聖書

 

Matthew 5:1-12 : 山上の垂訓

Study

           |

1 And seeing the multitudes, he went up into a mountain: and when he was set, his disciples came unto him:

2 And he opened his mouth, and taught them, saying,

3 Blessed are the poor in spirit: for theirs is the kingdom of heaven.

4 Blessed are they that mourn: for they shall be comforted.

5 Blessed are the meek: for they shall inherit the earth.

6 Blessed are they which do hunger and thirst after righteousness: for they shall be filled.

7 Blessed are the merciful: for they shall obtain mercy.

8 Blessed are the pure in heart: for they shall see God.

9 Blessed are the peacemakers: for they shall be called the children of God.

10 Blessed are they which are persecuted for righteousness' sake: for theirs is the kingdom of heaven.

11 Blessed are ye, when men shall revile you, and persecute you, and shall say all manner of evil against you falsely, for my sake.

12 Rejoice, and be exceeding glad: for great is your reward in heaven: for so persecuted they the prophets which were before you.

解説

 

山上の垂訓

     

による New Christian Bible Study Staff (機械翻訳された 日本語)

This fresco was created by Franz Xaver Kirchebner in the Parish church of St. Ulrich in Gröden, Italy, which was built in the late 18th century.

これらの聖句は、山上の垂訓の冒頭のフレーズであり、聖書の最も美しく、最も愛されている詩の一部を含んでいます。しかし、その美しさの一部は、意味がはっきりしていないという事実にあります。 「精神的に貧しい」とはどういう意味ですか? 「地球を継承する」または「神の子ども」と呼ばれるとはどういう意味ですか。多くの可能性があるという事実により、私たちはフレーズを熟考し、それらを熟考します。

内なる意味で理解されたこれらの祝福は、主と彼が始めた新しい教会を受け入れることができる様々な人々の霊的な状態を示しています。そして、より深いレベルでは、私たち一人一人を主に導き、今日の主の真理のより深い理解に導くことができる自分自身の状態を示しています。

「霊の貧しい人」とは、霊的な事柄についてほとんど知らないが、学びたい人です。 「悲しむ」人は、善良になりたいが、彼らの教会には善への欲求を見ない人々です。 「おとなしい」とは、他人を気遣い、仕えるのが大好きな人のことです。 「義の後の飢えと渇き」は、立ち上がって、何が良いかを学び、それを望むようになりたいという欲求を示しています。

「慈悲深い」とは、仲間を愛している人のことです。 「純粋な心」とは、良いものだけを愛する人たちです。 「ペースメーカー」とは、主と調和し、主から知識を得て、主が望んでいることを望んでいる人です。また、「義のために迫害される」とは、たとえ他の人から非難されているとしても、愛と他者への配慮から行動することを意味します。

単に学びたいだけでなく、積極的に善良な人になりたい人から、実際には善良で他人への愛に基づいて行動する人まで、進歩があります。しかし、そのどれも、ユダヤの伝統で学んだ人々、または儀式の観点から必然的に観察する人々さえも記述していません。彼らはむしろ、善良な人間になることが可能であると感じ、努力をwillわない人々です。

そして、彼らは彼らの報酬を約束されています! 「天の王国」とは、天使たちが主について理解していることです。 「快適さ」は、生活の質につながるアイデアを表します。 「地球を継承する」とは、他の人を愛し、見返りに彼らに愛される状態です。全体的なメッセージは単純です。もし私たちが本当に良い人になりたいと望み、主が私たちに良い人になる方法を教えてくれるなら、私たちは彼からの愛と知恵でいっぱいになります。そして、それは私たちが焦点を当てる必要があるものです。善良でありたいという願望と、主からのアイデアに対する寛容さです。それは儀式や知的「正しさ」に関するものではありません。私たちが良い人になるためのアイデアです。

しかし、非難され、迫害されるのはどうでしょうか?これは、地獄が生まれたばかりの良い欲望と真の理解を攻撃する誘惑を表しています。彼らは私たちが本当に良いことをする能力を疑い、私たちを導くアイデアに疑問を抱かせます。そして、彼らは多くの方法でそれを行うことができ、私たちが行方不明になる楽しみを思い出させるか、私たちが希望をなくすためにこれまで行ったすべての悪いことを思い出させます。彼らは聖書と、それを通して主から私たちにもたらされる考えを攻撃するでしょう。それは人々が預言者も攻撃したという考えに表されています。

しかし、これらの州は独自の方法で祝福されています。私たちの内側に根ざしているこれらの悪と戦うことによってのみ、私たちは最終的に私たちが努力してきた良い生活を完全に受け入れることができます。それが最後に描かれている理由であり、それが天国で「大きな報酬」につながる理由です。