有害な判断の仕方

      による Rev. Jeffrey Smith (機械翻訳された 日本語)

Do not judge, written with Scrabble letters.

"裁かれぬように裁くなかれ"その節を使うことで、気持ちよく、正義感を持つことができますよね。そして、"ye "と言うことで、より権威ある言葉に聞こえるようにします。そうすれば、裁く人の足を止めることができます。

この聖句は、聖句の中でも最もよく知られている文の一つであり、クリスチャンとノンクリスチャンの両方に最もよく使われている文でもあります。

人は裁かれるのが好きではないようですね。自分の過ちを指摘されるのが嫌なのです。裁かれることで、自分が悪者になったり、愚か者になったり、軽蔑されたりする可能性もあります。

あなたには私を裁く権利があるのか」というようなことを言います。

これは良い質問です。私たちには他人を裁く権利があるのでしょうか?隣人が何か悪いことをしているのを見たら、その人を裁くことができるでしょうか?もし、隣人が何かひどいことを言っていたら、それを聞いただけでその人を裁いていいのだろうか?さて、私たちは主が裁きについて語っていることをしっかりと見てみるべきではないでしょうか?そうすれば、裁くことが本当に良いことなのかどうかが分かるでしょう。

ダビデの叙任の話では、ジェシーの長男が良い王になると考えたサムエルに対して、主は反対しました。

"私が彼を拒んだからといって、彼の外見や背の高さを見てはならない。主は人が見るようには見られない。人は外見を見るが、主は心を見られるからである」(サムエル​記​第​一16:7)

主の御言葉では、高さは善良さの象徴です。しかし、今日の話で高さについて言及したことで、エホバは、人間は外見を見ると言っています。ですから、私たちが見ている高さ、すなわち良さとは、私たちが目と耳で観察している良さに他なりません。人が何をしているかを見て、何を言っているかを聞いて、それで判断するのです。たとえ主が聖書で語っておられることに基づいて人々の行動や言葉を判断したとしても、私たちは外見を判断しているに過ぎません。
外見で判断することは、結局、判断を誤ることになります。しかし、主は私たちには見えない、その人の心の意図を見ることができます。たとえ誰かが「これが私の心のつもりです」と言っても、本当のところは分かりません。

では、主がおっしゃっている「判断してはいけない」ということは、他にもありますか?

それは、以下の通りです。 マタイによる福音書7:1-3 判断してはいけない」で始まる節で。

"裁かれないためには、裁くな。あなたがどのような判断で裁くかによって、あなたも裁かれ、あなたが使った物差しで、それがあなたに測り返されるからです。なぜ、あなたは兄弟の目の中の斑点を見て、自分の目の中の板を考えようとしないのですか。また、兄弟に『あなたの目のシミを取り除こう』と言っておきながら、見てみると自分の目には板が入っているのはなぜですか」。

この主の言葉は、私たちが裁くべきではないことを明確に示しています。そして、もし私たちがさばくならば、私たちもまた同じようにさばかれるのです。この言葉は、「私たちが債務者を赦すように、私たちの債務を赦してください」という主の祈りを彷彿とさせますが、ここでは「私たちが他人を裁かないように、私たちを裁いてはいけません」と言っているようなものです。詩が続く中で、私たちが判断してはいけない理由を知ることができます。それは、私たちの目に板が入っていて、判断するのに必要な鋭い目がないからなのです。

木は、私たちが行う良いことの象徴です。目は、真の考えを理解する能力の象徴です。つまり、目の中の木片は、外面的な善が理解を何らかの形で阻害している状況を表しています。言い換えれば、日常の基本的な善行が、より多くのことを理解する努力をしない理由になっているということです。

現実に、隣人よりも親切な行為をしている人がいて、その人を裁くことが独善的に正当化されているような例をいくつも想像してみてください。私が「いくつもの実例」と言ったのは、平均的な人、いや、平均以上の人でさえ、おそらく毎日このようなことをしているからです。何か良いことをしていて、他の人があまり良いことをしていないことに気づき、それを正そうとする......あるいは裁こうとするのが自分の立場だと思ってしまうのです。

"Judge not" ... 私たちの英語の言葉であるjudgmentは、ここではギリシャ語を正当化していません。英語では、ジャッジという言葉は、単に善悪を見分けるという意味で使われています。しかし、ギリシャ語では、単なる非難の言葉ではありません。つまり、「さばいてはいけない」の意味をもう少し明確に理解すると、私たちは隣人を非難するような方法でさばいてはいけないということになります。彼が群衆に言った言葉を思い出してください。"あなたがたの中で、罪のない者が最初の石を投げてもよい"。この場合の石は、助けるのではなく破壊することを目的とした真の考えです。主が言いたいのは、私たちには真理を非難するような使い方をする資格はないということです。

裁きは主のためにあるのではないでしょうか。裁くことができるのは主だけではありませんか?誰が天国に行くのか、地獄に行くのか、最終的な判断は主に委ねられているのではないでしょうか?主の言葉を見てみましょう。

ルカによる福音書では、群衆の中の誰かがイエスに言った。「先生、私の兄に遺産を分けるように言ってください」。しかし、イエスは彼に言われた。「人よ、誰が私をあなた方の裁判長や仲裁人にしたのですか。(ルカによる福音書12:13-14)

主はここで、ご自分が裁判官であることを否定しているようです。まあ、自然界のことを言っているのかもしれませんが。もうちょっと読んでみましょう。今度は、新キリスト教の教えから読んでみましょう。

In Doctrine of the Sacred Scripture -- "全知全能であり、すべての人の心を知っている主のみが、裁きの場に座り、裁くことができる...."

とあります。黒と白で。主は裁きの場に座る。ああ、待って...続いているようですね。

"...そして、主の12人の弟子たちは、教会が御言葉を通して主から持っているすべての真理と財について、教会を意味しており、そこから、これらの真理がすべての人を裁くと教義は結論づけている。"(聖書の教義51)

ああ、待てよ。なるほどね。真実が皆を裁くと言っているのだ。

ふむふむ、もう少し福音書から読んでみよう。

ヨハネでは

"私を拒み、私の言葉を受け取らない者にも裁きはある。私を拒み、私の言葉を受け取らない者には、裁き手がいる。私が語った言葉が、最後の日にその人を裁くのだ。"(ヨハネによる福音書12:46-48)

ええ、主は福音書で語っていますし、新教の教えにも見られます。裁き」は主の真理であると思われます。では、それはどうなのでしょうか?主が裁くのではなく、主の真理が裁くとは。

天国と地獄』という本には、「主は誰も地獄に投げ込まない。私たちは、この世に生きている間だけでなく、死後も、霊の間に到着したときに、自分自身を投げ込むのです。(天界と地獄548)

つまり、何が起こるかというと、私たちは実際に自分の心と信念を真実に向けて持ち、その真実が気に入れば天国を選びます。気に入らなければ、自分で作った地獄に逃げ込みます。悪人は天国の光に耐えられません。なぜなら、天国の光は彼らの心を照らし、彼らや皆に本当の姿を見せてくれるからです。真理の光から遠ざかることで、自分が一番偉いという幻想の中で生きることができるのです。

裁いてはいけないというのは本当です。しかし、どのような裁きをしてはいけないのでしょうか。
主の「さばかないで、さばかれないように」という言葉から、非難するようなさばき方をしてはいけないことがわかります。まず第一に、主は誰かを地獄に送ることはありませんし、私たちもそうすべきではありません。

主が「自分の目に入っている斑点が見えないのに、どうして兄弟に『あなたの目に入っている斑点を取り除かせてください』と言うことができようか」と言われたとき、私たちは偽善的で独善的であってはならないことを学びます。私たちは、自分が何か良い行いをしているからといって、他人の欠点を指摘する権限があると感じたり、そのように装ったりします。しかし、私たちの目の中の板は、その良い行いが私たちを盲目にしているだけだということです。
主がサムエルに「主は人が見るようには見ない。人は外見を見るが、主は心を見る」と言われたのは、人の意図や心にある願望を霊的に判断することはできないと教えているのです。

裁いてはいけないこととは、どのようなことでしょうか?非難するような裁き方をしてはいけません。独善的であってはいけないし、偽善的であってはいけない。また、誰かの意図や精神的な性格を判断してはいけません。

精神的な進歩を遂げるためには、まず間違ったことをするのをやめ、それから正しいことをするようにしなければなりません。

"悪をやめ、善を行うことを学びなさい" (イザヤ書1:16-17).

まず悪を避け、次に善を行う。裁くことには有害な方法があり、それをやめなければなりません。そこから得られる有益なものは何もなく、自分自身にも、裁いている相手にも有害です。

そして...判断するのに役立つ方法もあります。 正しく判断する方法についての記事はこちらです。

(2021年4月、ジェフリー・スミス氏の説教から引用しています)


翻訳: