なぜ、神は私たちに時間を与えたのか?

Napsal(a) New Christian Bible Study Staff, Alan Paul (strojově přeloženo do 日本語)
  
Photo by Kendra Knight

なぜ神は私たちに時間を与えたのか?

ul>

l私たちが良いことをするために努力できるように。

l私たちが失敗から学ぶことができるように/l。

l新しい明日への希望を持つことができるように/l。

l私たちが人生と他者に善意と元気をもたらすことができるように/l。

/ul

私たちはお互いに "ハッピーニューイヤー!"と言い合います。私たちは、より良くするための方法である決意について考えます。私たちは、役に立ちたい、神が与えてくれた時間をすべて満たすことから得られる喜びを感じたい、と思っています。

では、聖書は時間についてどのように語っているのでしょうか。

聖書では、時間は私たちの人生における霊的な状態を表しています。天地創造の7日間、40日40夜の雨、ヤコブがラバンの下で働いた20年間、7年間の豊穣と7年間の飢饉、荒野での40年間を考えてみてください。7年ごとに安息日があり、安息年がある。50年目にはジュビリー、つまりリセットと回復の時がある。そして、私たちの霊的な再生のために必要な変化にも時間がかかるのである。

これはイザヤ書から引用したもので、時間に関するものです。

「この地は一日に一人の国民を生んだのか。私は壊して(開いて)生成せず、生成させて(胎内を)閉じなければならないのか」(イザヤ書)。イザヤ書66:7-9).

"この地は一日で産気づいたか?国家は一度に生まれるものだろうか?明らかに違う。悔い改め、改革、そして再生は、生涯続くプロセスの中の段階である。以下は、その過程の一部である。 天界の秘義2625:

"このプロセスは、生まれ変わる人々の体験から、ある程度理解することができます。主は、愛という天の資質と信仰という霊の資質を、一度にではなく、少しずつ植え付けていきます。これらの資質が私たちの理性を受け入れやすいものに変えるとき、私たちはまず、内なる闘争に勝利して生まれ変わるのです。このとき、私たちは古い自分を捨て、新しい自分を身につけることができるのです。人の生まれ変わりの詳細については、§を参照してください。天界の秘義677, 679, 711, 848, 986, 1555, 2475."

スウェーデンボルグは、その著作「結婚における愛」の中で、このような記述も行っている。

「人には、知識、知性、知恵がある。知識は何かを知ることに関係し、知性はそれを理解することに関係し、知恵はそれを生きることに関係する。知恵というのは、知ること、理解すること、生きること。物事を知ることが先決です。そして、この2つが知恵を生み出します。知恵は、自分が知っている真理に従って知的に生きるときに生まれます。つまり、知恵は、理解と生活の両方と一緒に関係しているのです。そして、理解することによって生活の一部となるとき知恵となり、生活の一部となることによって理解の一部となるとき最終的に知恵となるのです。(結婚愛130)

創世記の中で、アブラハムが息子イサクの嫁を探すために、信頼できる召使いを故郷に送り出す場面があるが、この聖句には、一見そう見えないが、実はここに非常に関連する内的な意味が込められている。

「イサクは夕方になって野に出て瞑想し、目を上げて見ると、ここに、今、らくだが来ている!」。(創世記24:63)

そして、この節とその前の節の解説は以下の通りである。 天界の秘義3200:

"この二つの節は、理性的な面における善が、夫と結ばれる花嫁のように、それと結ばれるはずの真理を待っているときの状態を描いている......。しかし、これらの段階は一度だけ到来したのではなく、主が栄光を受けるまで、この世での生涯を通じて絶えず到来していたことを知ることが重要である。再生している人においても同じで、一度に生まれ変わるのではなく、生涯を通じて、またあの世でも絶えず生まれ変わるからです。なにしろ、私たちは決して完全にはなれないのですから。"