民数記 22

Studovat vnitřní smysl

           

1 さて、イスラエルの人々はまた道を進んで、エリコに近いヨルダンのかなたのモアブ平野宿営した。

2 チッポルのバラクはイスラエルがアモリびとにしたすべての事を見たので、

3 モアブは大いにイスラエルの民を恐れた。その数が多かったためである。モアブイスラエルの人々をひじょうに恐れたので、

4 ミデアンの長老たちに言った、「この群衆は牛が野の草をなめつくすように、われわれの周囲の物をみな、なめつくそうとしている」。チッポルのバラクはこの時モアブの王であった。

5 彼はアンモンびとののユフラテのほとりにあるペトルに使者をつかわし、ベオルのバラムを招こうとして言わせた、「エジプトから出てきた民があり、地のおもてをおおってわたしの前にいます。

6 どうぞ今きてわたしのためにこの民をのろってください。彼らはわたしよりも強いのです。そうしてくだされば、われわれは彼らを撃って、このから追い払うことができるかもしれません。あなたが祝福する者は祝福され、あなたがのろう者はのろわれることをわたしは知っています」。

7 モアブ長老たちとミデアンの長老たちは占いの礼物をにして出発し、バラムのもとへ行って、バラクの言葉を告げた。

8 バラムは彼らに言った、「今ここに泊まりなさい。がわたしに告げられるとおりに、あなたがたに返答しましょう」。それでモアブのつかさたちはバラムのもとにとどまった。

9 ときにバラムに臨んで言われた、「あなたのところにいるこの人々はだれですか」。

10 バラムに言った、「モアブの王チッポルのバラクが、わたしに人をよこして言いました。

11 エジプトから出てきた民があり、地のおもてをおおっています。どうぞ今きてわたしのために彼らをのろってください。そうすればわたしは戦って、彼らを追い払うことができるかもしれません』」。

12 バラムに言われた、「あなたは彼らと一緒に行ってはならない。またその民をのろってはならない。彼らは祝福された者だからである」。

13 明くる起きて、バラムはバラクのつかさたちに言った、「あなたがたはにお帰りなさい。はわたしがあなたがたと一緒に行くことを、お許しになりません」。

14 モアブのつかさたちは立ってバラクのもとに行って言った、「バラムはわたしたちと一緒に来ることを承知しません」。

15 バラクはまた前の者よりも身分の高いつかさたちを前よりも多くつかわした。

16 彼らはバラムのところへ行って言った、「チッポルのバラクはこう申します、『どんな妨げをも顧みず、どうぞわたしのところへおいでください。

17 わたしはあなたを大いに優遇します。そしてあなたがわたしに言われる事はなんでもいたします。どうぞきてわたしのためにこの民をのろってください』」。

18 しかし、バラムはバラクの来たちに答えた、「たといバラクがそのに満ちるほどの金をわたしに与えようとも、事の大小を問わず、わたしの主の言葉を越えては何もすることができません。

19 それで、どうぞ、あなたがたも今ここにとどまって、がこの上、わたしになんと仰せられるかを確かめさせてください」。

20 になり、バラムに臨んで言われた、「この人々はあなたを招きにきたのだから、立ってこの人々と一緒に行きなさい。ただしわたしが告げることだけを行わなければならない」。

21 明くる起きてバラムは、ろばにくらをおき、モアブのつかさたちと一緒に行った。

22 しかるには彼が行ったために怒りを発せられ、主の使は彼を妨げようとして、道に立ちふさがっていた。バラムは、ろばに乗り、そのしもべふたりも彼と共にいたが、

23 ろばは主の使が、に抜き身のつるぎをもって、道に立ちふさがっているのを見、道をそれてにはいったので、バラムは、ろばを打って道に返そうとした。

24 しかるに主の使はまたぶどう畑の間の狭い道に立ちふさがっていた。道の両には石がきがあった。

25 ろばは主の使を見て、石がきにすり寄り、バラムのを石がきに押しつけたので、バラムは、また、ろばを打った。

26 主の使はまた先に進んで、狭い所に立ちふさがっていた。そこは右にも左にも、曲る道がなかったので、

27 ろばは主の使を見てバラムの下に伏した。そこでバラム怒りを発し、つえでろばを打った。

28 すると、が、ろばのを開かれたので、ろばはバラムにむかって言った、「わたしがあなたに何をしたというのですか。あなたは三度もわたしを打ったのです」。

29 バラムは、ろばに言った、「お前がわたしを侮ったからだ。わたしのにつるぎがあれば、いま、お前を殺してしまうのだが」。

30 ろばはまたバラムに言った、「わたしはあなたが、きょうまで長いあいだ乗られたろばではありませんか。わたしはいつでも、あなたにこのようにしたでしょうか」。バラムは言った、「いや、しなかった」。

31 このときバラムのを開かれたので、彼は主の使がに抜き身のつるぎをもって、道に立ちふさがっているのを見て、頭を垂れてひれ伏した。

32 主の使は彼に言った、「なぜあなたは三度もろばを打ったのか。あなたが誤って道を行くので、わたしはあなたを妨げようとして出てきたのだ。

33 ろばはわたしを見て三度も身を巡らしてわたしを避けた。もし、ろばが身を巡らしてわたしを避けなかったなら、わたしはきっと今あなたを殺して、ろばを生かしておいたであろう」。

34 バラム主の使に言った、「わたしは罪を犯しました。あなたがわたしをとどめようとして、道に立ちふさがっておられるのを、わたしは知りませんでした。それで今、もし、お気に召さないのであれば、わたしは帰りましょう」。

35 主の使はバラムに言った、「この人々と一緒に行きなさい。ただし、わたしが告げることのみを述べなければならない」。こうしてバラムはバラクのつかさたちと一緒に行った。

36 さて、バラクはバラムがきたと聞いて、国境のアルノン川のほとり、国境の一端にあるモアブまで出て行って迎えた。

37 そしてバラクはバラムに言った、「わたしは人をつかわしてあなたを招いたではありませんか。あなたはなぜわたしのところへきませんでしたか。わたしは実際あなたを優遇することができないでしょうか」。

38 バラムはバラクに言った、「ごらんなさい。わたしはあなたのところにきています。しかし、今、何事かをみずから言うことができましょうか。わたしはただがわたしのに授けられることを述べなければなりません」。

39 こうしてバラムはバラクと一緒に行き、キリアテ・ホゾテにきたとき、

40 バラクは牛ととをほふって、バラムおよび彼と共にいたバラムを連れてきたつかさたちに贈った。明くる朝バラクはバラムを伴ってバモテバアルにのぼり、そこからイスラエルの民の宿営の一端をながめさせた。

41 明くるバラクはバラムを伴ってバモテバアルにのぼり、そこからイスラエルの民の宿営の一端をながめさせた。

  
   Studovat vnitřní smysl

Explanation of Numbers 22      

Napsal(a) Henry MacLagan

Verse 1. The man of the church comes into a state of the adulteration of good externally.

Verses 2-4. But those who are internally in such a state fear genuine spiritual truths.

Verses 5-7. And hence they consult falsity derived from evil, which interprets the Word from selfish love.

Verses 8-14. The false teacher, however, is forbidden to cause aversion from the Lord in the truly spiritual man, and, outwardly, he is constrained to submit.

Verses 15-21. But he is now more strongly tempted by evil, inwardly desiring to comply with its promptings, notwithstanding his knowledge of the truth; and hence he is permitted to go forward in the path of error.

Verse 22. And yet Divine Truth is really opposed to him, while, by means of his rational powers he endeavours to carry out his purposes.

Verse 23. But even natural reason recognizes Divine Truth, and is afraid of it, being thereby diverted from error and urgent for the cultivation of good, while evil is persistent, and therefore injures the Rational.

Verses 24-25. Again, the progress of error is impeded by the opposition of the truth in an accommodated form, yet still the false teacher persists, the natural affections are injured, and the Rational is further perverted.

Verses 26-35. And, thirdly, Divine Truth opposes error in the state where falsity is confirmed, and the Rational is therefore prostrated, but still has power to speak, from the Lord, convincing truths; and reproof from Divine Truth Itself follows, producing repentance, but only outwardly.

Verses 36-41.And therefore the false teacher is permitted to continue his career and to come into communication with adulterated good.

Swedenborg

Hlavní výklad ze Swedenborgových prací:

Arcana Coelestia 4290


Další odkazy Swedenborga k této kapitole:

Arcana Coelestia 1343, 1992, 2799, 3242, 3858, 7097

Apocalypse Revealed 114

聖書の教義 101

True Christian Religion 264


Odkazy ze Swedenborgových nevydaných prací:

Apocalypse Explained 140

Jiný komentář

  Příběhy:



Skočit na podobné biblické verše

出エジプト記 1:12, 9:27, 10:15, 15:15, 23:27

民数記 21:13, 22:8, 18, 38, 23:3, 7, 13, 27, 24:11, 13, 26:3, 31:8, 12, 33:48, 50, 35:1, 36:13

申命記 2:7, 25, 7:14, 23:5, 28:6

ヨシュア記 5:13, 14, 24:9

士師記 11:25

列王記上 13:8, 22:14, 16

列王記下 6:17, 20, 20:14

歴代誌上 21:16

歴代誌下 31:10

ネヘミヤ記 13:1, 2

ヨブ記 34:31, 32

箴言 12:10, 16:2, 28:18

イザヤ書 1:23, 56:11, 61:9

ミカ書 3:11

ルカによる福音書 24:31

ヨハネによる福音書 5:19

エフェソの信徒への手紙 1:3

ペトロへの手紙二 2:15, 16

ユダの手紙 1:11

Významy biblických slov

イスラエル
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

イスラエルの
'Israel,' in Jeremiah 23:8, signifies the spiritual natural church. The children of Israel dispersed all the literal sense of the Word by falsities. 'The children...

ヨルダン
ヨルダン川は、カナンの地と東の地を隔てています。この隔たりは、人間の心が内的な部分と外的な部分に分かれていることを表しており、人の中に教会が形成されるのは内的な心であると言えます。 また、この川は、北にメロムとガリラヤという2つの湖、南に死海があることで制限されています。この制限の内側には心の内側のものがあり、外側には外側のものがある。 外の国は、聖書で言及されているように、参考になることがあります。彼らは基本的な知識、推論能力、合理性、好奇心などの資質を表しており、友人であれば私たちの宗教的信念をサポートしてくれますし、敵であれば宗教的信念に反論したり、私たちが崇拝すべき偽りの神々を思い浮かべたりします。 内側の土地は再生する状態を表していたり、その状態の最終的な終わりである天国を表していたりします。 外側から見れば、ヨルダンはより良いものへの入り口であり、旅のゴールであり、その水は教会の最初のものである悔い改めの心の洗濯を表しており、だからこそヨハネはそこで洗礼を授け、ナアマンもそこで洗ったのです。   ヨルダン川の内側は、教会の外側の端であり、そのため、イスラエルの子供たちは、ミディアン人、アンモン人、シリア人、エジプト、バビロンなど、士師記や王記、預言書に書かれているような外側の国々にしばしば悩まされました。 私たちの外面的な心の能力は、良いことのために働くこともあれば、悪いことのために働くこともあります。  

モアブ
'Moab,' in a positive sense, signifies people who are in natural good, and allow themselves to be easily seduced, but in an opposite sense, it...

平野
'A plain' signifies good and truth in the natural self, because 'the people who dwell in plains,' or 'beneath mountains and hills' are in the...

宿営
'Pitch,' as in Genesis 14:10, denotes lusts. 'Burning pitch,' as in Isaiah 34:9, signifies direful fantasies.


A child is a young boy or girl in the care of parents, older than a suckling or an infant, but not yet an adolescent....

見た
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...

長老
長老たちは、主に二つの方法で聖書の中で言及されています。第一はイスラエルの長老たち、第二は黙示録にある神の玉座に座る24人の長老たちです。どちらの場合も、長老たちは知恵を意味しており、私たちが学んだ真理を使って、日常生活の中で正しいことを行うことができます。イスラエルの長老とは、イスラエルという教会の知恵の主なものを意味しています。ヨハネの黙示録4章に記されている長老たちは、天の最高の知恵、ひいては天全体の知恵を意味しています。 聖書のほとんどの意味と同じように、これも文脈によっては逆の意味に曲解された意味に変化することがあります。知識と隣人への愛に満ちた心の代わりに、その愛は自分の知性を誇示するために捻じ曲げられ、善ではなく悪へと導かれることがあります。カイアファの家でイエスを裁くために座っていた長老や祭司長たちは、表現の裏側を示しています。


Generally in the Bible a "country" means a political subdivision ruled by a king, or sometimes a tribe with a territory ruled by a king...


'Rivers' signify truths in abundance serving the rational self, and so, the understanding, for the purpose of doctrine and life. 'Rivers' or 'floods' signify temptations....

使者
'A messenger' signifies communication.

バラム
The Children of Israel entered the country of Moab during their long journey from Egypt toward the land of Canaan. Moab's king, Balak, was afraid...

エジプト
聖書の中でエジプトとは、知識と知識の愛を意味します。良い意味では、聖書を通して主からの真理の知識を意味していますが、自然な意味では、単に地上の知識を蓄えて所有することを意味しています。そして、聖書からの知識であっても、必ずしも良いものとは限りません。しかし、それらは、物事を知るためだけに、あるいは学ばれているという評判を得るためだけに学ばれている場合です。 だから、エジプトはあなたが物事を学ぶために行く場所ですが、天になるためには、不毛な「知ること」から抜け出して、内的な善への欲求で満たされているカナンの地へと旅をしなければなりません。 エジプトがヨセフに支配されていたとき、そこはヨセフの父や兄弟たちの避難所だったというのは興味深いことです。このことは、人の内なる心が学問の地で支配されると、役に立つことを多く学ぶことができることを示しています。しかし、やがてヨセフを知らないファラオが現れ、イスラエルの子らは奴隷にされてしまいました。ファラオは外面的な心を表しています。それが担当しているときには、知っていることの興奮と自己満足は、内面的な心を奴隷のように減少させることができます。心は-イスラエルの子供たちのように-レンガ、または外部の外観から人造の偽りを作って終わる。

祝福
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...

祝福する
The Lord is perfect love expressed as perfect wisdom. He created us so that He could love us, could give us love and wisdom of...


Scientists believe that one of the most crucial developments in the evolution of humans was bipedalism – walking on two legs. That left our hands...

バラムの
The Children of Israel entered the country of Moab during their long journey from Egypt toward the land of Canaan. Moab's king, Balak, was afraid...

言葉
'Word,' as in Psalms 119:6-17, stands for doctrine in general. 'The Word,' as in Psalms 147:18, signifies divine good united with divine truth. 'Word,' as...


The sun in the Bible represents the Lord, with its heat representing His love and its light representing His wisdom. “Daytime,” then, represents a state...


The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...


主は、聖書の中で、愛そのものであるご自身の本質に言及しているときには「エホバ」と呼ばれます。その愛の表現を指している場合は「神」と呼ばれ、それを「神の真理」と呼んでいます。 他の神々への言及は、肯定的なものも否定的なものも、その意味を反映しています。肯定的な場合、例えば、天使や人々が神々と呼ばれたり、主が神々の神と呼ばれたりするとき、それらの神々は主から私たちに与えられた真の考えを表しています。否定的な場合、例えば、イスラエルの人々が隣人の神々を繰り返し採用するような場合、それらの神々は、善良で真実なものを攻撃する、誤った、ねじ曲がった考えを表しています。


Morning comes with the rising of the sun, and the sun – which gives life to the earth with its warmth and light – represents...

来る
As with common verbs in general, the meaning of “come” in the Bible is highly dependent on context – its meaning is determined largely by...

高い
'Height' signifies what is inward, and also heaven.


A "house" is essentially a container - for a person, for a family, for several families or even for a large group with shared interests...

答えた
答えを出す」ということは、一般的に霊的な受容性の状態を示しています。これは究極的には、私たちの心と心に真の考えと善のための願望を常に注ぎ込もうとしてくださる主を受け入れることを意味します。それはまた、自分自身の外面的な部分で、自分自身の内面的な部分の導きを受け入れることでもあります。 聖書の中の "答える "は、しばしば "言う "と対になっています。これらの場合、一般的に、それは受容性と相まって知覚のレベルを示しています。これは、あなたが主から来るものを受け入れるだけでなく、それを見て、その中にある真理を認識し、それがあなたをより良い人生に導くということを意味しています。


'Money' relates to truth.

主の
The Lord, in the simplest terms, is love itself expressed as wisdom itself. In philosophic terms, love is the Lord's substance and wisdom is His...

怒り
怒りは、それが定義を必要としないほど、人々にとって非常に一般的な感情です。しかし、興味のある点をいくつか挙げることができます。 1) 主は決して怒られません。怒りが主に帰するのは、この言葉が人間に意味を持たせるために書かれているからであり、人間が悪であるときには、主は怒るべきであるかのように思えるからです。そして、そのように考えることは人を傷つけることではありません。また、悪人が自分の計画がうまくいかない時に、主に怒りを感じて、それが返ってくると思っています。 2) 熱意はしばしば怒りのように見えますが、そうではなく、悪い動機ではなく、良い動機から来ています。怒りは利己的な愛が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れますが、熱意は善良な愛や価値ある真理が妨げられたり、攻撃されたりしたときに人に現れます。悪魔やサタンは怒りを感じ、それをよく感じ、攻撃しようとします。天使は熱意を感じ、しばしばそれを感じ、守ろうとすることがあります。


聖書の中の「畑」とは、通常、主の教会、より具体的には教会の中での善への願望を表しています。それは、良いことが始まり、根付き、成長する場所です。 良い人になりたい」「良いことをしたい」という願望を持つと、自然と最初の質問は「それはどういうことか」「どうすればいいのか」「何ができるのか」ということになります。アイデア、コンセプト、方向性を探します。やりたいことや自分の中での変化がわかったら、具体的な知識を求めます。例えば、フードパントリーでボランティアをしたいと思ったら、誰に電話をすればいいのか、いつ助けが必要なのか、どこに行けばいいのか、何を持っていけばいいのかを知っておく必要があるでしょう。そのノウハウで武装したあなたは、仕事に取り掛かる準備ができています。 そのプロセスは、食品の生産に例えることができます。まずは畑から始めます。そして、種を蒔きます - それらのアイデアや概念です。それらの種は植物に芽を出します - タスクに必要な具体的な事実や知識です(フードパントリーの例で簡単に見られますが、「同僚にもっと寛容であること」や「祈りの時間をもっと取ること」、「より愛に満ちた配偶者であることを意識すること」のような、より深いタスクにも当てはまります)。最後に、これらの植物は食べ物を生産します - あなたが行って行う実際の良いこと。 また、『聖典』には、多くの場合、「フィールド」は教会の教義、または教えを表していると書かれています。これは明らかに違うように聞こえます。善への欲求とは感情的なものであり、欲望であり、教義とは考えの集合体です。しかし、教会が真実であるためには、その教義は善への欲求を中心に据え、人々を善を行うように導かなければなりません。ですから、健全な教義は実は善への欲求と密接に結びついているのです。

ぶどう畑
'A vine' signifies spiritual good and truth. 'A vine' or 'vineyard' signifies the church where the Word, and the Lord in it, is known, or...


'Side' signifies good or spiritual love.

見て
To look,' as in Genesis 18:22, signifies thinking, because seeing denotes understanding. Look not back behind thee,' as in Genesis 19:17, means that Lot, who...


私たちの足は、私たちの体の中で最も低い部分であり、非常に有用なものです聖書では、足は私たちの霊的自己の最も低い部分であり、最も実用的な部分である「自然」のレベルを表しています。人生のこの日常的な側面は、日常的なタスクや要求、そしてそれらに関連した思考に関わっています。それはひどく深いものでも内省的なものでもありませんが、それは有用です - ちょうど足のように。 この対応関係は、主と教会共同体にも当てはまります。主の神聖な自然は、比較的単純な従順を通して私たちを導いてくれます(十戒と二大戒を考えてみてください)。教会もまた、単純ですが具体的な方法で共同体に奉仕する自然なレベルを持っています。


In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...

下に
In the Bible, things that are lower down, or under, physically, generally represent things that are lower or more external spiritually. In some cases, the...


In most cases, "mouth" in the Bible represents thought and logic, especially the kind of active, concrete thought that is connected with speech. The reason...

いう
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...


The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...

三度
The Writings talk about many aspects of life using the philosophical terms "end," "cause" and "effect." The "end" is someone’s goal or purpose, the ultimate...


何かを理解するときに「見える」と言うのはよくあることです。そして、聖書の中の「見る」というのは、確かに霊的なものを把握し、理解することを表しています。ですから、私たちを見ることができる目は、霊的なものを理解することができる知性を表しているのです。 もちろん、これは否定的な意味でも使われます。聖書は人々が目を持っていて見ることを拒否していることを語っており、主がこの世におられた時には、不快な目を摘み取るように助言されました。これは、真実を認めることを拒否したり、偽りに惑わされたりすることを表しています。

国境
A border as in Isaiah 54:12 signifies the scientific and sensual principle. "And thou shalt make unto it a border of an hand-breath round about."...


In the ancient world cities were very nearly nations unto themselves – they existed within walls, with their own laws and customs, generally centered on...

言う
As with many common verbs, the meaning of “to say” in the Bible is highly dependent on context. Who is speaking? Who is hearing? What...


A flock, as in Genesis 26, denotes interior or rational good. A flock signifies those who are in spiritual good. A flock signifies natural interior...

Videa od Swedenborg Foundation

Zde uvedená videa jsou poskytnuta se svolením našich přátel ze Swedenborg Foundation. Více se o nich dozvíte zde: swedenborg.com.


The Curious Case of Balaam and His Talking Donkey - Swedenborg & Life Live

Could a donkey really speak in human language? We'll explore the spiritual framework of verbal animals, the ancient practice of soothsaying, and teach you how to hear the talking donkey in your own mind.

Zdroje pro rodiče a učitele

Zde uvedené položky jsou poskytnuty se svolením našich přátel z General Church of the New Jerusalem. Můžete prohledávat/procházet celou knihovnu kliknutím na odkaz this link.


 Balaam
A New Church Bible story explanation for teaching Sunday school. Includes lesson materials for Primary (3-8 years), Junior (9-11 years), Intermediate (12-14 years), Senior (15-17 years) and Adults.
Teaching Support | Ages over 3

 The Angel and Balaam
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Angel, Balaam, and the Donkey
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Donkey Sees the Angel
Coloring Page | Ages 7 - 14

 The Story of Balaam
Family lessons provide a worship talk and a variety of activities for children and teens..
Religion Lesson | Ages 4 - 17

 The Story of Balaam
Worship Talk | Ages 7 - 14


Přeložit: