたの心は喜び、誰もあなたの喜びを奪うことはない。その日、あなたがたは私に何の質問もしない。その日には、あなた方は私に何も尋ねないでしょう。私は、あなた方が私の名によって父に求めるものは何でも、父があなた方に与えてくださると確信しています。今まで、あなたはわたしの名によって何も求めなかった。求めよ、そうすれば、あなたがたは受け取るであろう。私はこれらのことを言葉のあやであなた方に話してきた。しかし、もう言葉の綾では語らず、父についてはっきりと語る時が来る。それは、あなたがたがわたしを愛し、わたしが神から出てきたことを信じたからであり、父ご自身があなたがたを愛しておられるからである。私は父のもとから出てきて、この世にやってきた。また、私は世を離れ、父のもとに行く。"(ヨハネによる福音書16:22-28)

これらの文章はほぼ平行していますが、いくつかの興味深いニュアンスがあります。ヨハネ14章では、イエスが「それは私がする」と言っています。この場合、父ではありません。ヨハネ15章では、イエスは「わたしの名において」なされる願いを父がかなえてくださると言っていますが、ここではイエスと父はやや別物のように聞こえます。そして、ヨハネ16章では、再び父が願いを叶えてくれますが、今回、イエスは、分離しているように見えることも、執り成しているように見えることも、すぐにはないことを明らかにしています。代わりに、現在見かけられる分離性が終わり、一体性が実際の現実であることを暗示しています。

この3つの抜粋を見ると、人々が混乱し、「イエスの名によって祈ります」がキリスト教の標準的な公式になってしまったことは容易に理解できます。しかし、よく読んでみると、「わたしの名において」は、ヨハネの福音書14章のように、必ずしも二人を意味するものではなく、見かけ上の分離は一時的なものであることがわかります。

より広い文脈を得るために、新約聖書の中で「わたしの名において」という言葉が出てくる他の場所を紹介しましょう。マタイ、マルコ、ルカは、主が「わたしの名において」幼子を迎えるべきだと言われたことを伝えています。このうち2つの箇所では、分離と一体性の両方が示唆されています。

"私の名によって、このような幼な子を一人受け入れる者は、私を受け入れるが、私を信じているこの幼な子の一人をつまずかせる者は、その人にとって、大きな石臼を首にかけられ、海の底に沈められる方がよいのである。"(マタイによる福音書18:5-6)

"私の名において、このような小さな子供を一人でも受け入れる者は、私を受け入れ、私を受け入れる者は、私ではなく、私を遣わした方を受け入れるのです。"(マルコによる福音書9:37)

イエスは、彼らの心の動きを察して、一人の幼な子を連れて行き、そばに置いて、彼らに言われた。私の名によってこの幼な子を受ける者は、私をお遣わしになった方を受けるのです。あなた方の中で一番小さい者は、この人が偉大になるのです」。(ルカによる福音書9:47-48)

この物語では、明らかに無邪気さの保護が私たちに誓われています。しかし、「私を遣わした方」という分離性の暗示もあります。これをどう見るかです。私たちは、主の名のもとに「幼い子どもたち」を迎えることができます。もし私たちが無邪気さと、主に導かれようとする意志を培うならば、私たちは神の真実を受け取ることができ、真の考えを心に持つことで、神の愛を受け取ることができるのです。

新約聖書の他の2つの箇所では、主の名の下に何かをすることで力を得ることができますが、ここでは分離性については言及されていません。

ヨハネがイエスに言った。「先生、私たちに従っていない人が、あなたの名によって悪霊を追い出しているのを見ましたが、私たちに従っていないので、その人を禁じました」。しかし、イエスは言われた。「彼を禁じてはいけません。私の名によって力ある働きをして、すぐに私の悪口を言える人はいません。私たちに逆らわない者は、私たちの味方だからです。あなたがたがキリストのものであるからといって、わたしの名によってあなたがたに一杯の水を飲ませようとする者は、最も確かにあなたがたに言っておくが、その人は決してその報酬を失うことはない。"(マルコによる福音書9:38-41)

"私の名によって悪霊を追い出し、新しい言葉で話し、蛇を取り、死のものを飲んでも何の害もなく、病人に手を置いて回復させるのである」。(マルコによる福音書16:17-18)

最後にもう一つ、新約聖書の該当箇所をご紹介します。ここでも、分離しているということはありません。

"二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるからである」。(マタイによる福音書18:20)

天界の秘義2921主の名前について興味深い議論があります。御言葉の中で使われている名前は、それぞれ象徴的な意味を持っています。このテキストのある箇所では、「復活の後、弟子たちはいつも主と呼んだ」と書かれています。で見ることができます。 ヨハネによる福音書20:2, 13, 15, 18, 20, 25; 21:7, 12, 15-17, 20; マルコによる福音書16:19-20.そして ヨハネによる福音書20:28トマスは「私の主、私の神」と言っています。

旧約聖書に戻ってみると、「私の名において」というフレーズがそこでも使われていますが、それほど頻繁ではありません。

申命記の中でエホバはこう言っています。

"わたしの名によって語るわたしの言葉に耳を傾けない者には、わたしはそれを要求するであろう。"(申命記18:19-20)

詩篇には、このような例があります。

しかし、私の誠実さと愛の優しさは彼と共にあります。私の名において、彼の角は高められる。(詩編89:24)

しかし、「エホバの名」という言葉をWordで検索すると、American Standard Versionで86件ヒットし、すべて旧約聖書に含まれています。一般的な用法としては、「エホバの名を呼ぶ」「エホバの名で奉仕する」などがあります。ここでも御言葉の中では、名前はその人の本当の霊的な質や性質を表しています。あなたの神である主の名をむだにしてはならない」というように、神の名は非常に明確に重要です。冒涜(ぼうとく)は非常に悪いことです。エホバの名で偽りの預言をすることは非常に悪いことです。

最初の質問に戻りましょう。イエスが私たちに「神の名において」頼むように言ったのは、何を意味しているのでしょうか。

それは、一人の人に、少し厳しいかもしれないもう一人の人に執り成してもらうという意味ではありません。二人の人間を意味しているのではありません。本当は、主の真の霊的な質を認識している状態で、主に助けを求めているということなのです。イエスは「言葉」です。愛によって動かされた神聖な真理です。イエスの名において何かを求めることは、真理を求める視点から主に近づくことであり、それは賢明であり、愛でもあるのです。