霊魂と肉体との交流 #2

        
/ 20  
  

2. 前述したように、霊的流入こそ秩序と法則にかなっているため、学問の世界でも、知恵のある人たちによって、他の二つの説以上に認められ受け入れられています。秩序に根差しているものは真理です。真理は、内在の光に照らされて明晰判明にみずからを現します。それは仮説をたてるときなどで理性が暗闇にあってもそうです。

仮説を立てる時の暗い陰になるものが三つあります。霊魂とは何かについて知らないこと、霊とは何かについて知らないこと、そして流入とはどんなものか知らないことです。すなわち、理性が真理を見ることができるようになるまで、以上の三つの無知について説明しなくてはなりません。なぜなら、仮説上の真理は真理そのものではなく、推定された真理でしかありません。それは夜空の星の光で、壁に書かれた絵を見ているようなものです。幻想によって精神は、いろいろな形を付け加えます。夜明けの日の光が射してきて、大雑把な輪郭だけでなく、隅々まで分かり、はっきりみえてくると、やがて違ってきます。

仮説をたてるときは、そのような真理の陰のようなものがあります。しかし自然にたいする霊の関係、人間の霊魂の本質と性格、その霊魂に流れる流入の性格、感知力や思考力への影響、そこから肉体に及ぼす流入の性格などを知るとき、その暗がりから脱して、真理が開かれてきます。

ただし以上のことは、自然世界の人とつきあいながら、霊界で天使たちの仲間入りをして、主から教わるのでなければ、人から教わって分かるようなものではありませません。

それでわたしには、そのチャンスが与えられました。つまり以上がそれぞれどんなものかは、「結婚愛」について記した小著にあります。 326-329節のメモには、霊的なものについて、315節には人間の霊魂について、380節には流入について、412節から422節にも、それが豊富に記されています。〈愛の善〉と〈信仰の真理〉は、神から発して人に流れてくること、その流入は人の霊魂に流れてくること、そして精神の中でそれが感じられること、それが思考に発してコトバとなって溢れ出、また意志に発して行動になることなどについて、知ることができる人が果たしているでしょうか。それで霊的な流入の存在、その起源および派生経路などが、次の順序で明らかになります。

第一 二つの世界がある。それは霊と天使のいる霊界、人間がいる自然の世界である。

第二 霊界は、それなりの太陽を起源に実在存続し、自然の世界も、それなりの太陽を起源に実在存続する。

第三 霊界の太陽は純粋愛である。それは中央におられる神エホバのみ力による。

第四 その太陽から熱と光が出ている。その発する熱の本質は愛である。その発する光の本質は英知である。

第五 その熱も光も人間に流れ入っている。熱は意志のなかに入り、そこで愛の善を生み、光は理性のなかに入り、英知の真理を生む。

第六 以上の熱と光、あるいは愛と英知の二つは、一つになって、神から人間の霊魂に流れてくる。霊魂をとおして精神に入り、それが情愛と思考に入り、そこから肉体と感覚に入り、それから言語と行動に及んでくる。

第七 自然界の太陽は、純粋の火である。これを通して、自然の世界が実在存続する。

第八 この太陽から発するものは、それ自身としては、すべて死んだものである。

第九 人が衣服をつけるように、霊的なものは自然的なものを身にまとっている。

第十 人はそのように霊的なものを身にまとうことで、合理的・道徳的に、つまりは霊的・自然的に生きられるようになる。

第十一 以上の流入は、本人の愛と英知の状態に応じて受け止められる。

第十二 人にある理性 intellectus は、合理性 ratio を耕すに応じ、天界の天使が宿している光すなわち英知に挙げられ得る。同じく人の意志は、生活の行いに応じて、熱すなわち愛のなかに挙げられ得る。ただし人が理性の英知が教えるところを欲し行わないかぎり、意志の愛は挙げられない。

第十三 動物の場合は、それとまったく違っている。

第十四 すべて流入が行われるさい、霊界にも三段階、自然界にも三段階ある。

第十五 第一段階は目的、第二段階は原因、第三段階は結果である。

第十六 霊的流入とはどんなものか、起源から結果にいたるまで、以上ではっきりする。

ここで一つ一つについて、簡単に説明します。

第一 二つの世界がある。それは霊と天使のいる霊界、人間がいる自然の世界である。

  
/ 20  
  

Translate: