天国と地獄

作者: New Christian Bible Study Staff, Julian Duckworth (機械翻訳された 日本語)
     

動画を再生する

This video is a product of the New Christian Bible Study Corporation. Follow this link for more information and more explanations - text, pictures, audio files, and videos: www.newchristianbiblestudy.org

動画を再生する
This video is a product of the Swedenborg Foundation. Follow these links for further information and other videos: www.youtube.com/user/offTheLeftEye and www.swedenborg.com
The Plains of Heaven, by John Martin

天国の風景といっても、摘み取り用の果物がある南国の庭なのか、それともふわふわとした白い雲とハープの音楽が流れる場所なのか、意見が分かれるところです。

天国に行く方法についても、人々は意見が分かれています。十字架上のイエスによって人類にもたらされた赦しを受け入れること(プロテスタントのバージョン)でしょうか。それとも、聖なる書物や教会を通して神が私たちに言われたことを行うことによってなのでしょうか(カトリックや他のほとんどの一神教の人たちのためのバージョン)。

しかし、これだけは同意しているようです:それは楽園であり、報酬であり、エントリを得る人は誰でも幸せになるでしょう。

一方、地獄は正反対です。それは人々が拷問される恐ろしい場所です。ある人は寒くて雪が降っていると見ていますが、ほとんどの人は暑くて燃えるような地獄だと思っていますが、どちらにしても、そこに行く人は誰でも苦しめられます。そこで終わるのは誰なのか?正しいことを信じていない人、それは「正しいこと」のどのバージョンが実際に正しいと判明するかによって変わってきます。

しかし、それはすべて意味があるのでしょうか?他人への憎しみと自分自身への愛に満ちた、徹底的に意地悪な人間になれる人がいるように思えますが、それでも特定の、許可されたことを言ったり、したりすることで天国に行くことができるのです。他の誰かが世界で最も親切な男になることができ、常に助ける準備ができていて、他の人の幸運に本物の喜びを持っているが、神の間違ったバージョンを信じているために地獄の拷問者にトロットオフになります。

そこでの明らかな疑問は、「間違ったことを信じただけで人を拷問する神とは何か」ということです。そのせいで多くの人が地獄の存在を疑問視するようになりました。

もっと興味をそそられる質問は、あの意地悪で利己的で恐ろしい人間が天国に行くということだ。彼の生涯の喜びは、人々から金を騙し取って、その愚かさを笑い飛ばしてきたのに、今度は同じ哀れな負け犬たちと一緒にぶどうを食べながら過ごすことになっているのか?さらに悪いことに、彼は詐欺をすることも、騙すことも、笑うことも、何も許されていません。愛と調和のゴミのせいで 吐き気がしてきたどこが天国なんだ?

スウェーデンボルグの天国と地獄の考え方は全く異なります。それは、私たちが愛するものは私たちであるという考えに由来しています:私たちの最も深い愛情や感情は、私たちが何をしたか、あるいは私たちが持っている思考ではなく、私たちの本当の性格を決定するということです。死後は、誰にでもわかるように愛情が表に出てきて、ある意味自由に誰とでも付き合えるようになる、と彼の作品には書かれています。だから、自然と同じような愛情を持った人を見つけて、好きなものを共有して生きていくことができるのです。

自分の信じたことを真摯に生き、人を愛する人は誰でも天国に行く。天国とは、その人の中にある場所であり、生きている状態でもあります。死んだ後、神のいのちについて教えられた後、天国とは何かを愛している人は、天使として天国に迎えられます。天使はそこで、同じ特定の良いものを愛する他の人たちと共同体を形成し、それらの良いものに一緒に働きかけます。それが使役として流れ出て、大切な仕事となり、関わるすべての人を喜ばせてくれるのです。

一方、地獄とは、利己的な人々が集まり、特定の欲望や欲望に基づいてグループにフィルターをかける場所に過ぎません。神は決して誰かを地獄に送ることはありません。人は悪を愛し、天国と神を憎み、それを自分の人生の愛とするようになったことによって、自分自身を地獄に送るのです。彼らは皆悪なので、お互いに傷つけ合い、支配し合いたいと思っているので、終わりのない争いなのです。そして、主は、彼らが本当にお互いを傷つけ合うことができないように--善良な人たちを攻撃することができないように--しているので、むしろもどかしいです。しかし、その内側からの拷問は唯一の拷問であり、主は彼らを罰することを望んでおらず、罰する理由もありません。実際、主は今でも彼らを愛し、彼らが何になることを選んだかを考えれば、彼らができる限り幸せになることを願っておられます。神の地獄の統治は、常に地獄をできるだけ整然としたものにすることです。

スウェーデンボルグは、このテーマについて本全体を書いています。ここにいくつかの重要なポイントがあります。

1.人は天で結婚していますが、実は結婚の純粋な愛こそが天の中心の愛です。その結婚とは、夫と妻が完全に一致していて、愛するものと考え方の違いで、お互いに独特の相性を持っています。このような結婚は、現世から続く場合もあれば、夫婦がお互いに別れて、適切な相手に導かれる場合もあります。スウェーデンボルグは、天のカップルの愛を "conjugial "と呼び、夫と妻は実際に一つの魂になると言います。そして、そう、これらの結婚は「完全な」ものであり、現世で経験できる外面的な体の合体は、天使のカップルが経験する霊的な体の合体のわずかな反射であることを付け加えています。

2.天使には別の種族はありません。天使とは、現世で主の愛を受け入れ、死んでから天国に行った人たちのことです。

3.死んだ子供たちは天使の両親に育てられるために天国に行きます。彼らはまだ人間であり、自由意志を持っていますが、天国で育つことは、彼らが天使になることをすべて保証しています。

4.人々の周囲の環境、そして外見さえも、彼らが内面的に何であるかを投影したものであるため、その両方ともが卓越した美しさと心地よさを持っており、すべてがそこにいる人々に完全に適しているのです。

5.天国と地獄の間には、スウェーデンボルグは「霊の世界」と呼んでいます。人々は最初に死ぬときにそこに行き、そこで主と天国についての真理を学びます。また、霊の世界にいる間に、人々の内なる愛がゆっくりと現れ、同じ愛を持った人を認識し、天国や地獄への旅を始めるのです。

6.天国自体は三層になっています。一番低いのは自然の天国で、人々は従順であること、正しいことをすることへの愛の中にいます。真ん中は霊的な天国で、人々は他の人への愛の中にあり、そこから真実なことへの愛の中にあります。最高は天の天国で、人々は主への愛の中にあり、そこから自分の考えを知恵として表現します。これらの層は地獄では鏡のように映し出され、自己への純粋な愛と主への憎しみの中にある人たちは、最も深い地獄にいる。

スウェーデンボルグ財団はこのほど、スウェーデンボルグの「天国と地獄」の新訳を発表し、よりアクセスしやすいように言語を近代化しました。ここにその冒頭へのリンクがあります。 天界と地獄1.

(参照: 天界の秘義2256 [2]; 天界と地獄397, 536, 545)