民数記 32

Studovat vnitřní smysl

           

1 ルベンの孫とガド孫とは非常に多くの家畜群れを持っていた。彼らがヤゼルの地と、ギレアデの地とを見ると、そこは家畜を飼うのに適していたので、

2 ガド孫とルベンの孫とがきて、モーセと、祭司エレアザルと、会衆のつかさたちとに言った、

3 「アタロテ、デボン、ヤゼル、ニムラ、ヘシボン、エレアレ、シバム、ネボ、ベオン、

4 すなわちイスラエルの会衆のに撃ち滅ぼされたは、家畜を飼うのに適した地ですが、しもべらは家畜を持っています」。

5 彼らはまた言った、「それでもし、あなたの恵みを得られますなら、どうぞこの地をしもべらの領地にして、われわれにヨルダンを渡らせないでください」。

6 モーセガド孫とルベンの孫とに言った、「あなたがたは兄弟戦いに行くのに、ここにすわっていようというのか。

7 どうしてあなたがたはイスラエルの人々のをくじいて、が彼らに与えられる地に渡ることができないようにするのか。

8 あなたがたの先祖も、わたしがカデシ・バルネアから、その地を見るためにつかわした時に、同じようなことをした。

9 すなわち彼らはエシコルの谷に行って、その地を見たとき、イスラエルの人々のをくじいて、が与えられる地に行くことができないようにした。

10 そこでその時、怒りを発し、誓って言われた、

11 エジプトから出てきた人々で二十歳以上の者はひとりもわたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った地を見ることはできない。彼らはわたしに従わなかったからである。

12 ただケニズびとエフンネのカレブとヌンのヨシュアとはそうではない。このふたりは全くに従ったからである』。

13 はこのようにイスラエルにむかって怒りを発し、彼らを四十年のあいだ荒野にさまよわされたので、主の前に悪を行ったその世代の人々は、ついにみな滅びた。

14 あなたがたはその父に代って立った罪びとのやからであって、主のイスラエルに対する激しい怒りをさらに増そうとしている。

15 あなたがたがもしそむいて主に従わないならば、主はまたこの民を荒野にすておかれるであろう。そうすればあなたがたはこの民をことごとく滅ぼすに至るであろう」。

16 彼らはモーセのところへ進み寄って言った、「われわれはこの所に、群れのために羊のおりを建て、また子供たちのために々を建てようと思います。

17 しかし、われわれは武装してイスラエルの人々のに進み、彼らをその所へ導いて行きましょう。ただわれわれの供たちは、この地の住民の害をのがれるため、堅固な々に住ませておかなければなりません。

18 われわれはイスラエルの人々が、おのおのその嗣業を受けるまでは、に帰りません。

19 またわれわれはヨルダンのかなたで彼らとともには嗣業を受けません。われわれはヨルダンのこなた、すなわち東の方で嗣業を受けるからです」。

20 モーセは彼らに言った、「もし、あなたがたがそのようにし、みな武装して主のに行って戦い

21 みな武装して主のに行ってヨルダン川を渡り、がそのを自分のから追い払われて、

22 この主のに征服されて、帰ってくるならば、あなたがたは主のにも、イスラエルのにも、とがめはないであろう。そしてこの地は主のにあなたがたの所有となるであろう。

23 しかし、そうしないならば、あなたがたはにむかってを犯した者となり、そのは必ず身に及ぶことを知らなければならない。

24 あなたがたは子供たちのために々を建て、のために、おりを建てなさい。しかし、あなたがたは約束したことは行わなければならない」。

25 ガド孫とルベンの孫とは、モーセに言った、「しもべらはあなたの命じられたとおりにいたします。

26 われわれの子供たちとと羊と、すべての家畜とは、このギレアデの々に残します。

27 しかし、しもべらはみな武装して、あなたの言われるとおり、主のに渡って行って戦います」。

28 モーセは彼らのことについて、祭司エレアザルと、ヌンのヨシュアと、イスラエルの人々の部族のうちの氏族のかしらたちとに命じた。

29 そしてモーセは彼らに言った、「ガド孫と、ルベンの孫とが、おのおの武装してあなたがたと一緒にヨルダンを渡り、主のに戦って、その地をあなたがたが征服するならば、あなたがたは彼らにギレアデの地を領地として与えなければならない。

30 しかし、もし彼らが武装してあなたがたと一緒に渡って行かないならば、彼らはカナンの地であなたがたのうちに領地を獲なければならない」。

31 ガド孫と、ルベンの孫とは答えて言った、「しもべらはが言われたとおりにいたします。

32 われわれは武装して、主のカナンの地へ渡って行きますが、ヨルダンのこなたで、われわれの嗣業をもつことにします」。

33 そこでモーセガド孫と、ルベンの孫と、ヨセフのマナセ部族の半ばとに、アモリびとの王シホンのと、バシャンの王オグのとを与えた。すなわち、そのおよびその領内の々とその々の周囲の地とを与えた。

34 こうしてガド孫は、デボン、アタロテ、アロエル、

35 アテロテ・ショパン、ヤゼル、ヨグベハ、

36 ベテニムラ、ベテハランなどの堅固な々を建て、のおりを建てた。

37 またルベンの孫は、ヘシボン、エレアレ、キリヤタイム、

38 および後に名を改めたネボと、バアル・メオンのを建て、またシブマの建てた。彼らは建てた々に新しい名を与えた。

39 またマナセマキルの孫はギレアデに行って、そこを取り、その住民アモリびとを追い払ったので、

40 モーセはギレアデをマナセマキルに与えてそこに住まわせた。

41 またマナセヤイルは行って村々を取り、それをハオテヤイルと名づけた。またノバは行ってケナテとその村々を取り、自分の名にしたがって、それをノバと名づけた。

42 またノバは行ってケナテとその村々を取り、自分の名にしたがって、それをノバと名づけた。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Numbers 32      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verses 1-4. The perception of the natural man from the Lord or the perception of those who are in faith and good works in the external church, that various truths, which have been applied to selfish purposes, are to be rendered useful to the man of the church.

Verse 5. They perceive also that the delights of the external man are to be kept distinct from those of the internal man.

Verses 6-15. But Divine Truth teaches that the spiritual man cannot engage successfully in temptation without the co-operation of the natural man; that the separated natural man hinders and opposes the progress of the spiritual towards the heavenly life, either causing a long series of temptations, or condemnations and vastation, and that therefore a caution is necessary to the natural man who desires to enjoy his own peculiar delights.

Verses 16-32. But the new natural man is willing to co-operate with the spiritual man in the subjugation of evil, while still desiring to live his own life distinctly; and this is agreeable to Divine Truth, to Divine Good, and to the primary truths of the church.

Verses 33-38. And hence it actually happens that those who are in good works, and those who are in faith, in the external church come into the possession of the natural powers establishing themselves in doctrines of good and truth according te their requirements.

Verses 39-42. And hence, too, it follows that the new will of good is firmly established in the inmost of the natural man; the general evil principle being expelled; the interior natural is enlightened and confirmed in Divine Truths; and even the sensual man shares in the purification.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Apocalypse Explained 434, 435

Apocalypse Revealed 352


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 730, 2280, 4117, 4759, 9437, 10076, 10225


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 440, 633, 654

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

創世記 44:16

出エジプト記 16:35

民数記 13:23, 26, 31, 14:22, 23, 24, 33, 34, 21:24, 25, 30, 32, 35, 32:3, 19, 32, 37, 38, 33:45, 34:15

申命記 1:22, 23, 3:8, 12, 19, 20, 9:24, 32:50, 33:21

ヨシュア記 1:13, 15, 16, 12:1, 6, 13:8, 30, 15:17, 17:1, 18:1, 21:39, 22:2, 4, 7, 9, 13, 16, 18

士師記 2:14, 20, 5:14, 16, 8:11, 10:4, 8, 11:33

サムエル記下 3:39

列王記上 2:32, 33, 4:13

歴代誌上 2:21, 22, 4:41, 5:18

歴代誌下 28:13

ネヘミヤ記 13:18

詩編 95:10

箴言 13:21, 24:16

イザヤ書 3:11, 15:2, 4, 6, 16:8

エレミヤ書 8:22, 48:1, 21, 23, 32, 50:19

アモス書 2:9, 10

ミカ書 7:14

使徒言行録 36, 13:18

ガラテヤの信徒への手紙 6:7

Významy biblických slov


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

ガド
Gad, in a supreme sense, signifies omnipotence; in a spiritual sense, the good of life, or use; and in a natural sense, works. Gad, in...

家畜
Animals in the Bible generally refer to spiritual activity, the things we actually do on a spiritual level. "Cattle," as typically used in the Bible,...

群れ
Animals in the Bible generally refer to spiritual activity, the things we actually do on a spiritual level. "Cattle," as typically used in the Bible,...

見る
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

モーセ
Moses's name appears 814 times in the Bible (KJV), third-most of any one character (Jesus at 961 actually trails David at 991). He himself wrote...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...


ほとんどの場合、"before "の意味は簡単です。相対的な時間を評価する方法としても、"誰かの前で "という意味でも、"before "は使われます。しかし,主に関連して使われる場合には,より深い意味を持ちます。主の前に」いるということは、主の前にいるだけでなく、主から善の欲求と真理の理解を受けて、それに従って生きることを意味します。そして、主に関連して時間の評価として使われる場合、「前に」とは「永遠に」という意味であり、私たちが経験する時間ではなく、霊的な状態を指します。


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...

ヨルダン
ヨルダン川は、カナンの地と東の地を隔てています。この隔たりは、人間の心が内的な部分と外的な部分に分かれていることを表しており、人の中に教会が形成されるのは内的な心であると言えます。 また、この川は、北にメロムとガリラヤという2つの湖、南に死海があることで制限されています。この制限の内側には心の内側のものがあり、外側には外側のものがある。 外の国は、聖書で言及されているように、参考になることがあります。彼らは基本的な知識、推論能力、合理性、好奇心などの資質を表しており、友人であれば私たちの宗教的信念をサポートしてくれますし、敵であれば宗教的信念に反論したり、私たちが崇拝すべき偽りの神々を思い浮かべたりします。 内側の土地は再生する状態を表していたり、その状態の最終的な終わりである天国を表していたりします。 外側から見れば、ヨルダンはより良いものへの入り口であり、旅のゴールであり、その水は教会の最初のものである悔い改めの心の洗濯を表しており、だからこそヨハネはそこで洗礼を授け、ナアマンもそこで洗ったのです。   ヨルダン川の内側は、教会の外側の端であり、そのため、イスラエルの子供たちは、ミディアン人、アンモン人、シリア人、エジプト、バビロンなど、士師記や王記、預言書に書かれているような外側の国々にしばしば悩まされました。 私たちの外面的な心の能力は、良いことのために働くこともあれば、悪いことのために働くこともあります。  

兄弟
聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...


聖書の中で「兄弟」という言葉が使われる方法は二つあります。一つは実際の血縁関係を意味するもので,もう一つは「人間の兄弟関係」のような共通性を表す広い意味で使われています。 第二の用法は聖書全体を通して一貫しており、良いことをする愛に生きている人を意味しています。これは、単純な従順の喜びから、人に奉仕する慈善的な愛、主ご自身の高尚な愛まで、さまざまなレベルであり得ます。しかし、これらの愛の中にあるものはすべて兄弟です。 黙示録の説明、n. 746。 "このような人たちが兄弟と呼ばれるのは、すべての人が一つの父、すなわち主を持っているからである。彼らは一つの父の子であるから、兄弟でもある。また、父である主の主の主の主な戒めである、互いに愛し合うことは、その結果、彼らを兄弟とするのは愛である。 このケースは、血縁関係を介した兄弟の場合はより複雑であり、意味は、兄弟が誰であるかと物語の状況の文脈によってより影響を受ける。一般的には、兄弟は善を行いたいという願望と、善を行う方法を理解することの間に存在することができる一体感を反映しています。これはカインとアベル、そしていくつかの双子のペアに当てはまります。ヤコブとエサウ、ユダの息子ザラとパレズ、ヨセフの息子エフライムとマナセです。 このような善と真理の兄弟関係のために、兄弟は文脈に応じてどちらかを表すことができます。実際,ヨセフの兄弟の意味は,ユダヤ教の前駆者の霊的な衰退と再生を表すものとして,ヨセフの物語の中で移り変わっていきます。...

戦い
御言葉の中の戦争は、善であるものが悪や偽りのものに襲われるときの誘惑の戦いを表しています。襲ってくる悪は、地獄の多くの社会の一つから来ていて、私たちの心の中で、私たちが正しいと知っていることに反した利己的な愛を呼び覚ますことによって作用します。そして、私たちの利己的な愛が、善人でありたいという願いを育む愛を攻撃し、私たちの心の中に戦争が起こります。これは、イスラエルの子供たちがカナンの地で戦った戦争に代表されるもので、旧約聖書には長い歴史があります。利己的な愛は遺伝的に私たちの心の中にあふれていますが、善良な愛は良心が発達するにつれて長く続いていきます。もし私たちに良心がなければ誘惑されることができず、私たちはすぐに利己的な願いに従って屈服してしまいます。しかし、そうすると最終的には地獄の奴隷状態になり、彼らの望むことを何でもすることになるのです。

いう
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...


心は愛を意味します。良い心とは、主や隣人への愛を意味し、硬い心や石のような心とは、自己や世間、富や物への愛を意味します。詩篇の作者が主に「自分の心を探ってください」とお願いするのは、自分が愛しているものが何であるかを主に見てもらいたいからです。そして、私たちは自分が愛しているものです。食べるものは地上の体を形成しますが、それは一時的なものです。愛するものは、私たちの霊的な体を形成し、私たちが選んだように美しくも醜くもなります。 興味深いことに、胎児の最初の多細胞運動は、心臓となる血管のねじれから始まる脈動であり、自然体の最後の運動は心拍である。私たちの自然な体の最後の動きは心拍です。そしてもちろん、私たちがそれを身につけるようになったとき、私たちの精神的な体にも鼓動があります。 心臓の用途を考えるとき、肺の用途を抜きにして考えることはできません。心臓は全身に生命を与えるために血液を循環させますが、その血液がまず肺に送られて酸素を供給され、有害なガスが除去されなければ意味がありません。この2つの器官は共に働き、心臓が2つの肺の間にあるように入れ子状になっていて、それぞれが他の動きを感じている。この2つは私たちの愛と知恵を表しています。私たちの愛が、私たちの真理の理解によって有害なものを浄化し、切望する活動を実際に行う方法についての知識を充電する必要があるように、愛と知恵、つまり意志と理解は、私たちの心臓と肺とまったく同じように働きます。本当はもっと深いところにあります。私たちの意志と理解は、神の神聖な意志と神聖な理解に「似せて」創られたものであり、私たちの心臓と肺は、創造の最も低いレベルでそれを反映するように機能しています。 もっと言いたいことがある、もっと繋ぎたいことがあるはずだ。チャーチ」と「グランドマン」をご覧ください。

先祖
御言葉の中の父とは、最も内面的なものを意味し、主の命令に従っているものにおいては、良いものを意味します。最高の意味での父とは、創造者である主ご自身を意味します。自然な子供の世代では、魂、すなわち生命の最も内側にある受け皿と内的な遺伝を提供するのは父であり、魂が体を形成するために使用するすべての物質と外的な遺伝を提供するのは母です。この過程において、魂は父を通して主から来るのであって、父から来るのではありません。 賢い人が主を父と呼び、教会を母と呼ぶのは、その人の内面の愛が主から来たものであり、教会が教える真理によって形と実を与えられているからです。このようにして生まれたものが、その人の霊的な「子供」なのです。 新約聖書では、イエスと父について語るとき、意味するのは、内なる魂としての神そのものが外に現れているということです。イエスは自然な母から生まれたので、自然な体とユダヤ人の遺伝を持っていました。地獄に誘惑されていた彼の人生を通して、彼はゆっくりと母親から持っていたものをすべて捨てて、ご自身の内なる御父から持っていたものに置き換えていきました。そうすることで、彼は自分の内側にある父と一つになり、「私と父は一つである」と心から言えるようになったのです。

見た
The symbolic meaning of "seeing" is "understanding," which is obvious enough that it has become part of common language (think about it; you might see...

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。

エジプト
聖書の中でエジプトとは、知識と知識の愛を意味します。良い意味では、聖書を通して主からの真理の知識を意味していますが、自然な意味では、単に地上の知識を蓄えて所有することを意味しています。そして、聖書からの知識であっても、必ずしも良いものとは限りません。しかし、それらは、物事を知るためだけに、あるいは学ばれているという評判を得るためだけに学ばれている場合です。 だから、エジプトはあなたが物事を学ぶために行く場所ですが、天になるためには、不毛な「知ること」から抜け出して、内的な善への欲求で満たされているカナンの地へと旅をしなければなりません。 エジプトがヨセフに支配されていたとき、そこはヨセフの父や兄弟たちの避難所だったというのは興味深いことです。このことは、人の内なる心が学問の地で支配されると、役に立つことを多く学ぶことができることを示しています。しかし、やがてヨセフを知らないファラオが現れ、イスラエルの子らは奴隷にされてしまいました。ファラオは外面的な心を表しています。それが担当しているときには、知っていることの興奮と自己満足は、内面的な心を奴隷のように減少させることができます。心は-イスラエルの子供たちのように-レンガ、または外部の外観から人造の偽りを作って終わる。

二十
'Twenty,' when referring to a quantity, signifies everything, or fullness, because it is ten twice. In Genesis 18:31, 'twenty', like all numbers occurring in the...

アブラハム
アブラハム(またはアブラム、彼の物語の冒頭で名前が付けられている)は、神聖な聖典の物語の主要な登場人物の一人です。彼は息子イサクを通してイスラエルの子供たちの祖先であり、息子イシュマエルを通してアラブの子供たちの祖先でした。彼の人生は3つの期間に分けて見ることができます。第一の期間には、ウルで生まれてからの知られざる初期の時期と、後に父テラと共にハランに移り住んだ時期が含まれています。第二章は、アブラムがエホバからカナンに行くように召されたところから始まります。そこでの彼の冒険が含まれており、創世記17章の出来事まで続きます。主は再び彼の前に現れ、彼の子孫が偉大な国になることを約束し、割礼の儀式を行い、彼の名前をアブラハムに変え、エホバからの「あー」という音を加えます。アブラハムの人生の第三期と最後の期には、イサクの誕生、サラの死(名前も変更されています)、メソポタミアにいたアブラハムの親戚の中からイサクの妻を見つけることになります。 アブラハムは、創世記25章に記録されているように、死ぬ時には175歳になっていると言われています。 しかし、ここで私たちが興味を持っているのは、アブラハムという人が地上に住んでいた何世紀も後に、イエスがマリアのもとに生まれた後のイエスの人生の最も奥の部分を預言したり、予言したりしているので、アブラハムの深い表象です。アブラハムは神の善や愛を表しています。御言葉の内的感覚は、神ご自身がマリアの中に卵子に命を与えられたことを教えているので、マリアはユダヤ教の宗教から自然な身体と自然な遺伝を提供することができ、一方でイエスの魂は神の命の直接の所有者として保たれていました。イエスの初期の人生の間、おそらく思春期までの間、イエスはアブラハムのそれらの代表的な行動を彼の心と精神の奥底の部分で生きていました。アブラハムは羊を放牧し、大きな家を経営していましたが、これが真実であることを全く知らなかったし、イエス様の人生の初期には、イエス様もそれに気づかなかったのです。イエスが12歳の時に神殿を訪問したことを目撃して、イエスが成長するにつれて認識があったに違いありませんが、イエスが完全に成長するまでは完全に理解していませんでした。 さらに、それはアブラハムだけではありません。 アブラハムが死ぬとき、その表現は、理性的な心のレベルを表すイサクに付着し、次に、ヤコブとエサウの両方に付着し、それぞれ心の中の真実と善についての自然な心を表しています。 そして、十二部族の試練、王たちの試練、預言者たちのすべての言葉が同じ表現になります。ですから、イエスはエマオへの道で出会った二人の弟子たちに、「愚かな者たちよ、心の遅い者たちよ...モーセとすべての預言者たちから始めて、ご自身に関するすべてのことをすべての聖典で彼らに説明してくださった」と言うことができます。 さらに,わたしたち一人一人の精神生活と霊的生活の歩みは,主の律法と戒律に従って互いに愛し合おうとしているならば,アブラハムの人生に代表されるような,ぼんやりとした有限のイメージでしかありません。わたしたちの中にも,カナンの地への旅,エジプトでの勤勉な滞在,荒野での戦い,サウル,ダビデ,アハブがいます。 アマレク人とペリシテ人もいます。旧約聖書の全体は、私たちの霊的生活がどのように機能しているかを示しています。 (以下の参照は、アブラム/アブラハムが年を取るにつれて、聖書の順序で時系列になっています)...

誓った
The Lord swearing by himself signifies that divine truth testifies, for He is divine truth itself, and this testifies from itself and means itself. It...

カレブ
Caleb, In Numbers 14:24, represents those who are introduced into the church, and, accordingly, his seed signifies the truth of the doctrine of the church.

四十
'Forty' means completeness because 'four' means what is complete, as does 'ten.' Forty is the product of four and ten. Compound numbers have a meaning...

荒野
'Wilderness' signifies something with little life in it, as described in the internal sense in Luke 1:80 'Wilderness' signifies somewhere there is no good because...

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

世代
何かを「生み出す」とは、それを創造することであり、この考えは、人の「世代」の意味を支えています。それは、同じ両親または両親のグループから、ほぼ同じ時期に一緒に生み出されたグループです。精神的なレベルでは、私たちは、主から得た知識を使って、どうすれば良いかという考えを生み出し、その考えに基づいて良い行動を生み出すことで、「生成者」となることができます。 一般的に、聖書における「世代」とは、教会が生み出した霊的な考えや活動を表しています。「教会」とは、一人の信者から何千年も続くグループまで様々です。 "Generation "は、文脈から特定の意味を拾うこともあります。例えば、イスラエルの人々が4世代にわたってエジプトに捕らわれていたという聖書の記述は、"4 "の意味から、誘惑の状態を意味しています。一方、「永遠」との組み合わせでは、「世代」は人に仕える愛にまつわる考え方や行動を表し、「永遠」は主への愛から生まれるものを表しています。最後に、聖書では「代々、代々」は永遠を表す言葉として使われています。


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...

住民
Inhabitants,' in Isaiah 26:9, signify the men of the church who are in good of doctrine, and thence in the good of life.


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

ヨルダン川
ヨルダン川は、カナンの地と東の地を隔てています。この隔たりは、人間の心が内的な部分と外的な部分に分かれていることを表しており、人の中に教会が形成されるのは内的な心であると言えます。 また、この川は、北にメロムとガリラヤという2つの湖、南に死海があることで制限されています。この制限の内側には心の内側のものがあり、外側には外側のものがある。 外の国は、聖書で言及されているように、参考になることがあります。彼らは基本的な知識、推論能力、合理性、好奇心などの資質を表しており、友人であれば私たちの宗教的信念をサポートしてくれますし、敵であれば宗教的信念に反論したり、私たちが崇拝すべき偽りの神々を思い浮かべたりします。 内側の土地は再生する状態を表していたり、その状態の最終的な終わりである天国を表していたりします。 外側から見れば、ヨルダンはより良いものへの入り口であり、旅のゴールであり、その水は教会の最初のものである悔い改めの心の洗濯を表しており、だからこそヨハネはそこで洗礼を授け、ナアマンもそこで洗ったのです。   ヨルダン川の内側は、教会の外側の端であり、そのため、イスラエルの子供たちは、ミディアン人、アンモン人、シリア人、エジプト、バビロンなど、士師記や王記、預言書に書かれているような外側の国々にしばしば悩まされました。 私たちの外面的な心の能力は、良いことのために働くこともあれば、悪いことのために働くこともあります。  


聖書における敵とは、悪を愛する人々や、悪から生じる誤った考えを持つ人々のことを指しています。もっと深いレベルでは、地獄の力そのものを指し、抽象的なレベルでは、悪そのものと偽りそのものを指しています。


スウェーデンボルグによると、時間と空間は、霊的な現実には存在しません、彼らは物理的な平面上にのみ存在する純粋に自然なものです。これは、時間がないので、1つの霊的なものは、時間内の別の霊的なものの "後に "起こることができないことを意味します。そして、ある霊的なものは、空間がないので、空間の中で別の霊的なものに "後から "続くことはできません。 代わりに、スピリチュアルな現実は、スピリチュアルな状態、つまり天使の愛と思考に基づいて構造化されています。これらの愛と思考は原因と結果の連鎖の中でつながっていて、天使たちは私たちが時間を経験するのと同じように経験しています。そして天使が似たような思考や感情を持っている時、彼らは私達の物理的な親密さの経験と非常に同じである親密さを経験しています;彼らの考える「空間」とは、霊的な世界全体で霊によって保持される思考や愛情の変化です。 聖書が何かを他の何かの「後」と表現しているとき、霊的な意味は霊的な状態の進行と関係しています。そして、高い状態は低い状態に流れ込むので、「その後」に来るものは、より低い、より外的なものになる傾向があります。例えば、他人に良いことをしたいという内的な深い願望は、私たちができる具体的な良いことの具体的なアイデアに自ずと流れていきます。それらの具体的なアイデアは、善良でありたいという願望の「後」になるのです。


In the Word three terms are used to mean bad things that are done. These three are transgression, iniquity, and sin, and they are here...


It’s pretty easy for most people to read the Bible and get a sense for what “sheep” means without any help. They are simple, peaceful,...

命じられた
命令するというのは、何かをしなければならないという命令をすることであり、個人やグループに向けられたものです。これは命令であって、暗示ではありません。 命令することは、2つの方法で行われることもあれば、2つの異なる動機から行われることもあります。それはしばしば組織の中で行われ、ビジネス、政府、軍隊などの組織の仕事をするために必要な命令を課すために使用され、正当なものである場合もありますし、家庭の中で秩序ある家庭を維持するために両親によって使用されます。しかし、権力を愛し、何らかの形で権力を手に入れたことで、利己的な満足のために自分の意志を他人に押し付けることが好きな人にも使われることがあります。 だから、一方の動機は、使用のための愛、または善のための愛であり、他方の動機は、自己の愛、または所有物のための愛である。 主は無限の愛から人類に戒めを与えられたのは、主が秩序そのものであるからであり、永遠に続く私たちの幸福は、最終的には唯一の秩序である主の創造の秩序を受け入れるかどうかにかかっていることを知っているからです。


The Hebrew of the Old Testament has six different common words which are generally translated as "wife," which largely overlap but have different nuances. Swedenborg...

部族
'A tribe' signifies the church with respect to its truths and goods, and in the opposite sense, with respect to its falsities and evils. 'A...

カナン
Canaan signifies a worship in things external without internals, which arose out of the internal church corrupted, called Ham. Thus it is that Ham is...

マナセ
'Manasseh' signifies the will of the spiritual church.

建てた
何かを建てるということは、一般的には、木やレンガで家を建てるように、より複雑な構造物を作るために、より簡単なものをいろいろと組み合わせることを意味し、御言葉の中ではこのように使われています。シナールの地では、人は塔を建てたいと願っていましたし、新約聖書では、イエス様は賢い人は岩の上に家を建てるべきだとアドバイスされました。しかし、代表的な意味では、教会の教義や霊的現実の個々の概念を一つの心の中に構築するような、精神的・霊的な構造を構築することを意味しています。 建築材料も代表的なものです。バベルの塔はレンガで建てられていましたが、これは人造の岩、つまり人造の「真理」、つまり神からの真理ではなく、人が考え出した霊的な現実の考えです。賢者が建てる家は、自然の岩、つまり「神が作った」岩の上に建っていたのです。

自分の
In many cases, the spiritual meaning of "own," both as a verb and as an adjective, is relatively literal. When people are described as the...


Přeložit: