studieren Sie diesen Abschnitt

     
/ 20  
  



/ 20  
  
   studieren Sie diesen Abschnitt
Table of Contents
霊魂と肉体との交流とは、一方が他方に与える作用、あるいは双方の作用のことであり、これには仮説として三つの意見、あるいは伝統的考え方があります。第一は物理的流入、第二は霊的流入、第三は予定された調和 Harmonia praestabilita です 1-2 霊や天使がいる霊界が存在し、それが人間のいる自然世界と違うことは、今までキリスト教の世界では、目につかないほど隠されていました。それは今まで、口ずから教え説いてくれた天使がいなかったし、天に上って見て来た人もいなかったためです。それで、あの世については無知のまま、天界や地獄についても生半可な信仰しかなく、人は愚かにも無神論的自然主義者になるしかありませんでした。はからずも主は思し召しによって、わたしの霊眼をひらき、天界を仰がせ、地獄に下らせ、その両者がどんなふうかを見せてくださいました 3 霊界にも太陽があり、自然界にも太陽があります。この二つの太陽は、まったく相違しています。そして、双方の世界は、太陽が起源になっています。霊的なものがすべて存在する霊界は、自然的なものの源になっている太陽から生まれるわけがありません。そこには物理的流入はありますが、それが霊界に流入を与えるなど、秩序に反することです。世界は太陽を起源に実在し、その逆ではないことは、原因と結果からも分かります。すなわち世界は個々全体にわたって、太陽によって存続しています。すなわち存続は実在を示します。存続とは、永久の実在だと言われるのはそのことです。太陽がなかったなら、それに属する世界は混沌と化し、無になることは、そこからも分かります 4 霊的なもの spiritualia は、愛以外のところから発出するはずはありません。愛はまた、愛そのものにまします神エホバ以外のところから発出するはずはありません。したがって、すべて霊的なものが迸り(ほとばしり)出る源となる霊界の太陽は、純粋な愛であって、その愛は太陽の中央にいます神エホバから発出するものです。その太陽自身は神ではありません。むしろ神のみ力による、神をとりまく、神よりの至近スフェアなのです。神エホバは、この太陽を介して宇宙を創造なさいました。ここで宇宙とは、世界にある万物の総体です。それは、われわれの天空の広がりにある星の数だけ存在します。 創造は、純粋の愛である霊界の太陽をとおして行われたことは、同時に神であるエホバによって行われたことでもあります。なぜなら、愛こそ〈いのち〉の存在そのものであるとともに、英知こそ〈いのち〉の実在で、あらゆるものは、愛と英知にねざして造られたからです。ヨハネによる福音書の次の〈みことば〉もそれを語っています 5 周知のとおり、〈みことば〉でも、牧師の通常の説教でも、神の愛は火で表わされます。例えば、天上的な火で心を満たされるとか、神に仕える尊い願望が燃えさかるなどと言います。そのわけは、火は愛に相応し、愛を意味するものだからです。エホバなる神がモーセの眼前の茂みで、火として現れたのはそのためです。またシナイ山の頂上で、イスラエルの子たちの前に現れたときもそうです。しかも祭壇には火を絶えずともし、夕方になると幕屋のなかで明りをともすよう命令されたのもそのためです。これは火が愛を意味するものだったからです 6 周知のとおり、万物はあまねく、善と真理に関係があります。善と真理の両者に関係をもたないものは、一つとして存在しません。したがって、人間にも〈いのち〉の器が二つあります。一つは善の器で「意志」と呼ばれ、もう一つは真理の器で「理性」と呼ばれます。善は愛に属するもの、真理は英知に属するものであって、意志は愛の器であり、理性は英知の器です。善が愛に属するものと言いましたが、それは人は愛するものを欲し、それがうまくいけば善だといいます。また真理が英知に属すると言いましたが、それはすべての英知は、真理に根差すものだからです 7 霊的流入にかんして、現在まで学者によって伝えられてきたことは、霊魂から肉体に及ぶ流入のことでしたが、まず霊魂に及ぶ流入があり、そこから流入は、霊魂をとおして肉体にも及ぶ 8 自然とその世界には、まず大気、さらに惑星天体と呼ばれている地球 tellures があります。われわれが住んでいるこの地球 orbis terraqueus もその天体のなかの一つです。そしてその表面を毎年のように装っていく個々にわたる万物があります。天体も万物も、その中心をなしている太陽によって、独自の存在を維持しています。つまりその光の放射をとおし、熱を加減することで、太陽はどこにでも現存します。以上は、経験と、感覚による情報と、居住可能状態の天体について記したもので、だれもがよく知っている事柄です 9 ここで、肉体の感覚から僅かでも高められ、理性を使って合理的に考えれば、だれにも分かることですが、愛はそれ自身として見ると生きています。そして生命は火の形で現れます。それにたいし、物質の素材からでる火は、それ自身として、前者と比較してみると、死んでいます。したがって、霊界の太陽は純粋の愛であり、生きていますが、自然世界の太陽は純粋の火であり、死んでいます。なお両者から発出したり実在化したりするものは、すべてそれに準じます 10  周知のとおり、作用にはすべて能動的なものと受動的なものがあります。能動的なものだけでは何も実在するようにはなりませんが、受動的なものだけでも何かが実在するようにはなりません。霊的なものや自然的なものでも同じです。霊的なものは活力 vis viva があり、能動的です。自然的なものは死んだ力 vis mortua であり、受動的です 11 前述のように、人が衣服を身につけるように、霊魂が肉体を身にまとっているという原理がはっきりしてくると、結論として次のことが言えます。霊魂は人の精神の中に流入を与え、精神をとおして肉体に流入を与えます。霊魂はそのさい、主から絶え間なくいただいている〈いのち〉をもたらしますが、肉体の中へは間接的な流入になります。それにもかかわらず、肉体の中では、あたかも肉体自身が生きているように、肉体はその〈いのち〉としっかり結びついています。その結果、何百回もの経験で分かっていることは、生きた力が死んだ力と合体しているかのように、霊的なものは物質的なものと一つになっていて、そのため人は合理的に話し、道徳的に行動することです 12 前述したように、人は〈いのち〉そのものではなく、神よりの〈いのち〉を受け入れる組織体です。〈いのち〉とは英知と合体した愛であるとすれば、神こそ英知そのもの、愛そのものであり、〈いのち〉そのものということになります。したがって、人が英知を愛すれば愛するほど、あるいは本人の中で英知が愛によって包まれていればいるほど、それだけ神の像、つまりは神よりの〈いのち〉の器になります。反対に、それに対抗する愛を宿していて、狂気に漬かっていればいるほど、それだけ神よりの〈いのち〉を受け入れず、地獄からの〈いのち〉を受け入れることになります。その〈いのち〉とは、いわゆる死です 13 前述したように、人間の精神とは、理性と意志という二つの能力のことです。理性とは、英知を本質とする天界の光の器であり、意志は、愛をその本質とする天界の熱の器です。英知と愛の二つは、太陽である主から発出し、天界をくまなくしかも個別的に流れわたり、そこからまた愛と英知は、天使たちにおよぶと同時に、この世にもくまなく、しかも個別的にゆきわたり、こうして人間に愛と英知があるわけです 14  肉体の諸感覚に映る外見だけで判断する人は、動物も人間とおなじように、意志と理性があると結論をくだします。ただ違うところは、人間は話すことができ、考え欲することをコトバにすることができるのにたいし、動物はそれを鳴き声で表すと考えます。ただし動物には意志も理性もありません。ただ意志や理性に似たものがありますが、学者たちはこれを類比 analogon と言っています 15  結果から原因を調べて見ると、段階 gradus には二種類あることが分かります。先のもの Priora と後のもの Posterioaという関係にある段階が一つで、もう一つはより大きいもの 16 だれもが分かっているように、目的は原因ではなく、原因を生み出すもの、原因は結果ではなく、結果を生み出すものです。したがってこの三つは、はっきり分かれて秩序ただしく連なっています。人がもっている目的は、本人の意志にある愛です。人は愛することを計画し、それを目指すからです。人がもっている原因は、本人の理性にある根拠 ratio です。なぜなら目的は、以上の根拠を とおして中間的な原因、すなわち能動原因 causaeefficientes を求めます。結果とは、その能動原因を出発に、しかもそれに応じて発する肉体の作用です。こうして人間には、高さの段階が連なっていると同様、三つのものが秩序正しく連なっています 17 霊的流入については、今まで霊魂から肉体への流入を扱いましたが、神から霊魂への流入、それから肉体への流入については、まだ扱っていません。そうなったのも実は、だれ一人霊界について、霊界の太陽について、また泉から溢れるように、万事霊的なものがその太陽から出てくることについて知らないし、その結果霊的なものが自然的なものへ流入することについて、何も知らないためです 18-20

Übersetzen