私は

      による New Christian Bible Study Staff (機械翻訳された 日本語)

Moses sees a bush that burns but is not consumed.

旧約聖書の中で、エホバは一度だけご自身を「私はある」と呼んでいます。ヘブライ語では「אֶהְיֶה」といい、「存在する」、「存在するようになる」という意味を持っています。この命名は、出エジプト記において、ホレブ山の荒野で、神が燃える柴の中でモーセに現れたときに行われます。これは、聖書における精神的な転換点の一つであり、神についての最も深い声明の一つの源でもあります。

アブラハム、イサク、ヤコブの子孫は、エジプトで奴隷となっていました。彼らは数多くいましたが、先祖やカナンの地とのつながりは希薄でした。当時のファラオは「ヨセフを知らなかった」のです。彼らの精神的な進歩は停滞していました。

エホバは、砂漠で羊を飼っていたモーセを選び、エジプトに戻って民を自由に導くことにしました。

"モーセは神に言った『見よ、私はイスラエルの子らのところに来て、彼らに言う、「あなたの父祖の神が私をあなたのところに遣わされた。私は彼らに何と答えればよいのか』。そして神はモーセに言われた、『わたしはわたしである』。そして神は言われた、『あなたはイスラエルの子らにこう言いなさい。あなたはイスラエルの子らにこう言いなさい、『わたしはあなたにわたしを遣わした』と」。(出エジプト記3:13, 14)

"I AM"。それは、存在の核心に迫るものです。宇宙よりも大きく、時間を超え、創造されていない。

そして、何百年もの時を経て、ユダヤやその周辺の人々が約束されたメシアを待ち続けている中で、イエスは同じことを言いました。人々は立ち上がって注目します。

弟子たちが嵐の海で小舟に乗っているとき、イエスは水の上を歩いて彼らのところにやってくる。

"だが、イエスはすぐに彼らに語りかけ、「自信を持て、私はいる、恐れることはない」と言われた" マタイによる福音書14:27

ヨハネの福音書には、このような記述がいくつかあります。

イエスが井戸端でサマリヤ人の女性に語りかけるとき。

女はイエスに言った。"私は、キリストと呼ばれるメシアが来ることを知っています。" "メシアが来たら、私たちにすべてのことを告げ知らせてくださるでしょう"イエスは彼女に言われた。"私はあなたに語りかける者である。" ヨハネによる福音書4:25, 26

そして、イエス様と弟子たちの間にはこんな会話があります。

"あなたがたは、わたしがいることを信じなければ、自分の罪の中で死ぬことになると、わたしはあなたがたに言った。そこで、彼らはイエスに向かって、「あなたはだれですか」と言った。イエスは彼らに言われた、「初めの者であり、あなたがたに話している者でもある」。 ヨハネによる福音書8:24, 25

その後、同じ章で、イエスは弟子たちに言った。

"アーメン、アーメン、あなたがたに言いますが、アブラハムがいる前に、私もいます。" ヨハネによる福音書8:58

13章では、再びイエス様が最後の晩餐で弟子たちと話しています。

"これからは、実現する前にあなた方に告げる。それは、実現したときに、私がいることをあなた方が信じるためである。" ヨハネによる福音書13:19

最後に、イエス様が逮捕されるときに、このような力強いシーンがあります。

"ユダは、祭司長やパリサイ人たちから兵士や従者の一団を得て、提灯やランプ、武器を持ってここに来た。イエスは、ご自分に起こるすべてのことを知っていたので、出て行って彼らに言われた、「あなたがたはだれを捜しているのか」。彼らは彼に、「ナザレのイエス」と答えた。イエスは彼らに、「私は」と言われた。

また、イエスを裏切ったユダも、彼らと一緒に立っていた。そこで、イエスが彼らに「私は」と言われると、彼らは後ずさりして、地面に倒れた。そこで、再び彼らに尋ねた。「あなたがたは誰を捜しているのか。彼らは「ナザレのイエス」と言った。もし、あなたがたがわたしを捜すなら、この者たちを去らせなさい。そうすれば、「あなたがわたしに与えてくださった者たちのうち、わたしは一人も失いません」と言われた言葉が成就するでしょう。 ヨハネによる福音書18:3-9

これらのイエスの「私はある」発言は、よく挙げられる7つの「私はある」発言ではありません。それらも非常に興味深いものですが、別の道を歩んでいます。上に挙げたものは、イエスが自分は神であり、自分は「わたしである」と宣言している箇所です。

これは非常に重要なことです。イザヤは、キリストの子は人間の姿をした神ご自身であると預言しました。

"その名は、「すばらしい」「助言者」「力ある神」「永遠の父」「平和の君」と呼ばれるであろう。 イザヤ書9:6.

イエスも同じことを言っている。内面的には「私はある」ということです。徐々に外面的な人間の要素を消していく、あるいは浄化していくことで、内面的なものがより一層輝いていくのです。


翻訳: