聖書

 

Matthew 14:22-33 : イエスは水の上を歩く

Study

           |

22 And straightway Jesus constrained his disciples to get into a ship, and to go before him unto the other side, while he sent the multitudes away.

23 And when he had sent the multitudes away, he went up into a mountain apart to pray: and when the evening was come, he was there alone.

24 But the ship was now in the midst of the sea, tossed with waves: for the wind was contrary.

25 And in the fourth watch of the night Jesus went unto them, walking on the sea.

26 And when the disciples saw him walking on the sea, they were troubled, saying, It is a spirit; and they cried out for fear.

27 But straightway Jesus spake unto them, saying, Be of good cheer; it is I; be not afraid.

28 And Peter answered him and said, Lord, if it be thou, bid me come unto thee on the water.

29 And he said, Come. And when Peter was Come down out of the ship, he walked on the water, to go to Jesus.

30 But when he saw the wind boisterous, he was afraid; and beginning to sink, he cried, saying, Lord, save me.

31 And immediately Jesus stretched forth his hand, and caught him, and said unto him, O thou of little faith, wherefore didst thou doubt?

32 And when they were come into the ship, the wind ceased.

33 Then they that were in the ship came and worshipped him, saying, Of a truth thou art the Son of God.

解説

 

水の上を歩くイエス

     

による New Christian Bible Study Staff (機械翻訳された 日本語)

The Disciples See Christ Walking on the Water, by Henry Ossawa Tanner

これは、聖書の中でも最も愛されている物語の一つですが、その理由を理解するのは難しいことではありません。嵐のガリラヤ海を小さな船で渡るのに苦労していた弟子たちが、まるで海がローマの道路のように波の上を散歩しているイエスを見て驚く姿は、私たちにも容易に想像できます。驚きのあまり、自ら海に入って恐怖に襲われるペテロに共感することができます。そして、主を信頼し、主の力を信じるという明確な精神的メッセージを導き出すことができるのです。

しかし、それだけなのだろうか?イエスが水の上を歩いたのは、ただ弟子たちを驚かせるため、そして読者を驚かせるためだったのか?それとも、何か深い意味があったのでしょうか?

著作によると、この物語が示しているのは、イエスが立ち上げようとしている新しい教会が、特定の信者という狭いグループだけでなく、広い世界に霊的な命をもたらすという事実であり、今日の世界でも主は同じように働いておられるということです。

ここでの重要なシンボルの一つは海で、教会の周辺にいる人々を表しています。彼らは、霊的な知識もあれば、自然の知識も豊富で、そのすべてが流動的で乱れています。もう1つは船で、これは弟子たちが持っている特定の信念、教義を表しています。彼らはその船をたった一人で、教会の外れにある信念の乱れの中に航海します。波は彼らが自然な考えからの議論に襲われていることを示し、風は彼らの教義が主の力に真に沿うように十分に高められていないことを示しています。

そのため、イエスは夜明けに彼らのもとにやってきて、水の上を歩いて、新しい教会の始まりを意味しています。これは、ご自身の完全な愛と善意によって、外的な信仰にある者にも命を与えられることを示しています。最初、弟子たちはイエスを認識できず、恐れていました。これは、低い霊的状態にある者が高い霊的状態の者の前進に対する反応です。しかし、イエスは彼らを安心させ、ペテロは、善の欲求から生まれる真の考えを代表して、自ら水の上を歩く勇気を示した。

一瞬、イエスへの信仰に支えられて、それはうまくいく。特定の教義体系に支えられていなくても、自然な思考のせめぎ合いの中でも、善の欲求に基づく真の思想は機能するものです。しかし、弟子たちはまだその準備ができていません。ペテロは自信を失い、イエスは彼を船に送り返さなければなりませんでした。しかし、結果的には、弟子たちの精神的な進歩につながります。イエスが船に乗ると風が止むという事実は、彼らの教理的な考えが向上したことを示しており、主の力(風に代表される)と一致するようになったのです。その違いとは何でしょうか?それは、彼らがイエスを神の子と呼んでひれ伏して礼拝することに現れています。

では、これは私たちにとってどのような意味を持つのでしょうか。私たちは(願わくば)基本的には弟子であり、主についてある程度の知識を持ち、善良でありたいと願う人々です。主の愛は、私たちや私たちと同じように信じる人たちに限られたものではなく、すべての人、すべての場所、すべての海域に向けられたものであることを学ぶことができます。そして、私たちが海に出て世界を助けたいと思うなら、主を信頼し、主の力を信じることに努めたいと思うかもしれません。