studieren Sie diesen Abschnitt

        
/ 535  
  

2. (訳注・本書2-25までは『真のキリスト教』731-752と同じ)。

あるときわたしは、東の天界の下にひとりの天使が飛んでいるのを見ました。ラッパを手にもち、それを口にあてて、北方に向かって吹きならし、西方に向かって吹きならし、それから南方に向かって吹きならしました。その天使はマントを身につけ、空中を飛ぶと、それがうしろへひるがえります。ルビーとサファィアのついたベルトをしめ、燃えるようにかがやいています。下に向かって飛んでいましたが、わたしがいたところと地面続きの地にゆっくり降りました。地面に足がつくと立ちあがって、あちこちへと歩き、それからわたしの方を見て、こちらへむかって歩いてきました。わたしは霊のうちにあり、南方位の丘陵の上に立っていました。

近づいてきたので、わたしは天使に話しかけ、「どうなさいましたか。わたしはあなたが吹いたラッパの音を聞き、空中を降下してくるのを見ていました」と言うと、天使は応えて、「わたしは遣わされてきました。それはこの地上で、キリスト教国出身の人のうち、教養と誉れのもっとも高い人、才能がもっとも豊かな人、英知の面でもその名がひいでている人を、あなたがいるこの丘陵に呼び集めるのが目的です。それは、かれらに『天上のよろこび』や、『永遠の幸福』について、この世でどのように考え理解し味わっているかを、正直に話していただくためです。

[2]. わたしがこうして派遣されたことにもわけがあります。わたしたちがいる天界の社会は東にあるのですが、俗世から最近やって来た人たちが言うには、キリスト教の世界のどこにも、天上のよろこびや、永遠の幸福、天界とはどんなところかなど、知っている人は一人もいないということです。それを聞いてびっくり仰天です。わたしの兄弟や仲間たちは、わたしにこう言いました。『霊たちの世界に下っていって、いちばん英知がある人たちを呼び集めてください。自然の世界を去ったばかりの人たちは、みんなそこへまず集まってくるわけです。できるだけ多くの人の口から確かなことを知りたいわけです。未来の生命について、キリスト信者にそんなにもひどい暗闇つまり無知の闇が存在していることが、本当かどうか知りたいものです』と」。

また天使は、

「しばらく待っていてください。こっちへ集まってくる知者の群れをご覧に入れます。主はかれらが集まれるような建物を備えてくださいますから」と言いました。

[3]. 待っていると、なるほど三十分ほどして、見えてきました。北方から二つのグループ、西方から二つのグループ、南方から二つのグループが来るのが見えます。到着すると、ラッパの天使の指図で、準備された建物に入りました。かれらは方位にしたがって、自分たちに定められた座席につきました。以上六つのグループでしたが、第七番目のグループは東からでした。ただ光にさえぎられて、他の人たちには見えませんでした。

天使はみんなが集まってから、集合の理由をあかし、それぞれのグループが「天上のよろこび」と「永遠の幸福」について、自分の英知を順序よく披露してくれるように頼みました。すると、それぞれのグループは輪になって顔と顔とをつきあわせ、前世で得た考えを呼びおこし吟味しなおし、話しあったあと、その結果を報告しました。

  
/ 535  
  
   studieren Sie diesen Abschnitt
Table of Contents
ここに書き記してあること、また各章に続くメモを読まれる方々のなかには、それが想像の産物だと思われる人が多いかもしれません。しかしこれが創作ではなく、実際にあったこと見たことであることを、わたしは本心をもって断言します。見たと言っても、睡眠中に見たのではなく、完全な覚醒状態の中で見た事実です 1-26 二. 天界における結婚について 27-44 三. 死んでからの夫婦の状態について 45-56 四. 本当の結婚愛について 57-82 五. 結婚愛は〈善と真理との結婚〉に由来すること 83-115 六. 主と教会との結婚、およびその相応について 116-137 七. 純潔と不純について 138-156 156b. 八.もはや二人ではなく、一つの肉であると言われた主の〈みことば〉は、結婚によって二人の霊魂と精神が結ばれることを意味する。 156b-183 九. 結婚をとおして、夫の側にも妻の側にも、その〈いのち〉の状態が変わること 184-208 十. 結婚にかんする普遍的なことがら 209-233 十一. 結婚における冷たさ、別居、離婚について 234-270 十二. 結婚における表面上の愛・友情・好意の原因について 271-294 十三. 婚約と結婚式 295-316 十四 . 再婚について 317-331 十五. 一夫多妻について 332-356 十六. 嫉妬について 357-384 十七. 結婚愛と幼児たちへの愛について 385-422 不倫な愛にかんする狂気の快楽. 十八.不倫の愛と結婚愛の対立について 423-444 444b. 十九. 私通 Fornicatio について 444b-461 二十 . 内縁関係について 462-477   478-500  以降、四つの章にわたって取り扱う欲情は、姦淫の欲情であることには変わりませんが、姦淫に飽きたらずに行われるもので、姦淫から派生し、ずっと重くなります。 501-505 二十三. 変化を求める欲情について 506-510 二十四. 暴行の欲情について 511-512 二十五. 無垢な者をあざむく欲情 513-514 二十六. 不倫と霊的結婚破りとの相応について 515-522 主は言っておられます。 523-535
Aus Swedenborgs Werken

   Parallele Abschnitte:

True Christian Religion 731


   Swedenborg Forschungsinstrumente


Übersetzen