聖書

 

John 21:1-14 : ガリラヤ湖での朝食

内的意味を調べる

        

1 After these things Jesus shewed himself again to the disciples at the sea of Tiberias; and on this wise shewed he himself.

2 There were together Simon Peter, and Thomas called Didymus, and Nathanael of Cana in Galilee, and the sons of Zebedee, and two other of his disciples.

3 Simon Peter saith unto them, I go a fishing. They say unto him, We also go with thee. They went forth, and entered into a ship immediately; and that night they caught nothing.

4 But when the morning was now come, Jesus stood on the shore: but the disciples knew not that it was Jesus.

5 Then Jesus saith unto them, Children, have ye any meat? They answered him, No.

6 And he said unto them, Cast the net on the right side of the ship, and ye shall find. They Cast therefore, and now they were not able to draw it for the multitude of fishes.

7 Therefore that disciple whom Jesus loved saith unto Peter, It is the Lord. Now when Simon Peter heard that it was the Lord, he girt his fisher's coat unto him, (for he was naked,) and did cast himself into the sea.

8 And the other disciples came in a little ship; (for they were not far from land, but as it were two hundred cubits,) dragging the net with fishes.

9 As soon then as they were come to land, they saw a fire of coals there, and fish laid thereon, and bread.

10 Jesus saith unto them, Bring of the fish which ye have now caught.

11 Simon Peter went up, and drew the net to land full of great fishes, and hundred and fifty and three: and for all there were so many, yet was not the net broken.

12 Jesus saith unto them, Come and dine. And none of the disciples durst ask him, Who art thou? knowing that it was the Lord.

13 Jesus then cometh, and taketh bread, and giveth them, and fish likewise.

14 This is now the third time that Jesus shewed himself to his disciples, after that he was risen from the dead.

   内的意味を調べる

Explanation of John 21      

による Rev. John Clowes M.A.

Explaining the Inner Meaning of John 21

Verses 21:1, 2. That after his resurrection, the Lord manifested himself in common or general principles to those who were principled in good and truth.

Verse 21:3. And this at a time, when they were teaching the knowledges of truth and good for the reformation of mankind, but whereas they taught from themselves, and not from the Lord, therefore their teaching was fruitless.

Verses 21:4, 5, 6. On which account they are gifted with interior light, yet faint, from the Lord, instructing them that they ought to do all things from the good of love and charity, and that thus natural men might be converted to the truth.

Verses 21:7, 8. Which instruction is perceived to be from the Lord by those who are principled in the good of life, and also by those who are in the good of faith, therefore these latter are more and more confirmed in truth, though as yet it was in common or general principles, whilst the former, by the truth of doctrine, seek to lead natural men to the good of life.

Verses 21:9, 10, 11. Therefore they are made sensible of the divine presence in the truth of good, and in the good of love, and obeying the divine command, they acknowledge the fruitfulness and multiplication of good and truth, in all their fullness in the church, and in their coherence, to be of the Lord.

Verses 21:12, 13, 14. Yet it is granted them of the divine mercy to appropriate to themselves that fruitfulness and multiplication, by incorporating into their own minds and lives both good and truth from the Lord, whereby all doubt is removed concerning the divine presence, and they are fully convinced of the glorification of the Lord's Humanity.

Verses 21:15, 16, 17. On which occasion exploration is made concerning the conjunction of truth and good in the church, and divine admonition given, that it is the office of truth, or of those who are principled in truth, to instruct all who are in innocence, likewise all who are in the good of charity, and lastly, all who are in the good of faith.

Verses 21:18, 19. Divine warning is also given at the same time concerning the separation of truth, or faith, from good, or charity, teaching that the faith of the church in its rise is in the good of innocence, but when it is in its setting, it would no longer be in that good, nor in the good of charity, but would be led by evils and falsities.

Verses 21:20, 21, 22, 23. But still the good of charity would remain with those who are of the Lord, even to the end of the church, and when there is a new church, and not with those who are in truth separate from good.

Verses 21:24, 25. For they, who are principled in the good of charity, bear faithful witness to the truth, being convinced of the truth by its light in their own minds, yet they cannot unfold the whole of the divine operation, because the church is not in a state to receive it.

スウェーデンボルグ

スウェーデンボルグの作品の解説または参考文献:

Arcana Coelestia 2921, 4973, 7852, 10061

Apocalypse Revealed 405, 890

Conjugial Love 316


References from Swedenborg's unpublished works:

Apocalypse Explained 513, 600, 820

De Domino 45

その他の解説

  ストーリー:



同様の聖書の一節へ飛ぶ

Psalms 127:2

聖書の意味

disciples
When we read the Gospels and see Jesus addressing the disciples, we assume His words are meant for us as well. And indeed they are!...

sea
'The sea and the waves roaring' means heresy and controversies in the church and individual.

simon
'Simon, son of Jonah,' as in John 21:15, signifies faith from charity. 'Simon' signifies worship and obedience, and 'Jonah,' a dove, which also signifies charity.

peter
Peter – born Simon, son of Jonah – is certainly one of the Bible's most important figures, second only to Jesus in the New Testament....

cana
The village of Cana is mentioned just three times in the Bible, all in the Book of John. At a wedding there, Jesus performed his...

galilee
Galilee was the northernmost province of Biblical Judea, a hilly area relatively remote from the center of Jewish culture in Jerusalem and bordered by foreigners...

saith
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

go
In the physical world, the places we inhabit and the distances between them are physical realities, and we have to get our physical bodies through...

say
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

answered
To "answer" generally indicates a state of spiritual receptivity. Ultimately this means being receptive to the Lord, who is constantly trying to pour true ideas...

said
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...

cast
For something to be cast down or cast out generally refers to a rather dramatic move from a higher spiritual state to a lower one....

net
To cast the net on the right side,' as in John 21:6, signifies teaching the good of life.

side
'Side' signifies good or spiritual love.

fishes
Fish signify sensual affections which are the ultimate affections of the natural man. Also, those who are in common truths, which are also ultimates of...

disciple
When we read the Gospels and see Jesus addressing the disciples, we assume His words are meant for us as well. And indeed they are!...

heard
Thanks to modern science, we now understand that hearing actually happens in the brain, not the ears. The ears collect vibrations in the air and...

saw
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

fish
Fish signify sensual affections which are the ultimate affections of the natural man. Also, those who are in common truths, which are also ultimates of...

bread
The idea of a “loaf” in the Bible is very closely tied to the idea of “bread,” and is often used to mean bread: Jesus...

Full
'To satiate' relates to the extent of a person's will, for good or evil.

third
The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

risen
It is common in the Bible for people to "rise up," and it would be easy to pass over the phrase as simply describing a...

スウェーデンボルグ財団からのビデオ

ここに示されているビデオは、スウェーデンボルグ財団の友人のご厚意により提供されています。 これらの詳細については、 swedenborg.com をご覧ください。


What the Bible Is - Swedenborg and Life

Is the Bible just an outdated book of confusing and contradictory moral lessons? Here’s one spiritual explorer’s philosophy on the hidden meaning of the Word.

John 21:6-6 >> 35:25
John 21:9-10 >> 35:25
保護者や先生のためのリソース

ここにリストされている項目は、新エルサレム教会ジェネラルチャーチの友人たちの好意により提供されています。 このリンクに従ってライブラリ全体を検索/閲覧できます。


 Breakfast by the Sea
Provides an overview of the story, key points, and discussion ideas for use at home or with a Sunday School class.
Activity | All Ages

 Breakfast with the Risen Lord
Shows the Lord by the sea having breakfast with disciples.
Coloring Page | Ages 7 - 14

 Casting Our Net on the Right Side
Activity | All Ages

 Flowers and Faith
As we appreciate the flowers around us, we can reflect on the way flowers bloom in the springtime when warmth and light are both present.
Activity | All Ages

 Genuine Faith in Marriage
The pathway to conjugial love in marriage involves looking to the Lord for enlightenment by reading His Word and applying it to our lives. We must be willing to work together in marriage and use the truths of the Word to serve others.
Worship Talk | Ages over 18

 Jesus Appears
The Lord was not like you and me. When we die we lay aside our earthy body for ever. The Lord did not lay aside His earthly body—He made it Divine.
Sunday School Lesson | Ages 11 - 17

 Quotes: Having Faith in the Risen Lord
Teaching Support | Ages over 15

 Seeing the Lord
Worship Talk | Ages over 18

 The Charge to Peter
This sermon describes the meaning of the Lord's charge to Peter to feed and tend His flocks. 
Worship Talk | Ages over 18

 The Disciples See the Lord After His Resurrection
Worship Talk | Ages 7 - 14

 The Drawing Power Of Love
If we remember to approach life from “the right side” (from love, charity, kindness) we will be fruitful.
Activity | Ages over 18

 The Lord and His Disciple, Simon Peter
Four scenes about the Lord and Peter from the gospels of Matthew and John, and two later scenes from the book of Acts.
Activity | Ages 11 - 14

 The Lord's Breakfast by the Sea
This is a re-telling of John 21:1-14 for young children with beautiful color pictures. 
Story | Ages 4 - 10

 The Miraculous Catch of Fish
The Lord did this miracle twice. Once when He called fishermen to be His disciples, and again, when He had breakfast with them by the Sea of Galilee. What is the same? What is different?
Activity | All Ages

 The Miraculous Catch of Fish
Sunday School Lesson | Ages 9 - 12

 The Miraculous Catch of Fishes
Worship Talk | Ages 7 - 14

 To Love Is To Do
Spiritual tasks offer a reflection on a Biblical story and suggest a task for spiritual growth.
Activity | Ages over 18

解説

 

ガリラヤ海の朝食      

による Joe David (機械翻訳された 日本語)

The net was so full that they could not draw it into the boat.

ヨハネによる福音書の終わり近くに ヨハネによる福音書21:1-14イエスの十字架につけられて復活してから数日後、イエスの弟子7人がエルサレムから北上して、ガリラヤの海に行ったという話があります。ペテロの勧めで、彼らは皆、ペテロの船に乗って釣りに出かけました。しかし、彼らは一晩中漁に出ようとしましたが、運がなく、何も釣れませんでした。彼らは海岸の近くにいましたが、早朝の光が差し始めた頃、水辺に立っている男を見ました。彼は彼らが何かを捕まえたかどうかを尋ねる彼らに声をかけます。彼らは "いいえ "と答えると、彼は "ボートの反対側を試してみてください "と、それらを指示します。彼らはこれを行うとき、彼らはあまりにも重いので、ボートにネットを運ぶことができないように多くの魚をキャッチします。そこで、魚の入った網を底に乗せて、岸に向かって漕いでいくのです。

最初のうちは、彼らが見ている人がイエスであることに気がつきませんでした。イエス様は小さな火を焚いて魚を調理していて、一緒に朝食を食べようと誘っています。 そして、ヨハネはペテロに静かに「イエス様だ」と言います。ペテロはマントをつかみ、裸を隠すためにマントを自分に巻いて、すぐ近くまで来ているので、泳いで岸まで飛び込みました。

この物語には、いくつかの興味深い内容があります。主の昇天後に起こったことの物語の最初のものはエルサレムかその近くで行われたが、この物語はガリラヤにある。この弟子たちのうち、5人が名前を挙げられていますが、私たちが知っている5人のうち、少なくとも4人はガリラヤ出身ですから、そこに来るということは、彼らは故郷であり、彼らは漁師ですから、漁に出るということは、彼らの血が流れています。名前が挙がっている五人は、シモン(またはペテロ)、ヤコブとヨハネの兄弟、トマスとナタナエル、そして名前が挙がっていない二人で、七人を構成しています。 名前のない二人は、ペテロの弟のアンドリューとナタナエルの友人のフィリップで、二人とも湖の近くの地域の出身であることが分かっています。

ペテロとヨハネが墓場で見た天使たちは、イエス様がガリラヤで「山」でお会いになると言っていたので、この七人はガリラヤから来たので、先を急ぎ足で進んだのかもしれません。

彼らの名前を見て、文字通りの意味は何なのか、霊的な意味で何を表しているのかを見てみましょう。

- シモンはイエスによって「ペテロ」と改名されましたが、これはギリシャ語で岩を意味し、彼の場合はイエスが神から来たというキリスト教の最も堅固で決定的な岩、すなわち真理を意味します。

- ヨハネは愛や慈愛を意味します。

- ジョンの弟のジェームズは、慈善事業を行うことを意味しています。

- ナタニエルは神からの贈り物という意味で、フィリップの友人である私は、彼が表している神からの贈り物は、理解を満たすものを学ぶことへの愛、私たちの好奇心ではないかと考えています。

- トマスはギリシャ語で双子を意味し,ペテロのすぐ後に名前が付けられているので,似たような表現をしているのかもしれません。 ペテロは自分が見たことや主が語ったことで簡単に主を信じているのに対し、トーマスは信じていますし、同じように強く信じています。

福音書の中で「ガリラヤ海」の周辺で起こる物語の中で最も多く語られている町は、ベツサイダ、カペルナウム、カナ、ナザレです。ベツサイダとは、それ自体が「漁場」という意味です。私が持っている地図は縮尺が小さく、すべてが正確に一致しているわけではありませんが、湖の北端か、湖に流れ込む直前のヨルダン川の上流にあることを示しています。北西岸にはカペルナウムとマグダラがあり、内陸にはカナとナザレがありますが、湖のこの一角から西に4、5マイルしか離れていません。この地域は、これらの弟子たちのほとんどが育った場所であり、漁業が一般的な職業でした。

ガリラヤという名前は「一周」という意味です。 御言葉は、イエスが湖の周りの町々で教えていたことを教えているので、その国でイエスが教えていたこと、していたことをすべて読むと、イエスの教えの「一周」と考えることができます。

次の関心事の詳細は、主が船の反対側を提案したときに、何もない長い夜の後に、結果として大漁になったということです。 これは、次の箇所で述べられている釣りの出来事を思い起こさせます。 ルカによる福音書5:4-7.弟子たちは「人の漁師」にならなければならないので(以下のように マタイによる福音書4:19)、人々を説得して主であるキリストの知識と礼拝に導くのが彼らの務めであり、彼らは常に主に導かれなければならないという教訓なのかもしれません。

そこでヨハネは気づき、ペテロに「主だ」と囁く(ヨハネによる福音書21:7)とピーターはすぐにマントを羽織って飛び込んで早く岸に着きます。なぜ最初に気づくのはヨハネなのでしょうか?ヨハネが愛と愛情を表しているのに対し、ペテロは信仰や真実を表しています。真理がペテロのように行動する手段であるのに対し、愛はつながる手段であり、それはヨハネがしたことです。そして、ペテロはなぜマントを掴んで着る必要があったのでしょうか。 御言葉の中の衣は、すべての人が探せば持っているであろう霊的なものについての真理を表しており、それはペテロを弟子として形成する特定の真理であり、「あなたはキリストである」(マタイによる福音書16:16-18この真理こそがキリスト教会の岩石なのです。この真理を自分の一部として持つことは、主に会うために必要なことです。

皆が岸に着いた時、イエス様が「釣った魚を持ってくるように」と言われたので、ペテロは水の上に行って、網を全部砂の上に引っ張り上げて、153匹の魚を数えました。そして、イエスは彼ら全員を食事に誘われました。

この物語には奇妙な記述がある"弟子たちは誰も彼に『あなたは誰ですか』と尋ねようとしなかったが、それが主であることを知っていた。(ヨハネによる福音書21:12).彼らは知っていたはずです、彼らは数年前から主に従っていたのですから。これは、キリスト教会がまだ主の本当の姿を理解していないことを思い知らされたのでしょうか。カトリック教会はこのことを300年以上も議論してきましたが、決定するはずだった公会議では、父、子、聖霊の3つの別々の人物が一つの神の頭の中にいるという結論に達しました。 現在のキリスト教会の中には、父と永遠に生まれた子の二人に焦点を当てている教会もあるようですが、この二人が一緒に支配しているようです。

新キリスト教会は、イエス様は神と人間の両方で生まれましたが、イエス様が生きている間にゆっくりと、しかし避けられない変化があったことを理解しています。イエスは、神、エホバをその内なるものとして生まれ、この内なるものを覆うものとして、マリアからの人間の血統と体を持って生まれたのです。マリアはダビデの王家の出身であったことを思い出すかもしれませんが、それゆえに、その血統は強くて包括的なものであり、それゆえにユダヤ人の礼拝の形に結びついたすべてのものを代表していたのです。イエス様が生きている間(どのくらい早くに始まったかはわかりませんが)、イエス様はマリア様からのものを取り除き、それに対応する神的なものを、ご自身の内側から、その代わりに身につけて、イースターの朝には、ご自身の母親からのものがすべて散り散りになって消えて、完全に神的なものとなったのです。神はただ一人です。

この小さな物語の中で、網にかかった魚の数が語られていますが、なぜ今、ペテロが皆が待っている間に時間をかけて魚を数えることが重要だと思われるのでしょうか。新キリスト教会に明らかにされたことは、御言葉の物語の中で使われているすべての数字は、物語の中で文字通りに使われていなくても、その数字に属する意味を持っているということです。153という数字は、「150」と「3」の組み合わせとして見ることができ、どちらも強い意味を持っています。三」から始まって、これだけ頻繁に使われているのですから、何か意味があることは間違いないでしょう。イエス様は三日目によみがえられました。また、「三」とは、何かを完成させるために必要なもの、それをしたいという願いや願望、それをするための知識、そして実際にすることの数です。これは、ケーキを焼くことから、主の愛、主の知恵、宇宙を創造した主の行為に至るまで、どんなことにも当てはまります。百五十はそう単純ではありません。御言葉の中で使われているのは二つの場所だけで、完全な変化、何かの終わりと別の何かの始まりを意味していると言われています。それはここでも洪水の話の中でも使われています。 創世記7創世記8:3"そして水は地の上に百五十日続いた" "...そして、水は地表から絶えず戻ってきて、百五十日の終わりの後、水は減った"ここでの使用は、"アダム "と呼ばれる教会の終わりと "ノア "と呼ばれる教会の始まりを意味するということです(このウェブサイトの "教会 "を参照してください。 天界の秘義812, 846). 私たちが考えている物語では、それはイスラエルと呼ばれる教会の終わりとキリスト教会の始まりを意味していますが、それはおそらく一日か二日後に主が山ですべての弟子たちと会い、説教と癒しのために彼らを送り出したときに完成します。

この物語の最初の部分は、7人の弟子たち全員がイエス様と一緒に海辺にいて、イエス様が彼らにパンと焼き魚の朝食を与えたことで終わります。


翻訳: