自由と責任

        | による Rev. Walter E. Orthwein (機械翻訳された 日本語)
The Liberty Bell, with its inscription: "Proclaim Liberty Throughout All the Land Unto All the Inhabitants thereof."

(これは、2002年9月16日にブリンアシン大学で行われたW.E.オルトヴァイン師のチャペルでの講演からの引用です。 1 )

"全地に自由を宣言して、そこに住むすべての人に"(レビ記25:10)

このレビ記の一節は、自由の鐘に刻まれている。ヨハネの福音書で主が言われているように、人を自由にするのは主の言葉だからです。

主は「真理はあなたがたを自由にする」とだけ言われたのではなく、このように言われました。

「私の言葉.... にとどまるならば、真理を知り、真理はあなたを自由にするであろう。(ヨハネによる福音書8:31-32)

主が人間を自由になるように創られたので、自由への欲求は人間の本性に組み込まれています。人間」という言葉は、まさに「自由」を意味しています。人間を人間たらしめている二つの能力は、自由と合理性です。

だからこそ、自由は権利なのである。しかし、自由であるという権利は、本質的かつ絶対的な権利であり、それは人間の本質に由来するものです。

独立宣言で、この権利が「不可侵」であり、「創造主によって与えられた」権利であると言われているのはこのためです。この権利は、政府や人間の機関から与えられたものではなく、神から与えられたものである。

同様に、合衆国憲法は、政府が国民に与える権利を定めた文書ではなく、その逆である。政府が国民の自由を侵害しないように、国民から政府に与えられた権限を記述し、その権限に厳しい制限を設けています¹。

独立宣言と憲法という2つの文書は、アメリカの政治形態を発展させ、その上に成り立っていますが、これらの文書は、古代のレビ人による自由の宣言を反映しています。

新教の教えでは、自由と合理性は切っても切れない関係にあります。私たちに自由が与えられているのは、愛による主との結びつきは相互的なものでなければならず、愛は自由に与えることも受け入れることもできないからである。そして、自由のために合理性が与えられているのです。

理解せずに自由になるとはどういうことでしょうか。

著作では、"合理性 "と "自由 "について、新しく、そして非常に深い定義が与えられています。合理性とは、何が善であり真実であるかを理解する能力と定義されています。神の愛と知恵240霊的な原理を理解し、それを自然な生活に応用する能力である。それは "霊的な光を受け取る能力 "です。(神の愛と知恵247つまり、"良心 "と密接な関係があるのです。良心を持たない人は、非常に賢い推論ができるかもしれませんが、『書物』で使われているような「合理的」ではないでしょう。

アメリカの建国者たちも、これとよく似た考え方をしていました。彼らは理性を重んじ、既成教会の教義や迷信に疑念を抱いていましたが、ワシントン、アダムス、ジェファーソン、フランクリンなどの建国者たちが、理性を神とその言葉を認めることとは別の知的活動と考えていなかったことは、彼らの発言の多くから明らかです。それどころか、彼らの考えでは、美徳と宗教的感性は理性の本質的な要素とみなされていました。

自由」とは、「その時たまたまやりたいと思ったことではなく、真実で善いことを行う能力」と『著作』では定義されています。(神の愛と知恵240)

また、アメリカの政府形態を作った人たちの自由の理想も似ています。彼らが確立しようとした市民的自由は、人々の物質的な快適さや喜びのためだけではなく、人々が精神的に向上し、より真の人間になるための自由でもありました。

自由が合理性とともにしか存在しないと言っても、秩序とともに存在すると言っても、それは同じことです。理性の使い方は、何が秩序にかなっているか、最高の意味では天の秩序にかなっているかを見極めて、その秩序を自分の生活に落とし込むことです。

真の秩序は、霊的な愛から生まれます。人間の生活の真の秩序は、外部からの強制によってもたらされるのではなく、人々の愛が御言葉に支配されているときに、社会の中で自然に育まれるものです。

人々が自分の人生を自由に合理的に支配し、卑しい食欲や衝動を抑制するような、内部からの秩序がないとき、地獄が始まり、社会はその生存のために、外部から力で押し付けられた秩序を設置するように駆り立てられます。

要するに、ライセンスは自由ではなく、ライセンスは自由を破壊するということです。私たちはこの2つを区別することを学ばなければなりません。責任を伴わない自由は存続しない。自分の権利を主張するだけでは十分ではなく、その権利を可能にする責任を果たさなければならないのです。"もし、わたしのことば.... にとどまるなら、あなたは自由になる。"(ヨハネによる福音書8:32)

責任とは、神と同胞の人間に対する責任を意味します。主への愛と隣人への愛-主の言葉の2つの大きな戒め-は、私たちの責任の本質を定義しており、私たちがそれを守ることは、私たちが高く評価する権利を維持するための鍵となります。

全ては悪を罪として避けることから始まります。これが理性の最初の使い方です。つまり、真理の光を受け、その光の中で自分自身の中にある悪を見分け、それを抑制したり取り除いたりするのです。そして、これが自由の最初の使い方です。
自分の自然な欲望ではなく、真実に従わせることです。

悪を罪として遠ざける個人的な責任があるという新教のおなじみの教えは、有用性、慈善、自由と合理性などの教義と同様に、この宗教を自由な社会に理想的なものにしています。

真の自由は、真の合理性、すなわち、精神的真理の理解と、天の秩序を規定する原理と美徳の受け入れがあって初めて成り立つものです。言い換えれば、真の自由は、神を認め、神の言葉に従って生きようとする意志を離れては存在しないのです。

これは、個人の自由にも、国家の市民的自由にも言えることです。米国の建国者たちは、自分たちが設立する政府が徳の高い市民を前提としていることをはっきりと認識していました。彼らはこのことを明確にしていました。人民による政府は、人民が徳の高い国民である場合にのみ機能する。

人間の堕落を知っていたからこそ、彼らの文章には、自分たちが樹立した政府が存続することに懐疑的なニュアンスが含まれていたのかもしれない。その一方で、彼らは摂理を信じていたので、希望も持っていたのです。

最近では、「徳」という言葉には古めかしい響きがあります。今は「価値観」という言葉の方がしっくりきます。洗練された私たちの耳には、伝統的な人間の美徳の名前そのものが、古めかしく、下品に聞こえます。敬虔さ。謙虚さ。勇気。貞節。正直であること。愛国心忍耐産業倹約。自立し、また地域社会全体の利益のために他者と協力する意思を持つこと。

しかし、私たちが自由であり続けるためには、このような美徳が不可欠です。天国のような理想は、簡単には地上に降りてこないし、衝突もない。人間は完璧ではなく、この世界も完璧ではないのだから、その実現は完璧ではない。

そう考えると、自由の鐘に入った亀裂は、アメリカの自由の象徴としてさらに優れたものになるだけのように思える。アメリカは現在進行形である。これまでもそうだったし、これからもそうだろう。その偉大な理想は不完全にしか実現されていないかもしれないが、それをより完璧に実現しようとする国の努力は止まらない。

私たち一人一人もそうでありますように。私たちの中で、自分が公言している理想に完全に応えていると言える人はいるだろうか。しかし、私たちは努力し続けなければなりません。そして、この完璧とは言えない世界において、自由な政府を目指すアメリカの実験は、今でも世界への道標として輝いているのです。

平和は私から始まる」とはよく言ったものです。あるいは、"慈善事業は私から始まる"。それは自由についても同じです。私たちには、自分自身を吟味し、私たちが享受している市民的自由にふさわしい人間になるよう努力する責任があります。(参照 真のキリスト教414.)

主は、自分の光をかげろうの下に隠さないで、他の人に見えるように輝かせるべきだと言われました。これは、自由の光にも当てはまります。そして、自由の音もそうです。もし私たちがそれを大切にし、その性質を理解し、自分自身がそれを行使するに値するように努力するならば、主の命令は守られ、自由の喜びに満ちた音は、すべての土地とそこに住むすべての人々に向けて、ますます大きく鳴り響くことでしょう。

Footnotes: