聖書

 

1 Kings 22:1-18 : Ahabはパターンを好まない

Study

        

1 And they continued three years without war between Syria and Israel.

2 And it came to pass in the third year, that Jehoshaphat the king of Judah came down to the king of Israel.

3 And the king of Israel said unto his servants, Know ye that Ramoth in Gilead is ours, and we be still, and take it not out of the hand of the king of Syria?

4 And he said unto Jehoshaphat, Wilt thou go with me to battle to Ramoth-gilead? And Jehoshaphat said to the king of Israel, I am as thou art, my people as thy people, my horses as thy horses.

5 And Jehoshaphat said unto the king of Israel, Inquire, I pray thee, at the word of the LORD to day.

6 Then the king of Israel gathered the prophets together, about four hundred men, and said unto them, Shall I go against Ramoth-gilead to battle, or shall I forbear? And they said, Go up; for the Lord shall deliver it into the hand of the king.

7 And Jehoshaphat said, Is there not here a prophet of the LORD besides, that we might inquire of him?

8 And the king of Israel said unto Jehoshaphat, There is yet one man, Micaiah the son of Imlah, by whom we may inquire of the LORD: but I hate him; for he doth not prophesy good concerning me, but evil. And Jehoshaphat said, Let not the king say so.

9 Then the king of Israel called an officer, and said, Hasten hither Micaiah the son of Imlah.

10 And the king of Israel and Jehoshaphat the king of Judah sat each on his throne, having put on their robes, in a void place in the entrance of the gate of Samaria; and all the prophets prophesied before them.

11 And Zedekiah the son of Chenaanah made him horns of iron: and he said, Thus saith the LORD, With these shalt thou push the Syrians, until thou have consumed them.

12 And all the prophets prophesied so, saying, Go up to Ramoth-gilead, and prosper: for the LORD shall deliver it into the king's hand.

13 And the messenger that was gone to call Micaiah spake unto him, saying, Behold now, the words of the prophets declare good unto the king with one mouth: let thy word, I pray thee, be like the word of one of them, and speak that which is good.

14 And Micaiah said, As the LORD liveth, what the LORD saith unto me, that will I speak.

15 So he came to the king. And the king said unto him, Micaiah, shall we go against Ramoth-gilead to battle, or shall we forbear? And he answered him, Go, and prosper: for the LORD shall deliver it into the hand of the king.

16 And the king said unto him, How many times shall I adjure thee that thou tell me nothing but that which is true in the name of the LORD?

17 And he said, I saw all Israel scattered upon the hills, as sheep that have not a shepherd: and the LORD said, These have no master: let them return every man to his house in peace.

18 And the king of Israel said unto Jehoshaphat, Did I not tell thee that he would prophesy no good concerning me, but evil?

    内的意味を調べる

解説

 

アハブはそのパターンを好まない

     

による Rev. Eric Carswell (機械翻訳された 日本語)

エホシャファトは言った,「主の預言者がまだここにいて,わたしたちが主に尋ねることができるのではないか」。 そこで、イスラエルの王はエホシャファトに言った。"イムラの子ミカヤという人がまだいて、私たちはその人に主を尋ねることができますが、彼は私について良いことを預言せず、悪いことを預言するので、私は彼を憎みます。"(Ⅰ列王22:7-8)

アハブ王は、主の預言者からいつも悪い知らせを聞くことに不満を抱き、ほとんど滑稽な姿をしています。 彼の反応の最も驚くべき点は、いつも来る悪い予言に自分が個人的に責任を負っているという事実に全く気付いていないように見えることです。 アハブは、自分が聞いたことに明確なパターンがあることを指摘していましたが、それに対して自分が何かできることがあるかどうかは、彼の意志にはありませんでした。

人生にパターンがなければ、何も学ぶことはできません。 もし、私たちの心が認識できるような世界の秩序がなければ、私たちは、視覚、聴覚、嗅覚、触覚などの雑多なものに圧倒され続け、何かを選択するのにひどく制限されてしまうでしょう。 例えば、あなたが座っている教壇が、薄いボール紙程度の強度しかなく、今のようにあなたを支えていることがあるとしたらどうでしょう。 それが安全なものかどうかはわからないでしょう。 自分の好きなリンゴが、いつものジューシーな味の時と、見た目の変化もなく、ひどく不味い時があるとしたらどうでしょう。 食べるのをためらってしまうのではないでしょうか?

人と人との関係では、そのパターンは必ずしも明確ではありません。 私たちは、何かを言ったり、やったりしたときに他の人から返ってくる反応に大いに驚かされることがあります。 自分では何でもないことを言ったつもりでも、そのことが原因で相手の怒りが爆発してしまうこともあります。 役に立とうと思っても、かえって問題を悪化させてしまうこともあります。

まもなく1年が終わり、新しい年が始まります。 多くの人がこの年の変わり目に、過去1年間に起こったことを振り返るのが一般的です。 雑誌などでは、一年の出来事を写真で振り返る記事が掲載されており、その中で誰が特に貢献したかを考えたりします。 また、この1年の自分の人生を振り返り、出来事のパターンを考えることもできます。

主は、私たちがこのような反省をすることを強く勧めておられます。 今の時期にそのようなことを考えるのに適していないように思えても、自分の人生の重要なパターンを認識する時間を作ることは絶対に必要です。つまり、自分が気にかけていることや考えていることのパターン、自分の言動のパターン、そしてそれらの言動が生み出す結果のパターンです。 パターンが見えなければ、多くを学ぶことはできず、自分にとっても周りの人にとっても良くない習慣を続けることになるでしょう。

王としてのアハブは、私たちの心の中にある理解力の部分を表しています。この部分は、私たちが下す決断や、何が最も重要であるかについての私たちの視点を左右します。 主は私たちに、自分の精神的・自然的な人生のパターンを自由に振り返る能力を与えてくださいました。 神の摂理」278章で述べられているように、人間には高次の思考と低次の思考、あるいは内的な思考と外的な思考の可能性があるので、これらのことを見る能力が与えられているのです。 高次の思考、つまり内的な思考から、低次の思考、つまり外的な思考で起こっていることを見ることができます。 気分が良いとか悪いとか、いつもより頭が冴えているとかいないとか、そういうことに気づくことができます。

しかし、自然な観察では得られない人生の重要なパターンがあるため、これらの能力は一人ではあまり意味がありません。 アハブが問題児と見なした預言者ミカヤは、神の啓示を初源とする主からの真理を表しています。 神の啓示がなければ、私たちが知ることのできないことがたくさんあることは、『聖書』の次の一節に明確に述べられています。

.御言葉がなければ、誰も霊的な知性を持つことはできません。霊的な知性とは、神についての知識、天国と地獄についての知識、死後の人生についての知識を意味します。また、主について、主への信仰と愛について、さらには、救いをもたらす贖罪についても何も知りません。主は弟子たちにこう言っています。"主が弟子たちに「わたしなしでは何もできない」(ヨハネ15:5)、ヨハネに「人は天から与えられなければ何も受けることができない」(ヨハネ3:27)と言っているように。 聖典の教義 114)

私たちが主について、また真善美なものについて御言葉から学ぶことは大切です。 しかし、あなたの知識も私の知識も、現実にあるものについての記述や、関心、思考、発言、行動のあるパターンの結果についての記述が、私たち自身の人生にどのように関係するかを認識しなければ、比較的役に立たない。 私たちは、自分たちの生活の中でこれらのパターンを見たくありません。

ここに別の一節があります。

. .人は、自分の意志の中にある自分自身のものから来るもの以外は、何も理解しようとしない。人は自分の意志の中にあるものから、自分自身と世界に関係すること以外は何も理解しようとはしない。(聖典の教義 115)

しかし、私たちは、自分自身や自然界のものの上には、この世よりも現実的で永続的な霊的世界があることを明確に教えられています。 私たちの心と精神は、常にその世界の他の霊と一緒にいるとはっきり教えられています。 彼らの存在がなければ、私たちは何も考えず、何も気にしないでしょう。 日々の思考と行動のパターンを追求することで、私たちは他の霊のコミュニティとの結びつきを強めています。 私たちの日々の選択は、私たちの永遠の未来に対するスピリチュアルな投資なのです。 ある人は、他人を批判したり、ちょっとしたことですぐに腹を立てたりするようになることを保証してくれる霊の共同体と、日に日にはっきりと結びついていきます。 ある人は、自分にも他人にも真実を語ることがほとんど不可能になるような霊の共同体に、これまで以上にはっきりと自分を結びつけています。どんな面倒な出来事も説明されたり、正当化されたりします。 またある人は、周囲の人々に奉仕することに最大の喜びを見出す共同体と自分を結びつけている。 また、真の意味で主に従うためには、何が真実なのかを理解することが唯一の方法であることを知っている人たちもいます。 天国でも地獄でも、私たちが日々の選択によって最も密接に結びついている来世の一つの共同体が、私たちが死後永遠に生きる共同体となるのです。

自分がどのような共同体につながっているのかを知るにはどうすればよいのでしょうか。 何が真実かを知ることから、自分の人生のパターンを振り返ることである。

自分の中にある善と真実の感情や、自分の喜びや快楽について考えている人、あるいは考えることができる人は、他のものよりも[ある感情]に強く傾いていることに気づくだろうが、考えなければこれらのことなどは現れない。 (Arcana Caelestia 3980)

アハブは、自分の行動を非難するような人生のパターンを見ようとしませんでした。 彼は、素晴らしいことを約束する偽預言者に耳を傾けたいと思っていましたが、主が創造した秩序という現実から逃れることはできませんでした。 彼が聞こうとしまいと、その秩序の結果は彼の人生に影響を与えます。

私たちは、死後の世界でどのような生活を送ることになるのでしょうか。 聖典によると、善と悪の愛の違いが、美しい環境と醜い環境の違いにどのように対応しているかを知っていれば、永遠に続く自分の境遇を知ることができるという。 これについては、『天国と地獄』という書物の次の一節に書かれています。

対応関係の知識]に従事している人は、自分の愛を知り、その愛がその性質上、すべての愛が遡る支配的な愛とどのように関係しているかを知っていれば、死後の自分の状態を認識し、知ることができる。

しかし、自己愛に関与している人は、自分の支配的な愛が何であるかを知ることができません。なぜなら、彼らは自分のものを何でも愛し、自分の悪を善と呼ぶからです。 また、自分を支え、自分の悪を合理化するために使っている偽りの概念を、偽りのものを真と呼んでいます。 しかし、もし彼らがその気になれば、賢明な他の人々から[彼らの支配的な愛]を知ることができますが、後者は彼ら自身が見ていないものを見ています。しかし、自己愛に溺れて、賢明な人のどんな教えも軽蔑するしかなく、賢明な人は自分自身が見ていないものを見ているという人の場合には、このようなことは起こりません。しかし、自己愛に魅せられて、賢明な人の教えをすべて捨ててしまうような人の場合は、このようなことはあり得ません。

一方、天の愛にある人は、教えを受け入れ、自分が生まれてきた悪に導かれると、それを見ることができます。 真理が悪を明らかにするので、真理から見るのです。 実際には誰でも、善いものから生じる真理から見ることによって、悪とそれが引き起こす歪みを見ることができますが、悪の立場から善いもの、真のものを見ることができる人はいません。 それは、悪から生じる誤った概念が闇であり、それに対応しているからです。 ですから、悪から生じた誤った観念(概念や偏見)にとらわれている人は、光の中にあるものを見ない盲人のようなもので、フクロウが昼間の光を避けるように、それを避けているのです。 (天国と地獄 487)

私たちは皆、精神的な欠点や欠陥があることを認めるだけでは十分ではありません。 このような認め方は全く価値のないものになりかねず、真のキリスト教ではそのように表現されています。

自分が罪人であることを口先で告白するだけでは悔い改めではなく、また、......についての様々な詳細を語ることでもないことを、与えられた理由から理解できない人はいないでしょう。?悩みや苦しみの中にある人にとって、肺や唇からため息やうめき声を発し、胸を叩いてすべての罪を自分になすりつけ、それでも自分の中の罪を意識しないことほど簡単なことがあるだろうか。その時、彼の愛を占拠している極悪非道な大群は、彼のため息とともに去っていくのだろうか?むしろ、それらのものにヒスを起こして、以前のように自分の家のように彼の中に留まるのではないか?このことから、このような悔い改めは、御言葉で意味されているものではなく、言われているように、悪業からの悔い改めであることが明らかである。(真のキリスト教 529)

あなたは、来年1年間で最も改善したいと思う人生の質は何か知っていますか? 主は私たちが一度に多くの問題に取り組むことをお勧めしません。 主は、私たちが霊的に向上するために取るべきステップを非常に明確に説明しています。

ですから、「人はどのように悔い改めるべきでしょうか?つまり、自分自身を吟味し、自分の罪を認識し、主に祈り、新しい生活を始めなければならないのです。吟味なしには悔い改めができないことは、前節で示しました。しかし、吟味は自分の罪を認識する以外に何の役に立つのでしょうか。そして、自分の罪が自分の中にあることを認めること以外に、なぜ自分の罪を認める必要があるのでしょうか。そして、これらの3つのことは、人が主の前で自分の罪を告白し、助けを求めて祈り、そして求められる目的である新しい生活を始めること以外に、何の役に立つのでしょうか。これが実際の悔い改めです。 (真のクリスチャン宗教 530)

主は私たちが本当に幸せになることを望んでおられます。 主は、私たちに与えられた賜物や才能を使って、私たちの周りの世界を他の人や自分自身にとってより良い場所にするという喜びを持つことを望んでおられます。 主は、私たちが正しい判断を下し、人生においてこれまで以上に明確に主に従うために知っておかなければならないことを学ぶのを助けるために、主の御言葉を与えてくださいました。 私たちは、御言葉から学び、学んだことを使って、自分の関心事、考え、言葉、行動のパターンを振り返る必要があります。 新しい年を迎えるにあたり、私たち一人ひとりが、今年が私たちと私たちに関わるすべての人々にとってより良い年となるよう、個人的な仕事に取り組むことができますように。

(参照: 神の摂理278 [1-3]; 聖書の教義114, 115)


翻訳: