注意してください。この先はスムーズです。(何を?)

      による New Christian Bible Study Staff (機械翻訳された 日本語)

Photo of a woman walking in the sand, by Joy Feerrar

仮に、神様が私たちに、どうすれば良い人間になれるか、どうすれば自分の可能性を最大限に引き出せるかという説明書を与えてくれたとします。ただ、仮定してみてください。

しかし、世の中には本当に悪があり、目の前にいる人であれ、心の中でささやいている人であれ、実は私たちの幸せを願っていない人がいるとします。実際には、彼らは自分たちが何をしたいのか、そしてそれを手に入れるためにあなたがどう協力するかに興味があるのです)。

神様と邪悪な人たちのどちらが、あなたを満足させようとしていると思いますか?あなたがあまり聞きたくないけれど、あなたを動かすような本当のことを言ってくれるのは、どちらでしょうか?聖書を開いて、このことを調べてみましょう。(サプライズ戦略!)

今回の記事のきっかけとなったイザヤ書の一節を紹介します。

「さあ、来て、彼らの間でそれを石版に書き、書物に記しなさい。それは、後の日のために、永遠に永遠に、この者が反抗的な民、偽りの息子、エホバの律法を聞こうとしない息子たちであることを示すためである。"と言い,幻視者には「わたしたちのために正しいことを幻視しないで,わたしたちに滑らかなことを語ってはならない。" イザヤ書30:8-11.

この箇所に関連する節を検索すると、エレミヤ書から次のような長大な節が出てきます。

「万軍の主はこう言われる、あなたがたに預言する預言者たちの言葉に耳を傾けてはならない、彼らはあなたがたをむなしくする、彼らは主の口からではなく、自分の心の幻を語る。彼らはいまだにわたしを軽んじる者たちに向かって、「主はあなたたちに平安があると言われた」と言い、自分の心の思いのままに歩むすべての者に向かって、「あなたたちに災いが及ぶことはない」と言う」....。私はこれらの預言者たちを遣わさなかったが、彼らは走った。わたしが彼らに語ったのではなく、彼らが預言したのである。

.... 主は言われる、わたしの言葉は火のようであり、岩を砕く槌のようではないか。それゆえ、主は仰せられる、わたしの言葉を隣人から奪う預言者たちに対して、わたしは反対する。見よ、わたしは主が言われるように、舌を使って、「彼はこう言った」と言う預言者たちに反対する。見よ、主は偽りの夢を預言する者たちに反対すると言って、それを語り、その嘘と軽さとによってわが民を誤らせる。 エレミヤ23:9-32

この箇所では、主の言われることに耳を傾ける必要があるということを強調しています。

この「スムーズなこと」というテーマは、アモス書にも出てきますが、民は厳しい真実を聞きたがりません。

「わたしは、あなたの息子たちを預言者として、また、あなたの若者たちをナザレ人として育てた。イスラエルの子らよ、主はこう言われる。しかし、あなたがたはナザレ人にぶどう酒を飲ませ、預言者たちに命じて、「預言してはならない」と言った」アモス書2:12

ここで旧約聖書からもう一つ。

あなたがたは預言してはならない、と彼らは預言する者に言う。 ミカ書2:6

ミカのこの聖句には、「恥」という新しい概念があります。人はそれを感じたくありません。それを感じさせるようなことは聞きたくありません。しかし、ミカは基本的に、「それは大変だ。あなたはそれを聞いて、もっと良くしなければならない」と言っています。

パウロがテモテに宛てた指導書の中にも、このことに関連するようなちょっとした抜粋があります。

「みことばを宣べ伝えなさい。時には即応し、時には即応せず、あらゆる忍耐と教理をもって、責め、叱り、戒めなさい。なぜなら、彼らが健全な教理に耐えられず、自分の欲のままに、耳をかゆいばかりにして、自分のために教師を集め、真理から耳をそらして、寓話に立ち返る時が来るからです」テモテへの手紙二4:2-4

ここには緊張感があります。先ほど引用した箇所では、私たちは、軽々しく話したり、滑らかな言葉を話すような安易な預言者にはなりたくないし、そのような預言者に耳を傾けたくないということを示しています。これは、これらの箇所における私たちのための核心的な教訓です。同時に、善意ではない真実は、硬く、鋭いものです。ダメージを与えることができます。誰かを潰すために真実を叩きつけるような悪い動機で使うこともできます。また、善意であってもダメージを与えることができます。誰かを叩くことで、その人が良い方向に向かうようにします(それでもうっかりすると壊してしまいますが)。

この緊張感を、真にキリスト教的な方法で解決するにはどうすればよいのでしょうか。それを判断するのは簡単ではありません。私たちは、主の御言葉に行ってもっと学ぶ必要があります。しかし、人は聖書の一節をつまみ食いして、自分の汚染された理解や動機を補強するものを見つけることができますし、実際にそうしています。

スエーデンボルグの面白い観察があります。

「よく知られているように、御言葉の文字通りの意味は、もともと、人が採用する可能性のあるあらゆる意見を支持するために、その意味を使うことができるようなものである」 (天界の秘義6222)

何をすべきか?私たちは今、この記事を書きながら、聖書を学び、聖句を探し、選んでいます。私たちはどのようにして真の道を歩むことができるのでしょうか?私たちは、バランス、文脈、配慮、思慮深さ、そしておそらく最も高い注文である、きれいな心を求める必要があります。ここでは、同じ箇所のさらに先の部分を抜粋しています。

「その理解(教会の真理の理解)は、人々が御言葉を読み、一つの記述を他の記述と一緒に熱心に受け止め、そうすることによって、自分が何を信じるべきか、何をすべきかを見るときに存在します。このような理解は、主からの光を受けた人にのみもたらされます。....その悟りは、評判や栄光のためではなく、人生や奉仕のために真理を知りたいという願望を持つような人々以外には訪れない」 (天界の秘義6222)

だから、"assiduous"、つまり慎重に勉強することが重要なのです。良い動機が不可欠です。真の理解や悟りには、主の御言葉に目を向けることが不可欠です。

真理は善と結婚する必要があります。その源は主であり、その御言葉の中にあります。私たちが純粋に隣人を愛するなら、その人たちの長期的な精神的福祉を目標としますが、それは無欲であり、主への愛の内側にあるものです。真理が善意から、そして慎重に求められた悟りから来るものであれば、それは破壊的なものではなく、建設的なものです。でも...スムーズ?往々にしてそうではありません。

最後に、ここで紹介したい言葉があります。

<なぜなら、門は広く、道は広く、それは破滅につながるものであり、それによって入っていく者がたくさんいるからです。なぜなら、門は広く、道は広く、それは破滅につながるものであり、それによって入っていく者は多いからである。」
「門は狭く、道は狭く、それは命につながるものであり、それを見つける者は少ないからである。 マタイによる福音書7:13-14

主は、私たちが荒れた人生を送ることを望んでいません。主は「荒れた場所を平地にする」のです。しかし、たとえそれが短期的にはより簡単で、より快適で、より説得力があるように見えたとしても、最終的には真理が私たちの助けになり、偽りはそうではないことも知っています。


翻訳: