聖書

 

Luke 10:25-37 : 良いサマリア人

Study

        

25 And, behold, a certain lawyer stood up, and tempted him, saying, Master, what shall I do to inherit eternal life?

26 He said unto him, What is written in the law? how readest thou?

27 And he answering said, Thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, and with all thy soul, and with all thy strength, and with all thy mind; and thy neighbour as thyself.

28 And he said unto him, Thou hast answered right: this do, and thou shalt live.

29 But he, willing to justify himself, said unto Jesus, And who is my neighbour?

30 And Jesus answering said, A certain man went down from Jerusalem to Jericho, and fell among thieves, which stripped him of his raiment, and wounded him, and departed, leaving him half dead.

31 And by chance there came down a certain priest that way: and when he saw him, he passed by on the other side.

32 And likewise a Levite, when he was at the place, came and looked on him, and passed by on the other side.

33 But a certain Samaritan, as he journeyed, came where he was: and when he saw him, he had compassion on him,

34 And went to him, and bound up his wounds, pouring in oil and wine, and set him on his own beast, and brought him to an inn, and took care of him.

35 And on the morrow when he departed, he took out two pence, and gave them to the host, and said unto him, Take care of him; and whatsoever thou spendest more, when I come again, I will repay thee.

36 Which now of these three, thinkest thou, was neighbour unto him that fell among the thieves?

37 And he said, He that shewed mercy on him. Then said Jesus unto him, Go, and do thou likewise.

    内的意味を調べる

解説

 

どのようにして永遠の命を受け継ぐのか?

     

による Rev. James P. Cooper (機械翻訳された 日本語)

This series illustrates the Good Samaritan parable.

新約聖書には、弟子ではない人々が主に近づき、"永遠の命を受け継ぐためには何をすればいいですか?"と率直に尋ねた箇所が2つあります。

一つはルカの福音書です。

"見よ、ある平信徒が立ち上がって主を試して言った、「先生、永遠の命を受け継ぐためにはどうすればいいのですか」。(ルカ 10:25).

もう一つは、マルコの福音書に登場するものです。

"さて、イエスが道を出て行かれるとき、一人の人が走ってきて、イエスの前にひざまずき、「良い先生、どうすれば永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか」と尋ねた"。(マルコ 10:17).

イエスは、この二人の人に、かなり有名な答えをしています。弁護士への答えでは、こう言っています。

1.主を愛しなさい
2.あなたの隣人を愛しなさい
3.隣人が誰かわからない場合のために、"良きサマリア人 "の例え話を紹介します。

金持ちの青年への答えとして、こう言っています。

1.主を愛しなさい。
2.隣人を愛しなさい(ただし、もう少し詳しく)。
3.戒めに従う
4.そして、世俗的なものを避けなさい。
5.人に親切にしましょう
6.そして、最も重要なことは、私のためにこれらを行うことです。

この2つの出来事を合わせて考えると、この世で生きるための4つの原則が示されています。

第一の原則:主が神であることを信じる。

"モーセが荒野で蛇を引き上げたように、人の子も引き上げられなければならない。それは、彼を信じる者が滅びることなく、永遠の命を得るためである。(ヨハネ 3:14-17).

その時から、イエスの弟子たちの多くが戻って行き、それ以上、イエスと一緒に歩まなかった。そこで、イエスは十二人に言われた。「あなたがたも出て行きたいのですか」。しかし、シモン・ペテロはイエスに答えた、「主よ、わたしたちは誰のところへ行けばよいのですか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。私たちは、あなたが生ける神の子、キリストであることを信じ、知るようになりました」。(ヨハネ 6:66-69).

"エホバである永遠の主は、地獄を服従させ、その人間を栄光させるためにこの世に来られたのであって、このことなしには、いかなる人間も救われることはなかったのであり、主を信じる者は救われるのである。"(真のキリスト教 2).

第二の原則:自然界のものに注目するのをやめ、世襲の悪やプロプリュームに導かれるのをやめよう。

"そこで、イエスは答えて言われた。『断言しますが、わたしと福音のために、家、兄弟、姉妹、父、母、妻、子、土地を捨てた者で、今の時代に百倍、家、兄弟、姉妹、母、子、土地を迫害とともに受けない者はいません。" (マルコ 10:29-30).

御言葉の内的な意味を知らない人は、家、兄弟、姉妹、父、母、妻、子供、野という意味だと思うでしょう。しかし、ここでの意味は次のようなものです。 その人の中に存在する、本来はその人自身のものであるような種類のものは、その人が捨てなければならず、その代わりに、主のものである霊的、天的なものをその人が受け取らなければならないのです。この変化は、ここでは迫害を意味する誘惑によってもたらされます』。もし自分の母親を捨てれば、母親を受け取ることはできないし、同様に兄弟姉妹を捨てれば、兄弟姉妹を受け取ることはできないことは、誰にでもわかることである。(アルカナ・コエレスティア 4843).

ルカでは、イエス様が若い支配者に「あなたにはまだ一つ足りないものがある。自分の持っているものを全部売って、貧しい人たちに配りなさい。そうすれば、天に宝を持つことができます。内面的な意味では、この言葉は、悪しき欲望や誤った考え以外の何物でもない、完全に自分のものであるすべてのものを、その人から遠ざけるべきだということを意味しています。なぜなら、そのような欲望や考えは、「その人が持っているすべてのもの」という意味だからです。アルカナ・コエレスティア 5886 [5].

第三の原則。良い行いをして、お互いに親切にしましょう。

(ルカ 10:25-29見よ、ある弁護士が立ち上がって彼を試して言った、「先生、どうすれば永遠の命を受け継ぐことができますか」。彼は言った "律法には何が書かれているのですか?あなたはそれをどのように読んでいるのですか」。心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛し、隣人を自分のように愛さなければならない」。"主は彼に言われた。「あなたは正しく答えた。しかし、彼は自分を正当化しようとして、イエスに言った。「私の隣人とは誰ですか」。

この重要な質問に答えるために、主は良いサマリヤ人のたとえ話をされました。

あなたの隣人とは、あなたの家族や町の人、人種の人ではありません。すべての人があなたの隣人であり、あなたの世話をするに値する人なのです。

神様は私たちを通してこの世に良いことをしてくださいます。私たちが隣人を気遣うことは、神様が隣人を気遣うことなのです。私たちが隣人を気遣うことは、神様が隣人を気遣ってくださることなのです。

第4の原則:十字架を背負って主に従うこと、つまり、誘惑に耐え、自分のためではなく、主が求めておられるからこそ、このようなことをする。

(マタイ 25:34-46私が飢えていたとき、あなたは食べ物を与え、私が渇いていたとき、あなたは飲み物を与え、私がよそ者であったとき、あなたは私を受け入れ、私が裸であったとき、あなたは私に服を着せ、私が病気であったとき、あなたは私を見舞い、私が牢獄にいたとき、あなたは私のところに来てくれました。そのとき、義人たちは主に答えて言う。「主よ、私たちはいつ、あなたが飢えているのを見て食べさせ、渇いているのを見て飲ませましたか。私たちはいつ、あなたが見知らぬ人であるのを見て受け入れ、裸であるのを見て着せましたか。あるいは、あなたが病んでいるのを見たり、牢獄にいるのを見たりして、あなたのところに行ったことがありますか。王は彼らに答えて言われる、「確かに、あなたがたに言うが、これらのわたしの兄弟たちのうち、最も小さい者のひとりにしたことは、わたしにしたことである。もしあなたがたがこれらのことをするなら、その報酬は大きい。"

たった4つの原則。


翻訳: