聖霊      

による (機械翻訳された 日本語)

Henry Ossawa Tanner (United States, Pennsylvania, Pittsburgh, 1859 - 1937) 
Daniel in the Lions' Den, 1907-1918. Painting, Oil on paper mounted on canvas, 41 1/8 x 49 7/8 in.

聖霊の性質は、標準的なキリスト教の神学と新キリスト教の見解との間に顕著な違いがあるトピックです。ほとんどのキリスト教の教えの「公式な」ドグマは、聖霊は一つの神を構成する三つの人のうちの一つであり、神の力をもって人々に手を差し伸べ、人々を義の欲求に向かわせる役割を担っているとしています。聖霊は、他の二つの方から進行していると認識されています。父なる神と子なるイエス様です。

この古い定式化は、初期のキリスト教徒が神の性質を理解しようとしたときに、三世紀にわたる議論の結果でした。当時、三人に一人の神という考え方を否定する少数派が存在していましたが、西暦325年のニカイア公会議で多数派が勝利を収めました。

新しいキリスト教の教えは、古い少数派の見解に近いものです。それは、聖霊を、別個の存在ではなく、神から来た力、または活動であるとみなしています。このことは、「霊」とは誰かの人格の投影であるという私たちの日常的な理解と一致しています。また、旧約聖書には「聖霊」という言葉が出てこないという事実も説明しています。旧約聖書では、代わりに「神の霊」、「エホバの霊」、「主の霊」という言葉が使われており、霊という概念が神の人と密接に結びついていました。

書物は、父、子、聖霊を一人の神の魂、体、霊の三属性として記述しています。また、新約聖書に「聖霊」という言葉が出てくるのは、主がイエスの肉体をもって臨在されたことと関連しており、その臨在によって、私たちが主の真理を学び、善良な人間になる方法が変わったからだと言います。

書物によると、降臨前の教会は "代表的な教会 "でした。その教会の人々は(その教会の中でも最高の教会で)、主が世界を創造されたこと、そして世界は主のイメージであることを知っていました。彼らは何の努力もせずに、深く深くそれを行っていました。

しかし、その能力は結局、人々が悪に陥るにつれて、偶像礼拝や魔術に捻じ曲げられてしまいました。主はイスラエルの子供たちを使って象徴的な礼拝の形を維持しましたが、彼らでさえ、彼らが従う儀式の深い意味を知りませんでした。このように世界が真の理解を失っていたので、主は人の体をとって、人々に新しい考えを直接提供することができるようになりました。だからこそ、主は神の真理(ヨハネ1:14で言うところの「御言葉は肉となった」)を表しておられると、『書物』は述べています。

心の聖霊はまた、神の真理、すなわち主がこの世での働きを通して提供された真理と、新約聖書に記録されている真理を表しています。また、「聖霊」という言葉は、より一般的な意味で、真の教えを通して私たちの生活に影響を与えるために働く、神の活動と神の効果を意味して使われています。

主と私たちの間にこのような直接的なつながりがあるのは、代表者を通してではなく、主が肉体的に生きている間に地上を歩く人として、あるいは現代では肉体的に生きている人としての主のイメージを通してでなければなりませんでした。それが主の降臨前に人々が聖霊を受けなかった理由です。

しかし、今私たちが持っているのは、父なる神が魂を表し、子なる神がその肉体を表し、聖霊が神の行動と人々への影響を表しているという、主の本格的な考えです。

(参照: 主の教義58; 真のキリスト教138, 139, 140, 142, 153, 158, 163, 164, 166, 167, 168, 170, 172)


翻訳: