判定に役立つ方法

      による Rev. Jeffrey Smith (機械翻訳された 日本語)

Silver scales of justice.

あなたは小さな会社の社長です。あなたは欠員を埋めるために新しい従業員を雇おうとしています。最初の応募者が部屋に入ってきて、席に座ります。あなたが応募書類に目を通したとき、履歴書がないことに気づきました。まだ上司としての経験が浅いため、見落としてしまったのだろう。面白そうだと思って面接に臨む。あなたのことを知ってもらうための質問の後、あなたは応募者に推薦状や以前の仕事の経験について尋ねる。応募者は少し考えた後、「イエス様が "裁くな "とおっしゃったのを知らないのですか」と言った。

今回は、「判断」についての記事の2回目です。最初の記事では、私たちが避けるべき判断の種類、すなわち、非難的な判断、独善的な判断、偽善的な判断、霊的な判断について説明しました。今回は、主が私たちに許されている裁きの種類について見ていきます。

私たちはどのような方法で裁くことができ、また裁くべきなのでしょうか?また、正しい判断をした後、どのような方法で役立てることができるでしょうか?

そもそも、私たちが判断してもいいのかどうかを確認すべきかもしれません。本当のテストは、それが主の目に適っているかどうかです。

それでは、前回の説教で使った、裁きに関する聖句を簡単に見てみましょう。

"あなたがたの中で罪のない者は、まず彼女に石を投げなさい。"- これは、裁くなということではなく、自分の考えで裁いて(それがどんなに正しくても)、誰かの精神を破壊したり殺したりしないということです。

"さばかないでください、あなたがさばかれないために...."- これは本当の意味では「非難してはいけない」ということです。つまり、私たちは外見だけを見て、その人の精神的な性格を判断することはできません。

"まず、自分の目の中の板を取り除きなさい。そうすれば、兄弟の目の中の斑点を取り除くために、はっきりと見ることができます。"- 注意してほしいのは、イエスは「兄弟のシミを取り除くな」とは言っていないことです。"まず自分の目の板を取り除け "と言っているのです。

主は私たちに、人の行動を判断する許可を与えています。実際、主は私たちにそうすべきだと教えています。レビ記にはこう書かれています。

"あなたは裁きにおいて不正をしてはならない。貧しい者をひいきにしてはならず、力のある者を尊敬してもならない。正義をもって隣人を裁かなければならない。あなたは、あなたの民の間で噂話をしてはならない。レビ記19:15-16)

ここで、主はイスラエル人に、正しい方法で隣人を裁くように命じています。また、噂話をする癖を少しでも改善したいという人のために、"あなたは噂話をする者として出歩いてはならない "という主の命令を残しています。ネガティブな話を広めることは、愛の行為ではなく、むしろ利己的な行為である可能性が高いのです。

また、新教の教えは、ある種の判断をすることを支持しています。真のキリスト教』という本に書かれている次の言葉は、判断することの非常に実用的な理由を示しています。

"だれでも自分の家を切り盛りする執事や、使用人を3人か4人の中から選ぶとき、その人の内面を調べて、正直で忠実な人を選び、それでその人を愛するのではないか?"(真のキリスト教410)

Apocalypse Explained」には、これとよく似た教えがあります。

"他者の道徳的・市民的生活について考え、それを判断することは、誰にでも許されることである。(啓示された黙示録629.14)

つまり、私たちは他人の道徳的・市民的生活を判断することができるということです。誰かの行動を判断し、その行動に基づいて、その人が誠実に行動しているように見えるかどうかを判断することもできます。私たちの裁判所の裁判官は、常にこのような判断をしています。ある人が悪意を持って何かをしたのか、それとも単に偶然に何かをしたのかを判断しなければなりません。

なるほど。だから何?私たちが正しい判断をしたとしたら?じゃあ何?

まあ、友達を誰にするかとか、仕事で誰を雇うかとか、そういう判断には使えるでしょう。しかし、それだけでしょうか?判断は、自分の近くにいてほしくない人を遠ざけるためだけに使われるのでしょうか?家族などのやむを得ない状況では、誰とも距離を置くことができない場合もありますが、それでもその判断を良い方向に生かすことはできます。

隣人を愛するということは、その人を愛するということではなく、その人の中に見られる良いところを愛するということなのです。すべての人間は例外なく、善と悪が混在しています。私たちが愛する目的は、善を支えることなのです。では、私たちが目にする悪はどうすればいいのでしょうか?私たちは、その悪を何らかの形で愛することになるのでしょうか?

そのためには、主がシミと板について語った次の節を見てみましょう。主は続けてこう言っています。

"聖なるものを犬に与えてはならず、真珠を豚の前に投げてはならない。(マタイによる福音書7:6)

ここで主の言葉を適用する一つの方法は、人々に見られる悪い習慣に愛を与えず、それによって支援をしないことです。その愛は破壊され、隣人を天国に導くという愛の目的を果たすことはできません。愛を役立てるためには、豚や犬、つまり、隣人や自分自身の中にある悪い習慣を判断し、見分ける能力を用いなければなりません。

そうですね、良い習慣を愛してサポートしましょう...では、悪い習慣はどうでしょう?主は、「豚の前に真珠を投げてはいけない」と言われています。では、私たちは豚をどうするのでしょうか?

これは単純な状況ではないので、一律の答えはありません。自分の判断と主の導きで、最善の方法を探さなければなりません。ここでは、他の人に見られる悪い習慣にアプローチするために考えられるいくつかの方法をご紹介します。

まず最初にできることは、誰も傷つけていない悪い習慣を無視することです。ノアの酔っぱらいの話では、セムとヤペテが父親の裸を隠すために後ろ向きに天幕に入っていきました。彼らは父親を見ようともしませんでした。天使もこのように、隣人の罪にはほとんど気づかず、その人の良いところを愛し、支えていると言われています。

次に、私たちがすべきことは、罪のない人を守ることです。
罪のない人を守ることです。新教の教えの中に、裁判官の適切な職業についての洞察がある一節があります。裁判官は、罪のない人に悪が行われるのを防ぐために、罪のある人に罰を与えます。そして、私たちの判断も、同じように
私たちの判断も同じように、罪のない人を守るためのものなのです。

私たちが正しい判断をするときにできることはこの2つです。1つは、無視してその人の良い習慣をサポートすること、もう1つは、その人の罪が誰かを傷つけるかもしれない場合、まず善と無実を守ることです。

そして最後に、3つ目の選択肢として、罪を犯した人と対決することがあります。

私たちは、行動や言葉が是正されるべき人とどのように向き合うかを注意深く考える必要があります。このような対決では、他の交流と同様に、自分が提供しているのは愛なのか、それとも真実なのかを考えてみましょう。その人が本当に必要としているものは何かを考えてみましょう。もっと良いアイデアは、その人が何を必要としているかを尋ねることです。"ここで役に立つアイデアが必要なのか、それとも誰かに聞いてもらいたいだけなのか?"私たちが直面している人は、人生の困難な状況を経験していて、単に愛を必要としているという可能性があります。

そして、真実を伝えるときには、自分の言葉が本当に役に立っているかどうかを、「親切」「真実」「役に立つ」という3つのテストで確認してみましょう。

最初のテスト...私たちが言っていることは親切かどうか、つまり、本当に愛とその人が天国に行くのを助けたいという気持ちから来ているのか、それとも少し独善的だったり、非難しているのかということです。私たちがアイデアを提供するときでさえ、それは愛の場所からでなければなりません。

第二のテスト...私たちが言っていることは実際に正しいのか、それとも私たちの認識が状況を歪めているのか。誰かの行動を誤って解釈し、不適切な反応をしている可能性があります。誤解を避けるためには、まず相手の話に耳を傾けるのがよいでしょう。

第3のテスト...私たちの言葉は役に立つか?確かに、私たちは力になりたいと思っていますし、私たちが言える範囲では、それは真実です...しかし、それは本当に、実際に、その人の状況を助けることになるのでしょうか?私たちは親切にしようとしているかもしれませんし、それが真実だと思っているかもしれませんが、もしその人がつらい状況にあるなら、その人にとっては役に立たないかもしれません。

自分の言動について外部からの視点を得ることは、その人にとってかなり有益なことです。もし自分が嫌な奴だと思われているなら、その人は本当に知るべきだと思います。新しい教会の教えによると、自分の外見について外部から意見をもらうことは非常に有益であり、そうでなければ自分の空想の中で生き続けることになります。 天界と地獄487).

さて、あなたは裁かれることに抵抗はありませんか?あなたが判断した尺度で、あなたはそれを測り返される準備ができていますか?あなたが彼らにするように、他の人があなたにする準備ができていますか?

もしあなたの答えがイエスであれば、日々の生活の中で正しい判断をするために、まずその問題が単に無視できるものかどうかを考え、善良さを支持します。無視できない場合は、まず無邪気さと善良さが守られているかどうかを確認します。そして、その人の悪い習慣に立ち向かわなければならない場合は、自分の言葉をとても慎重に選びます。あなたの言葉は親切で、真実で、役に立つものですか?

2021年4月、ジェフリー・スミス氏の説教より引用


翻訳: