生命の教義 #1

Study this Passage

     
/ 114  
  

1.一 宗教はすべて〈いのち〉にかかわっている。そして宗教の〈いのち〉は善をなすことである。

宗教をもっている人なら、みな善良な生活をすれば救われ、邪悪な生活をすれば罰せられることを、知り認めています。善良な生活をすれば、神や隣人について考えることも善良です。邪悪な生活をすれば違います。人間の〈いのち〉はその人の愛です。人は、自分が愛することをするとき自由で、それについて考えるときも自由です。したがって〈いのち〉とは、善を行うこととも言えます。なぜなら善を行うことは、善を考えることと、同時進行しているからです。両者が同時進行しない場合、人には〈いのち〉がありません。ただこれについては、これから述べていくつもりです。

/ 114  
  
   Study this Passage
From Swedenborg's Works

   Parallel Passages:

Last Judgment (Posthumous) 268


   Swedenborg Research Tools

Related New Christian Commentary
Videos from the Swedenborg Foundation

The videos shown here are provided courtesy of our friends at the Swedenborg Foundation. You can find out more about them here: swedenborg.com.


Will Life Be Different When You Die?

What is life in the afterlife like? Is it very different from our life in this world? We take a look at what's similar and what's different with regard to religion, jobs, relationships, and more!


Many thanks to Arcana Press for their permission to use this translation online.


Translate: