聖書

 

John 21:15-25 : 子羊に餌をやる、羊に餌をやる

        

内的意味を調べる

15 So when they had dined, Jesus saith to Simon Peter, Simon, son of Jonas, lovest thou me more than these? He saith unto him, Yea, Lord; thou knowest that I love thee. He saith unto him, Feed my lambs.

16 He saith to him again the second time, Simon, son of Jonas, lovest thou me? He saith unto him, Yea, Lord; thou knowest that I love thee. He saith unto him, Feed my sheep.

17 He saith unto him the third time, Simon, son of Jonas, lovest thou me? Peter was grieved because he said unto him the third time, Lovest thou me? And he said unto him, Lord, thou knowest all things; thou knowest that I love thee. Jesus saith unto him, Feed my sheep.

18 Verily, verily, I say unto thee, When thou wast young, thou girdedst thyself, and walkedst whither thou wouldest: but when thou shalt be old, thou shalt stretch forth thy hands, and another shall gird thee, and carry thee whither thou wouldest not.

19 This spake he, signifying by what death he should glorify God. And when he had spoken this, he saith unto him, Follow me.

20 Then Peter, turning about, seeth the disciple whom Jesus loved following; which also leaned on his breast at supper, and said, Lord, which is he that betrayeth thee?

21 Peter seeing him saith to Jesus, Lord, and what shall this man do?

22 Jesus saith unto him, If I will that he tarry till I come, what is that to thee? follow thou me.

23 Then went this saying abroad among the brethren, that that disciple should not die: yet Jesus said not unto him, He shall not die; but, If I will that he tarry till I come, what is that to thee?

24 This is the disciple which testifieth of these things, and wrote these things: and we know that his testimony is true.

25 And there are also many other things which Jesus did, the which, if they should be written every one, I suppose that even the world itself could not contain the books that should be written. Amen.

   内的意味を調べる
スウェーデンボルグ

スウェーデンボルグの作品の解説または参考文献:

Arcana Coelestia 1017, 2371, 2788, 2921, 3934, 3994, 4169, ...

Apocalypse Revealed 17, 23, 383, 505, 879

Divine Love and Wisdom 19

The Doctrine of the New Jerusalem Regarding the Sacred Scripture 29

The Last Judgment 39

True Christian Religion 211, 764

The New Jerusalem and its Heavenly Doctrine 122


References from Swedenborg's unpublished works:

Apocalypse Explained 9, 10, 195, 228, 229, 250, 295, ...

On the Athanasian Creed 208

Divine Love 19

Divine Wisdom 11

An Invitation to the New Church 33

Scriptural Confirmations 4, 6, 36, 68

同様の聖書の一節へ飛ぶ

Joshua 22:22

Psalms 116:1, 139:1

聖書の意味

saith
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

simon
Peter – born Simon, son of Jonah – is certainly one of the Bible's most important figures, second only to Jesus in the New Testament....

peter
Peter – born Simon, son of Jonah – is certainly one of the Bible's most important figures, second only to Jesus in the New Testament....

third
The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

said
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

all things
The Lord is life itself, is the Creator of the universe, and is the source of life on an ongoing basis. So in a literal...

say
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

gird
To gird one’s self, as in John. 21:18, signifies to know and perceive truths in the light from good.

stretch
The hand in the Bible represents power, which is easy to understand, so to reach out or stretch out the hand means to exercise power,...

hands
'Washing of the hands' was an ancient declaration of innocence, and signifies purification from evils and falsities, as in Psalms 73:13 and Matthew 27:24.

glorify
'To glorify' signifies acknowledgment and confession.

turning
Swedenborg says that the Lord is the sun of heaven, and like the natural sun of our world shines on everyone, good or evil. What...

disciple
A disciple in Matthew 10:41 signifies charity and at the same time, faith from the Lord. It disciple signifies the truth of life, and a...

seeing
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

come
Coming (Gen. 41:14) denotes communication by influx.

die
Death in the Bible represents spiritual death, or the destruction of everything that is good and all true beliefs in someone. This happens when people...

written
If knowing what’s right were the same as doing what’s right, we would all be thin, healthy, hard-working, law-abiding, faithful to our spouses and free...

world
The term "world" has both general and more specific meanings in the Bible, including the relatively literal sense of the natural, physical world. In more...

Amen
Amen signifies divine confirmation from truth, consequently from the Lord himself.Amen signifies truth, because the Lord was truth itself, therefore he so often said Amen...

保護者や先生のためのリソース

ここにリストされている項目は、新エルサレム教会ジェネラルチャーチの友人たちの好意により提供されています。 このリンクに従ってライブラリ全体を検索/閲覧できます。


 Breakfast by the Sea
Provides an overview of the story, key points, and discussion ideas for use at home or with a Sunday School class.
Activity | All Ages

 Breakfast with the Risen Lord
Shows the Lord by the sea having breakfast with disciples.
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Casting Our Net on the Right Side
Activity | All Ages

 Flowers and Faith
As we appreciate the flowers around us, we can reflect on the way flowers bloom in the springtime when warmth and light are both present.
Activity | All Ages

 Genuine Faith in Marriage
The pathway to conjugial love in marriage involves looking to the Lord for enlightenment by reading His Word and applying it to our lives. We must be willing to work together in marriage and use the truths of the Word to serve others.
Worship Talk | Ages over 18

 Jesus Appears
The Lord was not like you and me. When we die we lay aside our earthy body for ever. The Lord did not lay aside His earthly body—He made it Divine.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 17

 Quotes: Having Faith in the Risen Lord
Teaching Support | Ages over 15

 Seeing the Lord
Worship Talk | Ages over 18

 The Charge to Peter
This sermon describes the meaning of the Lord's charge to Peter to feed and tend His flocks. 
Worship Talk | Ages over 18

 The Disciples See the Lord After His Resurrection
Worship Talk | Ages 7 - 14

 The Drawing Power Of Love
If we remember to approach life from “the right side” (from love, charity, kindness) we will be fruitful.
Activity | Ages over 18

 The Lord and His Disciple, Simon Peter
Four scenes about the Lord and Peter from the gospels of Matthew and John, and two later scenes from the book of Acts.
Activity | Ages 11 - 14

 The Lord's Breakfast by the Sea
This is a re-telling of John 21:1-14 for young children with beautiful color pictures. 
Story | Ages 4 - 10

 The Miraculous Catch of Fish
The Lord did this miracle twice. Once when He called fishermen to be His disciples, and again, when He had breakfast with them by the Sea of Galilee. What is the same? What is different?
Activity | All Ages

 The Miraculous Catch of Fish
Sunday School Lesson | Ages 9 - 12

 The Miraculous Catch of Fishes
Worship Talk | Ages 7 - 14

 To Love Is To Do
Spiritual tasks offer a reflection on a Biblical story and suggest a task for spiritual growth.
Activity | Ages over 18

解説

 

朝食後の会話      

による Joe David (機械翻訳された 日本語)

This inscription is on a stone at the church hall in South Ronaldsey, in the Orkneys, northeast of Scotland.

朝食後の会話
(解説をしたもの ヨハネによる福音書21:15-25)

この章の前半では、7人の弟子たちがガリラヤに帰ってきました。彼らは釣りに行き、岸辺にいるイエス様を見て、船の右側で釣りをするように指示され、153匹の魚を積んだ網を岸辺まで引きずって、そして...章の後半が始まると、彼らはイエス様との断食を終えたところです。今、彼らはリラックスしています。

イエスはペテロに「あなたは私を愛していますか」と言われ、ペテロはその質問に少し驚いたのか、答えは明白だと思って「はい」と答え、イエスは「私の子羊を養ってください」と答えます。そして、イエスは「私の子羊を養ってください」と答えます。そして、この変わった会話の後、主は彼らに、若くして後に老いていくことについての小さなたとえ話をします。主はペテロに従うように言われ、ペテロは嫉妬したように、ヨハネは何をすればいいのかと尋ねます。主はペテロの嫉妬を軽く叱って、「もしこの人が私が来るまで待っていたら、あなたがたには何の意味があるのでしょうか」と言われましたが、その後、ヨハネにも従うように言われました。

最後に、ヨハネの福音書、そして実際には四つの福音書のすべてのコレクションは、彼がこの福音書の作者であるというヨハネの説明で締めくくられています。

では、会話とたとえ話、そして嫉妬の発生をもっと詳しく見てみましょう。

この部分で言及されているのは、七人の弟子のうちペテロとヨハネの二人だけです。ペテロは信仰、つまり真実を表していますが、私たちが本当に信じている霊的なものが神からのものであるという真実を表しています。ヨハネは善、すなわち隣人への愛を表しています。前者は心の理解の部分に、後者は心の意志の部分に存在します。

ペテロに羊に餌を与えるように言うとき、主は、主に従うということは、新しい教会で主に従う者となるために、すべての弟子たちが今知っている主と主が来られ、どのように人生を歩むべきかについての真理を宣べ伝えることだと言っています。会話の中で、主は直接、問いかけておられます。"ヨナスの子シモンよ、あなたはこれらの者よりも私を愛しているのか?"ペテロはガリラヤ人の仲間を愛する以上に、主イエスを愛しているかどうかを問われているのだと思います。ペテロが最初に答えた時、"主よ、私があなたを愛していることを知っておられる "と言っています。

三つの質問の最初の質問で、主は「私の子羊を養ってください」と答え、その後に「私の羊を養ってください」と答えます。羊と羊はどちらも善を行うことを愛する人を表しますが、羊は隣人のために善を行うことを愛する人を意味しますが、羊は主のために善を行う人を意味します。前者は霊的な善であり、後者はより高次のものであり、天的な善と呼ばれています。しかし、最初に善いことをしようとする人は、何が善いことなのか分からず、それを御言葉から学び、教えられなければなりません。だからこそペテロは「彼らを養え」と言われているのであり、つまり、真理はどのように善いことをすればよいかを示していなければならないのです。良いことをするためには、良いことをしたいという意志と、それをするための方法を知っているという理解が結びついていなければなりません。キリスト教生活を成功させるために、また、より大きな規模のキリスト教会のためには、「ペテロ」と「ヨハネ」が調和して働かなければなりません。

それから例え話が出てきます。"若い時は、自分で準備をして、自分のやりたいことをやっていた。"しかし年老いてからは、助けを求めなければならない。" "行きたくないところには、他の人が運んでくれるだろう。"

これはここには当てはまらないようですが、もちろん当てはまります。第一の方法は聖書のテキストに与えられています。それは主の死についてです。第二の方法は、私たち全員のための教訓です。私たちが若く、自信に満ち、強いとき、私たちは自分のやりたいことができ、何の助けも必要ないと感じています。悪を行うための誘惑は、私たち自身が対処することができます。しかし、私たちが賢くなってくると、私たちの強さはすべて主から来ていることに気付きます。もし私たちが自分自身だけに頼り続けるならば、地獄からの誘惑はあまりにも強く、私たちは地獄が私たちに望んでいることではなく、私たちのために望んでいることをするように導かれるでしょう。私たちは最初から主に従うこと、主に頼ることを学ばなければなりません。このことは、私たちがたとえを理解するまでは、それが当てはまらないように思えるところで、彼はたとえの最後に言っています。"主はこのことを話されたとき、こう言われた。それが私たちがしなければならないことでもあります。

ペテロは、この真理の説教をすることに喜びを感じ、自分が特別視されていると感じているのかもしれませんが、ヨハネもまた、主を愛し、その代わりに愛されていることを知っています。そこでペテロは「この人は何をすればいいのだろうか」と問いかけます。必要とされる調和がまだ存在していないようで、ペテロはその絆に嫉妬し、おそらく自分が一番だと安心したいと思っているのでしょうが、そうはいきません。ペーターはただ「そんなことはどうでもいい、自分に与えられた仕事をしなければならない」と言われてしまう。

ヤコブとエサウの物語を思い出します。 創世記25ここではエサウが長子であり、イサクからの生得権と祝福を相続することになります。ヤコブは母親の策略でイサクを欺き エサウのものを盗んだその後、彼はパダン・アラムに逃げ、叔父と一緒にそこに留まり、金持ちになりました。帰りの旅で天使と戦い、名前をイスラエルに変えてもらって、エサウと再会します。名前の変更は、ヤコブが御言葉からの真理で豊かになった今、同じく豊かなエサウとの友好的な出会いで、二人の双子は、たとえ話の中でイスラエルと呼ばれる一人の人物に統合され、心の中で善と真理の結合を意味します。

エサウはヨハネと似たような意味で、どちらも善良さや真の慈愛を表しています。ヤコブはペテロと似たようなものを意味します。どちらが重要かということで両者の間に敵意があるように見えても、どちらも役立たずになってしまいますし、天使のようになっている人(誰もが目指すべき人)には敵意はありません。真理は善を可能にし、善は何かを成し遂げるために真理を鼓舞する。私たちはそれらを別々に考えて話すことができますが、それらは(主の中では完全に、天使の中ではそうではありませんが)結婚しているように見えるように一体に結合されています。主の神聖な善と神聖な真理の結婚は、すべての創造の原点です。そう、すべての被造物です。

この善と真理の結婚、そしてバランスと調和のとれた生活の中で両方が働く必要性は、新キリスト教の中心的な概念です。

福音書では、この話の後にもう一つの話があります。その中で、残りの弟子たちは、主の最後の命令を聞くために、ここで述べた7人に加わります。


翻訳: